マルチで買う高すぎる化粧品 

  マルチ商法で売られている化粧品。気に入って使っている方はさておき、問題な事は初めて購入する人にとっての価値がどれだけのものかです。マルチ商法で扱う化粧品は非常に高価なものも多く、中にはセットでなければ買えないものもあります。価格も問題になりやすいですが、中でも一番問題なのがその人の肌質に合っているかどうかと言うことです。

  このことを取り上げるに当たっては、ある方からの悲痛な声が大きな切欠となっています。良いものだからとか肌が綺麗になるとか言われてあるマルチ商法の会社からセットで化粧品を購入し、使い続けた結果・・・肌がボロボロになってしまったと言うのです。女性にとって、顔は命より大切と言っても過言ではないでしょう。その顔の皮膚がボロボロになってしまったとしたら、慰めるべき言葉も見つかりません。彼女はどれほど傷ついたことでしょう。

  肌質と言うのは人によって違います。「誰の肌にでも合う化粧品」と言うものは存在しないのです。ですから、高い化粧品を勧められた時は必ずサンプル等で試す必要がある筈です。サンプルを使ってみて価格に見合った効果があると思ったら、その時買えば良いのです。一瓶何千円〜何万円もするような化粧品、使ってみたら肌に合わなかった、では出費が多すぎます。しかも化粧品は使いかけてしまうと、クーリングオフの対象になりません。
  安い化粧品でも本当はこう言う事をする必要はあるのですが、一瓶数百円〜千円程度の出費。これくらいならばもしも肌に合わなくても妥協できる範囲ですし、市販のものならメーカーに直接苦情を言えばきちんとした対応をとってくれます。

  マルチ商法で化粧品を買って苦情を言おうとしても、たいていの会員はこの苦情に対して絶対に何か言い訳をします。謝罪もしません。知り合いの女性が■■ウェイの化粧水を買いました。しかし使い始めて数日後、肌が痛くなって発疹が出来てしまったのだそうです。それで「ピリピリ痛い」と会員に言った所、「それは化粧水が酸性だからで害はない」と付き返されてしまったと言うのです。しかし、「痛い」と言うのは肌が悲鳴をあげている証拠ではないでしょうか。その商品の酸が強すぎて肌を溶かしているようにも感じます。それを慣れるまで使い続けたとしたら、何だかとても怖いですね。

  マルチ商法の販売員は「商品の良さ」しか見えていない事が多いです。自分にとって良い商品なら他の人にも良い商品だと思っているでしょう。だから強引に勧めて来るのです。しかし、そこで信じてしまってはいけません。買ってしまってからでは遅いのです。どんな時でも選ぶのは自分です。マルチ商法で化粧品を買う時はトラブルに合わない為にも、次の点に注意してみて下さい。

  1. 「良いものだから」と勧められても、すぐに信用しない。
  2. 高い化粧品ならサンプルをもらい、実際に使ってみる。
  3. 肌につけた時、いつもと違う違和感はないか気をつける。
  4. 価格と効能が妥当なものか、よく検討する。

  近年、美容関係のトラブルはウナギ上りだそうです。だからこそ、選ぶ時は慎重になって欲しいと思います。

真夢里・・・


  多少お金にゆとりがあるなら、色々な化粧品を試してみるのが良いです。混ぜて使うのではなくて、終わったら次のものは違うものにするとか、何処か泊まりに行った時に友達の使っているものを使わせてもらうとか。これをすると、すごく化粧品を選びやすくなるんです。だって、もしも「高い化粧品」と「安い化粧品」を使って、あまり効果に差がなかったら安い方が良いじゃないですか。中には「安いものの方が肌に合う」人もいるんですから。色々なものを使っているうちに、本当に自分の肌に合う化粧品に出会えると思います。