市販のものを使う

健康食品、化粧品、下着、などなど。そういう商品をマルチ商法で買わなくても、世間には色々なモノが売られています。ビタミン剤、健康食品等は薬局やデパートに行けば種類も多い。化粧品・下着だって専門大手メーカーが沢山ある。わざわざ会費や維持費を払ってマルチ商法の商品を購入する必要は本当にあるのでしょうか。

近年、日本のメーカーでは「健康」と言う言葉に注目して自然のハーブ等を取り入れた化粧品や無添加の化粧水等が多くなっています。もちろん健康食品や栄養補助剤も色々な種類が出回っています。消費者の需要に応えるのがメーカーの生き残る手段ですから当然です。また、知名度の高いメーカーの商品はCMによって新作や売れ線の商品が誰にでも解ります。また、トラブルが起きたとしてもすぐにニュースで取り上げられて危険と言う事が明白になります。

マルチ商法の限られた1つだけのメーカーに縛られることは決して良いことではありません。消費者としての私たちは色々なものを試し、価格も品質も納得できるものを探す事ができるのです。また、多くの消費者に指示されたメーカーの商品は流行となり日本の社会全体の潤滑油となります。

マルチ商法の商品を買わないかと誘われたら、他の商品で代用できるものがないかどうかをしっかり把握しましょう。そういう適切な判断が出来る、賢い人間になりましょう。


家電売り場などに直接出向くのも手ですが、商品比較はネットでもできます。
楽天市場 楽天市場。オークションの他、多数の店舗が入っている為、商品名で検索すると新品で買った時の価格が解かります。
ビッターズ ビッターズオークション。店舗数は少ないですが、個人オークションで中古などが豊富です。
ヤフーオークション ヤフーオークション。個人オークションの他、お店も色々出品しています。
ニッセン 通信販売、ニッセン
セシール 通信販売、セシール

価格.COM

家電製品の質・価格などを比較できます。