マルチ&悪徳商法SOS−FILE   http://www.sos-file.com/
地上デジタル放送 備     考 キーワード 苦情件数
「チャンネル設定を変更しないとテレビが見れなくなる」
と言ってチャンネル設定を変更し、金品を請求する詐欺行為が発生。


総務大臣指定 指定周波数変更対策機関
(社)電波産業会 東京・神奈川地域受信対策センター
http://www.arib.or.jp/arib_kari/index.html
 より
 デジタル放送用のチャンネルを確保する為に、現在のアナログ放送用の送信チャンネルが一部地域(テレビ中継局)で変更になります。これを「アナログ周波数変更対策」といいます。

 例えば現在、関東広域圏の青梅沢井中継局からテレビ電波を受信されている方は、テレビ東京のチャンネルが62chから46chに変更になります。変更はテレビ中継局毎に順次行われます。対策局のスケジュール・対策を行うテレビ中継局(対策局)についてはこのホームページ上でご確認ください。 なお新しいチャンネル表、対策スケジュールは順次このホームページ上で公開する予定です。

 アナログ周波数変更(チャンネル変更等)を行うと、お使いのアンテナ設備の調整やテレビ受像機のチャンネル設定(プリセット)を変更することが必要になる場合があります。そのための費用は政府から給付金が支給されます。詳細は「給付金支給要領」をご覧ください。給付金の支給に当たって「一戸建てにお住まいの方」「共同受信設備(マンション・ケーブルテレビ・病院・学校)によって給付の方法が異なります。また、事業所など給付対象とならない施設がありますのでご注意ください。「給付金支給対象施設」

 給付金の対象者には事前に「お知らせ」(おおよそ対策開始の3ヶ月前)および「給付金申請書」(おおよそ対策開始の1ヶ月前)がそれぞれ郵送されます。詳細は各地域の受信対策センターにお問い合わせください。

<※詐欺行為にご注意>
工事は国の負担により行いますので、この名目で金銭を要求されることはありません。現在デジタル化にあたって「チャンネル設定を変更しないとテレビが見れなくなる!」と言ってチャンネル設定を変更し、金品を請求する詐欺行為が発生しています。アナログ周波数変更対策に関する調査や対策を行う者は必ず腕章を着用し、「テレビ受信調査員証」又は「テレビ受信対策員証」を携帯しています。もしご不審な点がございましたら各地域の受信対策センターにお問い合わせください。