MLMについて
MLMってなあに?    よくある質問

健康と免疫学のページより
 ハーバード大学の件
http://www9.freeweb.ne.jp/family/immunity/mkt/
「それぞれの販売員の態度に問題がある」MLM。しかし多くの会社側はその販売員の指導をしようとはしません。本来の会社ならば社員が誤った行動をしないように研修を行ったり、また酷くモラルのない者に対しては減給や懲戒免職と言った処罰もあります。未成年による犯罪が多発し人間としてのモラルが問われているこの時代、会社側が何の指導も行わない事は大変問題であると思います。問題行動を起しつづける販売員を野放しにしている会社は、悪徳商法であると断言しても過言ではないでしょう。
大城 さん 2000年 10月 23日 20時 26分 46秒
会社名: MLM全般 
 いまだに、信用(格付を含む)とか、MLMの講義の事をセールストークにする人、この掲示板にもいますねえ。
 あのですねえ。良く言う「5A-1」とかのD&Bですけど、当てにしないで下さい。
 D&Bは所詮、「クレジット信用」です。設備投資とかするとき、どの位までなら借り入れ出来るとか、売掛金がどの位までなら大丈夫とかいった信用なんですよ。おまけに「アメリカでビジネスする場合」の信用なんですねえ。
 だから、同じD&BでもD&BJapanの格付けを取り寄せて日本ではやってほしいですねえ。
 それに、5A1は本部の格付け、支店、営業所程度の役割しかしない日本法人の格付けではないです。収益が上がらなければ撤退なりの措置を取るでしょう。
 金融機関の信用の事に触れた人いましたけど、はっきり言って信用はゼロです。はい。
 地方銀行でも都市銀行でも、連鎖取引の企業には全く融資しません。その程度の業界だと言う事もありますが、社会的な問題を懸念するってのが理由です。金融協会当たりに行けばそのパンフレットが貰えると思います。
 「無借金経営」だから信用があるんじゃなくて、信用がないから「無借金経営をせざるえない」ってのが事実です。
 「むじんく〜ん」で有名なアコムを御存知ですか?そのほか、レイク、とか武富士、とかプロミスも同様な理由で連鎖取引企業への融資を拒否していますよ。
 日本アムウェイ、ニュースキンジャパン位の規模になれば、当座稟議は下りるでしょうが、融資稟議は内部規定につき受けられないんですねえ。
 ちなみに、アメリカでも同様です。一般銀行から融資を受けられるのは1999年の段階で、DSA会員でMLMをさいよいしている会社は6社だけ。
 6社は信用があるんじゃないんです。すべて迂回融資です。
 変な例ですけどれレクソール(買収されちゃったけど)、親元のレクソールサンダウンに融資して、そのままレクソールショーケースにお金を出資するってのが可能です。(日本でやったら違法ですが)
 ただ、アメリカの場合「特殊銀行」と呼ばれるのがありまして、悪い例ですが「軍産複合体」・・・・・早い話が兵器とかを製造する会社なんかですね。そういった特殊な産業に融資する銀行があるんです。MLMに融資しているBICCと呼ばれる悪名高い銀行があるんですけどね。
 これは例外として省きます。
 それとMLMの講義の件。
 これって、ホントに辞めて欲しいですね、セールストークに使うのは。
 これは、社会影響とか悪い面の講義が多いんですよ。
 だから、MLM関連の講義を優秀な成績で終了した人ほど、MLMを否定する傾向があるんです。アメリカでは。
たろぽん さん 2000年 11月 21日 06時 36分 10秒
ものつくりやさんの記事の中の、
> 自分が経験したものは良くなかったけど、
> MLMそのものには可能性を感じる

という部分。私もこの思いにとらわれて、2年ほど悩みました。
正しいやり方で自然体で、強引な方法は使わずにやれば成功できるのでは・・・。
しかし成功の方法は上位の成功者しかわからない。(←一理あるような気がしてしまう。)
時間を無理やり作り、ミーティングに通う・・・。

しかし、そんなことに無駄な時間を費やしてるうちに、
仕事に必要な知識、微積・計算理論、今まで時間をかけて磨いてきたものが、
すっかりなまくらになっていました。
MLMをやるかどうかで悩むなら、自分の武器に磨きをかけたほうがいい。
やはり家族を守るには安定した収入が必要だと、
この掲示板で再認識しました。真夢理さん、みなさんありがとうございました。
「ものつくり屋」 さん 2000年 11月 21日 09時 59分 32秒
MLM全般

こんにちは、たろぽんさん、そして皆さん。
MLMに可能性を感じる方は大きく分けて2種類おられる気がします。

1つはジャーナリズムや経済アナリシスなどの専門家の中で、MLM参加者の熱意に惹かれた方です。確か
に様々な経済状況を解析していると「閉塞感」の様なものを感じる事は多く、その閉塞感の中で「希望が見
えない」消費者(労働者) や経営者を見る機会も多い訳です。その中で、熱意に燃える様に活動されてい
る方を見れば「何かあるのかも?」と思ってしまう部分はある訳です。しかし、私はそういう方に「今の状
態は、経済そのものが成人になったのに成長期の習慣をそのまま引きずった事によって生じている『生活習
慣病」の症状なのです。解決策はMLMの様な『健康食品による一過性の症状軽減』ではなく、地味で苦し
い生活習慣の改善しかないのです」と申し上げる事にしています。

そしてもう一つが、たろぽんさんがおっしゃられている「一度経験された方々」です。

>正しいやり方で自然体で、強引な方法は使わずにやれば成功できるのでは・・・。

現代の社会で、きちんと自らの専門性を磨き、その専門性を売って報酬を得る事の「満足感」はあまり見え
てきません。特に「専門性」という事に何か誤解がある気がします。お客の質問に的確に答えることのでき
る「売り子」さんも立派な専門家です。レジを打ちながら「売れ筋商品のトレンド」を仕入部に伝える事の
できるレジ係は、変にお金ばかりとるマーケットリサーチ会社より的確だったりします(このまえテレビで
レジのパートさんに、仕入れ品の値付けを相談している会社が紹介されていました)。そういった、今は小
さく評価されている専門性をきちんと活用できる企業から「生活習慣」の改善が起こるのだろうと思ってい
ます。それは、経営の責任であると共に、「なんとなく気分の良い店、気分の良い製品」を選ぶことで消費
者が経営者に、「働く者の専門性を大事にする事」を認識させる事では無いでしょうか。こういう考え方に
立つとき、現代の製造・販売を「変わらないもの」として喧伝し、消費者を「専門性に欠けた販売者・販売
組織勧誘者」にするシステムであるMLMが、「生活習慣」の改善を阻害する様な「健康食品」とダブって
見えてしまうのです。
家族を守りたい さん 2000年 11月 21日 10時 22分 01秒
会社名: ニュースキン、他

ものつくり屋さん、RESありがとうございました。

後遺症ですか。。。なるほど、なかなかこれでもう大丈夫とはいかないのですね。はぁ。
たろぽんさんみたいに、「MLMをやるかどうかで悩むなら、
自分の武器に磨きをかけたほうがいい。やはり家族を守るには安定した収入が必要。」
としっかりと思ってくれるといいんですけどね。
#でもそういう意味でいうと、主人が今、ネットワークの人に断っている理由は、
 「本業をしっかりやるので忙しくてそんなことしている時間はないよ。」ということなので、
 たろぽんさんと基本的には同じ考えですよね。
 ネットワークが悪徳だ云々より、
 その路線(サイドビジネスなんていっても時間ばっかりかかる)で話をしていった方が
 いいのかもしれないですね。(弱いでしょうか?)

「勧誘にさらされる機会」を減らした方がいいということですが、
主人は本業がダイレクトセールスなので、非常に難しいですね。
ネットワークの人とバータで取引したり(それでうちに一時期ニューウェイズの製品もありました)、
本業の方のお客さんを紹介してもらったりもしてるみたいだし。
主人はネットワークの「人」となりを見て、よい人間だと判断しているらしく、
元々人付き合いのよい性格なので、あんまり誘いを断ったりしないんですよ。

ネットワークに対する執着は、以前と違い、お金に対する執着というより、
「人」に対して一度寄せた信頼を他人の意見では変えられないという感じでしょうか。
実際、主人がセールスマンとして信頼を寄せたネットワークの「人」個人としては
悪い人ではないのでしょうから。
主人がよい人と思っている浄水器の方の会社の人について私が知っている情報を
もう少し詳しく書くと、
・その人とは販売能力向上セミナーで知り合い、当時も、ある業界(非常に堅い業界)で
 トップクラスのセールスマンだった。
・知り合った当初は、お互いに多数に勧誘にくるネットワークの人に対して、
 「ネットワークはどうもね。。。」と批判的で2人ともその点で意見が合っていた。
・ところが、数ヶ月後のフォロー研修の時に会ったら、彼は元の会社を辞め、
 浄水器のネットワークの会社に就職してしまっていて主人も驚いた。
・最近の話では、大きな代理店になったらしく月収200万円程度稼いでいて、
 主人にも是非、と勧めている。
という感じで、今はニュースキンよりこっちの会社の誘いの方が私は怖いです。
ただ、私の印象ですが、その浄水器の会社は、マルチのシステムは取っていますが、
苦情の坩堝には会社名はのっていませんし(会社が小さいせいかも)、
米国系の会社ほどあこぎな感じではありません。
営業マン教育のシステムもそれなりには整備されているらしいです。
浄水器を一度キャンセルしたときもスムーズに対応してくれたし。
でも私はマルチの形態は嫌ですけどね。

主人がネットワークをやらない理由には「私の強硬な反対」もあるでしょう。
主人は私がネットワークを毛嫌いしていると思っていて、
「人間嫌いなものは仕方がない。俺が納豆好きでも嫌いな人もいるもんな。」
と言っています。
ネットワークの人に断るときのもう一つの理由が、
「家族の同意を得られないからやらない。」と言っているみたいです。

だらだらと書いてしまいましたが、何かご指摘ありますでしょうか?
たろぽんさんからも何かアドバイスありましたらお願いします。

ものつくり屋さんの書き込みと前後してしまいましたが、

>様々な経済状況を解析していると「閉塞感」の様なものを感じる事は多く、
>その閉塞感の中で「希望が見えない」消費者(労働者) や経営者を見る機会も多い訳です。
>その中で、熱意に燃える様に活動されている方を見れば「何かあるのかも?」と思ってしまう
>部分はある訳です。

その通りだと思います。主人の本業の業界は非常に閉塞感が強く、外資の参入などもあり、
淘汰される傾向が強いです。その中でなんとか生き残っていこうと勉強し、
努力しているのですが、急激に月収百万円になるようなリザルトはでず、
そんな中、モチベーションを持ち続けるのも大変なようです。
時代がネットワークのような「仮想夢」を見やすくなっているのですね。
「ものつくり屋」 さん 2000年 11月 21日 12時 08分 40秒
会社名:ニュースキン

こんにちは、家族を守りたいさん。

ちょっと私事めいてしまうけど、昨日の国会の欠席を決めた後の加藤元幹事長の顔を見たとき、「あ〜、私もこんな顔した時があったな」なんて思いました。協力してくれる仲間を募って、大きな仕事に取りかかり「やれる」と思った時に大きな波がきて、あと1つの「踏ん張り」が効かなくて話が壊れていく・・・。仲間達に「すまない、でも今の私には踏ん張れない」と謝るしかなかった・・・。本気で様々な夢を見ましたよ、「もうここには居られない」って思っていたからね。でも、事態を収拾して、それなりに後始末を続けて居るうちに、自分に何が足らなかったのかが見えてくるのですよ。「ああすれば良かった、こうすれば良かった」ってね。そして、「おまえ、いったい何処まで先を読んでいるんだ」って言われる様になる事でしか取り返せない信頼ってのがあるんですよ。

>時代がネットワークのような「仮想夢」を見やすくなっているのですね。

くだらない事を書いてしまいました。私だって様々な「夢」をみます。でも現実は何時だって目の前にある。それを変えたければ「能力」を磨くことしか無いのだろうと思います。お金は使えば無くなるし、人に与えられた「権力」は、人に取り上げられる事もある。でも自分が磨いた「能力」だけは自分のものなんです。
たいした「能力」じゃなくても、それだけが「誰にも取り上げることはできない」ものですからね。

ご主人が、どんな仕事をされているのか詳しくは知らないけれど、どんな仕事にだって「専門性」はあるのですよ。そして、その専門性をきちんと「自分のもの」にして「満足せずに磨く」事をお勧めされると良いのでは無いでしょうか?

数年前ですが、長い間取引のあった商社が潰れました。そこの営業マンを何人も知っていたので、心配しましたが、きちんと能力を磨いていた方はそれなりに別な会社(その会社の持っていた販路を惜しんで、メーカーが出資して作った会社もあります)で仕事を続けています。彼らは、会社が無くなっても消えることの無い「何か」を持っていたのだろうと思います。

変な書き込みになってしまいました。すみません。
リュンテル さん 2000年 11月 22日 00時 02分 22秒
本職とMLM活動を平行して活動されている方々へ

MLM活動中になんらかのケガや病気になった時、
本職の発行している保険証を何の戸惑いも無く出せますか?
愚問ですね。みなさん「良識のある大人」ですものね。
会社は8割負担しています。それを「会社が認めていない」活動中の
ケガや事故に保険証を使われたら会社に与える損害は量り知れないです。
「10割本人負担」は当然の事です。
「ものつくり屋」 さん 2000年 11月 29日 09時 59分 51秒
こんにちは、皆さん。なにやら、未だに「合法論」を振り回す方がいる様なので、きちんと説明させて頂き
ましょう。

基本的に商売のやり方を「禁止する法律」というのはありません。「銃器」「医療」などのように販売方法
に規制のある「商品・サービス」は存在しますが、それらは、「特定の商品・サービス」に関する規制に伴
うものであり「商売の方法」を規制するものではありません。

従って、社会に対して様々な問題を起こしやすい、「キャッチセールス」「アポイントメント商法」「電話
勧誘」「連鎖販売取引」などもやり方としては禁止しておりません。言い方を変えれば「合法」という事に
なります。ただし規制はあります。下で述べたクーリングオフの他にも「不実告知」「威迫・困惑」等の禁
止行為を指定して罰則を定めています。

訪問販売法により規制を受ける商法に従事される多くの事業者は、それらの禁止行為を「おとがめに成らず
に、泣き寝入りされる」心弱い消費者の方につけ込むことで利益を得ているという事を心得ていますので、
社会的な悪評に関して反発する様な「馬鹿げたマネ」は致しません。例外的に、「連鎖販売取引」あるいは
連鎖販売取引に類似した方法を持つ訪問販売」に従事される「社会経験の乏しい方」が、自らの従事する商
法が何故に法規制の元に置かれているかを理解されずに社会的悪評に対して反発されます。
NIJI さん 2000年 12月 03日 15時 13分 33秒
年齢:20代

 いろいろ読ませて頂いています。
 よく「薬事法」の話しを聞いたり、見たりしてますが、
 サミットにしても、アムウェイにしてもそうなのですが、
 「〜〜〜いうと薬事法にひっかかるから、こういう言い方してはいけないだけど・・・。」
 「〜〜〜〜いう効果があったり、〜〜〜〜いうものが治るんだって!!」
 という言い方をよく聞きます。
 これって、どうなんでしょう??「薬事法」にひっかかんないんですか?
 サミットの話しを聞いた時は、医療器具みたいにいってましたよ。
 資料も見せてもらいましたし。・・・
「ものつくり屋」 さん 2000年 12月 04日 10時 05分 00秒
こんにちは、NIJIさん。

厚生省管轄の法律は複雑に入り組んでいますので、簡単に解説するのは難しいのです。

とりあえず、どのような表現が違反になるかという例があるホームページをお示しします。

http://www.tokyo-eiken.go.jp/yakumu/cm/index.html
いいじま さん 2000年 12月 04日 01時 59分 34秒
最近、本気でMLMの勉強しています。

MLMを、痛烈に批判した本から、
逆にアム●ェイを、超美化した本まで読んでます。

どっちも極端ですが、中間結論(なんじゃそりゃ)として
思うのは、商品が質が良くて、すごく高い訳じゃないなら、
別に問題ないんじゃないかな〜。と思います。

フランチャイズなんて、もっと悪質なとこ多いし、
ビジネス代理店とかも、何十万円もかかるようで・・・。

MLMは、失敗しても自分で使える商品が残るだけ
なんぼかましかなって。
その上、一度軌道に乗れば、ほぼ権利収入ですし。
でも、それだけに、あくどい商品を扱ったりしたら
後から自分が泣くことになりますけどね。

最近は、個人的に
L●N、イン●ックス、スーパー●ックスとかに
反感持っています。高い値段のMLMは本当に、
許せません。

あと、質が良いものでも、美化して、宗教チックに
なってるとこ。

宗教も、あくどいところもありますけど、
道徳規準の向上を目指して、精神面での成長を目標に
してるとこなら、凄く良いと思いますが、
MLMで、お金儲けを美化して、
「〜さんを見習わなければ。」とか、
「〜のすばらしさをみなさんに知っていただけるようにがんばる」
とか、言ってる人たち、無茶苦茶気持ち悪いです。

なんか、誰かに最近思うことを読んでもらいたくて書き込みました。
林葉芳秋 さん (ysk@estyle.ne.jp) 2000年 12月 04日 11時 55分 58秒
年齢:24
会社名: 伏せさせてください
>いいじまさん
私も夏ごろに今参加しているMLMの会社の話をもらい、それまでにもいくつかの所から話を
受けていたことあり4ヶ月ほど本気で調べました。結果として今はMLMに携わっています。
少しなりとも先人の身として私がどのようなことをしたかがアドバイスになればよいと思って
書き込みます。
私も本や、ネット上の情報なども利用しました。その上でMLMはシステム上、他の業界よりも
人との関係が重要になります。
どんなに会社自体が問題のないところでも実際に販売活動している人により“悪徳”の烙印
を押されますし、実際自分が活動を始めてもそんな人が周りにいたらろくな結果にはなりません。
少なくとも自分に話を持ってきた人とその人の周りで仕事をしている人とは直接会って判断する
ことがいいでしょう。その際には“自分はまだ契約しない”という強い意志が必要です。
悪質なやり方をしている人はそれこそ手段問わず、ですから。
そうしていくと会社によって、あるいは同じ会社でも人によってビジネスに対する姿勢の違いが
分かると思います。
会社自体が悪徳と言われて当然の所もありますし、悪質な手法を取っている販売員により、
会社のよさが潰されている所もあります。
これはどんな業界にもいえると思いますが自分に納得のいくまで調べることが後の自分のためです。
ただし、どんなビジネスにも参入するのに適した時期があります。
私が(つい最近ですが)参加を決意したのもこの要素が強いです。
MLM=悪質・悪徳と捉えている方が多く、残念に思っていた中、いいじまさんの投稿から
かなり広い目で見ることのできる人だと印象を受けました。
もしMLMには良いところなんかないという結論に達してもそれでいいでしょう。
出される結論がご自分の納得のいくものになることを願います。
長文失礼しました。メールでの意見も受け付けます。
tokumei さん 2000年 12月 04日 16時 46分 40秒
年齢:20代中盤

林葉さんこんにちは。

沢山勉強された結果「どこの会社を選んだのか?」
とても気になります。
っと言うよりも、「それ」を言及しないと「説得力」は皆無なのですが、、
林葉芳秋 さん 2000年 12月 04日 19時 46分 34秒
年齢:24
tokumeiさん、レスありがとうございます。
私の参加している会社名ですがそれを書いてしまうと単に宣伝したい奴
なのだと受けとられてしまう可能性があるので伏せさせてもらいました。
会社名だけで頭ごなしに否定される方も多いのでそのような自体は避け
たかったのです。
お察しください。
tokumei さん 2000年 12月 05日 05時 46分 29秒
年齢:二十代中盤

林葉さん、おはようございます。

会社名を聞いただけで「頭ごなし」に否定するような事は致しません。
「起こりうる問題」を指摘はしますがね。

そして林葉さんが「正当性」を感じているのであれば、
「公開」して、「論議」すべきです。
そうでないと、「論議するまでもなく否定」されてしまう
のではないでしょうか?

林葉さんのやっている「MLM」は他のそれと「違うもの」
なのでしょう?調べた結果なのだから。
「正当」であるかを判断するのは「個人」の
問題なので「あなたが怯む」ことはないのですよ。

最後に、「論議をしない」となると、
あなたの書き込みそのものが「意味を失ってしまう」
と思います。
MLMをよく研究なされた方ほど、MLMを離れるものなのですよ。
「話し合う」ための情報提供なのですから、
「会社の宣伝」にはならないと思いますが、、、、

う〜ん さん 2000年 12月 06日 13時 37分 56秒
レインボー.ジュイール.レグノ

ここの掲示板見ていて、まったく同じような手口の会社だと思いました。
「苦情の坩堝」でジュイール と言う名前で検索してみてください。
契約の前にこのような掲示板で調べて情報を得られた人は幸だと思い書き込みます
「ものつくり屋」 さん 2000年 12月 11日 17時 11分 42秒
会社名:MLM全般

最近のこの掲示板の議論を読んでいると、MLMを「単なる悪徳商法」ではなく「きちんとした事業として
見たい」方もおられるようですし、その間でお悩みの方もおられる様です。少し、無限連鎖講が法により禁
止され連鎖販売取引が法により禁止されるに至らない理由について説明し、「社会の中でMLMが許容され
る条件」の様なものについて検討してみましょう。

無限連鎖講は法によって禁止され、また社会から悪と見られています。順番としては「社会に対して悪をな
す事が明白である」から「法によって禁止」される訳です。それでは、どういう形で社会に悪をなすかを考
えてみましょう。無限連鎖講は下位の参加者の出す費用が上位参加者に入る形態をとっています。下位の参
加者が「自分の出資以上の配当」を得る為には、自分の下に「さらに下位の参加者」を「2以上の倍率を持
って募る」必要があります。組織の拡大は限界がありますから、組織拡大が鈍化・停止した時点で、出資は
したけれども配当は受け取れない「相当数の下位参加者(被害者)」がでる事が証明できます。これが無限
連鎖講が社会になす悪」である訳です。

さて、MLMについても実は近似した証明が可能なのです。「組織の無限拡大」は不可能ですから、必ず最
末端は「商品を購入しただけ」の会員となります。つまり、「上位者へのコミッションが含まれた価格で商
品を購入しながら、自らはコミッションを受け取る事の無い会員」が必ず最末端に存在する事は否定できま
せん。しかし、無限連鎖講との違いは、そういう最末端会員が「被害者であるかどうか?」なのです。「自
分が下位の会員を勧誘する事が出来ないのだから、コミッションを受けられなくても自己責任」と考える事
は、無限連鎖講の禁止との間に矛盾を生じます。それならば、配当が受けられない無限連鎖講の下位参加者
も同じ扱いとなり「自己責任」と見なさくてはなりません。法が無限連鎖講を禁止し、MLMを禁止出来な
い理由はそのような「自己責任論」とは別な部分にあります。最末端の参加者が「下位組織の構築によるコ
ミッションが無くとも、(価格に上位参加者へのコミッションが含まれた)商品を購入して、その商品購入
に満足する」という可能性です。この場合には、末端参加者はコミッションが受けられなくとも、満足して
いますから「被害者」では無いわけです。という事は「コミッションに惹かれて参加し、コミッションが得
られない事で『被害者』と名乗る事」は、非常に正当な事となります。それは、無限連鎖講の参加者と同じ
だからです。

もし、正当なMLMというものを仮定するとしたら、参加者の殆どが、「コミッション」では無く「商品購
入の満足感」を求めて参加しているMLMという事になります。この掲示板で「ビジネス」と称される方は
自らの口から「自分はコミッションを求めて参加している」と仰っている様なものですから、その人の口か
ら「自分は正当なMLMに参加しているのではない」と仰っている様に見える訳です。
tokumei さん 2000年 12月 12日 05時 27分 57秒
会社名:MLM全般

こんにちは、皆さん。

「ものつくり屋」さんの意見について、、、

「商品購入の満足感を求めて参加するMLM」ですが、
既にこの時点で「MLM」である必要性は皆無だと思われます。
「コミッション」を期待してしまった時点で、
消費者は「煽られ」それによって問題が発生し「社会悪」となるのですから。
やはり、「MLM」という形態は良く無い
と言う考えに落ち着いてしまうのです。

皆さんは、どう思われますか?
さん (mailto:ei_narukami@mail.infoseek.co.jp) 2000年 12月 13日 00時 02分 34秒
MLM肯定者の方からよく出てくる『自己責任』について、
拙いですが私の意見を述べさせていただきます。

勧誘者が巧みな話術で新たな会員を勧誘する。
勧誘された人が事業に失敗し、「お前の所為だ。本当はやりたくなかったのに。」と、
後悔し、勧誘者に苦情を述べる。
勧誘者は「自分の責任でやったんだろう。私は勧めただけだ。」という。

これって、おかしいと思いませんか?
そもそも勧誘者が『勧めた』時点で
勧誘された側の『自己責任』は薄れていると思うのですが。

確かに勧誘された方は、最終的には自分の判断でサインアップしたのでしょう。
しかし、雰囲気を『サインアップさせる方向』に持っていった勧誘者の責任はどこに
行ったのでしょうか?

『自己責任』を盾に、失敗した(若しくは脱退した)『敗北者(勧誘した側からすると)』
を詰る肯定者の方、それはおかしいでしょう?

「自分の責任でやったのだろう?」と言うのならば、勧誘時にサインしなくてはいけない
雰囲気を作らないでください。

本当に『自己責任』のみを失敗の理由とするのなら、勧誘の一番最初(いろんな話をする前)
に、「やりますか?」とだけ聞いて、それで断られたら諦めてください。それ以上の話は無用です。

最後に、勧誘者が『説得』や『勧めること』を行った時点で、『自己責任』は薄れてしまうと思います。
逆に、『説得』を行った時点で勧誘者にも責任があることを考えてください。
YESと言わせる努力をする前に、NOと言えるような逃げ場を無くさない努力をしてください。

以上です。MLM肯定者及びその他の方のご意見、お待ちしています。
「ものつくり屋」 さん 2000年 12月 13日 10時 17分 17秒
会社名:MLM全般

こんにちは、詠さん。悪徳商法批判をしていると、「責任分配論」という事を強く意識する様になります。
責任分配論というのは、自動車事故なんかで、事故の責任を「8割2割」とか決めて、補償の割合に反映さ
せる状態を考えていただければ良いわけです。世の中は「責任が有る、責任が無い」といった単純な話で動
いている訳ではなく、「何割の責任があなたにあり、何割の責任が自分にある」という形で責任を分配しな
がら成り立っているという事です。

例えば、訪問販売で高額商品を買うと、8日間の間は「購入者による一方的な契約撤回(クーリングオフ)」
が可能です。つまり購入契約を巡るトラブルがあった場合、その期間の責任は事業者にある訳です。これは
訪問販売が「不意打ち的な取引のもちかけ」を行う事から、どんなトラブルもその取引もちかけと関係して
いるとみなし、全責任を事業者に架すと考えられます。しかし、一定期間がすぎると「不意打ち」である責
任が免責され、通常の契約を巡る紛争と同じ扱いになります。つまりトラブルに対して「購入者が勝手に誤
解した部分」「購入者が自己都合で解約したがっている部分」と「事業者が契約説明の不備などで購入者に
誤解を与えた部分」の割合を巡って紛争する事になります。この種の責任分配の紛争では「知識・経験」と
も事業者が購入者を凌駕していますから、消費者センターなどが間に入ってその能力差を埋める訳です。

MLMに参加されている方の「自己責任論」にはこのような、「責任の分配論」が大きく欠如している様に
感じています。
大城 さん 2000年 12月 13日 11時 10分 06秒
年齢:もうすぐ40に手が届く30代

詠さんとものつくり屋さんとほぼ同意見なんですが。
私の場合、自己責任を振りかざす人には「勧誘した自己責任」を問うことにしています。
「参加した自己責任」が問われるなら「勧誘した自己責任」が問われるのは、社会常識として当たり前じゃないかと思うわけです。
ベロ さん 2000年 12月 14日 01時 24分 50秒
年齢:多分、ベムぐらい?30代
会社名:MLM全般
皆さん、お久し振りです!闇の中から、こんばんは!
「自己責任」についてなんですが、勧誘する、される際にそれぞれの「相互責任」
として、勧誘者の自己責任と被・勧誘者の自己責任を明確にしておく事が大切なのでは?
と、おいら考えます。
更に勧誘者側の、無知な者に対して勧誘する際のその自己責任は、被・勧誘者のそれとは
比較にならない程、はるかに大きいものであると自己認識されている筈でしょう??
勧誘者の自己責任、勧誘している企業としての自己責任(企業責任)等々。
友人や知人、家族、兄弟等から、ましてや、他人から勧誘を受けた時に、
万が一、いや、万が万??「親切の押し売り」「不親切の押し売り」となって人間関係を
損なわれた場合の社会的勧誘者側自己責任はどう?考えておられるのか??等々。
もし勧誘を受けた場合には、それらを明確に聞いておくことも被・勧誘者側の自己責任なん
でしょうね。臆する事なく聞いておきましょうね!!
自己以外の者に対して声高に「自己責任」を豪語するやつに限って、人間としての責任や
人間そのものの、薄っぺらさが、よ〜く分かる筈ですから!!
「張りぼて人間ではなく、早く人間になってくださ〜い!!」
と、言ってあげるのは、もはや「親切の押し売り」になっちゃうんでしょうか??
闇に隠れま〜す!!
さん 2000年 12月 15日 00時 25分 45秒
>ものつくり屋さん
<責任分配論
む。
確かにそこまでの考察はしていませんでした。
しかし、おっしゃるとおり、確かに『責任』は分配されるものですね。
単純に『ある』『ない』で考えず、そこまでの考察が必要だと痛感しました。

前述の私の書き込みについて、少々追記がありますので、そのときには
責任分配論を考慮に入れたものにしたいと思います。
tokumei さん 2001年 01月 17日 04時 16分 35秒
年齢:20代
会社名: インデックスインターナショナル及びMLM全般と人間関係{
{経過はインデックスのページの中}

「人間関係のトラブル」を肌身で感じたので、その話をさせてください。

私の友人がインデックスにハマってしまったのは、今年の9月くらいで
その時は、時期が間も無かった事と、友人の性格等が功を奏してなんとか
やめさせるに至りました。

そして年月が過ぎたつい最近の話です。

インデックスをやめた友人とやめさせるのに協力してくれた友人の3人で
遊んでいました。そこで、もう一人くらい誘ってドライブでもしようか、、、
っという話になり、Aさんとその友達のBさんも入れて山梨をドライブしよう!
っと言う話になりました。どちらも面識の無い人です。

そして、結論から言いますがAさんとBさんは私達3人だけでなく
周りの人間全員から警戒されています。「会いたくない」と言う人も
何人かいるようです。
AさんとBさんは人当たりも良くとても明るい人で「あの事」を
知るまでは皆仲良く楽しく意気投合していました。

「あの事」というのは2人ともインデックスのメンバーであると言う事です。
この2人は「勧誘」もしませんし「ビジネス」の話も全くしません。
それでは何が問題なのか。。。。

>そういう社会の要求は、最終的には個人に対する社会の信頼という形で表れるのではないかと思す。
厳しい言い方ですが、私などは「認めている」という方と大事な仕事をしなくては成らなくなったら、当然警戒しながら仕事をするでしょう。「この人の社会の考え方は甘い」と見なすからです。私に選択権が有れば、選択からはずすのに充分な要件とさへ見える訳です。
(ものつくり屋さんと家族を守りたいさんのやりとりより抜粋)

やはり問題はここに集約されてくるものだと改めて実感致しました。
この掲示板で良く目にする言葉に、
「MLMは高い授業料になりました、、、」のような文章が良くありますよね。
社会勉強等という言葉では片付けることは到底できるものでは無いなと思います。
「失う物」の大きさは取り戻す事さへ不可能なのでは、、、っと
MLMの「悪」を再認識した出来事でした。長々と書かせて頂きました。
「ものつくり屋」 さん 2001年 01月 22日 12時 45分 50秒
会社名:MLM全般

こんにちは、皆さん。こういう掲示板で良く「次世代のビジネス」といった表現でMLMを捉えておられる
方がいらっしゃいます。大手の経営シンクタンクである三菱総研の「ビジネス倫理学の現状と課題 −ネッ
トワーク販売企業の事例研究を通じて−」レポートを「MLMビジネスと規制法」のホームページが紹介し
ているので、読んで見ました。

http://member.nifty.ne.jp/mlm/

直接的にMLMの将来性を議論しているものではなく、今後の企業経営において重要視される「ビジネス倫
理」を考える上で、MLMの事例研究から教訓を引き出そうとしている感じのレポートです。
そして、引き出された教訓は

ネットワーク販売のシステムが「ビジネス倫理的な問題を組織的に学習する構造を持っていない」という事
の様です。

とても納得のできる結論でありながら、いまいちつっこみの足り無いレポートの印象を受けます。
裏事情通 さん 2001年 01月 29日 15時 30分 47秒
年齢:20代
会社名: すべてのMLM
初カキコになります。非常に興味ある掲示板ですね。
まずは、質問から。スパイラルというi-modeページなどのコミュニティを
作ってゆこうとしている会社について知っていることがあれば、レスをお願いします。
さらに、インターネットで広告を見て金儲けするやつあるじゃないですか。
しかも下に子をつけてそのポイントが上にあがる。
でも、たいていこのサイトは登録無料なんですよね。どう思います?

つぎに、わたくしの知っていることをちょっと話します。
MLMの会社をたちあげるときは、ネットワークたちあげのプロ(?)と呼ばれる大御所が、
少なからずともからんでいることがあるようです。
まあ、僕らのあいだでは「○ずみのプロ」と呼んでいます(笑)。
基本的にどう商品をつけようと、金儲けを主体にしているようですね。

わたしは、社会的に悪いこともしていると思うのであまりえらそうには言えませんけど、
MLMの人には金が儲かればいいじゃないという人もいますが、
MLMの金儲けは基本的に経済的になんの生産性もないと思います。
社会的にそんなのは「悪」とはいいませんが、僕は少なくともプライドをもてません。

さーて、これからもこの掲示板では僕のもてるすべての情報を書いてゆこう(殺されはしないだろうか?)。
「ものつくり屋」 さん 2001年 02月 15日 09時 24分 47秒
会社名:物流システムの変遷

こんにちは、皆さん。少しだけ物流システムの変遷という事を説明させてください。MLMのトークに
おいて「問屋マージンを省く」という事が良く出てきます。しかし、そこで示される「問屋」のイメー
ジがどうみても数世代前の感じがして仕方ないのです。

製造と消費の間に何段階もの仲買業者が存在するシステムは、情報と物流のシステムが未発達の段階で
生まれました。特に遠距離輸送が貨物列車、近距離輸送がトラックであり、情報連絡が郵便や電報の時
代に最大限の効率を誇った訳です。貨物列車は鉄道の駅までしか運べず、一度に運ぶ量が大きいという
特徴が有ります。しかし、販売店舗は他種類の商品を少量ずつ在庫陳列し販売したい訳です。そこで、
駅周辺に大きな倉庫を有して商品を集積し中規模問屋に分配する問屋や、多数の中規模問屋から小口に
仕入れて多様な品揃えを行い、さらに分割して店舗に分配する小問屋などが、物流として効率が良かっ
た訳です。

しかし、輸送の主流がトラックとなり小回りが効くようになると問屋の整理が始まりました。その時点
で問屋の整理に最も力を発揮したのは、チェーンストアでした。各地に品揃えのそろった多くの店舗を
有するスーパーなどは、まず小規模問屋の迂回から始まり、最後はメーカーからの直接買い付けにまで
進んで来たわけです。見方を変えると多くの問屋やチェーンストアの購買輸送部門に整理されてきてい
る訳です。もちろん、全ての問屋が整理された訳ではありません。例えば「玩具」などは、まだ問屋の
連鎖が生きています。しかし「トイザラス」などの進出により、苦境を迎えています。問屋システムの
整理淘汰は、MLMの発生と無関係に進んでいる訳です。

宅配便の発達は、通信販売という業種も生み出しましたが、最近、通信販売もまた整理される状況に来
ています。通信販売は他段階の問屋システムとは、価格競争できるのですが、効率化されたチェーンス
トアの購買輸送部門とは価格競争において勝てないのです。「安さ」を正面に出した通信販売は整理さ
れる傾向にあります。しかし、チェーンストアなどが扱う事のないものを扱う通販については今後もの
びるでしょう。むしろ通販はネットなどを利用した「世界に一つだけの注文生産」といった形に近ずく
のでは無いかと予想しています。
まりお さん 2001年 03月 05日 07時 19分 05秒
あちこちで訪問販売法改正ってのをみるんですけど
どんな風にかわるんですか?
「ものつくり屋」 さん 2001年 03月 05日 09時 30分 32秒
こんにちは、まりおさん。

>あちこちで訪問販売法改正ってのをみるんですけど
>どんな風にかわるんですか?

現在の「訪問販売等に関する法律」は今年の6月に「特定商取引に関する法律」として施行されます。大きな違いとしては「業務提供誘引販売取引」として内職商法・モニター商法に関する規制を盛り込んだこと、またマルチ商法に関してはこれまで、入会時の負担金額(商品代金の形も含む)が2万円以上のものを「連鎖販売」としてそれ以下のものを「訪問販売」として規制下に置いていたのですが、この特定負担指定を撤廃して、連鎖報酬のあるものは全て「連鎖販売」として規制下におきます。また、広告に関する規制も大幅に強化されます。

ご理解頂きたいのは、この法律は4月から施行の「消費者契約法」と2本建てでお考え頂きたいのです。つまり訪販法や特定商取引法というのは「事業者を縛る」法律であるため、事業者の違反行為に対して指導や罰則を定めているのですが、その違反行為により結ばれた契約に関しては、別途民事系の契約紛争として「違反行為と契約の関係を証明して解約を求める必要」が有ったわけです。4月からの消費者契約法は、「消費者に契約取消権を認める」法律であり、事業者の取引態様(訪販だとか電話勧誘だとかマルチ商法だとか)によらず、「契約における『不実告知』『威迫・困惑』がある場合には、消費者は契約取消権を行使して良い」と定めたものです。特定商取引に従事される事業者にとって、民事的に「契約取消をされるリスクと、行政的、刑事的に「指導されるまたは、罰則を与えられる」リスクの2重のリスクを負う追うことなります。
むー さん 2001年 03月 08日 22時 16分 04秒
年齢:23
会社名: MLM全般について。
まず、MLM関係者がアメリカでどのように認識されているのか?
友達はアメリカでは当たり前、日本では偏見がみたいなことをいってますし、グループでもその様にいわれてるみたい。後クリントンがナンバーワンのシステムだ!みたいにいったとか・・・。
世界的に認められている企業にMLMがある。アムウェイとかを例にだして、これからはMLMだ!っていわれてるみたいです。
アメリカがどーのこーのいってるのは本当の事なんでしょうか?
よろしくおねがいします(ーー)
strategy さん (strategy@excite.co.jp) 2001年 03月 08日 23時 41分 58秒
会社名:MLM全般
むーさんへ

> アメリカがどーのこーのいってるのは本当の事なんでしょうか?

よくあるデマ・オーバートークの類と思われます。
下記サイトが参考になるかと。
●アンチ・マルチ活動拠点
http://net_hunter.tripod.co.jp/

こちらの1コンテンツ
「ここがヘンだよマルチ理論」http://net_hunter.tripod.co.jp/multimethod.htm
に、「アメリカでは一般的」なるロジックの嘘が書かれています。

また、こちらのサイトも参考になります。
●懐疑商法
http://members.tripod.co.jp/mlm/

アメリカ云々の話は多くのMLM従事者が口にしますが、その多くは根拠の無いペテン・詐術の類です。
もしそのような話を強弁する人がいたら、根拠となる文書は何かを確認することをお勧めします。

(まあ大体は「アップから聞いた話」が根拠だったりするのですが)
むー さん 2001年 03月 09日 08時 50分 08秒
年齢:23
会社名: MLM全般
strategyさんレス有り難うございます。
さっそく拝見した所、なるほど、やっぱりマルチってうそばっかなんですね。
こういった情報を得る事が、だまされない為、洗脳されない為重要なんだと感じます。
ありがとうございました。
リュンテル さん 2001年 03月 15日 11時 37分 04秒
年齢:親になっても良い年(?)

別の掲示板にも書きましたが、将来MLMなんてやる人はいなくなるのではないでしょうか?
嫌な思いをされた方々は勿論でしょうが、現役時代稼がれた方ですら自分の子供にはMLMは絶対にさせない
と言う方もいます。
私は「アドネット」しか知りませんが、「開業」(?)するための借金って殆どの方は
「親」による所が大きいと思います。

そんな中でビジネスを始めたにも関わらず、
反対されたら「親を捨てろ!」なんて言われる組織は絶対に認めない筈です。
現役の方々はどう思われるでしょう。私なら絶対にNOですが。
独り言(ももちゃん) さん 2001年 03月 23日 18時 41分 40秒
年齢:40
会社名:MLM全般
 MLMそのものを法整備化するってのは、困難でしょうねえ。一般流通との線引をどう定義づければよいものやら・・・。(だってみんな自分の事を卸しとか思っているし、本当はそれが定価なのに・・)
 せめて、レベルラインの規制とか、高収益を前提に勧誘活動をすれば罰則とかならないものでしょうか。
 MLMが人に伝えて広げるビジネスならば、そのMLMのリスクを 社会悪的なものとして人に伝えていくしかないでしょう。この掲示板にMLMに対し、怒りや悩んで書いた人は、みんなで伝えましょう。
 私は、この日本が好きです。アメリカのMLMに夢と野望を抱いた人のお金がいくら流れたのでしょう。
だってバカにしてますよ、向こうじゃだいたい半額でしょ。日本人てお人よしなのかなぁ。失礼しました。
さくらさく さん 2001年 04月 05日 20時 37分 14秒
年齢:25
会社名:不明
会社名がわからないのですが、もしこのサイトをご覧の方で情報をお持ちの方は教えて下さい。私の知人がねずみ講ぽいビジネスに手を出そうとしています。20歳以上でも大学卒業の人は半年間はこのビジネスに参加できず、プロバイダーに契約をさせると収入が入る。たとえば4月に10万円分稼いだら5月に何もしなくても先月分の10万は確実に収入となり6月に20万円分稼いだら6月の収入は4月の累積額の30万、さらに稼いでいけば累積額がつもりにつもり億万長者になるというもの。その知人の友人もやってて、資金不要(と本人は言い張る)、代理店に口外するなといわれ夢がない人にはこれ以上はしゃべれないといわれたのですが。
ももちゃん さん 2001年 04月 05日 21時 17分 28秒
会社名:?なんでしょね

さくらさくさん、初めまして。季節がらいいお名前ですね。(関係ないか)

>4月に10万円分稼いだら5月に何もしなくても先月分の10万は確実に収入となり6月に20万円分稼いだ>ら6月の収入は4月の累積額の30万、さらに稼いでいけば累積額がつもりにつもり億万長者になる

10万円の収益のことでしょうね。その収益が累積されるということは、契約先が使い続けることが前提となりますから、これだけてはマルチとか断言できませんが、ただ、今時プロバイダなんて値下げ競争してるのに収益が10%としても100万円の契約がとれるとお思いですか。二千円にしても500人ですよ。
ビッグプラネットはニフティでもポイントをつけてるみたいですが、確か100円くらい、缶ジュースもきついですね。

>代理店に口外するなといわれ、夢がない人にはこれ以上はしゃべれないといわれたのですが。

怪しすぎますね。これだけでもネズミの臭いがします。人にしゃべりまくった方が世の中の役に立てるとおもいますよ。
さくらさく さん 2001年 04月 06日 12時 50分 38秒
年齢:25
会社名:不明、エムビーシー

ももちゃんさんへ
 はじめまして。早急なレスどうもありがとうございました。やっぱり常識で考えて疑問をいだくようなビジネスは危険ですよね。知人はこうと思い込むと突っ走ってしまう性格なので心配しています。このサイトを発見したときは感激の一言でした。
 知人の話とは別ですが、私が、20歳になりたての、上京して2年目の秋会社の先輩に誘われエムビーシーの勧誘に見事乗っかってしまいました。当時はあまり友達もいませんでしたし、一人暮らしの寂しさもありつい手を出してしまい気がつけば無理やり借金を作って特約店となっていました。でも勧誘のやり方になじめずひとりもダウンをつけることはできませんでした。失った100万は確かにおおきなおもりとなって私にのしかかりましたが、親友を勧誘しなくて本当によかったと思いました。どんなきれい事を並べても絶対MLMは悪だと思います。私の苦しんだ思いを知人に味あわせたくないためにおかしいと思ったビジネスについて情報を得たかったのです。ご意見ありがとうございました。そして、新入りですがこれからもよろしくお願いします。
リュンテル さん 2001年 04月 06日 13時 14分 32秒
会社名:エムビーシー・アドネット・ジェイストーリー

さくらさく さんへ。初めまして。
これらの名前を見るとどうしても何か書かずにはいられなくなります。

>親友を勧誘しなくて本当によかったと思いました。
>どんなきれい事を並べても絶対MLMは悪だと思います。
この気持ちはとても大切な事だと思います。「そういうカベを破っていこう」とか言われていたと思いますが、
私にはそちらの方が不思議でした。
「自己中心的」にならなければMLMは成功できないのだろうか?と、ずっと思っていました。
全ての方がそうであるとは思いませんが、特約店研修で「MBCでのFor You精神とは、
卑怯では有りますが、For Youであり、For Meでもある」と指導されていた。これで一気に冷めてしまった。
ももちゃん さん 2001年 04月 07日 02時 34分 41秒
さくらさくさんへ

>でも勧誘のやり方になじめずひとりもダウンをつけることはできませんでした

あなたは、きっといい人なんですね。私は今となっては友達にやめてほしいのか、奈落の底におちればいいと思っているのか自分でもわからなくなる時があります。

>新入りですがこれからもよろしく

新入りのうちに気づかれてよかったと思います。ネットワーク難民になってからでは手遅れです・私自身は人に意見できるどころか、どちらかといえば生き方を非難される立場の人間ですが、ただ、マルチに関しましては正義とか悪とかの一言で断言できない、もっと奥が深く人間の欲望と善意を利用する最悪のシステムだと思っております。
さくらさく さん 2001年 04月 07日 15時 54分 36秒
年齢:
会社名:エムビーシー
 
 リュンテルさんへ

 はじめまして。このサイトをみて初めてエムビーシーがアドネットやジェイストーリーという別会社(中身はそのままみたいですが)を設立していたことを知り驚いています。とっくに倒産したと思っていました・・・。

 私は最初、会社の先輩に誘われMSCの飲み会に連れて行かれました。その日はどんよりした曇りの日で「なんかいやだな・・・」と出かける前、直感的に思ったのですが約束した手前ついつい誘いに応じてしまいました。これがのちのち大変な思いをすることになるわけで、インスピレーションは今では大切にしています(苦笑)
 昼間から原色のスーツを着た男女がたくさん飲み会に参加していて、CD対象者である私はVIP扱いで浮かれてしまい説明会にあっさりOKしてしまったのです。
 
 説明会場の前にお決まりの喫茶店に呼ばれ、飲み会で少し仲良くなった男の子と先輩がMSCの具体的なしくみは話さず、とにかく「またみんなが一緒に飲み会へ行こうって、すごくさくらさくさんって明るくて楽しいよねって言ってるんだ。だけど、サークルに入らないと飲み会や旅行、イベントには参加できないから説明聞いてほしい」と言われ、ここでまた「なんかやばいかも」と心の声は言ったのですが、またしてもそれを無視し(失笑)説明会場へ足を踏み入れました。会場へ行くと日曜なのにみんなスーツで、ボリュームMAXくらいで流れる当時はやりのBGMがガンガン耳に飛び込んできました。静かになると、すごく大きな声で挨拶がありパイプイス最前列に座らされ2、3時間にわたる説明を聞かされ初めてMLMだったことがわかりました。月収に目がくらんだのと好奇心が旺盛だったこともありそのあとすぐメンバー登録しました。
 
 それからは毎日のように会場通いがはじまり、どんどんはまっていくにつれ、気が付けば特約店になるための準備をしていました。特約店になるためには92万円が必要で金策といって消費者金融4社から67万円、友達、知人合わせて5人から25万円借りました。この中で心配して私への説得を試みた3人の意見すら「大丈夫だから」と流していた自分に対してありがたいことに「元のさくらさくに戻ってくれたんだから気にしないで」と彼女たちは5年経った今でも仲良くしてくれており感謝という言葉では言い表せません。
 
「友情を壊したくなければ絶対お金が絡んじゃ駄目なんだよ、もう一度自分自身を振り返って」友達の一人が言った言葉です。
 このサイトを見てMLMへの入会、脱会を考えた人はこの言葉を胸に刻んでほしいです。

 勢いで特約店になったものの、この言葉はずっとわたしの中で生き続け、CDへの疑問、「For You」精神への疑問、収入への疑問、商品への毎日疑問だらけでした。会場でこんな疑問をぶつけても、「直上が信用できないのか」「自分が稼げないのは自分が悪い」「会場で元気をもらって」そんなことばかりでした。
たまたま会場から帰るとき同じ特約店で同郷出身の人がいて地元の関係ない話でもりあがっているうちにMBCへの不満をお互い話し始めました。この時から彼女とは会場外で会うようになり、ビジネスの矛盾点など議論しあいました。その後、私は直上へやめたいと話しましたが、直上の説得や営業所から会社への電話、自宅への電話、毎日・・・それはしつこいものでした。「とにかく会場へきて」と言われましたが、恐怖すら感じここで初めて消費者センターへ相談しました。MBCの名前を出しただけで「ああ、MBCねぇ、あなたはいくら払ったんですか?」と言われたとき、後悔先たたず、もっと早く相談(今ならこんな素晴らしいサイトがあり、相談できますが)すべきだと思いました。なんとか消費者センターを通したものの、直上からは「解約に応じるけど、イベント代の返済(借金だらけでイベント代など出せる筈もなく直上から借りていたお金)もあるから会場へきて」と言われ、逃げている自分にも疲れたので仕方なく会場へ足を運びました。
 
 会場へ入ると今まではニコニコだった幹部の人間たちがすごい目で私をにらみつけ待ち構えてました。
「絶対負けないぞ」と心の中でつぶやき続けました。「おまえは自分の始末くらい自分でつけれねえのか!」
「お前はなんてわがままなんだ!」「直上に土下座して謝れ!」などさんざん罵声を浴びせられました。イベント代は借金まみれでしたが何とか給料から5万円工面して持参し、「残金は直上に次の給料ではらいます」と言いましたが「ふざけてんのか!そんなんじゃ遅いんだよ、全額ここへ持ってくるのが筋ってもんだろうが」とたたき返されました。直上の人は何も言わず結局この組織の人形でした。今までこれは私がおごるからと言っていたお金まですべて貸したお金として書類を作っていました。怒りが込み上げ感情的になった私は「3日待ってください、そしたら全額用意します。その代わり解約させてもらいます」と怒鳴り気味に会場を逃げるようにして後にしました。・・・3日といったものの、OLの初任給ではまた誰かからお金を借りるしかありません。しかし、親には心配かけたくなかったし、小口で借りたサラ金の返済は合計毎月6万、借りた友人への返済期限も迫ってましたから批判されると思いますが、追い詰められた私が取った手段は会社帰りに風俗(イメクラ)でバイトすることでした。「なんでこんなことしてるんだろう・・・でも誰か友達をおんなじ思いに合わせていないんだから、それを思えばつらくない」と自分に言い聞かせ(返済も苦しかったため私は4ケ月このバイトを続け完済しました。友人への返済はあくまでも会社の給料から出しました)、3日で約束どおり借りたお金は会場へ持っていき、廃業することが出来ました。お金はそろわないだろうと思っていた所長クラスの人は驚き「誰かに借りたの?」と聞いてきましたが「お金なんてどこにも借りれません。自分が働き、手にするお金が本当の収入だと思います。自分で働いてつくりました。もう会うこともないと思います」と手短に会場を後にしました。同じ頃帰り道仲良くなった特約店の子も廃業しました。いまでも仲良しです。私は会社を転職したこともあり直上とは絶交しています。
 長くなってすいません。あ、そうそう、風俗をしていた時に来た客で何もしないでなんとアムウエイの勧誘を始めたやつがいました。ばかやろう!!!!
 ソッコウ、外見の怖い店長呼んで、びびらせて店から追い出しましたけど(笑)お金もってるから狙ったんだろうけど、そこまでしないとダウンができないのかしらね・・・。20歳という大切な時間をMBCがらみに費やしましたが、時が経った今は精神的、金銭的苦痛よりも人生勉強としてとらえています。今後このビジネスで泣く人が一人でも減りますように。
さとる さん 2001年 04月 10日 00時 56分 14秒
ずいぶん前にカキコみしていたさとるです。
その後、MLMを題材にしたマンガを描く!と言ってました。
で、ストーリーについて
考えていたのですが、ちょっとした問題が起きましたので、
皆様のご意見を賜りに参りました。

ファミレスなどで、紹介を受けて、承諾するといった場合、
契約書が出てきますよね?この場合、印鑑とか必要になると
思うのですが、後日また契約書を書くといった流れになるのでしょうか?
その場で即決!は出来ないんですよね??
どなたか、ここまで行った方、知っている方教えてください。
私は誘われて、断って終ってしまったのでι分からないのです
藤崎 さん 2001年 04月 10日 07時 58分 18秒
さとるさんへ

契約書の件ですが、実際に私がやっていた方法が参考になれば
と思い、書き込みます。


>ファミレスなどで、紹介を受けて、承諾するといった場合、
契約書が出てきますよね?この場合、印鑑とか必要になると
思うのですが、後日また契約書を書くといった流れになるのでしょうか?
その場で即決!は出来ないんですよね??

契約書は社内処理伝票みたいな物ですから厳密に言うと誰が書いても構わないです。
ただ、最近は本人確認署名欄に直筆サインを求めるケースがありますので、
相手があまりにも渋るようだったら
「この書類だけでは正式申し込みにはなりません。安心してね。
でも今回折角ご縁があったので
こちらで連絡先や適用商品のデーターをとっておきたいので、ご記入だけお願いします」

等と言います。

さて、MLMに付き物のクレジット契約申込書ですが、通常は本人の署名のほか
銀行印の捺印が必要です。
それで「今日は印鑑が無いから止めときます」と、うっかり言ってしまうと
「印鑑さえあれば申し込むつもりなんだ」と突っ込まれます。

「じゃ、捺印はいいです。こちらでやります。大丈夫ですよ。
但し、正式な印章とは違うので審査後、クレジット会社から印鑑相違の連絡が入る事になります
そうしましたら、うっかり間違えた・・といって訂正の手続きをしてくださいね。」
そういって書類に署名だけ貰ってしまえば、その後100円ショップなどで
安い認め印を買い捺印して書類を上げてしまいます。
審査の段階ではこれでOKです。

こんな手順で購入契約もクレジット契約も書類だけはいくらでも通せてしまいます。

強行的に契約書を書く時、相手が不審に感じたり不安ならないように
わざと「日付欄の記入をしない」んです。
それをアピールして「日付の無い書類は無効ですからご安心を」
・・・とハメるわけです。

クレジット契約申込書については先述の通りです
さとる さん 2001年 04月 11日 00時 10分 59秒
藤崎さん
レスありがとうございます。謎が解けました。

また、何か不明な点がありましたら質問させてください。
ちなみに、主人公は弟がMLMで失敗して首吊って自殺してしまったのでMLMに
嫌悪を抱いているって事になっているのですが、どうでしょう?ベタベタでしょうかι
マンガはどうしても誇張が入ってしまうのでι

では、また。
でんでん さん 2001年 04月 13日 20時 34分 48秒
年齢:32歳

マルチ商法(等)は 善か悪か?

→ 悪 であると思います。

 成功確立が非常に低い
  友人・知人でこういった仕事に携わった方は
  全て不幸になっています。
  離婚・借金等、かなりひどいです。

  少なくとも100%という数字をどう思いますか?
  仮に1人や2人位儲かった方を知ることが出来ても
  そんなにリスクのあるビジネスはまず間違いです。
  株ですら難しいのにそんなに成功確立の低いものは
  ビジネスとは言えません。 ギャンブルです。
 
 継続できない
  どう考えても友人知人・家族等の人数をかき集めても
  その人たちが買い続けない限り終わりはやって来ます。
  私も会社で販売をしていますが(普通の会社ですよ)
  上得意がたくさんいて初めて商売が出来るわけで、
  一見さんは集めるのに限界があります。
  商品やそのサービスが社会に認められてこそ繁栄が
  続くのであって、システムが素晴らしいから商売が
  続くのでは決してありません。

 商品(サービス)が粗悪である
  「モノはいいけど高すぎる」という書き込みを
  良く拝見しますが、商品(サービス)は、その
  価格を含めたトータルを指すのであって、
  高いな と感じた時点でそれは決して良いモノ
  ではありません。
  車のフェラーリを貴方は高いと思いますか?
  私は決して高いとは思いません。 それは
  その商品に対する性能や希少性はともかく
  ステータスなどの付加価値全てがその価格
  を作っているからです。
  もちろん、価値観は人それぞれですが、
  貴方はその商品(サービス)をその価格で
  満足していますか?
  私の知る限りでは商品原価に対してどれも
  暴利であるといわざるを得ません。


ながながと書いてしまいました・・・。
疑問に感じる方、勇気をもって下さい。
私もたくさんの勧誘等を受けましたが
全て断りました。

私はコンピュータや機械モノがとっても
好きですが、買いに行くときにはとても
 ワクワク します。

貴方が今買おう(しよう)としているものは
 ワクワク しますか?

そう思わないならば、今回はやめてみませんか?

いつでも買う(する)チャンスはあります。
疑問に思うなら 検討 してみてください。
じっくりと!

あなた自身が 幸せ になるものならば、
私は よかったですね。 と心から思います。


自分の「意思」「気持ち」をもっと大切に
してあげて下さい。 と最後にいっておきます。
ももちゃん さん 2001年 04月 13日 23時 10分 40秒
でんでんさんへ
>マルチ商法(等)は 善か悪か?
>→ 悪 であると思います。

さあ、どうでしょう。一概に判断できないから一般的に「グレー」といわれてるのでは?
まず、どんな事業でも高収益をめざせば成功率は低くなります。借金や離婚までに至るのは個々のとりくみ方の問題でマルチだから必ずしもそうなってしまうものでもありません。ギャンブルに狂っての借金よりは「事業の失敗」というカッコだけはつきます。
また、継続しないというのは、どうでもいいようなバカっ高い商品をいつまでも買ってもらえるという予測の甘さでしょう。お米だってどれだけおいしくても10キロ1万円じゃまず売れないでしょう。それと一番の要因は本来ならば消費者層にあたるピラミッド形式の下層にいる人達が、消費者ではなく事業者という意識をもってしまうことなんですねぇ。だからマルチの終焉は下からバラバラと音をたてて・あぁ悲惨。

でも、企業サイドからみれば「善なるシステム」でしょうね。広告費はかからず基本給払わなくてもマインドコントロール状態で必死で働いてくれますし、商品なんてタタいて作らせ右から左。正に自動販売マシーンってとこですね。だからマルチ企業の正社員は少数だし、社屋だってビルの1フロア借りりゃあそれで十分。

あっこれじゃ結局は私も「悪」って言ってるようなものですね。
先日TBSの悪徳布団屋が「クモ助」ならMLMは「邪教の教祖」って感がしますね。うーん名言?
最後にフェラーリはやっぱり高いよ。私のミラが何台買えるか、でも欲しいなぁ。まあ、よく考えれば高いからヴィトン、高いからシャネルってのも変な定説ですね。
tokumei さん 2001年 04月 14日 01時 24分 31秒
年齢:二十代中盤

でんでんさんへ、、、

>貴方が今買おう(しよう)としているものは
> ワクワク しますか?
>そう思わないならば、今回はやめてみませんか?

一概にして、「商品そのものの魅力」を感じて購入している人は
多くは無いと思います。(勿論、そういう方もおりますが)
「MLMシステム」の一つの欠陥として、「金銭的な欲求により『高揚』して、
様々な比較能力が麻痺する」っと言うのがあると思います。
ですから、「商品の良さ」を見抜くためには「射幸心」は邪魔になると
思うわけです。

  一言言いたい人間より さん 2001年 04月 28日 22時 52分 57秒
討論会のページへ
evo さん 2001年 05月 05日 13時 47分 47秒
会社名:ファーマネックス かもめ アルバ インデックス etc....
ここ十年間でほんといろいろな団体に勧誘されました(ひとつもやってないです)
私自身は、否定的な印象しかありません。
なぜなら、ある商品を例に挙げ、メリットを聞かされるまではよいのですが、そこから先
「簡単に絶対儲かるから」という言葉で失望してしまいます。
商品自体が有益なものであるならば勧め方が逆でしょう! 使ってみてもらって商品の良さを
十分認識してもらってから、「仕事としてのやり方もあるから。」と紹介されてもおかしくないと
思います。実際に参加していらっしゃる方のほとんどが、自分に入ってくるマージンを優先しているとは
思いますが(商売ですから当然だとは思いますが。)優先するあまり商品の存在がボケちゃってませんか?
商品を隠れみのとしたマネーゲームといった印象が非常に強いです。
この状態では、今の日本ではまず一般的に普及することはないでしょう。
お金をたくさん稼いでいい暮らしをしたい!という考え自体はみんなの願いで自然なものです。
勿論、わたしもそうですがその為に自己中心的になるのはいかがなもんでしょうか?

みなさんはどう思われますか?
ネオ さん 2001年 05月 06日 01時 37分 16秒
年齢:23
evoさんへ

はじめまして。私はビジネスに参加している者です。
ほんと、全くその通りだと思います。
商品に自信があるんだったら、「儲かります」なんて事を言わないんじゃないかなと思います。
もちろんマルチ商法というシステムを使っている事を説明しなくてはいけないなと、最近思う様になったのですが、ビジネスに「引き込む」為にする話では無い気がします。
「会社をよく知ってもらう為」にシステムを話すのが普通ですよね。
いくつかの会社の説明会に行って来たんですが、「私はこの仕事でこんなに儲かりました」という話しかしない人が多いです。
はっきり言って、商品の話よりも仕事の話ばかりでした。(行った説明会が悪かったのかな、、)
「マルチ」という、同じ土俵に居る者として、考えさせられる事が多いです、、
「ものつくり屋」 さん 2001年 05月 06日 04時 50分 40秒
こんにちは、evoさん、ネオさん。

>商品を隠れみのとしたマネーゲームといった印象が非常に強いです。
>この状態では、今の日本ではまず一般的に普及することはないでしょう。

すこし、古い話をしてみましよう。昭和51年に訪問販売法ができた訳ですが、その前年の法案の国会審議において通産省の審議官が「マルチ商法は、その態様が多様であり『罪刑法定主義』にそぐわず、運用が困難であるため禁止できない」と発言しています。私は、この「罪刑法定主義にそぐわない」という部分の説明として、「必ず最末端に、上部会員への報酬が含まれた金額で商品・サービスを購入しながら、自らは報酬を受け取ることが無い人は存在する、問題はその人が被害者となるかどうか」だと説明しています。その人が「商品購入」を目的とされていれば、商品は手に入って居るわけですから被害者ではなく、その人が「利益を期待」されているのであれば、利益は手に入っていませんから被害者足り得る訳です。
このように、置かれた状況が同じであっても、当事者の考え方で被害者かどうかが変わる場合などに「罪刑法定主義」を基本とする法律は運用困難を来すわけです。罪刑法定主義というのは「なになには、罪であり、その罪はしかじかの罰に相当する」と決めるわけです。裁判などで情状酌量などで罰を執行猶予することはあっても、要件が成立すれば「その行為は罪」とするのが基本です。
evo さん 2001年 05月 06日 11時 19分 45秒
年齢:34
会社名: ファーマネックス かもめ アルバ インデックス etc....
こんにちは、ものつくり屋さん ネオさん。

早々と、ご丁寧なレス頂きありがとうございます。
  
  >要件が成立すれば「その行為は罪」とするのが基本です

やはり、法律スレスレということなのでしょうか? その人の受け止め方次第では罪に成り得る?
難しい問題ですね。すみません不勉強で....

法律的な分野では、今年4月から施行された「消費者契約法」との絡みはどうなんでしょうか?
私も営業マンの端くれとしてこの法律と関わっていかなければならないのですが、私の仕事の場合でも
契約時に必ず言っておかなければならないことがキチンと明記されています。(契約者に対しての説明事項が
増えたんです)
今までの経験から、MLMの場合、私の仕事よりもっとたくさんの説明事項があるような気がします。
この法律は、消費者の保護を趣旨として成り立ってますから仮にMLMでなくとも、説明不足等で消費者が
不利益を被った場合、説明した者を訴えることもできますよね? 現状のMLMの活動を見ていますと、この法律は物を売る側にとっては避けて通ることのできないものだと思います。ネオさんどうですか?

MLMに携わる人にとっては、ますますやりずらくなるんじゃないかと私は思ってます。
ネオ さん 2001年 05月 07日 02時 01分 45秒
年齢:23
evoさんへ

前回の書き込みで「ビジネスに参加している者です」と自己紹介させてもらったのですが、いろいろと考える所があり、そんな時にこちらのサイトと出会い、活動を停止して勉強させてもらっている状態です。
「消費者契約法」についてなんですが、まだまだ勉強不足の為詳しくは分かりません。
私が参加している会社は、契約書面の交付義務についてや概要書面の交付義務について、契約解除時に発生する責任などをセミナーで教わりました。
とは言っても、「連鎖販売取引」の場合のみの話だったので、一般企業との違いまでは分かりません。
またセミナーという形なので、セミナーに参加していないビジネス参加者が、無知の状態で活動している可能性が高いです。
>今までの経験から、MLMの場合、私の仕事よりもっとたくさんの説明事項があるような気がします。
私もそうだと思います。
知識からではないのですが、「販売→訪問販売→連鎖販売取引」と考えると、普通の販売者より説明事項が増えて当然だと思います。

>この法律は物を売る側にとっては避けて通ることのできないものだと思います。
全くその通りだと思います。どんな商売にしても、「説明不足」や「事実不告知」なんて事は絶対あってはならないと思います。私自身、一般企業からそういった事を含んだトラブルにあった経験があるので、販売側の立場にいる人は絶対に守るべきルールだと思います。

>MLMに携わる人にとっては、ますますやりずらくなるんじゃないかと私は思ってます。
間違った(被害者が出るという事。故意でなくても)販売方法をしている人たちは、今まで以上にやりづらくなるでしょうね。正しい販売を行っていない人が減るという事は、私としても嬉しく思います。
早く効果が表れないかと待ち遠しいです。
ネオ さん 2001年 05月 07日 02時 06分 14秒
年齢:23
ものつくり屋さんへ

今回もまた勉強させて頂きました。ものつくり屋さんの分かりやすい説明、本当にありがたいです。
「ものつくり屋」 さん 2001年 05月 07日 10時 08分 43秒
こんにちは、evoさん。

>>要件が成立すれば「その行為は罪」とするのが基本です

>やはり、法律スレスレということなのでしょうか? その人の受け止め方次第では罪に成り得る?
>難しい問題ですね。すみません不勉強で....

単純に言うと、法律というのは「確実な罪」しか禁止の法律ができないのです。その運用の仕方で
罪にならない可能性があれば、全体の禁止ではなくその個々の運用において禁止事項を設ける規制
法とするわけです。マルチ商法や訪問販売は、その勧誘において嘘や強要が発生しやすい(つまり
こういう嘘や強要により、確実に罪となる運用が起こる訳です)事から、「不実告知」や「威迫・
困惑」行為を罰則を定めて禁止しています。

ここで少し、詐欺罪との違いを説明しますと、同じ「嘘により利益を得る」行為であっても、詐欺
罪には「騙す意図」という要件があります。つまり、普通の商売で「うっかり口が滑った」場合な
ど「騙して利益を得る意図」が無いと、法的に罰を受ける事はありません。その代わり、「あの店
は嘘を言う」と評判になり客が来なくなるという「社会的制裁」はあります。しかし、マルチ商法
や訪問販売では、そういう評判を知らない人を捜して取引を勧誘する事ができますから、訪問販売
法における嘘や強要の禁止と罰則には「騙す意図」という要件は入っていません。本人が真実と思
っていても、それが嘘であると「不実告知」として罰則をうける可能性が生じます。その分、詐欺
罪よりは軽い罰則と成っています(詐欺罪は最高懲役5年ですが訪販法違反は最高懲役1年です)。
そのため、捜査段階では訪販法の禁止行為違反、あるいは「無限連鎖講防止法違反」として摘発し
てもその後の捜査で「騙す意図」の証拠がでてくると「詐欺罪に切り替えて起訴」という事も行わ
れる訳です。

>法律的な分野では、今年4月から施行された「消費者契約法」との絡みはどうなんでしょうか?

以前にご説明した事が苦情の坩堝に残っていますので参考にして下さい。
evo さん 2001年 05月 12日 23時 50分 54秒
年齢:34

私は、MLM自体について考えてみたいと思います。
無限連鎖って言われかたしますけど、システム上その名称が似合ってるだけで
実際は、有限連鎖って言ったほうがあってます。
無限に広がっていく そんなこと不可能です。
どこかで必ず行き詰まる、それがMLMなんです。

日本最大のMLMであるアムウエイにしてもです。
これだけ多くの団体が乱立してMLMを行っていると、勧誘された多くの人は、
必ず警戒心を持って話を聞くでしょう。
そして、「またか」って感想を持つ人が大多数だと思われます。
「これは、すごいものになる」ってとこもよくありがちですが、中身はそんなに変わりません。

商品をひとつの題材にして、代理店の権利を売買しているんですね。権利の売買を廻って発生するマージンが一番大事なのです。
私の友人は、「MLMは、一番最初に始めた者が、手っ取り早くまとまった資金を手にすることができる。」
と言ってます。
ですから、早く始めればそれなりに収入はあるでしょうが、自分が誘われたときに「どれくらいの位置にいるんだろうか?」と疑問に感じてしまうこともいいのでは? と思います。
それを聞いても教えてはくれないでしょう。
だって、誘った人自身、自分の位置付けを知らされてないんですから....

MLM全体の組織の内容を少し突っ込んで調べてみませんか?
そうすれば、違う観点からMLMを見ることができます。
私は、この十年いろいろな組織から誘われましたが、結局のところ大筋ではどこも一緒なんです。
一部の人のために、多くの人の金銭的犠牲があると思わざる得ません。

アフターサービスも皆無と言っていいほどないと思われます。

このように、メリットは感じられないのですが、みなさんはどう思われますか?
ネオ さん 2001年 05月 13日 00時 58分 42秒
年齢:23
evoさんへ

MLMは「連鎖販売」であって、「無限」ではありませんよね。「無限」はねずみ講のはずです。
私個人としては、ねずみ講も無限に連鎖するとは思えないのですが、、
世界の人口は決まっていますしね。
それと、私はまだ登録を抹消していませんが、今の自分の位置関係を簡単に教えてもらいました。ただ、あまりにも枝別れが多過ぎて「日本で何番目」といった風に、具体的に答えられないのが現状です。
後、メリットの件ですが、私は愛用者からスタートしているので商品にメリットを感じています。しかしながら、商品が合わなかった、思った程の効果が現れなかった方や、仕事として(お金儲けだけ)捉えた方のメリットは、ないと言ってもいいかもしれません。もちろんお金を沢山貰っている人もいるでしょうが。
私事ですが、こちらを利用させてもらい、いろいろな事を学ばせて頂きました。こちらに来られる方々に、本当に感謝しています。前に「辞めるか続けるかを検討中」と書かせて頂きましたが、今日続ける事を決めました。理由はいろいろですが、商品を喜んで使っている方の笑顔で決心しました。恥ずかしながら、その方達の話を聞かせて頂いて泣いてしまいました。いろんな原因で、身体的に苦しんでいらっしゃる方達が、「良くなった」と笑顔で話してくれました。
もし、あれほどまでに喜んでくれる人が他にもいるのだったら、続ける価値はあるのではないか、と思ったからです。きっと批判される方もいらっしゃると思いますが、私はあの方達のように苦しんで来た、又は今現在苦しんでいる方達に、あらゆる可能性の1つとして伝えて行けたらと思っています。
まだまだ素人ですが、こちらに寄せられる苦情を戒めとして、沢山の人たちに喜んでもらえるような活動をして行きたいと思います。
本当にありがとうございました。
tokumei さん 2001年 05月 13日 01時 43分 30秒
年齢:二十代中盤

evoさんへ、、、

http://www.d1.dion.ne.jp/~lpldrt/
「ネットワークインフォメーションリスク研究所」

http://homepage2.nifty.com/mlm-law/index.htm
「MLMビジネスと規制法」

のページが、MLMについて詳しく書かれていると思います。

私は、MLMという「流通形態」そのものを否定しようとは思いません。
否定するのは「そこから端を発する諸問題」です。
ただ、未だに問題の無いMLM企業って見た事ありません、、、(笑)
ですから、諸問題を改善しない以上は、MLM企業=悪であると思っております。

しかしながら、MLM従事者の中には、ここにもしばしば登場する「中澤」さんのように
MLMの持つリスクや諸問題等を把握しようと努力し、「迷惑」を避けようとしている方もいます。
また、商品そのものを愛用している方も沢山おられます。

こういった方がおられる限り、システムを「全否定」しようとは思っておりません。
それにしても「悪」な部分ばかりが耳に入って来てしまうなぁ、、、(悲)
evo さん 2001年 05月 13日 02時 12分 13秒
年齢34

tokumeiさん、ネオさん こんばんは。
どうしても、私が意見を述べると、否定しかしないような内容になりがちです(笑)

そもそも、MLMはどうして生まれ、日本へとやってきたのでしょうか?
すべて悪であるならば、とっくの昔に無くなっている訳ですから。

私も、考え方そのものを全部否定するわけではないのですが。
新しい販売形態として、時代とともに成熟していくんでしょうか?

となると、日本での普及のなされ方に問題がありますね。
MLMそれは悪だ! というイメージがかなり一般的に定着している現状を見ても。

それは、あと先の事を考えずに自分の利益追求のみに走った、先駆者達の責任です。

どうしても、いいところを見ようとしないであら捜しをして、叩こうとしてしまう。
いけませんね私自身これでは...
MLMに限らず、今、こういった風潮がはびこってます。

今一度、自分の心の中を点検し、何が大事なのかをしっかりと確認しておこうと思います。
「ものつくり屋」 さん 2001年 05月 13日 06時 51分 49秒
こんにちは、evoさん。

>そもそも、MLMはどうして生まれ、日本へとやってきたのでしょうか?
>すべて悪であるならば、とっくの昔に無くなっている訳ですから。

悪なら無くなるものなのでしょうか? 昭和40年代の後半に「押し売り」という社会問題が生じま
した。玄関先で脅したり、騙したりして、消費者にものを買わせるやり方です。社会はそれを「悪だ」
と認識しましたから、訪販法に「訪問販売」という定義をつくり、「営業所以外での契約」の場合は
「訪問販売」として、8日間の一方的な解約の権利を契約者に認め、事業者の「嘘」や「強要」への
罰則を定めました。そうすると、「キャッチセールス」「アポイントメント商法」というものが出て
来ました。取引勧誘目的を隠し「アンケート」「景品の引き渡し」などを理由に営業所に連れ込んで
契約を勧誘するやり方です。昭和50年代に猛威をふるいました。昭和63年に法律を改正して、そ
れらも訪問販売に含める事にしました。それでは、今は、そういう「押し売り」系の被害は無いので
しょうか? もう一度考えてみてください、本当に「悪なら無くなる」は真実でしょうか?

マルチ商法は1940年代に米国で誕生したと言われていますが、中世のヨーロッパの教会による免
罪符の販売も連鎖制であったことを指摘する説も有ります。

>新しい販売形態として、時代とともに成熟していくんでしょうか?

今、evoさんは、スーパーやコンビニで「陳列棚から商品を選びレジへ持っていく」事を普通だと思
われていますよね。いつ頃からそれが普通になったのかご存じですか?昭和の40年代に「スーとで
きてパーと消えるからスーパー」と呼ばれた乱立淘汰の時代が有ったのですよ。その時期の消費者は
「悪ければ無くなる」なんて他人任せでは有りませんよ。「良きものを選ぶ」という事に真剣で有る
からこそ、少しでも悪いものが「パーと消える」事になり、その結果として、今スーパーで買うこと
が普通に成ってきた訳です。「少しでも悪いと思えば拒否する」事が大事なんです。「良いものもあ
る」なんてのは、甘えた生き方なんです。「少しでも悪ければ拒否される」中で生き残った者だけが
次の時代の「普通」を作って行くだけなんです。そこに「良いものもあるのかも」なんて情けをかけ
ると、悪いものが残り、「普通」に成ることができなくなるだけなんです。
ネオ さん 2001年 05月 20日 14時 21分 45秒
年齢:23
evoさんへ

書き込みを頂いてから随分経ってしまいました。すいません、、
ものつくり屋さんがおっしゃったように、情けをかけては何も進展しないと思います。
私はMLMというシステムの中で仕事をすると決めた訳ですが、おかしなビジネスややり方をしてる人(もちろん私が所属している会社を含めて)見逃す訳にはいかないと思っています。そういう人がいる限り、このシステムの欠陥を改善・修正していく事はどんどん難しくなっていくと思うからです。それが果たされない限り、今現在の苦情や被害者の方々が受けた被害が延々繰り替えされてしまいます。
改善されたとしても、また新たな苦情や被害が発生しないとも限りません。そしてまた欠陥を無くす。そうしてようやくきちんとした形態の会社だけが残っていく。そうやって着実に「悪徳」と呼ばれる企業を減らさなくては、と思います。
どんな業界であろうと、消費者に受け入れられない企業は淘汰されるものではないでしょうか。
私個人としては、あら探しをするのはある意味良い事だと思います。あら探しをすれば、必ず欠点が見えて来ますよね。欠点があるとそれと共に苦情も出て来るでしょう。自分が経験した事やそれ以外の事まで知る事が出来る訳です。憶測だけで終わってしまってはどうかと思いますが、現状を知り、腐った所を切り捨てる事が出来るのではないでしょうか。
長くなりましたが、人の意見に流されないevoさんの姿勢を大切にして頂けたらと思います。
智也 さん 2001年 05月 22日 06時 18分 53秒
はじめまして。自営業をしている32歳です。
(あまり頭は良くないですが・・・。(^^;))
MLMには参加したことはありますが、1ヶ月程で辞めました。
やはり何事も楽な商売はないもんですね。(笑)
いろんな会社の内容を聞いてると「いい話」にも思えるのですが、
やはり個人事業なので、MLMをやる個人個人が「責任」をもってやらなければいけないと思います。

日本自体大変な不景気なので、「少しでも収入を増やしたい!」という気持ちはわかりますが、
よくよく考えてみると、日本の「年金制度」にも似ているなぁ〜とも思います。
いかがでしょうか??
steel さん 2001年 05月 30日 04時 34分 58秒
年齢:25

独り言ですいません・・・MLMって結局、貧乏人がゆめを語りあって喜ぶ奇妙な集団に思えてきました・・・愛用者の立場になって少し距離をおいてみようかな・・(約2年、突っ走りました)

P.S 裸一貫からMLMでのしあがって、いまも実業界で名を馳せている人物なんて存在するのでしょうか?
巨人 さん 2001年 05月 30日 21時 05分 14秒
NBのボスには、澤田という名前がえらく多いですね。
インデックスとグリオの澤田は同一人物らしいのですが、
サンフラワ-で逮捕されたのが藤本聖二!
クラブイッツのトップが澤田聖二!
う〜ん・・・ これはただの偶然でしょうか?
ご存知の方は教えてください。
HIROKAZU さん (hirokazu_mi@hotmail.com) 2001年 06月 02日 07時 29分 39秒
年齢:32歳
会社名:MLM全般

4月から消費者契約法が施行されさらに、昨日からは、訪販法改正が施行されました。
自分らの関わっている会社でこういう風に対応が変ったなんてものがあった書き込み
をお願いします。
イノキオ さん 2001年 06月 02日 16時 40分 10秒
年齢:21
会社名:MLM全般


訪問販売法に”連鎖販売業に係る連鎖販売取引についての契約を締結するに際し、
当該契約に係る書面に年齢、職業その他の事項について虚偽の記載をさせること”が
禁止行為として追加されたみたいですが、(普通に考えて禁止で当たり前)
これで少しは被害が減りそう・・・って思ってもいいんですよね?

友人は無職なのに偽ってローンくんでましたから。
前に聞いた話だと結構虚偽の記載はさせていたみたいですね。

法律のこと読んでも難しくて理解できないので見当違いかもしれませんが。
他の改正、又は追加の部分はチンプンカンプンです。
ねみ さん 2001年 06月 08日 15時 11分 12秒
悪徳業者に裁判にかけるといわれたら どうすればいいのでしょうか 

本当に裁判をするんでしょうか?
雪兎 さん 2001年 06月 08日 23時 57分 26秒
>ねみさん

>悪徳業者に裁判にかけるといわれたら どうすればいいのでしょうか 
「ならば、こちらも弁護士を立てて争う!」といってやりましょう。

>本当に裁判をするんでしょうか?
 悪徳業者は、口では「訴えるぞ」と平気で言いますが、奴等の方から裁判を起こすことはまずありま
せん。なぜなら、法廷で業態を暴露されるのが怖いからです。
ねこ さん 2001年 06月 09日 05時 18分 57秒
雪兎 さん レス ありがとうございます
電話がかかってきたら 「ならば、こちらも弁護士を立てて争う!」言ってやります

ところで昨日ナンバ−ディスプレイを契約して非通知ガ−ドなるものを
つけました これならば ケアンズから電話をしてくるということはなくなるとおもいますか?

ちなみに ナマエが  うち間違え で ネミなってしまいました ただしくは ネコです (^_^;)

すみません
イノキオ さん 2001年 06月 15日 15時 57分 23秒
年齢:21

MLMと聞くとニュースキン、アムウェイ、インデックス、サミット、扶洋等
悪名高い業者ばかりしか思い付きませんが、
悪徳じゃない企業って知りません。
誰か教えてください。

知ったからといってやるわけではありません。
悪徳MLMばかりしか知らないので、
偏りすぎてる知識はイカンと思いまして。
今の知識だと”MLM=悪徳”のままなので。
ORATORIO さん 2001年 06月 15日 23時 33分 19秒
年齢:21
>悪徳じゃない企業って知りません。
私も知りたいです。
有名なところは悪徳な企業ばかりですからね
悪徳じゃない所があるなら聞いてみたいですね。
会社員一年目 さん 2001年 06月 15日 17時 26分 26秒
年齢:23

はじめまして。掲示板の流れを断ち切ってしまって申し訳ないです。
なんとなくマルチ商法に興味を持っていてここにたどり着きました。たいへん興味深く読ませていただいていました。
わたし自身はやったこともないし身近で被害を受けた人がいるわけではないのですが、
最近、私が今付き合っていた人も社会人になったばかりの時、ニュースキンをやっていた(表現が悪かったらすみません)
と本人から聞かされ、かなりのショックを受けました。
と同時に、疑問を感じました。それは、小学校・中学校などでも「悪徳商法」としてこのような連鎖商法の危険性を学んでいるのに
どうして多くの人が始めようとするのかなということです。
わたしにとっては、始めようとするその気持ち自体が全然分からなくて、始めるようとすることすら常識知らずな気がするのですが。
お返事お待ちしています。
SPACEBOY さん 2001年 06月 15日 19時 38分 03秒
>会社員一年目 さん 、こんばんは。

>それは、小学校・中学校などでも「悪徳商法」としてこのような連鎖商法の危険性を学んでいるのに
どうして多くの人が始めようとするのかなということです。

 それはですね、学んでいない人もいるからなんです。学校によってそういうのをやらないところもあるんです、他のことには熱心なくせに。実際、私なんかもそうだったわけです。ただ私の場合田舎だったので、その心配をする必要が割合少なかったんですがね。だから、このサイトにはじめて来たときなんかは、へえ、そんなのやってるんだーなんて感心しちゃったくらいです。したがって、そういう人は、親や近所の大人たちから教わるしかないんです。とすると、その周りの大人たちに、教える意志があるかどうかということが問題になってくる。意志のある大人にめぐり会えなかった人の場合、マルチでどういうことになるのか知りたければ、それはもう実社会で身を持って体験(サイン)するしかないという最悪の事態に陥る場合もあるわけです。

 まあ、学校教育云々ばかりが理由ではないだろうけど、同じ年代でも、教育を受けている人とそうでない人がいるというのは、なんだかなあ。
ひげじい さん 2001年 06月 18日 00時 56分 27秒
年齢:34
会社名:MLM全般

私は昔、バブルスターから始まり幾つかのネットワークビジネスをやりましたが、
悪い会社良い会社色々でしたね! まずお金の事を最初に言うとこはダメですね!
それと耐久消費材をメインにしてるとこも、どうかなあと思います。全部が悪い訳では無いですが、
金額が高くなるとどうしてもお金に走ってしまいますし・・・
商品が良くて値段が適正だったら、あとは使う人の問題だと思います。
自分自身がやったことのある所でココは良かったと思うとこでは、健康関連でレイ○ボーは良いと思う!
仕事としてやる人と一般ユーザーを分けてます。化粧品は妥当な値段だと思いますし、自分が紹介した
お客さんで今でも使ってくれてる人がたくさんいます。今では私も単なるユーザーですが。
2月頃のカキコミで毛皮の展示会販売のセ○ネジャパンの話がありましたが、この会社に居たことあります。
前はこんなに苦情の出るような販売はしてなかったのですが、お金を追っかけて強引になってる人が
増えてるんだなあと思いました。全てに言える事ですが参加してる人の年齢層が下がるとやばいですね。
どうしても、1にお金、2にお金になってきますから! 楽してお金は稼げません!!!!
たろぽん さん 2001年 06月 20日 00時 15分 13秒
数年ぶりにあうことになった、
どうでもいい友達には、
MLMの勧誘を絶対自分にしないことを前提に、
友達ごっこに付き合ってあげたらどうでしょう?

仲良くしたかったけど、機会が無かっただけかもしれません。
眼がギラついてうざい人が一人くらいいても・・・。イヤだよな。
白黒パンダ さん 2001年 07月 09日 22時 42分 29秒
年齢:22

私の彼氏が上記の会社を友人から紹介され、数日間通っています。
いつも、夜遅くに帰ってきます。
仕事の内容を聞いてみると、「まだできて間もない会社だから言えない」「上の人の説明を聞いてみて」
と、言われました。問いただしてみると、「インデ○クスというブランドに携わる仕事。」
それ以上何も答えないので、不信に思い調べてました。
MLM、マルチ、マルチまがいなど・・・これは違法ですか?
私自身、違いがわからず書き込みさせていただきました。
できれば、それらに関する情報を教えてください。
あまりの評判の悪さに不安を感じています。
「ものつくり屋」 さん 2001年 07月 10日 15時 06分 52秒
こんにちは、白黒パンダさん。

>MLM、マルチ、マルチまがいなど・・・これは違法ですか?

少し歴史的な話になります。昭和40年代に米国からマルチ・レベル・マーケティング(MLM)
プランと呼ばれる販売法が入ってきました。自分が商品を買いう事で「人に商品を紹介し、その
人が購入すればリベートが貰える」さらに「自分が紹介した人(子会員)の紹介で人(孫会員)が
購入した場合にも親会員はリベートが貰える」という形で曾孫以降の数階層に渡ってリベートが連
鎖することからマルチ・レベル(多階層)と呼ばれる訳です。最初の頃には「ねずみ講式販売」な
どという呼称も使われましたが、やがて英語呼称の頭の単語を取って「マルチ商法」と呼ばれまし
た。その当時にも、リベート欲しさに次々と知人を勧誘して会員にするという人は居たわけです。
しかし、途中段階の人が沢山の人を勧誘するほど、最末端に居る「まだ子会員を作れなくてリベー
トが貰えない会員」の数は多くなっていく訳で、ねずみ講と同じように、「リベートが欲しくて参
加したけど、買い手が見つけられなくて借金だらけ」なんて人が沢山できた訳です。

昭和50年には生活審議会が政府に対して「マルチ商法には、何も価値が無いから禁止すべき」と
いう答申を出しています。そして昭和51年に訪問販売法が出来るにあたって「禁止ではなく厳し
い規制により根絶する」という方針が立てられた訳です。何故禁止にしないかと言うと「禁止法に
するということは、やった者を罪人とすることである。しかし、人を罪人にすると言うことは大変
な事だから定義を厳しく決めなくてはならない。定義を厳しくすると定義をかいくぐる『のがれ』
が必ず出てザル法になるから、あくまで規制とする事で定義も広く解釈できるようにしたい」とい
う考え方が有ったようです。そして実際にその後「手入れ」が幾つか有って根絶に近づいたかの様
に見えた時期も有るわけです。

長くなりそうなので分けましょうね。

昭和51年にできた訪問販売法によるマルチ商法の「規制による根絶」なんですが、実は大きな
欠陥が有りました。訪販法ではマルチ商法を「連鎖販売取引」として定義しているのですが、そ
の定義に「参加する費用が2万円以上」っていう項目が有ったんです。「広く定義して規制によ
り根絶」という事を目指したにしては、馬鹿な定義を作ったもんですが、その当時のマルチ商法
が商品を販売しているというよりも「商品を紹介してリベートを受け取る権利」の販売に傾いて
いて、入会金が大きかったこと何かも関係していると思います。

そこで「規制のがれ」が出てきた訳です。入会金を8千円くらいにして「うちはマルチ商法じゃ
ありません」っていう訳です。ただこれもおかしいのですね。「マルチ商法」は社会用語ですし
「連鎖販売取引」は法律用語です。法律上の詐欺犯罪者じゃなくても社会じゃ「詐欺師」って呼
ばれる人も居るわけです(公約破った政治家なんか良く呼ばれます)。法律上の連鎖販売じゃな
くても「マルチ商法」って呼ばれることは普通に有っても良い訳ですし、呼ばれたく無ければ、
販売方法を紛らわしく無くすれば良いだけの事なんですね。でも実際、ある出版社がアムウェイ
っていう入会金を8千円にしている会社を「マルチ商法」って批判して、アムウェイに訴訟を起
こされて敗訴するって事が起きちゃったんですね(私は地裁の「社会用語の適用」を巡る誤判決
と思っています、控訴していれば勝てたと思うけど、控訴しなかったのね)。

そこで、別な出版社が「マルチまがい商法」って表現で批判本を出してね、やっぱり訴訟を起こ
されたのね。この判決は一昨年に出て、マルチ商法に類似しているのだから類似を示す「マルチ
まがい」は使ってもかまわないって判決だったんですね。

でも、そんなことしているうちに「規制のがれ」マルチ商法企業はどんどん増えたのね。でもっ
て、今年の6月に訪販法を特定商取引法に改正施行したときに、2万円っていう定義を取っちゃ
ったんです。だから、今やっている企業は皆、法律で言う「連鎖販売取引」、社会で言う「マル
チ商法」の会社です。そして、「根絶を目指した厳しい規制の元に置かれている」取引方法をお
こなっている会社です。禁止はされていないけどね。
家族を守りたい さん 2001年 07月 18日 11時 54分 39秒
年齢:30代

ちょっと前のベストセラーで「金○○父さん、〜」なる本がありましたが、
その続編の実践編みたいな本が最近でて、
「お金を稼ぐには、自分が関与しなくても金が入ってくるようにしなくて
はダメ」というような内容で、そのための方法として
ネットワークビジネスとフランチャイズシステムみたいなのを紹介しているそうです。
私はまだ読んでいませんが、主人がそういっていました。
ちなみに主人が買った本には、あるネットワーク会社の名刺がはさんであった
そうです。(誰か個人が故意にしたことでしょう。)

ベストセラーになるような本だけに、
安易にネットワークに興味を持つ人がたくさん出てしまうかもしれないことに
恐怖を感じて書き込みました。

主人はあれ以来「ネットワークはしない」と言っていて、
(私が「ネットワーク始めたら即離婚だからね!」と言っているし、)
私の方も落ち着いていますが、
「金○○父さん、〜」は面白いと言っていたので、
その話を聞いたとき、久しぶりに嫌な感じがしました。
そんな楽して、リスクなく儲かる話なんて、
宝くじあたるくらいの確率でしかありえないと私は思います。

この書き込み、もちろん、本を推奨してのことではありません!
(もしかして、誤解があってはいけないので。)

もし身近に読んでいる方がいらっしゃったら、
ネットワークに興味をもち始めないか、注意してください、
という意味で書き込みました。

ネットワークは、早めの予防が肝心ですから。(経験談)
「ものつくり屋」 さん 2001年 07月 19日 05時 32分 28秒
会社名:マルチ一般

こんにちは、家族を守りたいさん。お久しぶりですね。

>ベストセラーになるような本だけに、
>安易にネットワークに興味を持つ人がたくさん出てしまうかもしれないことに
>恐怖を感じて書き込みました。

掲示板情報なので真偽のほどは知りませんが、この本の著者は、マルチ商法であるアムウェイの参加者
だそうです。

家族を守りたいさんの感じられた恐怖というのは、これからの社会について何かの理屈を語る者にとっ
て、とっても難しい問題提起を含んでいるのですよ。私自身、最近はいろいろな掲示板で「悪徳商法批
判者」をやっていますが、その前は「産業改革論」なんかを論じていたのでよく分かるのですよ。

例えば、別な方にグリオというマルチ商法の「予防医学」が如何にデマであるかをレスしていますが、
「予防医学」という言葉だけ捉えれば、私自身、「予防医学的な産業はこれから伸び続ける」といった
予測を書いたりした事はある訳です。もちろん、その場合の予防医学の意味は「健康食品のマルチ商法」
ではなく、人間ドックの様な早期発見システムであるとか、生活習慣改善のアドバイス機関なんかが、
ひとつの産業として伸びるという意味なんですけどね。

社会改革みたいなことを論じていると「変わらなくてはならない」「目先の痛みを恐れるな」なんて、
ちょうど今の参院選の各党の演説みたいな事を色々と書く事はある訳です。でもって、マルチ商法がそ
の言葉と同じ様な言葉を「人を陥れる」ために使うのを見ると、怒りやら情けなさやら、言葉を失って
いく訳です。良い例えではないけど、バスジャック犯が使ったのも包丁なら、板前がおいしい料理を作
るのに使うのも包丁なんですよね。言葉という道具を「道に外れて」使われるのを見る度に、私は言葉
が使いにくく成っていく気がするのですよ。もう長い間「産業改革論」の方は語っていない・・・。
メタル屋 さん 2001年 07月 20日 13時 56分 16秒
年齢:25

数日前にこのサイトを見かけたメタル屋と申します。私は、MLMとは違いますが、数年前関西のとある恋人紹介センターで100万以上のローンを組みダイヤを買わされ、ろくなサービスを受けられないまま退会したという苦い過去があります。今もローンは続いています。そのときの信販会社の申込書にハンコを使わず拇印でサインしたのですが、印鑑を使わなくてもクレジットは成立するのでしょうか。(毎月引き落とされてるので間違い無く成立しているのでしょうが)また、この掲示板では大体が商品を取り扱う会社についての情報ばかりなのですが、私の様な恋人紹介センター等で被害にあった人はいませんでしょうか?もしあるのなら教えていただきたいのですが。ちなみに私も親友から某NSの勧誘に会った事がありますが、「洗剤を売るあの会社とは違う!」と強く言っていた覚えがあります。このサイトを見る限りでは全く一緒ですね。もちろん断りました。

P.S「ものつくり屋」さんの文章いつも見させていただいてます。私はMLMは断固否定しますので応援してます。時々見え隠れする製造・生産についての話から推測(勝手に推測して申し訳ないです)しておそらく同業種かと・・・。腐りかけてるうちの会社のTPM・ISO事務局長になっていただきたいですね。(笑)
「ものつくり屋」 さん 2001年 07月 20日 19時 00分 49秒
こんにちは、メタル屋さん。

>そのときの信販会社の申込書にハンコを使わず拇印でサインしたのですが、
>印鑑を使わなくてもクレジットは成立するのでしょうか。

ある意味で、拇印というのは、実印以上の証拠能力があります。普通の印鑑は、三文判を買って
押される可能性も有るわけでして、普通は署名の筆跡とともに証明になります。つまり署名の筆
跡が本人と異なり、その印章が、本人が他に使用した事が無い場合には、本人の同意の証拠とな
り得ないのですね。実印の場合は、本人が役所に届け出るという形で「本人証明」しているので
強い証拠ですが、それでもねつ造された事例が沢山あります(居候していた者が、本人になりす
まして実印登録して、家を売っぱらったなんて事件も有るのです)。でも拇印のねつ造というの
はかなり難しいですよね。私なんかは、実印よりも、拇印の方を信用しますよ(笑)。

>おそらく同業種かと・・・。腐りかけてるうちの会社のTPM・ISO事務局長になっていた
>だきたいですね。(笑)

私は、結構幅広くこき使われてきたので、同業種という意味では、いろんな分野が同業種に成っ
てしまうんですよ(笑)。ISOよりJISとの関係は深いですね、何せ古いから(笑)。
メタル屋 さん 2001年 07月 21日 09時 32分 10秒
年齢:25

ものつくり屋さん、早速のお返事ありがとうございました。これに懲りて二度と拇印は押しません(涙)
最近、MCについての本を読んで勉強してます。この本の中では主に宗教に関する「破壊的カルト」という言葉が出てきます。今真剣にMLMに取り組んでいる方には非常に申し訳無いのですが、MLMを行っている人で、自分が所属する集団の中でしか「正義」を見いだす事ができず、外部の情報に関しては全てを「悪」とみなしてしまう人が一部存在すると思いますが、「破壊的カルト」と共通する所があるのでは?と思います。
もちろんMLMに関わる全ての人がそうだとも思えませんし、ましてや宗教と一緒にするなど心外だ!と思われるかも知れません。ただMLMのミーティングやセミナーは少なからずある種のMC的要素が含まれている様な気がします。(普通の会社の研修もそうかも)他社製品及び他社製品を愛用する人を否定・比較せず自社製品を販売しているMLMがあればいいんですけど・・・ってそれじゃ商売が成り立たないか。
「ものつくり屋」 さん 2001年 07月 22日 19時 20分 29秒
>最近、MCについての本を読んで勉強してます。この本の中では主に宗教に関する「破壊的カルト」
>という言葉が出てきます。今真剣にMLMに取り組んでいる方には非常に申し訳無いのですが、
>MLMを行っている人で、自分が所属する集団の中でしか「正義」を見いだす事ができず、外部の
>情報に関しては全てを「悪」とみなしてしまう人が一部存在すると思いますが、「破壊的カルト」と
>共通する所があるのでは?と思います。

「カルト宗教」あるいは「宗教カルト」というものと同時に「商業カルト」という言い方も存在するのです。一般にMLMよりも「心理セミナー」「自己啓発セミナー」などで使われる場合も多いですね。
自己啓発セミナーなどは、料金を頂いてセミナーを聴講して貰うわけですから充分に「商業」である訳です。

私は、人間の「試行錯誤による技術の洗練」の内、思慮の足り無い「結果だけを求める洗練」として、「悪しき心理操作」が跋扈してしまう時に、マインドコントロール状態が生ずるのだろうと思います。

優れたセールスマンは、その時のお客との共感性に基づいて「そっと背中を押す事」ができます。それは、「人としての共感性」の上にたっていますから「決して押しすぎない」という自己規制のもとでです。しかし、自己啓発セミナーしろマルチ商法にしろ、自分が心理操作環境下で確信しただけの者が、自分を引きずり込んだテクニックを何の畏れもなく使うとき、そこには「やりすぎ」が当たり前になる状況が生ずるのです。
TO TOKUMEI さん 2001年 07月 23日 12時 56分 28秒
「マインドコントロール」について
一時、こんな言葉がはやりました。
ちょっと、知ったかぶってあれこれ言う人いますけど、

現実には苦労やストレスに押しつぶされてノイローゼになる人が多いこと・・

どんなに努力しても向上できないとか・やる気を奮い立たせるときなど
人生の中で、自分を勇気づけてゆくことも「マインドコントロール」ですよね。
 情操・・情を操るのですから。操られる事は催眠です。
良いことでも「マインドコントロール」って そんなに悪い言葉として国語辞典に載るのかしら。
海外ではマインドコントロールという言葉は日本と同じ意味で理解されるのですか?
私も、良く意味が分からないので検索してみます。
「ものつくり屋」 さん 2001年 07月 23日 19時 57分 13秒
こんにちは、TO TOKUMEIさん。

>「マインドコントロール」について
>一時、こんな言葉がはやりました。
>ちょっと、知ったかぶってあれこれ言う人いますけど、

すみませんね。社会心理学関係の本をざっと数十冊読みかじっただけで、あれこれ言っている「ものつ
くり屋」です。

>海外ではマインドコントロールという言葉は日本と同じ意味で理解されるのですか?

マインドコントロールという言葉が世に出たのは、たぶんステスーブ・バッサンがその研究論文で使用
したのが最初だと思います。日本の場合、マスコミ等の取り扱いに「洗脳」との混同が目立ちますね。
というより、「洗脳」という言葉のイメージに関しては、日本よりも海外の方が明確ですね。朝鮮戦争
で有名になった言葉ですが、その頃の日本は、戦争景気に浮かれていましたからね。

>人生の中で、自分を勇気づけてゆくことも「マインドコントロール」ですよね。
> 情操・・情を操るのですから。操られる事は催眠です。

ハッサンがマインドコントロールという言葉を使い始めた当初には「心理操作の影響下にある状態」と
マインドコントロール状態との区分はまだ不明確でしたか゛最近はかなり明確に区分されています。人
のことを「知ったかぶってあけこれ言う」と論評されるのなら、せめてこの両者の区分程度の基礎知識
は説明できる程度には勉強された方がよろしいでしょうね。