苦情の坩堝  http://www.sos-file.com/top.htm
街頭募金
 本来善意の目的である街頭募金。近年、これを悪用する団体が増えています。募金するかどうかは自由ですが、寄付する団体の活動内容、募金の趣旨、募金のお金を何に使うのかなどをよく聞かないと、何に使われるのか解からないと言う時代になって来ました。災害救援や福祉目的でも、不確かな団体への募金は控えるようにしたいものです。
その他、都心部では托鉢(タクハツ)僧の偽者まで出没するようです。本来の托鉢とは僧の大切な修行の一つで、鉢を手に地方の都市を巡回し、施しの米や金銭を受けて回る行為。都心の冷房の効いた駅内などに立っているのは、果たして本当に修行なのでしょうか。

出かけ先で、案外直ぐに見かける街頭募金。小銭程度の出費なので、何とも言えませんし、出かけ先で直ぐに調べてみると言う訳にもいきません。悲しい時代になったな、と言う感じです。