マルチ&悪徳商法SOS−FILE   http://www.sos-file.com/
育毛関連 備     考 キーワード
育毛・発毛
育毛・発毛の効果は人それぞれ。
変な風に不安をあおったり、何の根拠もなく効果があるように宣伝したり。その結果トラブル急増。特定商取引法も改正される動きとなりそうです。
毛髪:不当広告で大手8社を改善指導、法規制要求も 東京都
[2003年6月2日]

 誰もが頭髪がふさふさになるかのように広告したり、「このままでは全部抜けてしまう」などと不安にさせたりして高額の育毛・増毛サービスやかつらを売りつけていたとして、東京都は、大手毛髪業者計8社に対し、「都消費生活条例」などに基づく改善指導を行った。都は業者の自主基準では、消費者保護を図れないと判断し、近く国に対しても法的規制の強化を求める方針。
 都消費生活部は、消費生活センターに寄せられた相談をもとに、昨年12月〜今年3月、大手8社を調査した。その結果、育毛効果には個人差があるのに、7社が誰もがふさふさになるような誤解を与えるような広告を出していた。また、「毛が生えてくる」とうそを言って実際には増毛サービスをしたり、「絶対大丈夫」などの断定的な言葉で確実に増毛するかのような勧誘などを全社が行っていた。

 さらに、年収200万円の男性に総額230万円の契約をさせたり、中途解約の申し出に対し高額の解約料を要求したりなどのトラブルも全社であった。大手事業者11社でつくる「日本毛髪業協議会」によると、既に全社が改善計画書を都に提出し、トラブル防止策を講じているという。

 同協議会は01年12月に設立され、広告表示、従業員教育、顧客情報管理などに関する自主規制のガイドラインを定め、協議会独自の相談窓口も設けた。しかし、都はガイドラインだけではトラブルを未然に防ぎきれないとして、特定商取引法の「指定役務」とするよう国に求める方針。指定されると、中途解約の規定などが法規制される。

 都は今回、8社の社名を公表していないが、今後、同様な違反を繰り返し、知事の是正勧告に従わない場合は、実名を公表すると説明している。

 指導を受けた大手毛髪業者は「信頼を失ったら自分の首を絞める。消費者に心理的不安を与えるような勧誘をしないよう指導し、教育を徹底する」と話している。
毛髪:不当広告8社に改善指導、都が法規制要求へ
[2003年6月3日]

 誰もが頭髪がふさふさになるかのように広告したり、「このままでは全部抜けてしまう」などと不安にさせたりして、高額の育毛・増毛サービスやかつらを売りつけたとして、東京都は2日、大手毛髪業者計8社に対し「都消費生活条例」に基づく改善指導を行ったと発表した。都は、業者の自主基準では消費者保護を図れないと判断しており、近く国に対してクーリングオフの対象にするなどの法規制を求める。
 都消費生活部は、消費生活センターに寄せられた相談をもとに、昨年12月〜今年3月、大手8社を調査した。その結果、頭髪が薄い写真と、ふさふさの写真を掲載して、誰もが増えるような誤解を与える広告を出すなどの違反行為(別稿参照)が見つかった。

 業者側は01年12月、トラブルなどを防ぐために「日本毛髪業協議会」(11社)を設立し、広告表示などに関する自主規制のガイドラインを定めた。同協議会によると、今回も全社が改善計画書を都に提出し、トラブル防止策を取ったという。

 しかし、都は「ガイドラインだけではトラブルの未然防止や消費者保護が図れない」と判断し、国に、特定商取引法の「指定役務」とするよう求める方針だ。指定されると、同法で定められたクーリングオフや中途解約の規定などが適用される。

 また、都は8社の社名を公表していないが、同様な違反を繰り返し、より厳しい是正勧告にも従わない場合は実名を公表する方針。

 指導を受けた大手毛髪会社は「信頼を失ったら自分の首を絞める。消費者に心理的不安を与えるような勧誘をしないよう指導し、教育を徹底する」と話している。

 主な違反行為は次の通り。

 ◆広告の違反(7社) 育毛は個人差があるのに「発毛率90%以上」と誤解を与える広告を出したり、長期間契約で高額になるにもかかわらず、「1日250円から」など総額を示さない広告をしたりした。

 ◆虚偽説明や断定的な勧誘(8社) 「他には何も必要ない」と言って育毛サービスを契約させ、途中で「これ以上髪は増えない」と言ってかつらを勧めたり、「毛が生えてくる」と言って育毛契約をさせ、実際は増毛したりの虚偽説明。「3カ月で脱毛が止まり、その後効果が出てきます」などの断定的な判断を提供。

 ◆長時間の迷惑勧誘(5社) 「お試しコース」だけを受けたり、話を聞いたりだけのつもりの人に3〜5時間の迷惑な勧誘をする。

 ◆心理的に不安にさせる行為(8社) 抜け毛が多い消費者に「このままにしておくと全部抜けてしまう」「このままでいると数年後には大変なことになる」など不安にさせるトークで勧誘。

 ◆過大な契約(8社) 年収200万円の20代の男性に総額230万円の契約をさせたり、「支払えない」と言っている学生に総額240万円の契約をさせたり。

 ◆中途解約の対応が悪い(8社) 「育毛で頭皮がかゆくなる」と解約を申し出ても「スケジュールを組んでいる間は解約できない」と拒否した。