「何が何でも肯定派」
の人たちに読んで欲しい内容

1. その「勧め方」「物事のとらえかた」が問題ではありませんか?
2.どうしていけないのか、考えた事はありますか?
消費者契約法を理解していますか?

その「勧め方」「物事のとらえかた」が問題ではありませんか?
キャット さん 2002年 01月 14日 21時 38分 44秒
年齢:?
会社名: ユニシティ
こちらのHP拝見させてもらいました。はっきりいって強い衝撃でした。私は昨年の1月からエンリッチを愛用しています。私も過去ネットワークにはいろいろ誘われました。でもいわゆる「ねずみ講」というイメージがあったのですべて断っていました。親友がア○ウ○○していて、何度かセミナーに行っていました。あのスゴイ盛り上がりは驚きました。  
  
そんな私が何故ユニシティをしているか?商品がすごく良かった事。花粉症の私が試しにサプリメントを試して、父が便秘なので、ハーブティー、母はダイエットそれぞれ効果を実感しました。
今はビジネスとしてやっていますが、ネットワークの悪い面が出てますね〜。伝える側が無知でそしてビジネスで誘うのならそれなりの努力がいると思います。楽に稼げるわけが無い。自分で調べて、勉強する。会社にいたら仕事覚えますよね?(当たり前ですが・・)それを怠っていて、勧誘するなんて、私はそんな無責任なことはしたくないです。こちらのHP見させていただいて憤慨してます。ユニシティのメンバーがしてはいけない勧誘している事。そして被害に遭われた方がいるなんて。
だから「ネズミ」になるんだよ。きちんと正確に伝えないから人間関係悪くなる。私達のラインは無理させない。初めにサンプルあげて、気にいったらメンバーになってもらいます。実際私は製品を自分で試して良かったものを進めています。だから苦情なんてありませんよ。家には製品が足りないくらい問い合わせきてます。いい情報も流れるのは早いです。私達はみんなこのやり方です。なんかとても残念な気持ちです。
sala さん 2002年 01月 15日 11時 35分 21秒
キャットさんへ
キャットさんの意見には既に「良い商品」としか見られない、
ある種の偏見があると思います。
そんな偏見で商品をすすめていたら、
実際に「肌に合わない」あるいは「問題がある」と捕らえた人たちに対して
とんでもない態度を取る事になってしまう事があると思います。
それこそが、マルチ商法というものの危険だと思います。
「良い商品」と思い込んでしまっていることこそが、問題ではないんですか?
良い情報か、悪い情報かを判断するのは、
売ったり使ったりしている人たちじゃないんですよね。
キャットさん自身の口から「良い商品」と言う言葉が出てくるあたり、
洗脳されている証拠だと思わざるを得ないんですが・・・。
皆さんどう思われますか?
黒部ゴロハチ さん 2002年 01月 15日 22時 40分 37秒
キャット様
>だから「ネズミ」になるんだよ。きちんと正確に伝えないから人間関係悪くなる

きちんと商品の良さだけを伝えても連鎖販売の形態をとっている限り「ネズミ講的」なイメージは払拭できないと思うのですが。利益が第三者にも行き渡りますから。

>実際私は製品を自分で試して良かったものを進めています。だから苦情なんてありませんよ。

sala さんも仰ってますが、 自分が使って良いと思ったから苦情がないというのは、思いこみの強さを感じます。結局は価値観の強要になってしまいますね。
キャット さん 2002年 01月 16日 02時 01分 07秒
salaさん、ゴロハチさん、ご意見ありがとうございます。確かに思い込みの強さがあるのかもしれないです。それは良く解ります。ただ、私の場合花粉症でずーっと苦しんでたのは確かです。こは経験した者にしか、解らないと思います。反対にその苦しみは痛いほど解ります。だからその苦しみから解放された気持ちは本人しか解らないでしょう。

確かに販売形式は、ネットワークなので、いろいろな方に勧めていますが、合わないと言われたら、仕方ないと思い強要はしません。利益を求めるとそればかりになるし。それに効果が出て感謝の電話もい
ただくとこちらもとても嬉しいです。口コミはいいところもわれば悪いことろももあります。でも私が一番恐れてるのは洗脳なのです。洗脳は周りが見えない意見も聞かない、なにかに取り付かれたようになるのが傍から見てるとほんと怖いです。友達がそうでした。前のカキコはすこし感情できになっていたので、気分を害されたと思います。申し訳ないです。ただ被害に遭われた方を思うといたたまれない気持ちになってしまって。まじめにやっている方がみんなそのようにおもわれるのが嫌なんです。ただそれだけをいいたいのです。私は他社の製品を比較しません。いいと思われた方には買い方を教えるだけでここはダウンラインがアップを追い越すなんて当たり前なんです。言い訳みたいになってしまいましたが。皆様の意見、心に刻んでいきたいと思います。
ぴーなっつ さん 2002年 01月 16日 16時 54分 43秒
キャット様の書き込みについて・・・
ちょっと蒸し返すようで申し訳ありません。
(どうぞ読んでいただくだけで結構です)

また、お人好し様、貴重な情報の後に割り込んでしまい、申し訳ございません・・・

私もsalaさん、ゴロハチさんのご意見の通りと思います。
確かに、キャットさんが花粉症で悩まれていた事、またその商品によって救われた事、
それらについては御本人がおっしゃっている事に相違ないと思います。

そして、決してご本人としては「お金のため」にやっているわけではない、人助けを
したい!という気持で取り組んでいらっしゃる事も文面から伝わってきます。

しかし・・・なぜそんなに人に勧めたいのか・・・そこが問題では?
勧めたくて仕方ない!というご自分の気持に不自然さを感じた事はありませんか?
それが、「一消費者」だったキャットさんを「販売員」に仕立て上げられる為に組織から
暗示をかけられた結果という事にお気付きでしょうか?

言葉尻をとらえるようで恐縮ですが、「合わない」商品を使用させてしまった時点で
相手に迷惑をかけている事に気がついてないところもどうかと思います。
善意から勧めたのであれば「仕方ないから強要はしない」ではなく「(無理に)勧めて
悪かった」というのが普通の感情です。たとえ、それが断る口実に過ぎないとしても・・・

私の友人に同じ様な活動をする人がいて、「自分が使って良かったから、使ってほしい」という
口上で多くの友だちをなくしました。なのでとても良くわかります。

「善意型」ネットワークビジネスは断り方も非常に気を使わなければならず、勧誘サイド
にはわからない気苦労を勧誘される側にさせている場合がほどんです。
商売と割り切っている勧誘を相手にする方がいいくらい・・・

キャット様がまじめに取り組まれている人でいらっしゃると言うのはわかります。
しかし、すでにみなさんがおっしゃられているように、キャット様のご意見には既に
危険な発想が感じられます。

「善意」と信じて活動している人から、頼んでもいない事を薦められる側の苦痛という
事も、少し考えていただけないかと思います。
そして、本当に相談があった場合には経験等をいかされ、親身になって力になって差し上げて
欲しいという気持で書き込みさせていただきました。
しゅうママ さん 2002年 01月 16日 19時 58分 52秒
年齢:32
ぴーなっつ様の書きこみについて。
突然割り込んでしまい、申し訳ありません。
ぴーなっつさんが、今の私の気持ちを見事に言い表して下さっていまして・・。
シャンデールをやっている知人は、私に対してまさに『善意の勧誘』をしてきます。
子供のお友達のお母さんということもあり、あからさまに断ることが出来ず、辛い状況です。
その方は、シャンデールの商品にかなりの自信をもっており、
「本当に良いものだから、ぜひ体験させてあげたい。」と言います。
でも、私には必要の無いものですし、彼女の善意はただの押し付けにしか感じられません。
勧誘を受ける度に、ものすごく気を使い、断るのも一苦労です。
この気持ち、察して欲しいと恨めしくさえ思います。
彼女の姿が、キャット様の姿と重なります。
知らず知らずのうちに、悪徳商法の罠にはまってゆく善良な人達。
(自分たちは、正しい活動をしていると思いこんでいることが、とても悲しい・・)
できれば早いうちに気がついて欲しいです。
ぴーなっつさんのご意見に、心から同意いたします。
キヤット さん 2002年 01月 16日 21時 55分 11秒
ぴーなっつさん、しゅうママさん。レスありがとうございます。考えてみたら、私の場合は一番苦しい
時に出会ったので、奇跡を感じましたけど、みなさんの意見を拝見させていただいて、ハッとしました。親切のつもりが逆に相手に少しでも、苦痛を与えてたら、意味ないですよね。初めてこちらのHP
にたどり着いたとき、あまりにもひどいやり方をしている人がいたもので、感情的になりましたが、
自分を振り返るいい機会になりました。いろいろ御意見ありがとうございました。
しゅうママさんも辛いでしょう。お友達がどのくらいの勧誘しているか解りませんが、PCおもちでしたらこちらのHP,紹介されてはどうでしょう。本当に善意でされているのなら人の気持ちをきかれると気付かれるかもしれません。みなさん本当にありがとうございました。
ぴーなっつ さん 2002年 01月 17日 12時 46分 32秒
キャット様。
ネットワークビジネスに携わっている「わかってもらえなければ、もういい!(怒)」という
なげやりなスタンスの方が多い中、結果的に否定に終始している私の書き込みを真摯に受け
止めていただき、ありがとうございました。
また、少しでも分かっていただけたと推察し、嬉しく思っております。

しゅうママ様。
お困りの様子がとても伝わってきました。
「曖昧な態度で断るからいけないんだ」等と叱る人もいるかと思いますが、それぞれ事情が
あるんですよね・・・
中途半端な親戚だったり、配偶者の上司の関係だったり、お子さまのお友達の親御さんで
あったり・・・私の場合は会社の同僚でした。

そういった場合、そのようなルートを利用するように仕向ける組織に問題があり、本人達は
本来は善良な方が多いと思います。
お金設け主義一辺倒でやってくれれば断る方も気が楽なのに・・・

私の友人も「友だちの役に立てて、しかもお小遣いも手に入る」という罠にはまってしまった
ようです。
彼女達が友だちを利用してビジネスをやるという事に疑問を持たないのは、自分に入ってくる収入
以上に「友だちのためになっている」と思い込まされているからです。
こんなに良い商品を紹介する。私が間に入った事でこんなに割り引きがきく。そんなところだと
思います。

結果的には収入源として欲が出て過激化するケースが多いようですね。
(相応のノルマが発生して・・・)


2.どうしていけないのか考えた事はありますか? (うまやん さん)

ネットワークビジネスはなぜいけないか?
この問いに対して、理論的に答えられたものがないので、考えてみました。
どうしてやっちゃいけないの?という問いに対してはこの様な返答をしてみてはいかがでしょうか

グリオを例に取りますが、他のネットワークでも同じでしょう。
下が、理想的なビジネスの構成です。
3人から始めたと仮定して、一人が3人づつのダウンを持ち、なおかつ退会者がいないとするときの
会員数の推移です。理由はランクアップの際、常に3人のダウンを要求されるからです

クラス 1 :3 人
クラス 2 :9 人
クラス 3 :27 人
クラス 4 :81 人
クラス 5 :243 人
クラス 6 :729 人
クラス 7 :2,187 人
クラス 8 :6,561 人
クラス 9 :19,683 人
クラス10 :59,049 人 【Aさん】
クラス11 :177,147 人 【私】
クラス12 :531,441 人
クラス13 :1,594,323 人
クラス14 :4,782,969 人
========================== ボーダーライン
クラス15 :14,348,907 人
クラス16 :43,046,721 人
クラス17 :129,140,163 人

現在の会員は6万人なのでそれに含まれているAさんは10クラスにいます。ここからスタートです。
Aさんに紹介を受けた私はクラス11です。
現在6万人いる会員が成功を目指して活動すれば、私と同じクラスの人は17万7千人になります。
このクラスのひとが成功目指して頑張ったとして、私の下のクラスの人は53万人です。

次に下を考えていきましょう。
クラス17はほぼ日本の人口で、これを超える数字はありえません。
日本の人口には、老人や子供や学生が含まれます。この人たちもビジネスとは無縁です。
1999年の就業者数は6462万人となっています。(総務庁統計局)学生や老人を除いた数、つまりビジネスを始められる人の上限です。
よってクラス16以前の人がビジネスを始められる人たちです。
ここまでは物理的な人数制限です。

ここからは論理的な制限です。
クラス16の人はビジネスを始めません。自分たちは最下層にいるからです。
つまり誰にも紹介できないからです。

同じ理由でクラス15の人もビジネスが成り立ちません。
自分たちが3人のダウンを作った時点で終わってしまうからです。これではとても
儲かりません。今、自分の直ダウンしかいない人の状態です。自分が紹介した人がダウンを作って初めてネットワークビジネスといえるからです。

つまりクラス15から下の人は、だまされない限りこのビジネスをしません。先がない人に薦めればそれは確信犯であり詐欺です。ここでボーダーラインを引きます。

たとえば私が誰かにビジネスの話を持ちかけます。この人はクラス12です。
私はこの人には「頑張れば儲かるよ」と言えます。
でも、その人のダウンの人、つまりクラス13のひとに「頑張れば儲かる」といえばこれは嘘になります。
なぜならクラス13の人はクラス14の人を誘ってそれで終わりだからです。

以上が理論的な制限です。

しかしこれは単純計算で実際にはいろいろな要素が他にもあります。
まず地理的な問題です。私は大阪に住んでいますが、実際にフォローできるのは、京阪神、奈良ぐらいまででしょう。
首都圏にすんでいても程度の違いです。数字を人口比率で割ってみれば
数字ははるかに少なくなります。

次に退会する人も考えに入れましょう。
会員は現在までに10万人が入会し、退会した人が4万人、現在6万人だそうです。
会員のなかには商品を買うだけの愛用者、つまりビジネスに参加しない人です。
半分が退会者および愛用者だとしたら、私は倍の6人をビジネスに参加させなければなりません。
上の表は3倍ずつの計算ですが、これを6倍づつの表にすればクラス11で日本の人口をはるかに超えてしまいます。
それにしても倒産率4割のビジネスなんて無茶苦茶な話ですね。

以上でわかるように、会員数6万人の次に誘われた時点でもうこれは失敗決定です。
今、会員になった人が行うのは、同じレベルにいる人の奪い合いです。
自分が頑張れば頑張るほど同じクラスの人が失敗します。これがネットワークビジネスの正体です。
「みんなで幸せになろう」とか、「頑張れば儲かる」とか、「リスクはない」とかいうのが、いかにお題目でしかないか、これで明白です。
儲かるのは誰か、よく考えてみましょう。グリオとわずかなトップクラスにいる人ばかりですね。
(情報提供: うまやん さん) 2000/08/01


3.マルチ商法で儲かる人はごく一部
ムジナ さん 2002年 12月 09日 02時 39分 50秒
マルチ商法で儲かる人はごく一部の限られた人だけみたいですね。

http://www.chunichi.co.jp/00/kur/20021128/ftu_____kur_____001.shtml
中日新聞 11月28日

マルチ商法の問題点

読者の声を検証 

 法律上は連鎖販売取引と呼ばれる「マルチ商法」の問題点を十一月七日付の生活面で報道したところ、連鎖販売取引の意義や魅力を訴える声が読者から寄せられた。「有名大学の講義で教えている」などと、社会的に責任ある人たちが勧めるビジネスだという主張もあったが、実際はどうなのか。検証すると、こうした情報は大げさに伝わっていることが分かってきた。

 (中略)

●年収1億

 記者は、Aさんが販売員をしている会社のセミナーに行ってみた。販売員は「どのくらいもうかるか。年収一億円。これが平均です」と声高らかに語っていた。Aさんも「月収一千万円と言って勧誘するグループもいる」と話す。

 この会社の広報担当者によると、全会員の85%は、自分が使う量だけ購入する「愛用者会員」。残る15%が手数料を得るための販売、販売員勧誘活動をしている。

 この会社が会員に支払っている手数料総額から単純に計算すると、この15%の会員一人当たりの手数料は年額六十万円、月額五万円になる。

 「ネットワークビジネス」会社向けのシステム構築やコンサルティングを行う横浜計算センター(東京)は一年前、二十一社延べ二百五万人の会員の一カ月当たりの手数料を調べた。それによると、手数料を得たのは5・3%の十万九千人。残りの94・7%、百九十四万一千人はゼロだった。

 十万九千人の手数料の平均額は約五万五千円。三百万円以上の人は全体の0・008%、延べ百六十二人とごく一部に限られており、大半の人は月一万円未満だった。平均で月収一千万円や年収一億円というのは、現実離れした数字といえる。


※上記の元データ

(横浜計算センター提供)

「ネットワークビジネス」会社21社の会員の手数料実績

 手数料/月   延べ人数   割合
     0円  1,941,563   94.677%
1〜 1万円   61,045   2.977%
1万〜 10万円   37,488   1.826%
20万〜 30万円    4,985   0.243%
30万〜 40万円    1,036   0.051%
40万〜 50万円     490   0.024%
50万〜 60万円     358   0.017%
60万〜 70万円     275   0.013%
70万〜 80万円     219   0.011%
80万〜 90万円     185   0.009%
90万〜100万円    130   0.006%
100万〜200万円    602   0.029%
200万〜300万円    174   0.008%
300万円以上      162   0.008%
====================
合計     2,050,729   100%

4.言葉でうまく表現できないので、文章を書きました。
文章 さん 2003年 06月 15日 03時 09分 36秒
心配でNBをやめさせたい人がいるのですが、
言葉でうまく表現できないので、文章を書きました。
何かのお役に立てれば幸いです。

あなたへ

あなたは、「楽して稼げる。」「遊んで暮らせる。」というけれど、
目標の人はいつも忙しくしていない?それは労働だとおもう。
労働して、お金がもらえるのは普通の事。

あなたは、「自分の為。」「先行投資。」というけれど、
大勢の会員がいて、貴方もがんばって、目標の人もがんばっている。
でも、普通の会社員と上司のようで、あなたは目標の人の部下。
あなたがしているのは、会社と上司の為の労働になってませんか。

あなたは、「目標の人は成功者。」というけれど、
あなたの夢を実現する成功の道は、本当に紹介業だけなのでしょうか。
自分のやりたい、本当の夢を一途に目指すのも、あなたの考え方次第。

あなたの周りの人は心配しています。電話してみてください。
テレビの話や音楽の話、なんでもいいから話してみてください。
あなたが、新しい道や夢を見つけられますように。

5.MLM従事者がいう口コミ
Na さん 2003年 06月 19日 16時 14分 28秒
MLM従事者がいう口コミで商品の良さを広げるというけど、悪評も広げるって事を
気が付いてませんね。
悪評の方が早く伝わると思うのですが・・・。
しかも、知人、友人にもマルチをしてるという悪評も・・・・。


苦情の坩堝  http://www.sos-file.com/top.htm