苦情の坩堝  http://www.sos-file.com/top.htm
お年寄りを狙う詐欺
商品 手口
高額なふとん 食品や日用品などを無料で配って会場へ誘い、言葉巧みに契約させます。健康効果は全くないと言っていい、時価数千〜数万程度の商品を数十万〜で押し売り。
健康器具・健康用品
訪問リフォーム 突然訪問して来て「○○を無料点検します」。点検させると修理(リフォーム)しないと危険(健康を害する)などと言い、契約させる。相場より高く契約させる悪質な業者がほとんど。
消火器、電話機など 公的機関の名を語り、その職員を装って高額な商品を売りつけます。時には、町内会長や大家の依頼で来たと嘘をつく場合もあります。
オレオレ詐欺 息子や孫を装って「おれだよ、おれ」と高齢者宅に電話をかけ、交通事故を起こしたふりをして現金を振り込ませる詐欺。
手相 「手相を見てあげる」と言って近づき、「このままでは、あなたも家族も不幸になる」と不安にさせ、厄除けと称して価値のない物を高く売りつける。

 

催眠商法:寝具の訪問販売員ら11人逮捕 被害者6700人
[2003年2月6日]

 高齢者に高額の布団を売り付ける催眠商法事件で、神奈川・山梨両県警は6日、寝具の訪問販売業者4社の販売員ら計11人を特定商取引法違反(威迫、困惑による契約)容疑で逮捕した。被害者は全国で約6700人、4社の売り上げは総額約19億円に上るとみられる。両県警は、4社が組織的に活動していたとみて実態解明を進めている。
 逮捕されたのは、仙台市の「日商物流」社長、川松克美容疑者(46)=茨城県牛久市=と、秋田市の「北都エンタープライズ」、水戸市の「ジュピター」、大阪市の「ケンテック」の3社の販売員計10人。

 調べでは、販売員らは01年10月〜昨年4月、神奈川県の無職女性(70)ら19人に対し、「何のためにただで物を配っていると思う」などと脅し、布団など計555万4332円の売買契約をさせた疑い。

 高齢者を駐車場や空き地に集め、無料でざるや包丁などの日用品を配りながら、30万円前後の竹炭入り布団を売りつける手口で、断る客は脅していた。

 4社の商品は、茨城県日立市の寝具卸販売会社が卸しており、経理や仕入れ業務もこの会社に委託していた。
おれおれ詐欺:高齢者から現金詐取の被告に懲役3年 東京地裁
[2003年7月8日]

 「おれ、おれ」と息子を装って電話をかけて54〜78才の女性3人から現金計1800万円をだまし取ったとして詐欺罪などに問われた会社役員、足立義久被告(48)に対し、東京地裁は8日、懲役3年(求刑・懲役5年)の実刑判決を言い渡した。杉山慎治裁判官は「子供らを思う被害者の心情に付け込んだ卑劣で悪質な犯行」と指摘した。
 判決は「テレビ番組からヒントを得て、電話帳を見て次々と電話をかけ、(暴力団関係者に)変装して金を取りに行った」と認定した。足立被告は判決に先立つ最終意見陳述で「被害者は苦しい生活を送っていると思います。少しでも多く弁償したい」と述べたが、杉山裁判官は「余罪もあり実刑はやむを得ない」と判断した。

 判決によると、足立被告は昨年11月〜今年2月、「ヤクザとトラブルになった。金を払わないと殺される」などと、息子やおいを装って東京都内の54〜78歳の女性5人に電話し、3人から500万〜800万円ずつをだまし取った。2人については未遂に終わった。