マルチ&悪徳商法SOS−FILE   http://www.sos-file.com/
中立意見 「どちらの意見も解る」のか、「どうでもいい」のか、微妙なニュアンスの中立派。自分の事意外は無関心に陥りやすい現代日本人の典型的傾向かもしれませんが、出来れば「被害者の痛み」くらいは理解できるような心を持っていただきたいものです。

会社名-インデックス
久しぶりに書き込みします。
確かにこの会社のやっていることはめちゃくちゃだと思います。
しかしながら、昔ここで誰だったかが言っていました。
「お金はやっぱり必要」だと。
確かにそうなのです。私の妻は来年の3月に子供を産みます。
それを聞いた時は凄くうれしかったです。
しかし、分娩費と呼ばれる詐欺に近いようなお金を30万用意しなくてはいけません。
お金のない人は子供さえも産めないような社会なのです。
しかも、成人するまでにどれほどのお金が必要か…。
そう考えると、お金では何も解決しないという意見はどうかと思います。
ありすぎてもだめだとは思うけど、
なさすぎても生きては行けないという事をわかって欲しいです。
インデックスがやっていることは別として…。
長くなりましたが、また書き込みします。
(情報提供: mizukiさん) 2000/10/30
女性にとって出産は命がけです。しかし妊娠は病気ではないから保険はききません。しかしその尊い費用を「詐欺のような費用」とは、あまりにも悲しいのではないでしょうか。出産後、産褥熱や感染等で命に関わる事もあるのです。その為に必要最小限の準備です。それに妊娠してから10ヶ月も子供はお腹の中にいるのです。月3万円〜4万円の貯金の事前準備は、我が子に対する愛情ではないのですか?それとも月3万円、4万円の貯金が苦しいような経済状況で、子供を無計画に作ってしまったのでしょうか。それに、mizukiさん。あなたご自身を成人させてくれたご両親は、貴方の教育費の事をそんな風に考えていたでしょうか。誰だって一生懸命働いて、子供を育てているのです。一生懸命愛情を注いで育ててあげれば、高校、大学と言う進学の時に「親の手を煩わせないように進学する」事も考えるようになります。・・・私も両親の負担を考えて新聞奨学生と言う方法を取った一人です。奥様のおなかの中のお子さんは「生きる」事だけに前向きです。お父さん、頑張っているのはあなただけではないのですから・・・、悲観的にならずに前向きに行きましょう。
・・・地域によっては自治体で出産費を助成してくれる所もあります。また、奥さんの収入がなければ配偶者控除、お子様が生まれれば扶養控除、という税金の控除もききます。色々調べて賢く生きましょう。(真夢里)


いとち さん 2000年 12月 31日 05時 13分 52秒
年齢:30
会社名:MLM肯定派、否定派の人達の意見を見て

私は某MLMをやっているんですが、そこの会社の話を聞くまでは否定派でした。
親戚が昔にAmやってて借金できて迷惑かけてるのを知っているし、人に商品勧めて小売りする職業
だと思ってたので、そんなことできない人間なので、やりたくはない職業でした。
・・・とまあ、こんなことは別にいいのですが、いろいろ意見を見てみて、私が思ったこと、、、
否定する部分、賛成する部分、これはあって当り前だと思うんですよね。人の考えなんてそれぞれ
だし。でも、あまりにもみんな偏った意見、考えしか思わない、書かないんだなあ〜って冷静に
見て思いました。よく説明会などに行ってのメンバーの目つきが洗脳されてるようで、とか書いてる
方。そのように感じるのは事実かもしれませんが、そう思うのは、間違った情報ででも少しはMLM
というものを知ってて聞きに行った人がそう感じたりしてるのではないのかな〜とか思ったり私は
するんですが。でも、たしかにちょっと違うぞ〜というような会社のところもありますけどね。
でも、みんな真剣にやってるからこそ、しっかり聞こうと思ってるからこそ、そう普通にしてる時の
目つきじゃなくなってるのではないでしょうか?テレビ等で見る、塾の映像とか、大きな開場で
新入社員が社長とかの話を真剣に聞いている映像なんか見ても普通と目つきって違うような気が
するんですがね・・・
成功者の人の話を聞いて、うんうんそうだよなー、って共感する、できることのどこが洗脳って
言えるんだろうとかも思いました。確かに思いもしないのに何回も聞いている内にそう感じてしま
う、、、これって洗脳だと思いますけどね。どうも反対派の人はみんな、みんな洗脳されてる、
って言いますよね。確かに中には洗脳されてる人もいると思います。でも、そうじゃなくて、
最初っからそのアップや成功者と同じ思いを持ってる、持ってた人ってのもいるんですよ!
私はそうだったですね。おー、まさにその通りだよー、なんて感動?というかしてましたもん。
肯定派の人も、肯定できない人もいるっていうのももっと理解した方が良いかと・・・
やっぱり自分の意見ばかりおしつけない方がいいと思います。私は友達なくすようなビジネスは
してないつもりですが、もしなくしてたんだとしたら、自分の考えばかりおしつけたり、むりじ
いをしてたんじゃないかなあ、どこかで・・・と思いますね。私はしてないつもりですけど・・・
友達の仲も壊れてませんし!そう思ってるのは自分だけとかだったら悲しいな。
夜おそい活動、、、これも?と思われるのは分かります。これは私は素直に感じたことですが、
一般常識で考えられる事してたら(もちろん加減しなくてはなりませんが)所詮何も変わらない
ですよね?みんな変わりたいと思ってるからこそやってる。成功してる人って普通の人と違う
努力をしたからこそ普通の人と違う生活を送ってるんですよね?確かに無茶しすぎるのもどう
かと、息抜きも必要だと思います。ほんと体持ちませんから。洗脳じゃなくて、聞いて純粋に
あ、そうだよな、って思ったんです。
たまにホントに説明ちゃんと聞いたの?っていうような書きこみも見ました。私も色々と聞きに
行ったので情報はあるんですよ。ただの興味で見てる人もいますよね?そんな人が見たら・・・と
思うと・・・間違った情報を知ることになります。よーく覚えてもないのに安易に書かないほうが
いいのではないかな〜、と思います。もちろん私がやっている会社のも出てきますから、、、ちょ
っとね、、、じゃレスしろー、って言う人いるかもしれませんが、違う所では一時したりしてた
けど、どうしても水掛け論になってしまうんですよね。なかなかケリというか納まらないんです。
でも、こういうページは参考にしたいと思います。
では、私のも一方的かもしれませんが、終わります。長々とすみませんでした。まあ、賛否両論
あるとは思いますが。あまり偏りすぎた意見ばかりだな、と感じたので。
でも私はビジネスやって心から良かったと思ってます。友達には感謝しております。
まだどうしても気になる事あったので、ついでに。
各会社の製品。高いという人もいれば、高いとは思わない、安いと思う、という人もいます。
80%高いっていう人がいるとしたら、あとの20%は妥当、または安いと思うっていう人が
いる。
これって不思議。 価値観だけではないような気がするんですが。  もう一つ。
MLM商品は一般より割高。よくその分還元率にまわして材料も一般流通の物と変わらず低コスト
だと言ってるの見ますが、実質、CMとか商社、問屋にかかる分のお金、その分いい材料使って
る、だから値段も高い、、、のではないのですか?その上でメンバーに還元する金額高くて会社の
利益少なくても十分やっていける。ですよね、、、?

かつ さん 2000年 12月 31日 06時 19分 31秒
いとちさんへ

そんなに素晴らしいものが、今参加しなければならない!と煽りを食らうのはどうしてだかわかりますか?
良いものはずっと良いはず。順番や知名度の無さを利用した完全なマルチ商法的勧誘方法と私は感じますが。
もし良いとお感じになるのなら、少し離れて見る癖をつけてみてはどうでしょう?
いつはじめても、良いものは良いはずです。
なぜに今やらなければならないのか、それは、連鎖があるからですよ。
つまり、今あなたが入ればもしかすると成功するかもしれない。でも先に入っている人よりは商域が狭まった状態からのハンディを持った営業活動です。
では、あなたが広めた上でダウンになった方々はどうなるのでしょう?
良いものは良いはずなのに、時間の経過で良さが薄れて行く、これって単なる販売目的の商売人が行なう事業としてはおかしくありませんか?

新製品を開発するでもなく、特別な知識を持たなければできないわけでもなく、そんな状態で「先を争う」こと自体で、権利収入といわれる不労所得目的であることはわかりませんかね?
誰しも儲けたいのですよ。商品を愛用して儲けが出るなら万万歳!というレベルで認知しているのなら、参加するだけで「利益を取れると煽られながらも取れない人」、つまり被害者が出てしまいます。

連鎖報酬の仕組みを考えれば、元を取れる人は少数なのです。
順位を逆転できることも結果として煽りであって、現実には「先者勝ち」の世界です。
こういうのを日本は20年以上放置してきましたが、未だに現商法ととって変わるなどできてませんし、ありえませんよね。
必ず「損」が出る人を前提にしたシステムなのですから、末端にいくら愛用者が居れども思惑通りに行かないからこそ、社会悪だと言われるのです。

こういう掲示板などに組織の上位者が来ないのは、なぜだかわかりますか?
彼等は、こういう仕組みなどとうにわかっていて、やった者勝ちということで組織を維持しているのですよ。
自分よりも後から始めた人が振りである事は当然わかっていながらも、それを言ったら「自分のために貢献してくれなくなる」からこそ言わないだけ。
そして、ここで出てきた苦情や否定論を、彼等は屁理屈のために利用しているのです。
こんなこと言われるだろうな・・・だからこういう切り口の回答を・・・という回答集などは、彼等の頭の中には出来あがっているばかりか、時にはそういう趣旨の配布物やサイトが出まわるほどです。

つまりね、煽ってなんぼ、自分のために動かしてなんぼなんですよ。
商品を愛すること、商法を健全に動かせれば被害が出ないなどと理想に思うこと、それらは全て、上位者のためだけに勝手に作られていく風潮なのです。
参加した時点で、全ては仕組まれているということ。接触した時点からすでに餌にされていること、わかっているのなら、決して人には勧められないはずです。

マルチでは上位者をアップ、下位者をダウンと称します。なぜに平等な成功を考えるうえでアップダウンということを言うのかわかりますか?
まるで会社組織の様に、上司、部下にたとえるほうが、上位者の権威をふるえるからですよ。
全ては上位者に有利に運ばれるために仕組まれた「快楽商法」なのですから、心地よくされたり、自分でもできるんじゃないか?と思った時点で、実は「思わされた」ということに気がつくのは、自分が失敗した時か、ある程度上位に食い込めた時だけです。
あなたが入ると私が儲かるから貢ぐためにも頑張ってね!が、彼等の「あなたの成功をお助けします」という言葉の裏返しなのです。

心理学者、経済学者がマルチ商法の立ち上げに関与していること、ただそれだけでも「心も体も財布も利用されている」ということに早く気がついてください。
人をあてにして儲けたいとする人たちのピラミッドでは、自分でどうにかしてやろう!という意気込みも、結局は利用されておしまいなんですよ。
tokumei さん 2000年 12月 31日 09時 01分 00秒
年齢:20

いとちさん、、、

ただ言える事は、マルチである以上、
「欠陥」はあります。
それに気付かずに「沢山の何かを失う」という事は
とても悲しい事ですね。

>友達の仲も壊れていませんし!でも、、、、、

これは、まさに「偏った意見」な訳です。
つまり、独りよがり以外の何ものでも無く、
結果、自分に全て跳ね返って来るのです。

どうか気をつけてください。
もう、遅いかもしれませんが。。。。
さん 2001年 02月 07日 16時 39分 31秒
本日初めてこちらのサイトを拝見しました。「私は絶対MLMと関わることはない」ってずーっと思っていたのですが、この5年ほどの間に周囲でMLMと関係を持つ人や、勧誘のメール・ハガキを手にすることが増えてきたことに気付きました。
例1:会社の先輩がDTになった
これは1人ではなく集団で、全員が会社を辞めてアムウェイのDTになりました。(誰かが勧誘したのでしょう)営業マンとして熱血タイプばかりでしたが、数年たった今ではほぼ別の仕事についています。やはり良い人すぎて続かなかったのでは?と思います。私には強く勧誘できなかったみたいですから。
例2:社会人リゾートクラブの勧誘
ある日「連絡がつかないのでお電話ください」とハガキが来ました。仕事が忙しく不在がちだったため、よく考えもせずに電話をすると「旅行が安くいけます」などなどうまい話の山。絶対お金の話はせず「一度来社してください」としつこいのなんの。こっちもしつこく「で、いくらなんですか?」って聞きだしましたけど(笑)
これは経験したうちのごく一部です。
気の強い私でさえこれだけ経験してるってことは、気が弱い方なら食い物にされかねないんだなーと。もし友達がMLMに勧誘されたらこのサイトを紹介しますわ。
ちなみに私はMLMを肯定も否定もしません。自分の判断で「私には必要ない」って思ってるだけで。

  はじめましてたまに拝見していたのですが、なかなか意見までは書けませんでした。今回のシャンデールの事件についてもう終わってしまったことですが少し意見を述べさせていただきます。私自身以前藤崎さんと同じ立場にいました。MLMについては中立の立場です。ただ元社員の方の書き込みは読んでいないので新聞記事を見ての意見です。元社員の方と面識はないですが、会社が個人的に攻撃していたのは一昨年からでした。その頃は私自身も仕事に携わっていたので渦の中の人で会社が言うままのことを鵜呑みにしていましたが一歩離れて考えてみると一方の意見だけで判断してはいけないと気づきました。私も耳にしたことがある書き込みだったのでは!確かめるすべがないのでこの件はこれまでにして本題に・・!サロン長、支店長今一度契約書を隅から隅まで読んでみてください。そこに真実があるのではと私は思います。会社は無責任だと私は思います。
(情報提供:クララ さん) 2001/02/19
うにゃうにゃ〜 さん 2001年 04月 03日 02時 07分 48秒
今、このページの存在を知りました。
MLMについて私が持っている感想を述べると“自分の知識や先見の目があれば、いわゆる・e腺なんかには引っかからない”ということです。今までいろいろなMLMビジネスを勧められましたが、自分が本当に欲しいかどうか、自分が使って家族や友達に勧められる品物であるかどうかをじっくり考え、答えを出しています。MLMについて少し勉強もしました。だって、会社の面接受ける時、その会社の下調べってしますよね?
私はMLMビジネスは一切関与していませんが、MLM自体はそんなに悪い物ではないと思います。
日本の小売業界も、図式で表したら(商品の流通自体が)MLMの形式です。お店に並んでいるから信用できるという価値判断ではなく、商品の価値や会社のビジョンやサポートで判断した方が良いと思います。
簡単じゃないですか?友達と一緒に買い物に行って、友達に勧められても自分が欲しくなければ買いませんよね?それと同じことだと思います。
私はMLMを肯定も否定もしませんが、“MLMまがい”の悪徳商法には腹が立ちます。
皆さんも冷静になれば分かる事なので、マルチまがいには気をつけてください。
「ものつくり屋」 さん 2001年 04月 03日 13時 42分 09秒
こんにちは、うにゃうにゃ〜さん。

仰っている言葉は分かるのですが、「どういう目的で発言されている」のかが全く分かりません。

1.「自分は慎重であるから、大丈夫である。」ということの表明のためですか?

まあ、自分を誇りたい方も世の中にはいらっしゃいますから、表明してはいけないとは申しませんが
それならば、別な所で誇られた方が宜しいかと思いますね。

2.「自分はMLMを良く知っているが、そんなに悪いものではない。」と言うことの表明のため
ですか?

それならば、もう少し、色々と「お勉強」された方が良いでしょうね。「MLMまがい」などという
表現は、社会にそれほど通じる表現ではありません。「MLM」「マルチ商法」「マルチまがい商法」
「マルチ類似商法」「ネットワークビジネス」「いわゆる消費者参加型訪問販売」など様々な呼び名が
ありますが、これらは全て社会用語でして、厳密な定義は無く、使用者が適当に定義して使っています。
従って、自分のていぎをきちんと表明せずに使っても意志が伝わるのは、定義について或る程度の認識
が共通しているメンバーのあいだだけです。
tokumei さん 2001年 04月 03日 14時 41分 14秒
年齢:二十代中盤

うにゃうにゃ〜さんへ、、、

同じ境遇を持った人、それについて真剣に考えアドバイスをしようと考えている人達が
真剣に話し合いをしている所に、
「よくわからんのですが、貴方達がしっかりしていれば
問題は起こらんのですよ〜」なんて言ってしまう。。。


>私はMLMビジネスは一切関与していませんが、MLM自体はそんなに悪い物ではないと思います。

関与していないのであれば、「善悪」の判断など出来るはずもありません。
これでは、MLM従事者の意見と何の変わりもありません。
もっと、勉強してから発言して下さい。

  私は毎月パチンコに3万円は使ってますがそれが毎月16800円になるんだったらという
単純な気持でパチンコやめてクラブイッツに入会しました。さすがにネットワークビ
ジネスはいろいろと騒がれているようなので私なりに調べてみました。
 まず信用性・安全性ですが、東京都が管理・テナント審査している新宿アイランド
タワーや大阪府管理のコスモタワー・キャナルシティ博多に活動拠点を置いているの
で企業審査は軽くクリアーしてると思われます。バックでKDDIやJCBがサポートして
るという事についてですが、今後クラブイッツがIT業界への進出をするらしくネット
ワーク網をKDDIがアップする等、クラブイッツにバックアップサポートすることで自
分たちも儲けようという腹黒さがありますが、反面KDDI・JCBのお偉いさん方は今後
ネットワークの形態が主流になることを見越してのことだと聞きましたが、実際私に
は理解できません。詳しい情報がありましたら誰かレスお願いします。
 次に、どうやって儲けるかという事ですが、基本的にはCMの媒体をテレビではなく
消費者にすることでTVでのCM制作費相当のお金を消費者に還元しているそうです。単
純に多くCM(紹介)すればそれ相当の収入になるわけです。ここまでは私にも理解で
きるのですがどうしてもひとつだけ引っかかる部分があります。クラブイッツはバイ
ナリー方式のネットワークですがその中でもリエントリー方式が理解できません。自
分の分身をネットワークに99人まで置けるのに(いわゆる99人紹介状態)実際毎月
払うお金は1人分の16800円だけというところです。これでクラブイッツは儲かって
いるのでしょうか?ちょっとこの部分のシステムが怪しいので、いくらKDDIやJCBが
バックにいてもいつか崩壊しそうで不安です。誰か詳しい情報があればよろしくお願
いします。
 ドリンクに関してですが、これは風邪薬や頭痛薬と同じ感じに思います。バファリ
ンしか効果がない人もいれば、正露丸飲んで副作用起きる人もいますので甲乙つける
のは難しいと思います。まぁ、健康ドリンクですから普段健康な人が飲んでもそう大
した影響は出ないでしょうし、、。ただこのドリンクにも気になる部分があります。
実際1本単価は初月は1本1680円で2ヶ月目以降は200〜300円です。いっ
たいこの値段の差は何なのでしょうか。一応、説明は聞きましたが私には理解不能で
した。ただ私の知人に本当にこのドリンクのおかげで体調が良くなった人がいるので
ドリンクは私から見てクラブイッツの判断要因にはなれないです。
 最後に、これはクラブイッツに関したことだけではないのですが、ネットワークビ
ジネスを成功するには自分のアップラインが大切だと聞くのですがなぜなのでしょう
か?私はこの時点で何かひいき的なものを感じてしまうのですが、、。結局違法では
なくても、ごく一部の人以外はただ利用されているのではないでしょうか。すべてを
否定するわけではないですがやはりネズミ講的な部分を感じてしまいますね。
 まぁ、幸いクラブイッツはクーリングオフは徹底してるようなので、もう少し詳し
い情報を集めて判断したいので、皆さんの意見を聞かせてください。
(情報提供: SIN さん shinfm@deneb.freemail.ne.jp) 2001/05/19/3:40
スニーカー さん 2001年 05月 21日 02時 42分 08秒
会社名:グリオ
みなさん、はじめまして。
友達がグリオにはまってるのを最近知りました。ボクは全く知らなかったのですが、彼是1年ほど活動をしてるそうです。そいつはボクに対し、商品を買ってくれとか、一緒に仕事をしないかとか全く言ってきませんでした。ですから打ち明けられたときはビックリでした。∈E戞∪睫晴颪・△襪里罵茲突澆靴ぃというので行ってきました。話の内容はここに書かれているものと同じです。胡散臭いことばかり並べてるので心配になり色々調べてここにたどり着きました。で、説得を試みようと思い自分なりに勉強し、MLMの矛盾点や問題点をぶつけたのですがダメでした。

MLMを調べて思ったことがあります。過去ログにも書かれていますがMLMそものもは悪くは無いように思えます。グリオの説明会では、某大手企業も採用しているという話があり、それについては裏が取れませんでした。どこかでこのような話を聞いた事があります。某食品メーカーがある商品(お菓子やチョコレート等)を開発します。もちろん社内で味やパッケージのデザイン、価格等を検討し市場に投入するワケですが、その前にサンプル版(?)としてある東海地方に投入するそうです。場所はコンビニでもスーパーでもいいのですが、ある早いもの好きがそれを見つけ購入します。それが美味しいと自分の友達に言います。その子が学校帰りに購入し美味しいと次の友達に話し・・・といった風に、ある一定の期間、一定の売上が確認された時点でCMを打ち全国展開するそうです。これもMLMなんですよね。MLMは構造上問題点があります。永久に続くものではありません。某大手の企業がMLMを行っているというのが本当であれば、一定期間のみでしょう。そいつに話を聞くと会員が100万人になるとCMを打つそうでキ(現在は12万人らしい)。つまり、グリオがやってるMLMは一定期間であり永久に行うものではないそうです。今、そいつがやってるのは、△△修海療垢肪屬い討△襪・杙卮・・靴い茖とみんなに話してる最中だと・・・。ただ、某食品メーカーと全く違うのは、価格が競争に値しないという事。どんなに良い物でもあの値段ではとても買う気にはなれない。これもMLMの欠陥ですよね。当然、MLMですからお金に興味は無いというのは奇麗事と思いますが、そいつはそんなにガツガツという感じはしないです。どちらかというと、度々登場する中澤氏に近いスタンスのような気がします。MLMの構造上の問題点やグリオの問題点も良く知っています。でも本当にグリオが言う予防医療を訴えかけています。これだけ全く価格競争にならない商品を売ったり仕事のパートナーとして誘うのは根気と粘り強い気力が必要です。
まじめにマルチをやっているというのは変な表現かも知れませんが、こういう人もいるのです。ボクはMLM否定者なのですが、良く分からなくなりました。MLMの問題点を相手に良く理解してもらった上で購入してもらったりパートナーを探すそうです。ただ、このようなスタンスではとても賛同する人を探すのは大変なような気がします。それを承知の上でこの仕事をしているそいつをある意味すごいなと思いますが、皆さんはどのように思いますか。ご意見宜しくお願い致します。乱文で申し訳ありません。
ももちゃん さん 2001年 05月 21日 18時 54分 48秒
スニーカーさんへ

あなたもどうやらお友達を通じてMLMグリオの術中にかかりつつありますね。
説明会、行かれるのですか?ご注意下さい。

>それを承知の上でこの仕事をしているそいつをある意味すごいなと思いますが、皆さんはどのように思います

説明会では、もっとスンゴイ人にたくさん会うことになりますよ。
まあ、副業感覚でされてるのなら一言でいえば「MC状態の良心的な販売員」て感じで別にどうってことないと思います。このビジネス一本で生計をたてられているのなら、ある意味「スゴイ人」ですかねえ。
私自身は、いくら貧乏でもマルチ以外で収入を得たいですけど。理由は簡単です。お金のやりとりは身内や友人以外でしたいから。これをマルチでは「きれい事」と言います。

はらへらしさんへ  久々の感情的書き込みですねえ。

>またその嫁というのが超ぶっさいくしかもあつかましい。図々しい。恥知らず
これは、いささか脱線してしませんか。でも、何かこわそう〜

>マルチなんか最低。  同感です。
>人間失格   うーん・・まあ人としての道徳理念が、関わる人によっては欠如してしまうのは確かでしょうねえ。
tokumei さん 2001年 05月 22日 03時 11分 18秒
年齢:二十代中盤

スニーカさんへ、、、

>某大手企業も採用しているという話があり、それについては裏が取れませんでした。
>どこかでこのような話を聞いた事があります。

確かにそういった事実はございます。「大手」と呼ばれる企業が何故、「大手」なのかを
御一考頂ければと思います。「ビジネスとして支持され、信頼されてきた結果」では
無いでしょうか?
そして、そんな「大手」の一つの側面である「MLM」が何故『大手』として
支持(認識)されていないのかを御考えください。

>グリオがやってるMLMは一定期間であり永久に行うものではないそうです。

MLMを終える際に、「末端者」の扱いはどうなるのでしょうか?

>でも本当にグリオが言う予防医療を訴えかけています。

こちらの記事を御覧ください。
http://www.makani.to/akutoku/bbs/qa/pslg19229.html

会社名 --サンミック

サンミックってやっぱりMLMだったんですね。
実は私の中学の同期の男子が社員(?)になってしまったんです。

突然電話がきて化粧品に興味ない?ってきかれて
実はシャンプーとか化粧品のモニターやらない?っていわれたんです。
それなりに仲良かった子で携帯の番号もしっていたので
携帯にかかってきたんですが別に話くらいは聞いてあげようかなぁって。

ところが呼ばれていってみると同じ中学の男子がもう一人いるんですよ。
黒いスーツきて一歩まちがえればヤバイ方々みたいな感じで・・・。

で話の内容はやっぱりこたつねこさんと一緒ですよね。
電話会社のNT○ド○モもこうやって上にあがってきたとか
今ならマージンが確保されるとか・・?

明らかに怪しいし・・・奇形児なんかのこともいってましたね。
その日はただでいろんな商品もらったんですね。

でも私普段肌の手入れなんかまったくしてないので
使ってみて悪いのか良いのかよくわからなくて。
1週間たった頃また電話がきていろいろ話したいからって
いってみたら仲間に入らない?って感じの話でしたよ。
今度はもう一人知らない男の子がいたんですがね。

たしかに悪い人たちじゃないのですが・・・。
なんかハマってしまったというか・・それ一本で仕事するような
ことをいってたんですね。

最終的に私もよくわからず商品をかってるんですけど・・。
なんだか断りづらくて・・。
でもその友達はきちんと30%ひいた値段で譲ってくれてるので
まだよいほうかなぁって・・。

使ってるのはベースミルクと洗顔パウダーくらいですね。
基礎化粧なんてやっぱりめんどくさくて・・買う気はしませんもん。
いつか目がさめてくれることを願いますけど・・・。

(情報提供:ぶーりん。 さん) 2002/04/9/4:8
hiroto さん (cume_ltd@yahoo.co.jp) 2003年 01月 07日 01時 47分 01秒
年齢:32
会社名:某有限会社経営者
初めまして、初めての投稿です。
このサイトを何時も楽しく回覧させて頂いています。私自身ネットワークビジネスに数多く誘われ、同時に数多くの方のお誘いをお断りさせて頂きました。極論から言えば、私は否定も肯定もするつもりはありません。素朴な質問なのですが、今現在このサイトに書き込みをされ、実際ネットワークビジネスによって金銭やそれ以外の損をしていらっしゃる方はどの程度いらっしゃるのでしょうか??企業形態や販売形態の倫理観に欠けたネットワークビジネス会社が、人々を洗脳して暴利を貪っている。。。そんな構図をどうしても連想してしまいがちですが、まがりなりにも顧客と大なり小なり商品のやりとりを行う以上、商いだと思います。商いである以上全てが自己責任ですし、たとえ日本一の口が達者な10年来の友人が話しを熱心にしようが、嘘八百の知らない人間が美味しい話をしたとしても全てが自己責任だと思います。このサイトに投稿していらっしゃる方全てとは思いません、ただ安易に儲かるという言葉に夢見心地になり結果的に自分が想像していた結果とのギャップの中で矛先を勘違いして責任転換していらっしゃる方がいらっしゃるようです。一言言いたいです「商売(ビジネス)を舐めてませんか??いくら良い話だとしても、あなたには商い(ビジネス)自体が無理だったのでは??」仕組みや倫理感で問題になっているMLNだろうがなんだろうが、前提として自己責任で考えるべきです。。このサイト投稿をしていらっしゃる方の中で責任転換していらっしゃる方 もっとしっかりして下さ、貴方達の事を見苦しいと感じている人間も笑いながらこのサイトを見ていますよ。なにも包丁や拳銃を突きつけられて契約書を書かされた訳ではないでしょう???断れる筈ですよ、中には断れない人もいると思われるかもしれませんが、結論から言えば強くなるしかないのでは??自己責任において断るべき時は断る、旨い話は世の中に無いと(極端かもしれないけど)かんがえている位の方が良いと思います。
乱文ですみません
「ものつくり屋」 さん 2003年 01月 07日 13時 13分 03秒
某有限会社経営者さんへ

曲がりなりにも会社経営者と名乗られる以上、商取引における信義誠実原則や独占禁止法の
不公正取引の該当項目は熟知されている事と存じます。経営者の常識ですからね。

>商いである以上全てが自己責任ですし、たとえ日本一の口が達者な10年来の友人が話し
>を熱心にしようが、嘘八百の知らない人間が美味しい話をしたとしても全てが自己責任だ
>と思います。

そこで、ぜひご高説をお聞かせ願いたいのですが、東京高等裁判所が平成14年12月5日
に出しました控訴審判決につきまして、上記の論旨による反論をお聞かせ願いたいのです。

上記控訴審判決の概要は、販社に登った原告が被告であるノエビア化粧品にかなり無理のあ
る販売目標を押しつけられ、不良在庫を抱えたり、不良在庫の「隠し」を強要されたので、
別な会社の販売店への「乗り換え」をしようとした訳ですね。詳しい人はご存じの様に、こ
の種のマルチ商法の契約には、本社の方にかなり強い「契約解除できる」の条項がついてい
ます。でもってその条項に基づいて販社を辞めさせられた訳です。でもって独占禁止法第1
9条で禁止されている不公正な取引方法(不当な取引拒絶)として損害賠償を請求し、一審
が請求を棄却したので控訴した訳です。

高裁は、単に契約書の条項を見るのではなく、「販売システムの問題点」から判断を示して
います。「基本的に化粧品の連鎖販売取引である」「昇格に伴って販売利益は急激に上昇し
ていく」「無理に売上げを増やそうとするものが生じることは見やすい道理である」「むろ
ん,自己責任である。しかし、冷静な立場で堅実な業務運営を目指すことは実際上困難な面
があると考えられる。」「本社は販売網を利用して収益を挙げ,それを会社存立の基盤とし
ているので、その傘下の販社及び代理店の経営内容の問題点等を見抜き,それに対する対応
策を立てることができる立場にある。」「販社は追いつめられたような状態になっていた」
「本社は販売システムの抱える問題点があることに目をふさいだ対応しかとらなかった」「
よって解除権の行使は著しく信義則に反する」「請求を棄却した原判決はこれを取り消し,
控訴人の請求を認容することとする」としている訳です。

高等裁判所の裁判官を凌駕する「商取引の自己責任」についての考えをお持ちのようですの
でぜひお教え下さい。
「ものつくり屋」 さん 2003年 01月 07日 13時 29分 16秒
某有限会社経営者さんへ。

下記に述べました判決につきましては、裁判所の主要判決速報により読むことができます
ので、ネットワークビジネスに興味のある経営者なら当然お読みに成っていることとは存
じますが、引用しておきます。

http://courtdomino2.courts.go.jp/kshanrei.nsf/
c1eea0afce437e4949256b510052d736/2a9d918
c92d70b6349256c8b00383b7a?OpenDocument


また、
>嘘八百の知らない人間が美味しい話をしたとしても全てが自己責任だと思います。

につきまして、経営者なら当然知っている公正取引委員会の

「フランチャイズ・システムに関する独占禁止法上の考え方について」
http://www.jftc.go.jp/dokusen/3/furancyaizu.pdf

の中に述べられています「本部の加盟店募集における情報開示義務」とも相反して
いる様に見受けられます。これについても、公正取引委員会の解釈を凌駕するご高
説をぜひとも承りたいとぞんじます。
しゃあ さん 2003年 01月 07日 13時 45分 26秒
会社名: グリオ

 年末に入会している友人を説得するべく行ってきました。結果、失敗しました。彼女自身、グリオ商品の愛好者であり、心底グリオに肩入れしているようです。話をした結果、彼女自身や彼女のグループは高額ローンを組ませるなどの悪どい手口を使っていないようですが、それだけに、自らもグリオのDTとして今や加害者の一員になってしまっていることへの危機感も薄く「そういうやり方をしている人は、私たちにとっても迷惑」という言い方をしていました。友人相手なら、そういうことを言ってもいいけど、社会では通用しないんじゃないかな?特にグリオという会社は一人一人の販売員が起こした問題の責任を何らかの形で負うべきでないか?と問いただした所、「販売員は社員ではないので、会社には責任は無い。悪いのはあくまで、個々のそういった手口を使う販売員。」だと断言していました。確かに法的には社員じゃないんでしょうけど、倫理的にそれでいいと思ってんのか?と聞くと「これから中からよくしていきたい」との返事。まあ、あまり期待できませんが。
 私は彼女自身が引っかかったのは彼女の責任であり、まあ火傷ぐらいならいい人生勉強になるとさえ思っていますが、彼女が他の人を勧誘することで加害者の立場に立つことが嫌で、今回の説得に踏み切りました。しかし、まったくと言っていいほどその自覚は無いようでした。こういったインターネットサイトについても、「ビジネスに失敗した人が腹いせで書き込んでいるだけ。根も葉もない。」と一面的な見方しかしていない様子でした。
 また、彼女が活動しているのは東海地方なんですが、東海地方のグリオってほんとに良心的なやり方しているんでしょうか?まあ、一つのグループしか活動していないというわけではないでしょうが。もし、そうでないなら彼女がウソをついたか、洗脳の効果ということになるので、またアクションを起こさなければと思っているのですが。情報お持ちの方、お知らせください。
 最後にhirotoさん。hirotoさんのおっしゃることは半分以上正論だと思います。確かに、契約を結んだのが本人である以上、自分に責任があることは間違いないでしょう。しかし、そこで間違った情報や不完全な情報しか与えないことにより、契約を結ばせるに至った企業サイドの責任というものもあるはずです。ましてや、「自己責任なので、会社は悪くない」というように、それを逃げに使う会社を私は許せません(説得した彼女もそのように言っていました)。そこで、与えられた情報を疑ってかかり、自分で検証するのがビジネスに望む上で求められる態度でしょうが、それにしても今行われているネットワークビジネスの多くはやっぱり許せません。反論というわけではなく、どこにポイントを置くかの力点の違いなんですが。
hiroto さん (cume@ams.odn.ne.jp) 2003年 01月 07日 18時 48分 56秒
年齢:32

「ものつくり屋」さん、返レスありがとうございます。

そこで、ぜひご高説をお聞かせ願いたいのですが、東京高等裁判所が平成14年12月5日
に出しました控訴審判決につきまして、上記の論旨による反論をお聞かせ願いたいのです。

 ご高説はカンベンして下さい、私はそんなに大した物ではありませんよ、吹けば飛ぶような零細企業の経営者で法律全てに熟知している訳ではありませんし(商取引における信義誠実原則や独占禁止法の
不公正取引の該当項目は熟知されている事と存じます。経営者の常識ですからね。)現実的には熟知していない経営者の方が多いのではないかと思っています。

高等裁判所の裁判官を凌駕する「商取引の自己責任」についての考えをお持ちのようですの
でぜひお教え下さい。

 そうかもしれませんね、随分極端な事を言った事は私自身自覚していますよ、もし私の発言が物つくり屋さんの皮肉を引き出したのであれば私は謝罪をするべきでしょうね。 申し訳ありませんでした。
流動的で時間の掛かる法律論を討論するつもりはありません。
 少し時間を下さい、せっかくの御質問だし私自身はネットワークビジネスに特別博識がある訳ではありませんが質問は真摯に受け止め熟慮して、お答えしたいと思います。
物つくり屋さんはネットワークビジネスに精通していらっしゃる方の様ですね、少し素朴な質問を聞いてもらって良いですか?ネットワークビジネスを現在行っている側(私は違いますけど)からすれば、失業率の上昇や保険制度や年金制度の良くない情報は当事者心理で営業活動を行うのであればプラスのように思えてなりません。救済制度や救済機関が今現在存在しているとしても消費者自身の自己防衛の観点にたった意識改革は必要にはなってはきませんか???物つくり屋さんはネットワーク業界に精通していらっしゃる様なので、出来ましたら物つくり屋さんの言葉でのお答え(いや答えは極端ですね)お考えを聞かせていただきませんか。不躾なお願いでスミマセン              
                                 乱文失礼しました
hiroto さん 2003年 01月 07日 18時 58分 15秒
しゃあ さん返レス有難うございます
  
契約を結ばせるに至った企業サイドの責任というものもあるはずです。ましてや、「自己責任なので、会社は悪くない」というように、それを逃げに使う会社を私は許せません(説得した彼女もそのように言っていました)。そこで、与えられた情報を疑ってかかり、自分で検証するのがビジネスに望む上で求められる態度でしょうが、それにしても今行われているネットワークビジネスの多くはやっぱり許せません。反論というわけではなく、どこにポイントを置くかの力点の違いなんですが。

私の文章力不足ですね、スミマセン
改めて、しゃあさんの( 「自己責任なので、会社は悪くない」というように、それを逃げに使う会社を私は許せません)私も同感ですよ。企業である以上、倫理感(全てにおいて)を伴った健全な収益性を合わせもつ企業を志すべきだと思います。
「ものつくり屋」 さん 2003年 01月 08日 08時 36分 15秒
こんにちは、hirotoさん。前回はお名前を間違えてしまいました。すみません。

>物つくり屋さんはネットワーク業界に精通していらっしゃる様なので、

少し、自己紹介めいたことをすると、私はただの技術屋にすぎません。ただ、疑似科学商品の
批判から、マルチ商法批判、そして今は悪徳商法全般への批判と対象範囲が広がり、数年にわ
たって掲示板に雑文を投稿している存在です。悪徳商法の被害者の方に法律的な考え方をお伝
えして、解約のための手続きをお勧めすることも多いので、「悪徳商法解約レス屋」と呼ばれ
る事もあります。

>救済制度や救済機関が今現在存在しているとしても消費者自身の自己防衛の観点にたった意
>識改革は必要にはなってはきませんか???

お答えとしてどこまで意味があるか分かりませんが、まず「人が商売をするのであって、商売
人が人をやっているのではない」という意識改革が必要だと思っています。「なにを当たり前
のことを」と思われるかも知れませんが、人が人として社会を構成する限り、そこには人とし
て守るべき社会秩序があります。漢の高祖は秦を倒した時に多岐に渡った秦の法律を廃して、
「人を殺すな、人を傷つけるな、人を騙すな」の3つの法を定めたと言われていますが、これ
など商売人であるないに限らず「人として守るべき事」であるわけです。そして、その基本が
できている人同士が「商取引」を行うにおいて「自己責任」が発生するという理屈が薄れてい
る様に感じるのです。人を騙すということは「人として行ってはならない」事ですから、当然
商売人もまた人を騙すという事は行ってはならないのです。「商売なんだからこれくらいのこ
とは言っても良いだろう」は理屈として成り立たないのです。

「契約は自己責任においてなされ、契約は人を拘束する」という考え方は、欧米からの輸入と
も言える概念ですが、欧米における個人が「神との契約」において「神の審判において『人を
騙していない』と言える」という事に縛られており、その上での人と人の契約があるという事
ではないかと思います。もちろん日本にも「お天道様に恥じない」という概念は有るわけです
が、「神の審判」の様な個人の厳しい自律を求める形よりも「世間様から糾弾される」という
意識に代わることが多い様に感じます。そのため、hirotoさんのおっしゃった様な「商売なん
だから、騙されても自己責任」という極論は、社会的に「そうか商売なら騙しても、世間様の
糾弾をうけないのか」という誤解を誘発し、意識改革を妨げる可能性を感じたのでかみついて
見た訳です。

長くなるので分けます。
「ものつくり屋」 さん 2003年 01月 08日 09時 27分 15秒
続けます。

次に「警告」と言うことの2面性を最近感じています。消センなどのホームページでも「契約
というのは簡単に取消できないものなんだから、契約書はよく読んで内容をよく理解した上で
サインしましょう」などという警告を発します。もちろん大事な事なんです。これを「悪徳契
約する前の人」が見たなら、「契約書をよく読もう」となってよろしい訳ですが、「悪徳契約
をしてしまった人」が見たときに「私は安易に契約してしまったな〜。私が悪いんだな〜、簡
単に取消できないんだよね」と「泣き寝入り」を推進してしまうことにもつながる訳です。消
センもそのことは或る程度意識していると見えて、その警告の下には「契約してしまったら」
などとクーリングオフの説明や消費者契約法取消の説明や、民法に基づく解約交渉の道筋など
を説明しているホームページも多い訳です。

これは同時に私のように「悪徳契約をされた方」に対して「解約できない契約は無い、原状回
復の比率が問題になるだけだ」「契約時の両者の『思い描いている契約後の姿』が違う契約は
契約合意がなされたとは言えないのだから契約は成立していないとも言える」などと励まして
契約取消を勧めているものについても言える2面性でもあるわけです。つまり契約後の「泣き
寝入り」を防ぐという観点からは価値があると思っている訳ですが、「安易な契約姿勢を助長
するのではないか?」というおしかりをもらうことも有るわけです。

ただ世の中に「契約したら取消は難しい」という警告はあふれかえっていますよね。しかし、
民法でも消費者契約法でも「不当な契約は取消できる」と決まっているのに、そのことを社会
の常識とする事にはなっていないわけです。

あまり、役に立たないかも知れませんが、私の考える意識改革事を書いてみました。

>ネットワークビジネスを現在行っている側(私は違いますけど)からすれば、失業率の
>上昇や保険制度や年金制度の良くない情報は当事者心理で営業活動を行うのであればプ
>ラスのように思えてなりません。

少しこの問題について書いてみますね。私自身はちょうど今が「産業の変革期」にさしか
かって来ていると考えています。もし興味があるならドラッカーなどが書いている「ポス
ト資本主義」関係の著書などもお読み下さい。そして、ネットワークビジネスと呼ばれて
いるマルチ商法というのが、まさに「変革期に咲くアダ花」の様に見えているのです。変
なたとえ話ですが、恐竜が滅びてほ乳類が出てくる訳ですが、肉食ほ乳類の伝搬が遅れた
南米大陸には「飛べなくなった大型肉食鳥類=恐鳥類」が増えたりするわけですね。つま
り「新しい産業構造の発達の遅れ」が「悪徳商法が増える」下地となっていると思うわけ
です。

まだ私が未熟な「マルチ商法批判者」だった頃に書いたものがありますのでお読みいただ
幸いです。
http://www.d1.dion.ne.jp/~lpldrt/index.htm

今、社会にどういう問題があるかというとその基本は「市場の飽和」であるわけです。昭
和の30年代、一台のTVも持たない家庭は「買える値段にさえなれば」TVを買ってく
れました。でも4人家族で5つの部屋に5台のTVがある家庭は「安いから」ではTVを
買ってはくれません。

しかし、市場の飽和が起こる前までは「価格=競争力」でしたから企業間の競争は「いか
に価格を下げるか」に努力してきた訳です。そして、その過程で幾つかの現象が起こりま
した。それは「人間性の喪失」「対面関係の喪失」です。

経済学の本来の予測では「顧客満足度=競争力」という新たな競争指標が生じ製品の流通
量の減少によって生じた労働力は、「顧客満足度向上に必要な労働力」に転嫁されていく
と考えられた訳です。具体的に言うと「顧客要求の把握」「顧客要求を満たすための企画
立案」「多品種少量生産のための多能工とその育成人材」「顧客要求に一致する製品を勧
める事のできる販売者」などが考えられる訳です。顧客満足というのは「多様性のある指
標」ですから、その多様性に対応するためには、生産者・販売者というのは画一的である
事はふさわしく無く「人間的に多様であり、対面関係がみかがれている必要がある」と考
えられる訳です。

実際の所、この産業変革は「遅れている」状況にあります。経営者もなかなか「価格=競
争力」の概念から抜け出せず。消費者も様々な局面で「満足できるサービスや商品なら高
くても購入する」と示し切れて居ないという事が足を引っ張っている訳です。

このような経済・経営学的な予測から考えると、擬似的に「対面関係を利用して」「顧客
要求に一致するオーバートークにより製品仕様を偽って販売する」マルチ商法が「アダ花」
として咲くのも分かって来るわけです。
TM さん 2003年 01月 08日 17時 12分 37秒
hiroto さんへ。

商売をするのは確かに自己責任です。
でも、ここで貴方曰く「見苦しい」事を書いてらっしゃる方の多くは、たいていが親しい人が洗脳されて断りにくい状況で購入を迫られていることをお忘れなく。

会社を経営している方のようですのでそのつもりで書きますが、通常の商店などによる商取引において、経営者は人を雇い、教育し、その社員の行動は企業を代表するものであるという前提のもとに企業全体を動かします。社員は自分の行動について企業に対する責任を負い、企業は顧客に対して責任を負う。企業は社員を自らを組織する部品として組み込む代わりに、賃金などの対価を社員に支払う。企業という集団の負うべき責任と、社員が個人として負う責任は対象が別だと思っています。ある意味同じなんですけどそれについては後述。
MLMにおいては、客の立場から見れば自分に売りつけようとしている人は上述の社員にあたる存在であり、その行動は企業全体が責任を持つべきと考えるのが自然です。まあ、ここで客だった人が社員に昇格(?)してしまうあたりに落とし穴があると私などは思っているわけですが、このような構造で「自己責任」と言う場合、その責任は誰がもしくはどの集団が、誰もしくはどの集団に対して負うべきものなのかが曖昧ではありませんか? 雇用といえるかどうかはわかりませんが、MLMに参画するという場合、アップはダウンを雇用するくらいのつもりでいないといけません。その責任をきちんと果たしているのであればMLMであろうと特に問題は無いのでしょうけれど、現実にこの部分に多大な問題がある企業が多く見受けられます。つまり教育ではなく洗脳をしてしまう場合です。一言で言えば企業体として見た場合の倫理観が無いのが問題だと思います。

ただ、ならばきちんと教育して、末端に至るまで倫理的な企業体としての理念を浸透させればよいのか?と言われると・・・MLMではそれが不可能に近いというのがつまり構造的な問題点なのだと思います。企業体として企業倫理を成立させるなら、MLMにせずにそれなりの数の社員を雇って精鋭育てた方が確実なので。畢竟、MLMという形態を採った企業は、企業体として社会に不利益を生じないよう社員を教育する義務を果たす気が無いのだと判断出来ます。
そして、普通に判断すれば断れば済むところを、えんえん洗脳トークでその気にさせたり、不都合な部分の教育を怠った状態で参画させたり。教育不徹底なままにノルマを課せられた方は、親しい友人や親類というつてを利用して断られる確立を減らしたり・・・そういうやり方に走っていってしまうわけです。ぶっちゃけ、hirotoさんのような方は狙うと美味しそうっす。1人騙せればhirotoさんを信用している周囲の方々もごっそりいただけそうなので(つまりそういうことです)。

このような状況で「自己責任」って言い切るつもりなら、経営者としてはどうかと思いますよ。
少なくとも経営陣は、自分たちが一個人でありながら企業を構成する一部であり、つまりは企業体そのものであること。企業は一企業でありながら、社会を構成する一部であり、つまりは社会そのものであること。そういったグローバルな考え方を持っている必要があると思います。
もちろん、経営陣じゃなくてもそういう視点は必要ですけどね。ただ、上がしっかりしてれば下っ端は上の言うがままに動くだけでも事足りるので。下がしっかりしてても経営判断が狂ってれば企業自体が迷走してしまう・・・・・

なんだか話がずれましたが、個人で防衛可能かどうかというのは企業の負うべき責任とは別問題です。しかるべき責任を果たしていない悪徳MLM企業の責任を棚上げし、嘘情報に騙され判断を誤って関わってしまった個人を責めるのは、(正論だと思ってる方も多いかもしれませんが)大局を見ようとしない小人の理屈にしか見えません。
#騙されるな、しっかりせい、という啓蒙ならいいんですけど、明らかに責め立ててるんで。

極論を言えば、カギをかけ忘れた家に泥棒が入ったとして、かけ忘れた被害者を責めてるようなものです。泥棒が存在するという根本の問題点を棚上げする人はあまりいないと思いますが?
まあ、これだと例が悪すぎるから、地動説を唱えた人を裁判にかけた原告に罪はあるか・・・みたいな例でもいいんですけど(これだとわかりにくすぎる気もする)。
中立の意見でありたい さん 2003年 10月 10日 00時 17分 37秒
年齢:30代
会社名:すべてのM.L.M
 僕は、けして否定派では無いのですが・・・。
負担となる金額についてなんですが、流通形態が一般とは違うから、多少高価でも価格以上に良質だと、会員の方は考えていると思いますが、はたしてどうなんでしょうか? 
 最近では、とかく還元率を主張される会社が増えてきていますが、これは、それだけ原価が安いという事で、単に、「人間問屋」の取り分が多いと云う事です。
 言い方悪いですが、会社本意で消費者を無視した考え方だと思います。
 僕は、プログラムを勧誘の売りにしている所は、信用しません。他に広める要因が明確なら別ですがネ。
 皆さん、惑わされないように! 耐久財を主流にしている会社が多いようです。
まして耐久財を扱うM.L.Mは、ローンが通りづらい今日では、市場性や社会問題等時代のニーズに反していると思うのですが、如何なものでしょうか?
beatle さん 2003年 10月 10日 09時 32分 01秒
Dさん 、中立の意見でありたいさん>
マルチの商品の良し悪しもそうですが、ローン会社の金利の高さが異様なのはどうして?
ちなみにうちのかみさんがやってるマルチの商品(教材、小中学生向け)のローン会社の金利は5年で元金の50%近くになりとても良識のある会社の取引ローン会社とあは思えません。
これは個人的に行っていることですが友人なんぞは提携ローン会社が通らないと見るや街キンに並みの金利を取る小さな金融屋に紹介して百数十万円のローンを組ませてます。
これじゃその人は何人のダウンをいれれば金利も含めてペイできるんでしょうか?
マルチの商品はほかにもきちんとした業者がまじめに作っているものよりは胡散臭く思えます。
実際わたしもかみさんもNS社の石鹸で体中に発疹ができたんですが、かみさんいわく
「それは石鹸のせいじゃない!」じゃあ、どうして石鹸の使用をやめたら治ったんでしょう?
ことごとくかのような具合で、マルチ従事者は当事者間の信頼のほうが肉親や友達より強いんです。
TM さん 2003年 10月 10日 10時 39分 43秒
>beatle さん

気になったので1点だけ。

>5年で元金の50%近くになりとても良識のある会社の取引ローン会社とあは思えません。

複利で利子合計が元金の50%近くになるということだと、年利は8%程度です。
法定金利の上限が年29.2%ですから、比較的普通の(最近の様子からすると良心的?な)金利だと思います。

逆に言えば、良識の無いローン会社や
>街キンに並みの金利を取る小さな金融屋
になると、こんなもんじゃ済まないということです。年利が元金の29.2%を越えなければ違法じゃないわけでして・・・・・
多分役立たず(HNです) さん 2003年 10月 10日 13時 20分 24秒
TM さんへ、

元利均等払いの5年間のローンで、支払総額が元金の150%ということではないでしょうか?

それだと、金利はもっと高くなると思います。

#実際の金利を調べたかったのですが、計算方法が分からないです(;_;)
多分役立たず(HNです) さん 2003年 10月 10日 13時 34分 17秒
ぐぐったら、金利計算サイトが有ったので計算したところ、17〜18%ぐらいのようです。

利息制限法には収まっているようですが、現在の金利の状況から考えると高金利では。
TM さん 2003年 10月 10日 15時 31分 32秒
>多分役立たず(HNです) さん

なるほど、均等払いだともうちょっと上がりますね。

自前で計算してみましたが、150%を60回均等払いとして、月複利で計算したところ、月利1.43%(年利換算で18.6%)でした。もうちょっと大雑把に年複利で利子を付加していく計算だと、年利15.23%ということになりました。世の中半年複利とかもありますが、まあこの両者の間のどこかなので省略します。

ところで現在の大手銀行のキャッシングローンですが、年利15〜18%です。
消費者金融だと・・・http://www.quartic.co.jp/%7Esaimon/i/kinri.htm

良心的というのは誤解でしたが、一般的な金利に近いのではないでしょうか。

住宅ローンや自動車ローンのように、明確な目的がある場合には銀行等が用意した「格安商品」が利用できます。でも、キャッシングローンのような一般ローンの場合はこんなもんだと思います。
beatle さん 2003年 10月 10日 18時 18分 02秒
TMさんへ
なんにしてもやっぱ高金利でもなけりゃその商品が買えないというのは?マークたくさんですよね。
そんなことをさもすぐにでも取り戻せ、なおかつばら色の人生がいろんな人の犠牲のうえに
成り立つものならくそくらえっ!
同窓会にでも出席してみんなの前で堂々と勧誘してみれば?
こそこそとやってる姿はいかにもってかんじです。
TM さん 2003年 10月 10日 18時 44分 02秒
>beatle さん

実のところ、ちょっぴり擁護派的な発言を続けているわけですが。

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とは申しますが、坊主が悪くても袈裟が悪いことは滅多にないと思うのですよ。
この場合、キャッシングローンの金利が袈裟なんじゃないかと思った次第です。

もちろん、マルチ坊主というか、ローンまで組ませて購入させるのは私も大反対です。ちゃんとした事業なら、参入のために中小企業向けの融資がいろいろありますし(もちろんもっと低金利で)、それが使えないという時点で事業としては???と思わないといけませんね。

デメリットまで全部知った上で、マネーゲーム的に参加するためにローンまで自主的に組むというのなら・・・まあ、勝手にやればという感じですけどね。

ちなみにローンとかの金利が気になったら、相手に質問してやればいいんだそうです。ウソ言ったら解約ネタになりますし、正直に答えるしかない部分なのだとか。
キャッシングローン15〜18%は先に書いた通りですが、住宅ローンや自動車ローンは2〜5%、最近ではトラベルローンとか引越しローンとかかなりいろいろなローンがありまして、それらも8%以下のものがほとんどです。
ジャパネットタカダ(ローカルかな?)みたいに「分割金利手数料は全部負担します」みたいなところもありますし、一般的な金利をそのまま支払わなくちゃいけない場面は最近だいぶ減ってるのではないでしょうか。
#個人的にはローン組まなくて済むくらい金貯めてから買え、とも思いますが。
beatle さん 2003年 10月 10日 20時 36分 11秒
>TMさんへ
「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」
まさにその通りじゃない?
ローン会社としては取引に際してのやり取りの中で危険を承知して、そのくそマルチの会社(?)と
取引してるわけですよねえ。
だから「袈裟」じゃなくて「同じアナのムジナ」って言うことじゃないでしょうか?

>#個人的にはローン組まなくて済むくらい金貯めてから買え、とも思いますが。

そんな蓄えがあれば友達や家族を犠牲にまでしないと思いますよ。
うちの奥さんのUPかどうか知らないけれど、月に1千万の収入があってもまだマルチやってる人がいますけど
どうも、眉唾としか思えません!
ちなみにニュースキンをやってる人ですが、きったない字で奥さんにDM送りつけて
一生懸命やってるようです。
どうも左団扇とは思えません。

追伸・レスおくれてすいません
おくさんが友人(ニュースキンを勧誘し、今なお教材を使ったマルチの罠にはめてる奴)と飲みに
行ってるので一人さびしく食事に行ってました。
FUJI さん 2003年 10月 23日 12時 11分 49秒
MLMには会社が悪い場合と会員が悪い場合、もしくはどちらとも悪い、そしてどちらとも良い
場合があります。会社側がどんなにいい製品を作っても製品の勉強をしないでお金儲けだけに
走る人もいます。それを見極めることが大切だと思います。
ただ、高額商品を販売しているMLMはかなり高確率でNGの可能性が高いし、被害者が多い
ように感じられます。
MLMを同時にいろいろやる人も気をつけたほうがいいです。ポリシーがなく、ただ金儲けだけ
の人がほとんどです。かならず振り回されます。
POPPY さん 2003年 10月 23日 16時 06分 10秒
FUJI さん へ
 
 あげあしをとるようで申し訳ないんですが・・・
  
 >MLMには会社が悪い場合と会員が悪い場合、もしくはどちらとも悪い、そしてどちらとも良い
   場合があります。会社側がどんなにいい製品を作っても製品の勉強をしないでお金儲けだけに
   走る人もいます。それを見極めることが大切だと思います。

どちらとも良い場合・・・??私が知っている限り、良いMLMなんて聞いた事ありません。
良いMLMってどんなものですか?
TM さん 2003年 10月 23日 18時 55分 59秒
>POPPY さん
 FUJI さん

italicさんの掲示板で、ちょうどそんなようなお話があります。
http://italic.cside.ne.jp/mlm/bbs.html

「会社と会員どちらも良い」というのは理論上ありえるだろうと思うのですが、実在したとしたらたぶん「経営状態が悪く」なるのだろうなぁ、という気も。:)
#生協の共同購入制度って、その状態に近いのかも。
ベロ さん 2003年 10月 23日 19時 18分 24秒
TMさん、どうもはじめまして。おいらベロってんだぁ。

いきなりのゴミレスで申し訳ありませんが、italicさんではなく、
itaさんですね。尤も、その由来はイタリックからなんですが。

マルチ商法を少々、斜に見たところの情報の「確認と検証」が
itaさんのテーマの一つであろうかと存じます。

闇に隠れま〜す。
TM さん 2003年 10月 24日 09時 34分 03秒
>ベロ さん
ご指摘ありがとうございます。
普段はitaさんって書くんですが、てっきりitalicが本名だとばかり思ってました(恥)

ご本人には直接お詫び申し上げましたが、この場でも訂正と共にお詫びさせていただきます。_o_

ところで、「闇に隠れて」「おいら」ってことは、ベロさんは・・・(謎笑)
Ga-PPA さん 2004年 02月 17日 17時 03分 32秒
年齢:32
会社名: 不明

私はMLMのセミナーに行くのが趣味の32歳です。(流れとは全く関係なくてすみません^^;)

最近某MLMの成功者の方に会うことが出来ました。
そのとき私が感じたことを、報告させていただきたく書き込みをさせていただきます。
私自身はMLMをやったことは一度も有りません。セミナーに行くのが趣味なのです(笑)

ある友人からの『すごい人がいるから会ってみて!!』という熱意のある(?)誘いを受け
はるばる片道2時間の時間をかけその人物に会ってきました。
その人物(仮にZさんとします)は家賃ウン十万の高級マンションに住む、いわゆる成功者でした。
聞くと給料は月400万円との事(どっひゃー!なんじゃそりゃ!と驚きまくり^^)
しかも、私よりも5歳も年下〜^^

で、短い間でしたがお話しをさせていただいたのですが、その時間は非常に濃厚なものでした。
結論から言うと、彼らは商売の基本に忠実だと思いました。

よく市場を勉強し、ニーズを分析し、モノを流通させるための手段を考え、
他人を納得させるだけの完璧な理論武装に、考え尽くされたクロージング手段と
恐らく心理学を上手に応用した(学が無いので良くわかりませんがlol)
巧みで考え尽くされた話術を身に付けている。
(もちろん、声のトーンや喋るスピード、身振り手振り等の視覚的要素も含まれます)
恐らくそれは、彼が居るMLMの誰かに教育を受けた賜物なのでしょうが…。
しかも迸る情熱がと絶対的な自信となって全身からオーラのように発散させていたZさんを見て
『確かにすごいな』と感心しました。

今、これまでの社員教育を徹底的に行い、ほぼ完璧な準備をしてセールスを行っている
企業がいったいどのくらいあるでしょうか?
また、これだけのモチベーションを持続できるセールスマンを抱えている企業が
どれだけ有るでしょうか?

これは『セールス』の基本中の基本ではないでしょか?

以上の点だけを見れば、彼らはその辺にいるビジネスマンよりはるかに優秀です。
これについては断言できると確信しました。

その後、大勢の前で演説するZさんの姿を見ましたが、それはもう『すばらしい』の
一言でした。立派に2時間の講演を1人でやって見せたのです。
そんなに熱意あふれ、自信と確固たる信念を持って大勢の前に出て演説できる
セールスマンなんてそうは居ないでしょう(勿論私も出来そうに有りません)

ここで、誤解され無いように先に書いておきますが、私は『MLMが素晴らしい』と
言っているわけではないのです。
MLMで最悪の人生に落ちていった数多くの友人たちを今まで見てきましたし、
私自身、今Zさんからいっしょにやらないかといわれても『絶対に断ります』
(このことは、ココに書き込んででいらっしゃる否定派の皆さんと同意見です)
どのような論理を振りかざしても、MLMは否定されて当然です。

しかし、私はその姿勢(熱意・準備・勉強などを怠らない姿勢)だけは『学ぶべき』だと思います。
彼らはしたたかです。モノを売ると言うことに対して貪欲です。
そしてその手段を日々研究しています。会社に行っている間だけでなく、四六時中ずっとです。
その姿勢だけは、学ぶべきではないでしょうか?

最後に、セミナーに誘われている方へ…。
あなたが、絶対に入会しない、どんなことがあっても自分を失わない、と言う自信が有れば
行って見ても面白いかもしれません。しかし、かなりのトップの方の話しでないとまったく
無駄な時間になります(面白くないので^^;)
私のように趣味になれば結構楽しい時間を過ごせます^^
(ある意味、タダの自己啓発セミナーですし、面白くない時は論理の矛盾を突いたり、ね)

そうでなければ、絶対に行かない方が身のためです。

相手は百戦錬磨の強豪たちばかりです。
どんな逃げ口上も、たちまち潰されてしまいます(経験上、ですが^^)
なぜなら、一般的に考えられる逃げ口上はすべて返答が準備されているからなのです。
逃げ口上を言った瞬間それは、あなたが『Yes』と言ったことに置き換わります。
その辺は考え尽くされています。巧みですよ〜。
どんな逃げ口上も、相手にとってクロージングの手段にされてしまいますから、ご用心!

長々と書き込みをしてしまってすみません。
このようなページに出会えて嬉しくてつい書き込んでしまいました^^。
変わった趣味を持つ32歳のGa-PPAでした!このBBSに不適当であれば削除いただいても結構です^^
過去に同様の書き込みが会った場合や肯定派と勘違いされた場合はお詫びいたします。
TM さん 2004年 02月 17日 21時 09分 35秒
>Ga-PPA さん
>これは『セールス』の基本中の基本ではないでしょか?

きちんとした製品を、きちんとした説明の上で、商道徳にもとらない方法で販売するのであれば、その「熱意・準備・勉強などを怠らない姿勢」は「学ぶべき」と思うかもしれません。

セールスの「基本」は「売る為の努力を惜しまない事」ではなく、正しくニーズを捉え、商品の魅力を正しく伝える事だと思います。その商品を欲していない人物にクロージングの手法を用いて売るのはニーズの捉え方を間違っています。売る為に誇大表現を用いるのは商品の魅力を正しく伝えていません。

 その意味で、彼らは根本的に間違ってると思います。

Ga-PPAさんにもお伺いしたいです。
それは本当に“『セールス』の基本中の基本”なんですか?

私はGa-PPAさんとは逆に、MLMそのものを否定する気はありません。
ですが、セミナー体験談を読ませていただいて、そのやり口は許し難いと感じました(これまたGa-PPAさんとは逆に、ですね)。
さん 2004年 02月 17日 21時 52分 01秒
>Ga-PPAさん

「その姿勢(熱意・準備・勉強などを怠らない姿勢)だけは『学ぶべき』だと思います」とおっしゃってますが、
それってMLMのセミナーでしか学べないことなのでしょうか?
そうではないはずです。
本当にエネルギッシュな企業なら、MLMセミナーでなくても『学ぶべき』ことを学んでいけるはずです。
わざわざ何が起こるかわからないMLMセミナーに行く危険をおかす必然性はないと思います。

MLMの成功者なんてせいぜい全体の1%くらいですよ。
成功するのはかなり特殊な環境にあったからだと思います。(会社の取締役で、人との経済的なつながりが多かったとか)
普通のサラリーマンやOLが手を伸ばせるような領域ではありません。
そんなはるかにかけ離れた人を手本にしても具合が悪いと思います。
それよりも自分の働いてる会社の上司や先輩を見習ったほうが断然勉強になると思いますよ。

私はMLM否定派ということもありますが、セミナーには足を踏み入れるべきでないと考えます。
nanasi さん 2004年 02月 17日 22時 57分 40秒
>Ga-PPAさん

>彼らはその辺にいるビジネスマンよりはるかに優秀です。
その辺のやる気の無い奴よりは、おそらく優秀(カネを稼げる)でしょう。
マルチなんかやらなくても稼げてると思います。
とにかく自信、勢い、行動力が全然違いますから。

しかし、金を稼ぐ為なら人の迷惑を考えないとんでもない奴らです。
モノを売ると言うことに対して貪欲ではなく、カネを出させる事に貧欲なのです。
見習うべき部分は多少あるにしても、手本にするべきではないですね。

>彼らは商売の基本に忠実だと思いました
商売の基本は、客に望まれる物を提供する事です。

言葉巧みに客に望まない物を押し付けてカネを出させる事は
ただの洗脳で、商売ではないです。
どちらかといえば宗教の一種です。
一歩間違えば詐欺です。
こしあ〜ん さん 2004年 02月 17日 23時 41分 31秒
民法第703〜708条の不当利得の内容を誰かおしえてくれませんか?
あと、刑法第223条、第2項の強制罪も・・・・
Ga-PPA さん 2004年 02月 18日 00時 51分 45秒
年齢:32
会社名:???

nanasiさん、凛さん、TMさん、私の稚拙な文章のフォローを入れていただいてありがとうございます。

私の今読み返すと、確かに説明不足の点があったことを皆さんに指摘されて恥ずかしく思っています。
私が学ぶべきだと思った点は『熱意』と『努力』の点においてのみ、だと言いたかったのですが…。
ちょっと興奮していたのか、解説が不足していたようです。
不愉快な思いをさせたようで申し訳ないですm(..)m

>TM さん
その商品を欲していない人物にクロージングの手法を用いて売るのはニーズの捉え方を間違っています。
売る為に誇大表現を用いるのは商品の魅力を正しく伝えていません。

の意見には賛成します。
しかし、売るための誇大表現…はCMを行っている有名メーカーの商品の中にも数多く見られることです。
たとえば、利点だけしか言わない某保険会社のCMとか、某化粧品会社のCMとか……。
もちろん、それが正しいことだとは思えません。MLMの誇大表現は特に許されませんが、
同様に誇大表現のCMも許されるものではないと思います。
確かに、商売の基本…という書き方した私に問題があったと思います。

>凛 さん
それってMLMのセミナーでしか学べないことなのでしょうか?
そうではないはずです。

たしかに!そのとおりです。
自身のアンテナさえ張っていれば、ほかにも様々な場所で学べると思います。
ただし、有料であったり、特定の団体に所属していなければならなかったり等の
制約がある場合も少なくありません。
ただ、私の場合は趣味なので…^^;とても他人にお勧め出来るような趣味ではありませんが^^
そういう趣味の人間の特殊な(変わり者の)考え方も、意見の一つとしてあったほうが面白いのかな?
という勝手な思いで、今回は書かせていただいた次第です。

>nanasi さん
言葉巧みに客に望まない物を押し付けてカネを出させる事は
ただの洗脳で、商売ではないです。
どちらかといえば宗教の一種です。
一歩間違えば詐欺です。

まさしく!
こういった意見が出てきたこと、非常に嬉しく思います。
しかし、この世の中にお客様の本当に望むものを販売できているセールスがどのくらい居るでしょうか?
自社の商品のラインナップにもう少し幅が有ればいいのに…とジレンマを感じつつ、
自社商品を売らざるを得ないセールスマンも少なくないのではないでしょうか?

私も自営をする前はそういうジレンマを感じつつ、入社した会社の製品を売っていました。
自社製品より明らかに優れた他社製品があるのに…そう感じつつも、それをストレートに言うと会社に居られない。
だから必死に、それ以外の付加価値をつけて何とか販売をして会社にしがみつく…。
自分はそういう人間でした。それがいやだったから自営を始めたわけなんですけどね^^。

理想の販売とは確かに望むものを望む人に販売することだと思います。
(ちょっとこの板の方向とはそれるかもしれませんが)
それが出来ている方は幸せなセールスをやっている方で、幸せな恵まれた会社に所属されている方だと思います。
とっても羨ましく思います。

しかし、そうではない販売をさせられている方も少なくないのが現実ではないでしょうか?
もちろん、そう理解はしていても、セールスマンとして絶対に超えてはいけないラインは有ります。
そのラインを超えているのが、MLMでは無いでしょうか?
もちろん、他人の迷惑を考えないと言う点においては、MLMのメンバーは非難されて当然です。

それはある意味素人セールスマン(失礼な言い方かもしれませんが)の集団がMLMだからだと思います。
今だけの目の前しか考えていない、稚拙なセールスしか出来ない人の集団といってもいいと思います。
しかし優秀なセールスマンが少なからず見つかるのもまた、MLMではないでしょうか?

というわけで、トップセールスマンの話しをお手軽に聞く機会としてセミナーを使っている
変わった趣味を持つ、変なヤツの話しを書いてみたわけなのですが、言葉足りずに誤解を招いてしまったようですね。

最後に…
今、自営をやっているんですが、お客さんにこういわれたことがあります。
『料金は高いけど、モノは別の商品がいいけど、あんたが好きだからあんたのお勧めを持ってきなさい』
…これって悪いことなんでしょうか?
こう言われても、他社商品を進めるのが正しい商売道なのでしょうか?

すみません、最後はこの板と関係ない話しになってしまいました。不適当であれば削除お願いします^^;
長々と失礼しました;;
TM さん 2004年 02月 18日 09時 46分 41秒
>Ga-PPA さん

別に不愉快なわけではないですのでご安心を。

>しかし、売るための誇大表現…はCMを行っている有名メーカーの商品の中にも数多く見られることです。
>たとえば、利点だけしか言わない某保険会社のCMとか、某化粧品会社のCMとか……。

CMで利点しか言わないのは別に誇大表現にはあたらないと思います。
いわゆる「事実の不告知」に近いと思いますが、契約までのどのタイミングで伝えるかというだけの問題になります。保険の勧誘、契約にあたっては契約者に約款を渡さなければならない等、ちゃんと決まりがありますよ。
MLMにおいては特に、特商法によって勧誘時に不利益まで全て(儲からない可能性も高い等)伝えなければならないと決まっています。

誇大表現を使ったCMは問題だと思いますが、現在のテレビCMではまず見られません。雑誌のCMでは某幸運のペンダントみたいなのもありますが、それらは悪徳商法とされていますね。
誇大表現はまず見られない、という点ですが、これはどの企業もきちんと勉強してギリギリの線を狙っているからです(なので、たまにグレーゾーンのは見かけますw)。

この「きちんと勉強する」というのは、特に法律をきちんと理解することが重要です。上述の特商法はもちろん、誇大表現でよく問題になるのは薬事法違反でしょうか。残念ながら、熱弁をふるうタイプのMLM「成功者」の方で、これらをきちんと勉強して遵守しているなぁ、と思われる方を見た事がありません。

「正しく伝える」はそういう意味も含みます。
直球勝負がお好みなのかもしれませんが、変化球でも厳しいとこでもストライクはストライクって感じでしょうか(違うかも)。

>今、自営をやっているんですが、お客さんにこういわれたことがあります。
>『料金は高いけど、モノは別の商品がいいけど、あんたが好きだからあんたのお勧めを持ってきなさい』
>…これって悪いことなんでしょうか?
>こう言われても、他社商品を進めるのが正しい商売道なのでしょうか?

人の判断基準っていろいろですよね。
そのお客さんは、なんらかの判断基準のもとに「あんたのお勧め」が欲しいというニーズを示されたわけですから、それは「お勧め」を持っていけば良いのだと思います。
#何がどうお勧めかなんてのはあなたにしかわからないので割愛。
「商売道」とかいうと特別なものっぽいですけれど、つまりは「常識」「分別」などと言われるものでしかないと思いますし。判断基準はいろいろ、というのは販売者にも当てはまることですし。