マルチ&悪徳商法SOS−FILE   http://www.sos-file.com/
 アートコネクション
気づきの会(株)
メディカルサイエンス
備     考 キーワード 苦情件数
世田谷区赤堤2-24-12
テラス赤堤107
03-3322-7734
4
ブレイン・プラーナなる97000から140000円の遺伝子強化機器を販売。見た目は
1000円ぐらいにしか見えない。それとセットでブルーグリーンというアメリカの湖から取れたという藻を1ヶ月分8800円で販売。その他NASAで働いていたと称する川又審一郎という人の理論を売り文句に使っている。中国政府の協力で実験したとか信じられないコトが沢山(ZEROの法則)という著書に書かれている。
(情報提供: 匿名希望 さん) 2000/05/09

私は「気づきの会」の社員でした。
「ブレインプラーナ」という健康器具と「ブルーグリーン」という健康食品が主な商品です。
会員制のマルチ商法です。
社長が全国をまわり、講演会で説明をし、口コミで広める方法です。
社員はFAXで注文に応じ商品を発送、会員の苦情や相談なども受けます。
社長はほとんど会社にはいません。
商品についての苦情は少なく、病気がよくなった。とお礼の手紙をもらうこともありました。
器具に関しては、耳のツボを刺激して体内の気を高める。というものなのですが、
低周波治療器のようなもので、10万円前後する商品ではないと思います。
効く、効かないは気の持ちようなのだと思うのですが、問題は他のところにあります。
売り口上が嘘ばかりです。
器具に関しては社長である川又が自ら開発したと言い、
食品に関してもNASAが開発に関係していると。
最近発売した「パシュミナ」(8万円)もロイヤルファミリーが愛用しているとして売ったり、
以前は東京大学を卒業と言っていましてが、現在は成蹊大学ということになっています。
NASA関連の(関連というのがポイント)にいたというのも嘘のようです。
太陽の写真が印刷されたポストカードも売っているのですが、
そこからは気のエネルギーが出ていて、それをコピーしてもそのエネルギーは出ていると。
何よりも、病気で困っている人に「この病気は器具を何台、食品を一日何粒、何ヶ月以上・・・」と
医師の免許もないのに簡単に言うことです。
勿論、それを信じ病院からの薬を飲まず、結果亡くなった方もいます。
あくまでも、補助食品であり、病気が治る機械ではない。と私達社員は電話等の質問に答えるのですが、
川又は「治る」ような言い方(実際はっきっりとは言わずそのような言いまわし)で、
会員に配られる書面にも「この病気は何粒」とハッキリ書かれています。

昨年11/27朝日新聞の夕刊に「加江田塾」の元信仰者、川又信一(社長)が脱税。一億八千万の所得隠し。商品に苦情も。
という記事が大きく載りました。
新聞に書かれていたことははぼ間違いありません。
新聞には一年間で一億八千万とあるのに対し、会員への弁明文には過去4年間といい、加江田塾とは一切関係ないと。
しかし、社内には加江田塾の東純一郎の印鑑や、東がつくらせたという小型ピラミッドもありました。
新聞には会社名を「メディカルサイエンス」に登記を先月変更したとあったのですが、
社員は誰一人、社名が変わった事を知っている人はいませんでした。

社員は会員やマスコミの対応に大変でしたが、それでも誰一人辞めず、頑張っていました。
ところが売り上げの低下を理由に年末のボーナスが出ないと言われました。
確かに売り上げは落ちていましたが、それは6月頃からで、それ以前は伸び続けていたのです。
売り上げが落ちた原因は社長(川又)がシステムを変えたからであることは本人も認めていました。
しかも、朝日新聞社の記者の方から「最近、白金に現金で億ションを買った」という事も聞いていましたので
(白金の億ションは不動産からのFAX、オーダーメイドのカーテン見積もり、電気代の請求書等を確認していますので本当です。
あるところには、会社の移転先として購入した。とも言っているそうです)
社員は納得がいかず、少しでもボーナスを出してほしい。とお願いしました。(社員は6人です)
が、一円も出せないと言われ、次の日から仕事を監視する人が来ました。
(会社の顧問と言われましたが社内の事を何も知らない臨時に雇われた人でした)
私達社員は詳しくは何も聞かされないまま、仕事ぶりを監視され、仕事の引き継ぎをさせられました。
自ら辞めるように計画しているようでした。

ところが、小さなきっかけから監視をしている顧問と社員が言い争いになり「クビだ!」と怒鳴られ、大きな問題に。
それを知った社長(川又)は怒り「解散だ!」と社員全員、即日解雇となりました。
川又は自分に意見する私達を辞めさせたかったので、解雇理由は前文だけの問題ではなく、
「社長の経営方針について来れない奴とはやっていけない」と言うような事でした。
現在、以前の社員は一人もいません。
社長である川又をはじめ、システム等、今までの社内の運営に関してわかっている人はいません。
どうにか、その日その日を過ごしていると思われますので、多分内部はメチャクチャのはずです。

解雇宣告された社員のグチに思われるかもしれませんが、川又は叩けば、まだまだホコリがでます。
実際、他にも書ききれない事が沢山あります。
今後、何も知らず社員となる人、会員となる人、これ以上被害者を出したくないのです。
どうにか川又をマスコミ、警察により世間に居れないようにしたいのです。
良い方法があれば教えてほしいです。

(情報提供: ゆみ さん)2001/01/10
しまりす さん 2001年 04月 03日 17時 45分 16秒
年齢:23
会社名:アートコレクションハウス、アールビバン、グランプリアート、アートフォーラム
ちょうど1年位前の話になりますが、当時私は絵に関わる仕事をしたいと思っており、アートと付く会社はほとんど受けました。結局アート関係の会社は全部落ちました。それからしばらくして、渋谷にあるアートコレクションハウスの画廊(ギャレリアアーチ)に絵を見るために通っていました。ある時、騙されて50万する絵を買わされてしまいましたが、消費者センターに相談して、なんとか無事解約出来ましたが、私が想像していた絵の販売とは大違いで、絵の売り方はとんでもなかったです。無理矢理座らせ、販売員が格が上の人を呼んで来て、無理矢理ハンコを押させていました。ローン組まされました。ヤクザですよ。普通の神経ではそんなこととても出来ません。お金のためとはいえ、もっとまともな仕事があるはず。働いている人の神経が分からないです。入場無料の展示会には、解約以来近づいていません。絵は50万もしないですよ。画材屋さんに行けば1万ちょっとで買えます。画集ならもっと安いです。入場無料の展示会には皆さん気を付けて下さいね。
名もなき研究者 さん 2003年 07月 07日 20時 55分 00秒
年齢:30
会社名:メディカルサイエンス/アートコネクション/気づきの会

上記の企業、団体に関して
知人が会員となっていた関係で、WEB上で若干の調査をしました。
この情報が少ないようなので、投稿いたします。
この団体は、「ブレインプラーナ」という健康器具と「ブルーグリーン」という
 健康食品を扱う団体です。


興味の方はまず次の裁判の判決をご覧ください。
 H15. 5.15 東京地裁 平成13(ワ)26301 不正競争 民事訴訟事件
(東京地裁のWEBページでもみれると思います)

メディカルサイエンス社が、元従業員を訴えたものです。

この判決の内容から
 ・「ブレインプラーナ」が「魔針」「マジックニードル」を元にしたものでり中国産
 ・「ブレインプラーナ」が「気功」を用いたという内容は主張されません。
   (「マジックニードル」はツボを刺激する機械であり、気功とは関係ない)
 ・「ブルーグリーン」の取引先がわかります。
 ・原価は2000円以下程度であり、それを16000円で販売している
 ・川又氏の経歴詐称(「もとNASAの・・・」)

「マジックニードル」はアメリカで販売されています。
 http://www.ycyhealth.com/
 http://www.ycyhealth.com/Magic%20Needle%20index.htm
 http://www.ycyhealth.com/products/magic%20needles/magicneedle_qzt8t_frame.htm

中国
http://www.dlmzh.com/htm01.htm

「ブルーグリーン」はアメリカの会社で販売しています。
 http://www.klamathbluegreen.com/index1.htm
(独占契約というふれこみですが、この会社は日本のパートナーを募集しています。)

またIEEU(国際地球環境大学)から受賞をうたっていますが、
 NYには通常の大学という意味では存在しません。日本国内では検索にかかりますが
 正直、どう行った存在かは判別できません。
 

このように嘘の多いことから、よろしくない企業であると判断し、知人には
伝えました。一応は、理解したようです。


ただし、付け加えますが商品自体に関してはよいものと知人は言っております。
それについて直ちに商品自体が粗悪品・あるいは健康上有害・もしくは無益
 ということは証明できませんし、そうではないのかもしれません。
商品が際だって特殊なものではなく、割高に販売されていることを考えても、
 外国から自身で取り寄せることを考えればよいと考えることもできます。

しかし、私自身の考えでは、嘘をいって人を信用させ販売すること自体が
 許容できないので、取引自体もやめて頂きたいとは思っています。