http://www.sos-file.com/
インターコム ワールド エクスプレス 備     考 キーワード 苦情件数
1

ぷぷ さん 2001年 02月 05日 00時 16分 55秒
年齢:ぴっちぴち
先日、会社から電話があり、散らし配りのお仕事をしませんか?と誘われまし
た。3ヶ月に1000枚のチラシを配るのだそうです。扱っているものは主に、ブランド
品で、通信販売の会社だそうです。チラシには配る人のIDが乗っており、注文の際に
そのIDで注文すると、配った人に1割の収入が得られるそうです。そこまでは、いい
かな〜と思ってのですが、収入を得る際に何か資格のようなものが要るとのことで、
月2万100円を36回払いでローンを組んで行うのだそうです。でも、収入はマイナス
にはならないと言われました…。果たしてそれを信じていいものなのか、この会社に
ついてお知りの方がいましたら、情報下さい。
七人の侍 さん 2001年 02月 05日 10時 59分 34秒
年齢:20代
会社名: チラシ配り商法

ぷぷさんへ

以前「モニター商法」のことを調べている時に、「チラシ配り商法」というものがあって、消費生活センターにも苦情が寄せられているということを聞いたことがあります。

「チラシ配り商法」は「内職商法」の一種だと思います。私が聞いた話では、
@一ヶ月に何百枚かチラシを配布する
A一人一人に別個のIDがあって、注文数に応じたマージンがもらえる
というものでしたが、ぷぷさんの場合とだいたい一致するようですね。

実際にどのような苦情が入っていたのかは不明ですが、おそらく「思うようにマージンが入らない」という類のものではないでしょうか。

>収入を得る際に何か資格のようなものが要るとのことで、月2万100円を36回払いでローンを組んで行うのだそうです。
何だか不自然な気がします。月2万100円×36回ということは、総額75万6000円を支払うということですよね。その中には毎月のチラシ代なども含まれているのでしょうか?
マルチにしろエステにしろモニター商法にしろ、初回時に高額商品を契約させるのはトラブルの元です。

心配でしたら、まず最寄の消費生活センターに相談してみてください。http://www.kokusen.go.jp/soudan/map/index.html
「ものつくり屋」 さん 2001年 02月 05日 12時 31分 17秒
こんにちは、ぷぷさん、七人の侍さん。

ちらし配り系の内職商法の相談内容をご紹介しておきます。

http://www.pref.fukushima.jp/syouhi/jirei/jirei-04.htm
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/s_sodan/jirei/s_naishoku03.html
http://www.pref.kyoto.jp/shohise/hot/trouble/r10_01.html

この相談事例は少し古くて、「代理店契約の場合クーリングオフできない」となっていますが、「事業者
間取引は含まない」という法の解釈に基づきます。最近は、契約により事業者と成る場合は事業者ではな
く消費者との契約とみなして交渉したりしますが、なかなかややこしいです。6月に訪販法が特定商取引
に関する法律として施行されるので、この場合も完全に含まれる様になります。
ぷぷ さん 2001年 02月 05日 14時 49分 47秒
年齢:ぴっちぴち
  ものつくり屋さん ありがとうございました。 とっても参考になりました、しかも、載っていたものが私に電話がかかってきたものとそっくりです。 まだ 電話でしか契約していないし、(契約しますとは言っていない)契約書が送られてきましたが なにも記入していません。ただ、銀行の口座番号を教えてしまったのですが。 これから 電話で断るときに 何か 手だてはありますか? 毎日のように[ はやく契約書を送り返して欲しい]と電話がありました。すなおに [やりません ]の 答えに 答えてくれないような気がします。。。
「ものつくり屋」 さん 2001年 02月 05日 15時 37分 53秒
こんにちは、ぷぷさん。

>これから 電話で断るときに 何か 手だてはありますか? 

法律の知識に基づく考え方を整理すると次のようになります。
電話勧誘販売というのは、訪販法の第9条の5により、しつこい電話勧誘を禁止されているのです。とこ
ろが、ぷぷさんが「契約する意志が有るような事を言った」と事業者が勝手に勘違いすると「契約書を書
いてくださいよ」としつこくしても、それは「契約の勧誘」ではなく、「契約手続きの督促」となって法
律の罰則から逃げることができるわけです。

でもって、「おまえ、勘違いしてけしからんよ」ってのは、なんせ電話のやりとりという記録の残りにく
いものなので、或る意味で、言いたい放題になって意味があまりないのですよ。精神衛生上よろしく無い事なんかもいっぱい喚かれたりするわけです。だから、「あんたが勘違いするのは勝手だけど、私は契約する気はないよ」って証拠の残る形で意志表示するのが一番てっとり早いのね。

葉書に「*年*月*日に送られてきた、契約書については、契約する意志は無い」といった事を書いて、コピーを取って、書留で投函するってのが一般的です。相手をビビらせたかったら法律関係の時によく使われる「内容証明郵便」を使う手もあります。何はともあれ、こうやって「意志表示」の証拠を持っていると、相手が何か「しつこく」したり「脅すような事」したりすると、「勘違い」って言い訳はできませんから、消費者センターでも警察でも相談して、叱ってもらえば良いわけです。

ぷぷ さん 2001年 02月 05日 16時 40分 03秒
   勧誘されている 会社が (株)インターコム  ワールド エクスプレス  なのですが、
 誰か この会社に だまされたとか、成功したとか ないんでしょうか??誰か 書き込みしてください。
 なんか ローンを組ませられていること自体に不信に思う反面、代理店の権利をえるので 50万円の出資は当たり前なのかもなど 思ってしまいます。 やってみたいような感じもするので 大変迷っています。が、今の私には50万円がもしだまされているとすれば 大金です。ローンを36回で払い終えると、最終的には70万円支払いになります。 クレジット会社も関わっているので大変困っています。。1人の問題ではなくなりそうですし。
七人の侍 さん 2001年 02月 05日 22時 14分 51秒
年齢:20代
会社名: インターコム ワールドエクスプレス

ぷぷさんへ

前にも書きましたが、迷っているならやはり最寄の消費生活センターに相談するべきだと思います。
業者の対応に不安を感じているのなら尚更です。

主なセンターは
http://www.kokusen.go.jp/soudan/map/index.html
で探すことができます。

トラブルは早期解決が一番です。
また、契約するにしても、センターの相談員のアドバイスは聞いておいて損はないはずです。
ぷぷ さん 2001年 02月 08日 10時 39分 48秒
 「ものつくり屋さん七人の侍さん」ありがとう。
 5日の日に近所の消費者センターにいき解約の手順を教わり、文書で断りの通知をだしました。やっぱりそういった類の電話での勧誘はのらないほうが無難だし、ちらしくばりをしただけでお金が入るっていう仕組みはおかしいといわれました。幸いにも無条件で8日以内は解約できるとその会社からの契約書に書いてあったため
大丈夫だろうとセンターの人にも言われました。一応念のためクレジット会社にも借り入れはしないと通知を出しました。が、電話はいまだかかってきます。昼間にかかってくるので、おじいちゃんが受け取りますが・・私は出る気がないし。仕事をしているので帰宅後に「今日も知らないところから電話があった」って言われます。
まだ向こうから電話がくるうちは解約がなされていないか大変不安です・・・