マルチ&悪徳商法SOS−FILE   http://www.sos-file.com/
株式会社エスコ
(株)ユニヴァ・キャピタル・ジャパン
備     考 キーワード
株式会社エスコ / ヒロシ
http://www.esco-bb.jp/

同名の会社があるので要注意。

問題にしたいのは「独立開業支援」。
http://www.esco-bb.jp/independence_index.html

私の友人がまんまと引っ掛かった。94500円の研修費用で独立できると思いきや、その後、正規代理店となるためには、100万円を支払わなければならない。

「各都道府県の代理店の数に上限がある」と言いながら、その実態は、次々と代理店が増えている。

代理店になってからも何のフォローもなく、事実上、代理店商法となっている。資金集めが目的と思われる。
No.6517 2006/07/20(Thu) 11:00
株式会社エスコ / 雷おこし
エスコ公式サイト http://www.esco-bb.jp/
独立開業支援 http://www.esco-bb.jp/business.html
2ちゃんねる http://society6.2ch.net/test/read.cgi/atom/1106471871/l50

○完全な代理店商法である。研修は、初回94500円、2回目100万円が必要。

○「あなたが住む県の枠は、あと一つしかありません」と言うのが常套手段。

○研修では言葉巧みに、うまい話があるようにリードしているが、フォローは一切ない。

○本社の社員が次々と辞めている。

○取締役ですら辞めている。

○電気料金が改定されても、加盟店が使っているソフトはそのまま放置されているので、正確な計算ができない。

○ESCO事業を謳っているが、実際はメニュー変更による電気料金の削減であって、環境問題には何ら貢献していない。

○数多くのサービスが紹介されているが、殆ど実績がないため本社の人間でもサービス内容を知らない。

○代理店となった人が提訴をし、返金してもらった例もあるようだ。

○全国各地に数多くの加盟店があるようだが、実際に食えている人は5%もいないはず。

○一度、加盟店になると、その後連絡が来なくなる。

○加盟店のホームページが次々と閉鎖している。転職したものと予想される。
No.12553 2008/06/10(Tue) 14:28
(株)エスコ / 紫の炎 HomePage
既に紹介されている(株)エスコですが、(株)ユニヴァ・キャピタル・ジャパンという社名に変更しています。URLはそのままです。ご確認いただければ幸いです。
No.15765 2010/02/07(Sun) 22:00


Re: (株)エスコ / 紫の炎

尚、社名変更したことを知らない代理店の人々も多数いる模様。
No.15767 2010/02/07(Sun) 22:04
株式会社ユニヴァ・キャピ... / サーバー管理者
はじめまして。
実は、私、この「苦情の坩堝」のサイト主旨に共感し、自分がレンタル(有料)しているサーバースペースの一部をこのサイトの為に提供している者です。
今回、このサイトの存続にも関わる事情があり、期限が迫っていることから、サイト管理者の幸村様からのお返事を待たずにこちらへ「公開質問状」という形で投稿させて頂きます。

一昨日、このサイトのコンテンツをアップしているレンタルサーバー会社より、顧客である私のところへ、以下の内容のメールが届きました。(私の個人情報に関する部分は伏せてあります)

■ご連絡日 [2011/03/03]

 会員ID :********
 お客様名:■■■■ 様

 平素は弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。
 さくらインターネットabuse対策チームの林と申します。

 ご利用の弊社サービス「さくらのレンタルサーバ(********.sakura.ne.jp)」
で運用されておりますコンテンツに対し、送信防止措置依頼の申し立てがございました
のでご連絡いたします。

以下、申し立て内容となりますのでご確認ください。
------------------------------------------------------------
【掲載されている場所】
URL:http://www.sos-file.com/sossos/e_esco-bb.htm

【掲載されている情報】
(1)94500円の研修費用で独立できると思いきや、その後、正規代理店となるため
には、100万円を支払わなければならない。
(2)○一度、加盟店になると、その後連絡が来なくなる。
(3)○研修では言葉巧みに、うまい話があるようにリードしているが、フォロー
は一切ない。

【侵害されたとする権利】
名誉棄損、営業妨害

【権利が侵害されたとする理由】
(1)事前に契約形態、料金説明は行っており、あたかも弊社が「事前告知なしに
料金を請求している」といった誤認を招いている為
(2)そのような事は一切の事実無根である為
(3)そのような事は一切の事実無根である為

【通知人】
株式会社ユニヴァ・キャピタル・ジャパン
〒106-6035 東京都港区六本木1-6-1泉ガーデンタワー35F
TEL:03-3505-6632
FAX:03-3505-6631
担当:沢田
------------------------------------------------------------
 ■■ 様におかれましては、事実確認の上、コンテンツ管理者として
ご対応いただきますようお願いいたします。

 また、本件におきましては 2011/03/10 正午を対応期限とさせていただきます。
対応期限までに弊社までご連絡くださいますようお願いいたします。

 対応期限までにご連絡が確認できない場合は、対応の意思がないものと判断し弊社にて公開停止措置を取らせていただく場合がございますので、予めご了承願います。


 以上、よろしくお願いいたします。

 不明点・お気づきの点などございましたら、弊社サポートセンターまで
お問い合わせください。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
さくらインターネット株式会社 abuse対策チーム
URL :http://www.sakura.ad.jp/
Email:abuse@sakura.ad.jp
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


この内容に対して、私は以下3つの行動を起こしました。

まず、この「苦情の坩堝」の管理人様に対しては、さくらインターネット株式会社からのメール全文を引用したものを送り、サイトの主旨を理解しているので、私としては削除する意思がないことと、同時に、通知人である株式会社ユニヴァ・キャピタル・ジャパン(以下UCJと略)に対して、内容が事実無根と主張するなら、その旨第三者が納得できるよう反論を投稿するよう促して下さいとお願いするメールを送りました。(3月5日午前1時現在で、残念ながら幸村様からのお返事はありません)

次に、通知人であるUCJ社の担当者に電話し、私としては、幸村様に削除意思がない以上削除する気はないことと、問題の内容が事実でないと主張するなら、その内容を投稿するよう伝えました。
公正に考えて、ここに投稿される内容が全て事実であるという証拠はありません。
UCJ社の説明によっては、投降内容の方が、根拠のない誹謗中傷の類である可能性も確かにあると思うので、ぜひ反論を投稿して欲しいと言いました。
その内容によっては、削除の可能性も有り得るとも伝えました。
それに対してUCJ社の担当者が言うには、問題の代理店募集に関する件は、エスコ(株)が行っていたことで、現在のUCJ社は責任がないといったニュアンスのことでした。
私は、これに対して大変不信感を抱きました。
前社名のエスコとUCJは、創業者も代表者も同じですし、サイトのURLも同じです。
そこで、「そう主張されるなら、そのように投稿して下さい。但し、そんな言い訳が世の中に通用するかどうかは知りませんよ」と言ってやりました。

最後に、さくらインターネット株式会社に以下の内容のメールを返信しました。


さくらインターネット株式会社 
abuse対策チーム 林様

お世話様です。
以下内容のメールを頂きましたので回答させて頂きます。

(中略)

私は、御社に申し立てのあったサイト「苦情の坩堝」を消費者にとって有意義なサイトであると判断し、自身がレンタルしたサーバースペースの一部を無償で提供している者です。
従って、サイト内容及び、投稿内容に関してはいっさい関与しておりません。

しかしながら、投稿内容が、消費者側からの、事実無根の一方的な中傷の可能性も確かに否定できません。
私どもには、それを判断できる材料がありませんし、調査能力もありません。
しかし、「苦情の坩堝」は、消費者側のみでなく、その内容に反論があれば、会社側や、その会社のビジネス参加者も投稿可能となっております。
それらのをこれからこの会社の代理店になることを考えている第三者が読んで、どちらの言うことに理があるのか、有意義な判断材料となるようにと思っております。
「苦情の坩堝」の存在意義は、その部分にあると考えます。

既に、サイト管理者にも、ユニヴァ・キャピタル・ジャパンの担当者とも連絡をとっております。
そして、投稿内容が事実無根なら、きちんと一つ一つ理路整然と反論を書きこんで欲しいと申し上げております。
あとは、両方を読んだ消費者が判断することです。

結論を申し上げますと、サーバースペース提供者としては、「苦情の坩堝」の管理者の希望がない限り、件の内容を削除する気持ちは、全くありません。

以上、ご了解下さい。


これに対して、翌日、さくらから以下の返信が届きました。


 ご連絡いただきありがとうございます。
 さくらインターネットabuse対策チームの林でございます。

(中略)

 弊社サービスをご利用いただくにあたりましては、第三者の名誉もしくは信用を毀損する等の弊社禁止事項に定める行為は行わない形でご利用いただく必要がございます。

 掲示板に書き込まれた内容等、お客様ご自身でご判断いただくことが事が難しいケースもあるかとは存じますが、運営されるコンテンツに対し第三者より寄せられる申し立てにつきましては、真摯にご対応いただきますようお願いいたします。

 尚、お客様よりユニヴァ・キャピタル・ジャパンへ連絡を行われた件に関して申し立て元より、真摯な対応がいただけていない旨の連絡が再度弊社に寄せられました。もし真摯にご対応いただけていない場合、弊社といたしましてはサービスの提供を行う事はいたしかねます。

 お客様におかれましては、本件に関する対応内容について今一度ご検討いただき、本メールの返信にてご回答をいただけますようお願いいたします。


 以上、よろしくお願いいたします。

 不明点・お気づきの点などございましたら、本メール返信にてお問い合わせください。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
さくらインターネット株式会社 abuse対策チーム
URL :http://www.sakura.ad.jp/
Email:abuse@sakura.ad.jp
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


私は、もう一度、UCJの担当者のバカ女と電話で話しましたが、今度は「これは当社とさくらインターネットとの問題」と言って逃げて話になりません。
そこで、さくらに対しては、もう一度以下の内容のメールを送りました。

さくらインターネット株式会社 
abuse対策チーム 林様

私は、十分に誠意のある対応をしたつもりです。

あなたの、ユニヴァ・キャピタル・ジャパンの言い分のみを一方的に支持し、私のサーバーへ不当に制限をかけようという態度は、民主主義社会にあるまじき所業です。
日本はいつから情報規制をする社会になったのですか?

「苦情の坩堝」の情報は、悪徳商法の被害を未然に防げる貴重な情報かもしれないのですよ。

ユニヴァ・キャピタル・ジャパンの担当者には、指摘の箇所が本当に事実無根であるなら、それに対し、一つ一つ反論する投稿をするよう促してます。

それに対して、どちらの言い分に理があるか、第三者への判断材料を提供するのが、「苦情の坩堝」でもあります。

ユニヴァ・キャピタル・ジャパンの担当者は、私との電話の件で、「問題なのは、株式会社エスコが行っていたことをユニヴァ・キャピタル・ジャパンのこととして掲載している点にある」というような内容のことを言っていました。
つまり、「それは社名変更する前の会社がやったことだから、うちには関係ない」というニュアンスでした。
サイトを見ると、エスコとユニヴァ・キャピタル・ジャパンは、同じ代表者が立ち上げた事実上同一の会社です。
同じ業務内容で、同じ代表者なのに、社名変更をするのは悪徳商法の常套手段ですが、もし、それをUCJ社が主張するなら
ば、苦情の坩堝にその内容を投稿するようにも言いました。
そんな言い分が、果たして通じるものか、わかりませんが、それは読んだ人の判断でしょう。

これ以上、メールで時間を割きたくありません。
御社の電話番号がわからないので、連絡がとれませんが、私と話がしたければ、*********へ電話下さい。


さくらの担当からは、まだメールでも電話でも返事がありません。
正直言って、このサーバー内には、私や友人の「苦情の坩堝」と無関係なサイトもあるので、サービスを停止されては困ります。
「苦情の坩堝」のみを、簡単に停止できない海外の専用サーバーあたりへ移すことも可能ですが、昨年移転したばかりで、サーバー移転のような面倒な作業をまたやりたくもありません。
そこで、今回、非常事態ということで、事実関係を確認する為に、苦情を投稿された方とUCJ社双方に対し、公開質問させて頂きます。
期限は、さくらが3月10日と指定してきましたので、9日午前12時までにお願いします。


●ヒロシ様及び雷おこし様へ質問

(1)94500円の研修費用で独立できると思いきや、その後、正規代理店となるためには、100万円を支払わなければならない。

→UCJ社は、事前に説明を行っていると主張していますが、具体的にどのような経緯で100万円の支払いの話になったのですか?

(2)一度、加盟店になると、その後連絡が来なくなる。
→逆にこちらから連絡はできないのですか?


(3)研修では言葉巧みに、うまい話があるようにリードしているが、フォローは一切ない。
→具体的にどのようなフォローがなくて困ったのでしょうか?


●紫の炎様への質問
社名変更したことを知らない代理店の人々も多数いるということが事実としたら、あなたはなぜ知らされていない代理店が多数いることを知っているのですか?


●UCJ社代表者又は担当者へ質問

(1)に対して、事前に契約形態、料金説明は行っているとのことですが、具体的にどの段階で100万円かかることを代理店希望者に伝えているのですか?

(2)の、「一度、加盟店になると、その後連絡が来なくなる。」という投稿に対し、そのような事は一切の事実無根である為としていますが、では、具体的に加盟店に対しどのくらいの頻度で連絡をしているのでしょうか?

(3)の「研修では言葉巧みに、うまい話があるようにリードしているが、フォローは一切ない。」に対しても、そのような事は一切の事実無根である為としていますが、では、具体的に加盟店に対してどのようなフォローをしているのでしょか?

また、今回、重複するものを除いて13項目の指摘がありますが、御社がさくらに通知したのは、そのうちの上記3つです。
ということは、残りの以下10項目に関しては事実と認めるのですか?

・「あなたが住む県の枠は、あと一つしかありません」と言うのが常套手段。
・本社の社員が次々と辞めている。
・取締役ですら辞めている。
・電気料金が改定されても、加盟店が使っているソフトはそのまま放置されているので、正確な計算ができない。
・ESCO事業を謳っているが、実際はメニュー変更による電気料金の削減であって、環境問題には何ら貢献していない。
・数多くのサービスが紹介されているが、殆ど実績がないため本社の人間でもサービス内容を知らない。
・代理店となった人が提訴をし、返金してもらった例もあるようだ。
・全国各地に数多くの加盟店があるようだが、実際に食えている人は5%もいないはず。
・一度、加盟店になると、その後連絡が来なくなる。
・加盟店のホームページが次々と閉鎖している。転職したものと予想される。

以上、苦情を書きこんだ方、書き込まれた企業の方、双方のご回答をお願いします。
特に、企業側は、サービス業である以上、企業責任として、これらの内容について、誠意を持って説明する義務がはるはずです。
よろしくお願い致します。
No.16847 2011/03/05(Sat) 02:15

Re: 株式会社ユニヴァ・キ... / ぶるー

当事者ではありませんが、当サイトに投稿する者として書かせていただきます。

さくらインターネット株式会社の主張は「第三者の名誉棄損が問題」と書かれていますが、基本約款の第5条(禁止事項)、1-Bには以下のように書かれています。

>iii. 当社もしくは第三者を差別もしくは誹謗中傷・侮辱し、当社もしくは第三者への
差別を助長し、またはその名誉もしくは信用を毀損する行為

名誉棄損の要件として「差別」「誹謗中傷」「侮辱」とあり、当該過去ログがどの要件に当たるのか、さくらインターネット社は明らかにする必要があると思います。

また、UCJ社の主張が「社名変更前の会社と今現在の会社は無関係」ということであれば、送信防止措置の事由として挙げられた「事実無根」であろう情報は現在のUCJ社には関係の無い話であり、UCJ社としては「エコス社がUCJ社に社名変更した」かどうかという部分について、削除などを検討すればよい話です。つまり、送信防止措置を依頼するなら、エコス社とUCJ社が一切関係無いということを立証し、その事由を持ってさくらインターネット社に掛け合うべきでしょう。
No.16851 2011/03/06(Sun) 11:55


Re: 株式会社ユニヴァ・キ... / marron

こんにちは。みなさま。

>株式会社ユニヴァ・キャピタル・ジャパン
>〒106-6035 東京都港区六本木1-6-1泉ガーデンタワー35F

どっかで見たことある住所だなって思っていたら、この会社と一緒ですね。
http://www.naturally-plus.co.jp/aboutus/company.html

何か関係あるのかな?と思ったら同じユニヴァ・キャピタル グループなんですね。
http://www.univacap.com/ja/group.html
No.16854 2011/03/07(Mon) 14:25


Re: 株式会社ユニヴァ・キ... / サーバー管理者

皆様
貴重な情報をありがとうございました。
現時点で、投稿者及び企業側いずれからも回答がありませんが、サーバーレンタル元のさくらインターネットと、管理人の幸村様より返信を頂きました。

まず、さくらインターネットとしては、今回の通知に対して、、申し立て元へは削除依頼には同意
しない旨の回答を伝えたとのことです。
ただし、この件で再度通知があれば、また連絡するとのことです。

これはまあ、会社の対応としては、当然ですね。

また、
▼ 約款
http://www.sakura.ad.jp/agreement/
基本約款
第28条
2.利用者が本サービスを利用するにおいて発生した第三者(国内外を問いませ
ん)との紛争に関しては、利用者が自らその責任と費用負担において解決するも
のとし、当社は一切責任を負いません。

つまり、私や幸村さんと、UCJとの間で訴訟問題とかが起きても、さくらはいっさい責任を負わないということです。

これも、当然ですよね。


一番肝心なのは、幸村さんからのご連絡によると、UCJは、事前にサイト管理者である幸村さんへは、削除要請の連絡はなく、いきなりレンタルサーバー会社であるさくらインターネットに対してプロバイダー制限法を持ちだして、通知を行ったとのことが判明しました。

ナチュプラの関連会社なら、このサイトの性格をよくご存じだと思いますので、管理人に要請しても無駄、削除したとしても経緯を完全公開されては同じ、と踏んだものと思われます。

レンタルサーバー会社に通知すれば、何とかなると思っていた浅はかさが笑えます。

あと可能性があるとすれば、管理人さんや私を名誉棄損で訴えるという方向ですが、ナチュプラの関連会社となれば「叩けば埃の出る」身でしょうから、わざわざ問題を世間に晒すような愚行を犯すか見ものです。

引き続き、公開質問の回答をお待ちします。
No.16855 2011/03/07(Mon) 19:39
Re: 株式会社ユニヴァ・キ... / サーバー管理者

双方からまだ回答がありませんが、期限後も引きつ続きこの公開質問を続けます。
気付いた時で結構ですので、ご回答下さい。

このログも書き込みもそれに寄せられたご意見・情報も全て過去ログとして、UCJのHTMLファイルに書き加えられることになるでしょう。

結局この数日間のやり取りの成果はなんだったのでしょうか?
UCPというナチュプラの関連会社が、自ら墓穴を掘り、世間に悪いイメージを広めただけのように思えます。
こんなことをして余計傷口を広げるなら、何もぜず黙っていた方が、まだよかったのではないでしょうか。
No.16863 2011/03/09(Wed) 11:38


Re: 株式会社ユニヴァ・キ... / marron

こんにちは。みなさま。

>ユニヴァ・キャピタル・ジャパンの担当者は、私との電話の件で、「問題なのは、株式会社エスコが行っていたことをユニヴァ・キャピタル・ジャパンのこととして掲載している点にある」というような内容のことを言っていました。

もし、株式会社エスコと株式会社ユニヴァ・キャピタル・ジャパンが別の会社であるなら確かにそれは問題ですよね。

だから確かめてみました。

登記情報提供サービス
http://www1.touki.or.jp/gateway.html

ここ↑で閉鎖登記簿閲覧してみました。
会社法人等番号1300−01−026387です。

株式会社エスコが平成21年6月1日に商号変更し、株式会社ユニヴァ・キャピタル・ジャパンとなっています。つまり、同じ会社、同一法人ですね。
会社担当者が問題だと言っていることの意味がわからないですね。

ちなみに、どうして現在の登記簿ではなくて閉鎖登記簿なのか説明しておきますね。
現在この会社は上にも書きましたように東京に本店があります。でも、商号変更したのは平成21年で京都市中京区に本店があった頃です。だから現在の東京の登記簿を閲覧しても、それ以前の変更事項は出てこないのです。だから京都での閉鎖登記簿を閲覧したわけです。

商号変更した会社と言えば、松下電器電気産業株式会社がパナソニック株式会社に商号変更したことは有名ですよね。

約20年前の松下電器産業時代に製造販売した石油ストーブが死亡事故になるおそれがあるからといって現在もこのようなページがあります。
http://panasonic.co.jp/
少し前まではテレビでもよく見ましたよね。

商号変更前の松下電器産業のやったことは現在のパナソニックのやったことですからね。
これがまっとうな会社の態度だと思いますね。
No.16866 2011/03/10(Thu) 15:42