マルチ&悪徳商法SOS−FILE   http://www.sos-file.com/
(株)バークレイ 備     考 キーワード 苦情件数
mariko88 さん 2002年 09月 14日 23時 56分 50秒
年齢:20代
会社名:潟oークレイ

旅行業務取り扱い主任者の資格を取ってから始まるビジネスです。
先週電話で勧誘されて、書類を郵送してもらい後日解約しようとしました。
そしたら先方に「解約できませんよ。もし解約するならご両親に責任取ってもらいます。連絡先教えてください」って脅迫みたいにいわれました。
かなり、恐いです。
そして、最初の電話の時にバカなことに勤務先の名前(チェーン店だけど)教えたんですよ、電話番号は教えてないけど。そしたら勤務先に電話があって・・・。しかも毎日。
仕事が決まったばかりだからかなり恐いです。クビになるんじゃないかな、なんて思ってしまって・・・。
届いた書類もテキストの売買契約書とローンの申込書の2枚のみ。そのときにかなりやばいって思いました。遅いけど。
とりあえず、クーリングオフ期間内に契約解除通知を送りました。向こうに届いた後、やっぱり嫌がらせのように勤務先に電話があるんでしょうか?自宅や携帯ならいいんだけど勤務先だけはどうも・・・。
かなり、落ち込んでます。どなたか良い回避法知ってませんか?
雪兎 さん 2002年 09月 15日 00時 05分 46秒
mariko88さんへ

 クーリングオフの書面を出した以上、既に契約は撤回されているわけです。クーリングオフを妨げる
ための威迫・困惑行為は犯罪です(2年以下の懲役または300万円以下の罰金)。

 警察署の生活安全課に相談して、その業者に警察官に電話をしてもらう事をお勧めします。
mariko88 さん 2002年 09月 15日 00時 36分 47秒
雪兎さんへ

ありがとうございます。

もし、勤務先に嫌がらせなどがあればきちんと警察署にいって相談してみます。
まだ起こった事でもないのですが、やはり、真っ暗闇な場所を手探りで歩いてるようなもので自分の国の法律なのに何も知らなくて、凄く恐い気持ちで一杯でした。
自分の情報が何処でどう流れてるのかわからないと、今回改めて感じました。

チョコ さん 2002年 09月 18日 13時 18分 02秒
年齢:
会社名:トータルキャリアアカデミー
「トータルキャリアアカデミー 」というところをご存知の方、情報を下さい。今日、電話があり、最終的には、旅行主任者資格をとってもらい、旅行に関する書類を作成する仕事が在宅でできるというものでした。今まで似たような電話がよくかかってきていたので、またか!と思いましたが、話を聞いていると今までのところとはちょっと違っていました。いわゆる資格を取るための費用は一切いらないというのです。「国際旅行業務推進事業団」に登録しているのでそこが、指導料など全部負担しているから費用はかからないのだそうです。それで資格を取るまでの間はインターネットの旅行代理店を通して、旅行する人をチラシや口コミで勧誘し、月2〜3万の収入を取りながら勉強するのだそうです。それでも私は用心深く、「説明してくれた内容を書面で確認した上で検討したい」といいましたら「そういうものは出していない。これは間違いのない事実だから、仕事をしてくれる人には、話したことを書いた規約書をお送りしている」という答えでした。私が再度しつこく「もし、何らかの事情で仕事ができなくなった場合は、解約できますか?」と聞きましたら「その時は休めばいいです。解約する人はいません。」という答えでした。結局私がしつこいので「やってもらわなくていいです」と電話を切られてしまいましたが、話にのらなくて正解だったのでしょうか。会社の場所は名古屋市の(株)バークレイの中にあるそうです。
mismini さん 2002年 09月 18日 13時 36分 49秒
チョコさんへ

トータルキャリアアカデミーについては知りませんが、
こちら(資格商法の中)に、

http://mujina1.fc2web.com/

名古屋市のバークレイの名前はあがっています。
また、こちら

http://www.makani.to/akutoku/bbs/qa/pslg26218.html

http://www.makani.to/akutoku/bbs/qa/pslg51945.html

などでも似たような状況になっているようです。

話にのらなくて正解でしょう。
多分役立たず さん (att460@hotmail.com) 2002年 09月 18日 20時 41分 27秒
年齢:
会社名: 旅行業務取扱主任者

 上記資格を持ちかける資格商法(というより 業務提供誘引販売取引)をたまに見掛けますので、旅行業法を読んでみました。

 仕事は、旅行業務に関して、取引条件の説明、書面の交付その他取引の公正を確保するため必要な国土交通省令で定める事項についての「管理及び監督」を行うこと.....

 旅行業務取扱主任者にならなくても旅行業務を行うのに何ら支障がないようです。しかも、各営業所に最低1人、管理監督のために置く必要があるだけ。主任者であることは、在宅では全く役に立ちません。

試験は、国内限定の「国内旅行業務取扱主任者試験」と、国際旅行も取り扱える「一般旅行業務取扱主任者試験」の2種類有ります。この試験に受からなければ、旅行業務取扱主任者になれないという資格でした。

調べていたら、下記の投稿がありました。
http://www.makani.to/akutoku/bbs/qa/pslg45332.html#45339
業界関係者の方が詳しく解説してくれています。

試験については、http://ippan.net/が詳しいそうです。
このホームページのhttp://ippan.net/ex.htmで、旅行業務取扱主任者試験について詳しく解説しています。
>ただ、最近目立つのがこの資格を持っていなくては旅行の仕事ができないと思っている人が多いことです。
>この資格は免許ではないので、もちろんそんなことはありません。

余談
 上記ホームページによれば、旅行業務取扱主任者になるためには、試験に受かるだけでなく、旅行業者に勤めて主任者として選任される必要があるそうです。
多分役立たず さん (att460@hotmail.com) 2002年 09月 18日 21時 00分 34秒
年齢:
会社名: 国際旅行業務推進事業団

ホームページはhttp://www.itpa.jp/でした。

Googleのキャッシュで見ることが出来ます。
http://216.239.33.100/search?q=cache:UIMixsjYadIC:www.itpa.jp/+%22%2Bwww.itpa.jp/%22&hl=ja&ie=UTF-8
http://216.239.33.100/search?q=cache:phsOxvTZ8Q0C:www.itpa.jp/contents/support.html+%22%2Bwww.itpa.jp/%22&hl=ja&ie=UTF-8

感想は、書く気にならないので省略します。

(株)バークレイが設立した団体でしょう。(登記まで行っているかな?)登記もせずに事業団を名乗る民間団体があるそうですので。(国際文化推進事業団等)