マルチ&悪徳商法SOS−FILE   http://www.sos-file.com/
文芸社 備     考 キーワード 苦情件数
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-10-1
http://www.bungeisha.co.jp/kaisha/gaiyou.php
1
心配です さん 2003年 09月 22日 10時 23分 00秒
年齢:
会社名:出版社(社名不明)
友人の母の話です。以前から小説やマンガなどを趣味で書いていたのですが、雑誌で見つけた懸賞に小説を応募してみた所、「おめでとうございます。素晴らしい内容でした!」と電報が届いたそうです。しかし、その出版社によると、「うちから本を出す企画出版は出来ないし、うちと貴方でお金を出し合う共同出版も出来ないが、自費出版なら出来るので本を出してみませんか?」と言う話しだったそうです。友人の母はかなり舞上っている様子で「やっと私を理解してくれる人が出来た」と喜んでいるようです。自費出版にかかる金額は300万円とのこと。出来た本は、全国にある書店に1冊ずつ置いてもらう契約をしている。ドラマ化されればお金が入ってくるなど、甘い事を言って友人の母は、その気になっている様です。友人はその小説を読んだらしいのですが、とても売れるような内容ではなく、ましてやドラマ化などありえないと説得した所、「あなたには解らない!プロの人が読んで誉めてくれるのだから間違いない!」と怒り狂い、一方的に電話も切られる様になっています。素晴らしい作品なら、出版社がお金を出して本を出してくれるはずですし、ドラマ化も期待されるような内容なら
なおさら自費出版を勧めるでしょうか?全国の書店に1冊ずつ置いてもらう契約なんてあるんでしょうか?私にはだまされているとしか思えません。友人には自費出版の資金を投資して欲しいと言ってるようですが、断ったので、借金までして出版しないかと不安なようです。最近そのお母さんはリストラになり、退職金をつぎ込み契約をしたと聞き、びっくりして消費者センターに相談に行った所、「本人が被害に遭ったという自覚が無ければ
どうしようもない。」と言われたそうです。親子の仲は険悪になり、出版社の名前も教えてもらえないらしく、判っているのは「東京の新宿1丁目にある出版社」だけです。どなたかこんな話しを聞いたり、実際に体験した方はいませんか?出版のことを御存知の方がいらっしゃいましたら、何か教えて頂ければと思います。
sala さん 2003年 09月 22日 12時 31分 15秒
心配です さん へ

私も某出版社に一度応募した事があります。
「選考には漏れましたが、自費出版と言う形もあります。費用は100万円です」
と言う感じの手紙と、担当者の名刺を受け取りました。
私は、何回か所々で下っ端の賞はいただいた事はあるのですけれど。

その時、私が自分なりに考えて思った事は・・・。

・無名で章を取った事もない人の本を誰が買うか。
・誰が宣伝してくれる訳でもないから知名度を上げる事は無理
・100万円出しても、薄い本なのに1冊当たりの単価は高い(発行部数が少ないから)から、尚更一般の人は絶対に買わない

よく冷静に考えれば解かると思います。
そもそも、出版社の人=文章のプロではないんですよね。
自費出版は会社の単なる儲けです。

全国の書店に1冊ずつ置いてもらう契約?
全国に書店が何万店あると思ってるんでしょうか。
300万円じゃ、とても無理ですよね。

本当に作家を目指すなら、賞を沢山取って知名度を上げ、
「○○大賞受賞作品!!」くらいの肩書きで出版されなければ意味はないですよ。
心配です さん 2003年 09月 22日 15時 37分 15秒
年齢:
会社名:
Salaさんへ
早いレスありがとうございました。やはりおっしゃるとおりだと思います。矛盾点は沢山あるのですが、なにしろ本人が舞上がっている状態なので、聞く耳を持ってくれません。本になることが嬉しいという気持ちも理解できますが・・・。お金で夢を買っている自覚があるのならまだしも、ドラマ化や印税で食べて行けるような幻想を抱かせるようなセールストークは騙していることにならないのでしょうか?今一番心配なのは、お金だけ払ったあと、本は出なかった。ということになったらどうしよう!という事です。Salaさんは100万円で自費出版を勧められたとの由ですが、その金額で何冊ほど出版できるなど聞きませんでしたか?教えていただけるとあり難いです。
sala さん 2003年 09月 22日 16時 15分 16秒
心配です さん へ

100万円で100冊〜150冊くらいだったと思います。

活版印刷は、量産する程割安なので、
単純に掛け算はできないですけれど・・・。

300万も取るのはどうも悪徳な気がしますよ。
売れるか解からない本を、そんなに量産させる訳が無いですから。

色々探してみたら、次のようなページも見つけました。
参考になると思います。

自費出版について
http://www.mao22.com/02.html

自費出版ガイド
http://www.jihishuppan.com/
SeguAnqi さん 2003年 09月 22日 19時 37分 39秒
salaさん、心配ですさん
ちょっと横槍かもしれませんが失礼します。

salaさんの教えて下さった自費出版ガイド、本当にためになるサイトですね。
心配ですさんの友人にも、教えてあげてはいかがでしょうか。
確かに詳しい話をしない担当というのは、低質かもしれないですが悪徳と判断するには早い気がします。

見たところ、自費出版の業者にも善し悪しがあるようで一概に悪徳とも言えないようです。
単純に費用を見ても、自費出版(協力出版)と個人出版では部数や経費に違いがありすぎて、
比べようもありません。
ですから伝え聞きの情報で判断して闇雲に止めるのではなく、
友人やそのお母さんに善し悪しを判断する情報を教えてあげるほうが、よっぽど助けになるのではないでしょうか。

お母さんに対してもただ辞めるように説得するより、共に考えていく姿勢の方が聞く耳を持つはずです。
出版とはどんなことか、どんなことにお金がかかるかなど、勉強し相談し合うことの方が大切だと思います。
ご友人とその家庭が幸せになれるよう、心配してあげてくださいね。
本好き さん 2003年 09月 23日 08時 06分 02秒
みなさま、はじめまして。
時々ROMさせていただいている者です。投稿ははじめてです。

心配です さんへ

> 出版社の名前も教えてもらえないらしく、
> 判っているのは「東京の新宿1丁目にある出版社」だけです。

文芸社という名前の会社ではないでしょうか?

株式会社 文芸社
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-10-1
http://www.bungeisha.co.jp/kaisha/gaiyou.php

> どなたかこんな話しを聞いたり、実際に体験した方はいませんか?

もしこの会社ならば「文芸社 自費出版」で検索すると情報あると思いますよ。
例えば、
http://www.mybookjapan.com/bknumber/mybook104.txt
http://kari.to/bbs/s3016/
http://www.alpha-line.co.jp/cgi-bin/mbc21/topics_list.cgi#20

推測ですけれど、原稿を見て「すばらしい!」と言ってる社員さんって
きっと営業マンですよ。編集者ではなく。
心配です さんのおっしゃる通り、「ドラマ化される」ような話なら、
「売れる」と確信できたということなので商業出版にするでしょうね。
その方が会社のもうけが大きくなりますから。

お友達のお母様が冷静になられることをお祈りします。
書籍の流通について調べてみると目がさめるかもしれません。
(ネットで検索すれば全体的な仕組みはわかると思いますよ。)
白星 さん 2003年 09月 23日 23時 34分 19秒
年齢:40代
会社名: 文芸社

文芸社ってほとんどの人が知らない出版社ですね。
実は、出版点数は昨年、講談社に次いで業界第2位なんです。
でも、自費出版のつまらない本ばかりなので全然売れてない。
ROMばかり さん 2003年 09月 24日 20時 34分 11秒
年齢:
会社名: 文芸社

文芸社といえば、「たま出版」の子会社のようですね、正確なところまでは知りませんが。
「たま出版」といえば、かの「と学会」に最も期待されている出版社、といえば信頼性は自ずと明らかでしょう。
心配です さん 2003年 09月 29日 15時 03分 20秒
年齢:
会社名:文芸社
salaさんをはじめ、沢山の方からの情報を頂きありがとうございました。その後、会社名が判りましたので御報告します。やはり、文芸社でした。友人には、教えていただいたホームページ、掲示板をプリントアウトして見せました。お母さんにも見せてみるとのことです。どうなるかは判りませんが、お母さんが冷静な判断をしてくれる事を友人とともに祈っています。本当にありがとうございました。