マルチ&悪徳商法SOS−FILE   http://www.sos-file.com/
ピュアエッセンス 備     考 キーワード 苦情件数
1
やそ さん (yasotyan@ybb.ne.jp) 2004年 03月 28日 09時 57分 48秒
年齢:33
会社名: ピュアエッセンス
>>新潟市のやそです。
>上大川前7番町のエステサロン「ピュアエッセンス」ははっきり言って詐欺です。古町界隈でかわいい女の子たちが「無料」「50%オフ」のチラシをくばってますけど、いざ店に行くと、いきなり、30万円以上するエステ器具セットや矯正下着を売りつけられますよ。(+_+)私もチラシ配りのバイトをしていて、「お世話になってるから」と思って、安い値段のエステサービスかと思って彼女を紹介したら、いきなりそんな脅迫紛いのセールストークをマネージャーの佐藤益直が密室で始めやがって、僕はこの店がこんな商品を売ってるのは初めてしらされ、二人で騙された(*_*)!って感じでした。
> それにバイトの扱いも、労働基準法全く無視して、カバチタレ!1巻にある、悪徳経営者ですよ・・・・!!!(@_@)
>以下は私が出した通告書のコピーです。

通告書
         
> 通告人・は被通告人・ピュアエッセンスマネージャー佐藤益直に対して次の通り請求する。
> なお、本書到着後3日以内に左記金員の支払いが無い場合には、労働基準監督署に通報し、かつ、簡易裁判所に対し提訴する旨、併せて通告する。
> 被通告人・ピュアエッセンスマネージャー佐藤益直は、通告人・八十嶋勇浩が3月24日まで、同店の商品の中に30万円以上するエステ器具一式や矯正下着一式があることを隠し、通告人の婚約者である平田令子に対し、詐欺紛いの不当なセールスを行い、不快な感情を与えた。さらに、通告人が特定調停を行い、債務を抱え、うつ病で貧困に喘いでいることを履歴書を通して知り、通告人の父が集中治療室で危篤状態であることを知り、同日午後2時頃、通告人が携帯電話の料金が支払えないために通話サービスを停止されたこと、さらに所持金が五百円に満たないことを知りながらも、上新栄町地区でマーケティングを行うよう指示を与え、通告人が、午後十時まで、マーケティングを行い、なお且つ徒歩で古町7番町まで戻り、そこでさらにマーケティングを良心的に行い、その後、市会議員佐藤憲氏に
>精神障害者支援のNPO設立に関する相談を午前3時までしていたこと、さらに3月25日午前に通告人の父八十嶋卓弥の病状が悪化したために、なおかつ電話連絡する所持金がなかったことを確かめる間もなく電話で即日解雇を通告した。
> これは、労働基準法第20条の解雇の予告規定に違反している。また、解雇予定金を支払っていない。
> よって、3月22日より30日間の給与800円掛ける72時間分、5万7千6百円を本書到着後3日以内に、さらに通告者の配布したチラシにより来店した顧客一人当たり千円を4月21日までに請求する。
                     
>新潟市 通告人
>新潟市上大川前7番町1237の4番地北越ビル3F
>被通告人 ピュアエッセンスマネージャー
>佐藤益直 殿