マルチ&悪徳商法SOS−FILE   http://www.sos-file.com/
ピュアヴァージョン 備     考 キーワード 苦情件数
クァンタム 2
えぁ さん 2003年 11月 17日 20時 16分 49秒
年齢:20代後半
会社名:ピュアヴァージョンCo.,LTD(総販売元)
はじめまして。数日前、母がMeV-QXという製品を購入してきました。クァンタムというエネルギーが増幅する器械です。製造元は日本フラワーシステム株式会社です。
色々検索してみたのですが、怪しいものはヒットしませんでした。
どなたかどんな事でも良いので情報を知ってる方がいましたら教えて下さい。よろしくお願い致します
さく さん 2004年 03月 19日 12時 39分 15秒
年齢:50歳前半
会社名:ピュアヴァージョンCo.,LTD
妻がMev-QXと言う商品で、置いておくだけで水が良くなる、病気が治ると言って購入してきました。
内容を見るとマルチ商法みたいな感じでした。製造元は日本フラワーシステムです。
ネットで検索を試みたりするのですがヒットしません。妻は信じ込みすぎて異常です。
どう考えてみてもいんちきな商品に見えます。どなたか情報を下さい。
ぶるー さん 2004年 03月 19日 14時 20分 47秒
会社名:ピュアヴァージョンCo.,LTD

>さくさん 初めまして。ぶるーと申します。

検索してみたところ、これが見つかりました。↓
http://www.hanacore.co.jp/mev_qx/mev_qx_main.htm

解説文を読む限り、「解説といえるのか?」といった感じの
トンデモ話のオンパレードですね。
少なくとも、病気が治る等という時点で薬事法違反です。
そもそも、この商品が何で出来ていて、どういった理屈で
何を出すのか、全く書かれていないのでちんぷんかんぷんです。

トップページである 
http://www.hanacore.co.jp/ 
を見たところ、日本フラワーシステムという会社はお花の自動販売機を
作っているようですね。
この自動販売機の解説にもありましたが、Mev-QXの説明にある
「水のクラスターが小さくなる」という(トンデモ)話については
以下が詳しく書かれています。

『水商売ウォッチング』(http://atom11.phys.ocha.ac.jp/wwatch/intro.html)の
管理人、apjさんの「水のクラスター -伝播する誤解-」という文章です↓

http://atom11.phys.ocha.ac.jp/water/water_cluster.html

ピュアバージョンという会社については分からなかったのですが、
どのあたりが「マルチ商法みたい」と感じられましたか?
さく さん 2004年 03月 22日 23時 31分 52秒
年齢:50歳前半
会社名:ピュアバージョンCO.,LTD
ぶるーさんへ
3月19日に少ない貴重な情報ありがとうございました。仕事が忙しく返事遅くなり申し訳ありません。
Mev-QXとは、可視光線とやらを照射か放射するそうです。その商品の中に何の物質が入っているのか分かりません。説明文ではその物質はアメリカで特許をとっているらしいですが、特許番号などの記載は一切ありませんでした。私自身が詳しくなく分かりにくい所があるかと思いますが、ご意見ありがとうございました。
また何かあれば、よろしくお願い致します。
ルイス さん 2004年 03月 23日 00時 22分 57秒
さくさん
> Mev-QXとは、可視光線とやらを照射か放射するそうです

そんな装置はどこにでもありますよ。可視光線とは、私たちが普通に「光」と認識している光線のことです。すなわちありふれた電球から「可視光線」はいつでも照射されています。その「特許」についてはエジソンさんにでもお尋ねください

いくつかMev-QX関連のページを見ましたが、「紫外線などのような有害な可視光線も存在」「可視光線は育成エネルギーともいわれ極めて重要」などといった、意味不明の文章のオンパレードです。これは科学というよりはオカルト、まじないの分野のように感じました
TM さん 2004年 03月 23日 10時 40分 33秒
>Mev-QX
ぱっと見て「ヒランヤ」「ピラミッドパワー」あたりとほとんど同一だと判断したのでスルーしてましたが、今見たらリニューアル中とかで説明文消えてますね・・・・・

特許に関しては、あの説明通りの「効果」で取得することは無理でしょう。特許法には取得できない特許についての記載もあるのですが、その中の「自然科学に反する」に該当します。
組成物/製法での特許取得は可能だと思いますが、これは効果を保証しません。

また、「特許取得」という記載は、実際に特許を取得していない状況(出願中、審査中も含む)では行ってはいけないことになっています。すなわち、この記載があるならば特許番号を言えるはずなんですね。上述の通り、特許により「効果」が保証されていることはありえないと思われますので、このあたりから攻めれば突き崩せるかもしれません。
ピュアヴァージョンCo.,LTD   投稿者名:えす

Mev-QX
調べて分かったことを報告します。石川先生はNASAにいません。
特許もなし、実用新案が有りますが未請求で期限切れです。
また、最大の関心事の本質ですがエネルギーの正体はヒドロキシラジカルです。簡単にいうとマイナスイオン発生器の様なものです。
NASAはつてが無いと調査しにくいと思いますが、特許の検索はインターネットで出来ます。原価は数万位でしょう。中身より、ケースに金掛けてます。もっとエネルギーの大きいものが原価1000円しないで作れます。
カンタムはマイナスイオン発生器として考えれば値段が高いことを除けばそんなに悪い物では有りません。効果は有ります。がエネルギーが弱すぎます(副作用が出ないため)ヒドロキシラジカルだから原子に作用はしてるから嘘じゃないけどこの言葉を絶対に使わないのは正体がばれるので謎のエネルギーにしておきたい意図が見えます。買ってしまった人はせいぜい使いましょう。やはり水を活性化して使うのが一番効率的です。

番号:1404 (219.29.128.101) 10月12日23時26分(火)