マルチ&悪徳商法SOS−FILE   http://www.sos-file.com/
華信(カーマスカット) 備     考 キーワード 苦情件数
1
ムジナ さん 2003年 01月 29日 22時 43分 44秒
会社名: 華信(カーマスカット)

日本が破たんするから海外へ投資するといって金を集めていた
中古車販売業の華信(店舗名カーマスカット)が捜査されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030129-00001083-mai-soci
毎日新聞 1月29日

<出資法違反>中古車業者「日本経済破たんの日」と会員あおる

 千葉県警生活経済課は29日午前、コンゴ民主共和国との合弁事業への出資金名目で全国約5000人の会員から約100億円を集めていた中古車販売仲介業者「華信(かしん)」(大橋利一郎会長)について、出資法違反(預かり金の禁止)容疑で本社(東京都中央区)など約20カ所の家宅捜索を始めた。同社は「日本経済破たんの日」を“予言”して会員らの危機感をあおり、全財産を出させたり金融機関から借り入れさせるなど、不況下の不安につけ込んだ洗脳的手法で出資させていたことが関係者の話で分かった。

 関係者によると、華信は01年秋、同年末を「破たんの日」としてメールなどで会員に通知。資産を円からドルに替えて投資するよう呼びかけた。その後“Xデー”を次々とずらし「報道規制のため、国民がショックを受けない程度の情報しか流れていない」と説明。会員を信用させるため「元日銀職員」と称する男性の講演会を開いたり、「会員大会」で壇上に約5億円の札束を山積みにして会員一人一人に「配当金」を手渡すセレモニーなどをしていた。

 昨春ごろからは、「日本経済の破たん前にできるだけ金を借り、大橋会長に預けよう」と会員に呼び掛け、会社設立を偽装してベンチャー企業支援窓口のある金融機関から融資を受ける方法や住宅ローンでの簡単な借り入れ方法などを指南し、借入金を出資するよう促していたという。

 華信は、コンゴ政府と合弁で資源開発する「コンゴ開発株式会社」と「コンゴ・ファイナンシャル銀行」を設立するとうたっているが、在日コンゴ大使館は「合弁会社については聞いたことがない」としている。

 同社は97年3月、健康食品輸入会社として設立。グループ企業6社を傘下に置き、98年10月ごろからインターネットオークションなどで中古車を販売する「カーマスカット」事業を展開している。
ムジナ さん 2003年 01月 30日 21時 21分 27秒
会社名: 華信(カーマスカット)

こいつらは最低な人間というか、良く平気で死者にムチ打つようなことが出来るの。

http://www.yomiuri.co.jp/04/20030130ic01.htm
読売新聞 1月30日

コンゴ投資「華信」、出資者を海外で働かせる

 アフリカのコンゴ民主共和国などへの投資話で巨額の資金を集め、出資法違反容疑で千葉県警の捜索を受けた中古車販売会社「華信」=大橋利一郎会長(50)=が、出資者を同社やグループ企業が展開する中古車販売や輸出事業で働かせるなど、労働力としても活用していたことが29日、分かった。輸出事業に従事していた長野県の男性出資者(30)は今月中旬、タンザニアで脳性マラリアに感染して死亡、補償を巡る問題も生じている。関係者によると、同社は「カーマスカット事業」と銘打った特約店方式で中古車販売を展開。特約店は少なくとも1都7県の14か所にあるという。同社は投資話を持ち掛ける一方で、「事業の利益を還元する」と出資者の一部を勧誘、業務に従事させていた。

 死亡した男性は昨年1―2月に400万円を出資。昨年4月、輸出用の中古車750台を同社所有の船に乗せ、茨城県の鹿島港から出資者10人と共に出航した。タンザニアでは、中古車をコンゴに運送する仕事を担当していたという。しかし、今月3日に倒れ、ケニア・ナイロビ市内の病院で18日に死亡した。男性は予防薬を服用していなかった上、海外旅行保険にも加入していなかった。

 遺族は補償を要求しているが、同社は「出資者は独立事業主という位置付けで、予防薬の服用は自己責任。保険は、担当者が現金を持ち逃げした」と説明、補償を拒否しているという。