マルチ&悪徳商法SOS−FILE   http://www.sos-file.com/
カインドリー
ゲートネットワーク
備     考 キーワード 苦情件数
3
ネットワークはやだ さん (apaoaiau@hotmail.com) 2002年 03月 01日 18時 00分 57秒
年齢:21

1月20日にオープンしたばかりの会社なのですが、僕がこの会社のビジネスに参加したのは、1月20日より前の段階でABCをうたれて聞いていました!!一応すげーなーとはおもいつつビジネスに参加したのですが、いざ参加してみると、ABCで聞いていて内容と違う点がいくつもありました!!例えば、この会社の商材の一部が出なかったりしたものがありました!!消費者センターなどに相談したところ、ABCで言われたことと現在の状況が違うこと・ABCで断定的なことを言っていることなどにより、はじめに払った金が返ってくると言われました!!しかし僕は、金が返ってくる可能性は少ないんじゃないかなと思っています!!どなたか消費者契約法についてくわしい方がいたらなにかいいアドバイスをおねがいします!!
ニシ さん 2002年 09月 10日 05時 02分 33秒
年齢:22歳
会社名:カインドリーゲートネットワーク
グランドオープン前から5月までやっていました。
当初のABCとは本当にかけ離れた内容になってました。
公団プレートの発行もせず、リゾートトラストの変わりに他のリゾートホテルと契約するとか、保険も当初はあったのに結局何も変わらなかった。
2ヶ月ロイヤリティーが引き落としされなかったら、勝手に除名通知が来て、メンバーに復帰する方法もなく、めちゃくちゃ過ぎると思います。(金返せ)
N.F.さん、A.T.さん、K.M.さん3人がメインでやってるんですが、よくもここまで平気な顔でメンバーにセミナーをやってきたな、と思います。
本当に詐欺です。
そういえば、A.T.さんは自分は会社を経営してるから、KGで稼げなくても大丈夫、小遣いレベルって言ってました。
ネットワークは悪くはないけど、やってる人が適当だったら、多くの人に迷惑をかけるだけだと思います。
結局、ビジョンだけのネットワークって、中身の無いマネーゲームにしか見えませんね。
A.T.さんのセミナーも『「1ヶ月で3人見つけなければ、大切な人を殺しますよ」って言われたらできるでしょ。』って脅しにしか聞こえません。
内容がないから、そういう方法しか出来なかったんでしょうね。
会社を経営したり、すごい億ションに住んでてすごい人かも知れないけど、あーいう人間には絶対になりたくないですね。
情報下さい さん 2003年 06月 16日 04時 43分 15秒
会社名: カインドリーゲートネットワーク(KG)
昨年、知人から勧誘を受けました。ショッピングモールの構築がメインで入会金に三口30万円必要と話されました。扱う商材に魅力が持てず、自己消費してもまったくわりに合わないと判断したのでやりませんでした。現在その知人とは疎遠になっております。現在その知人はビジネスに成功した様子はありません。また、最近この会社のHPにもアクセスできなくなりました。
現在この会社はどうなったのでしょう?
ご存知の方、情報下さい。
会社の窓際 さん 2003年 06月 19日 11時 58分 57秒
年齢:26
会社名:カインドリーゲートネットワーク(KG)
情報下さいさんへ。
友人がやってました。下記は昨年春に私が得た情報です。
扱う商材として会員は、
携帯電話取次
(携帯電話を原価近くの値段で取り次ぐことができ、
新規取次ぎの場合には電話会社からバックマージンが出るらしい)
ADSL取次
道路公団プレート取次(一枚取次につき4000円)
各種クレジットカード取次(一枚取次につき4000円)
簡易保険取次
ショッピングモール構築(通販カタログの普及)
ができる。
入会金は一口10万円で三口まで買うことができる。三口だと紹介料が三倍になる。
メインはショッピングモールの構築で通販カタログの普及として、一般住宅に赴きアンケート(Eメールアドレス、住所などの個人情報扱ってほしい商品)を書いてもらって会社側は一枚500円で買いとる。
通販カタログには表紙に芸能人を採用が当時決まっていたらしい。
その内容は保存の利く食品(カップメン、缶ジュースなど)、パソコン、雑貨、衣類などだった。価格はコンビニと同じくらい。もちろん会員になればこれら商品を半値近くで取次ぐことができる。

問題点として、携帯電話取次に関する開拓は素人は難しいであること。カード取次には手間がかる。通販は自己消費でも魅力がないことで紹介料のみでビジネスを展開していたらしい。
関東の工学部系の学生の間で流行したらしいが現在は謎である。

友人は前世代に大流行した、有名外資系マルチ商法の奇跡を信じていたが当時の様な外交的要因(当時、公なアメリカ批判は一部タブーだった。)が働くわけはないので取りあえず無視した。