マルチ&悪徳商法SOS−FILE   http://www.sos-file.com/
金融関係 備     考 キーワード 苦情件数
mismini さん 2002年 05月 13日 14時 16分 22秒
年齢:
会社名:紹介屋、換金屋、整理屋
紹介屋:来店した多重債務者に対して、簡単な審査をし、「残念ながらうちでは貸すことはできないが、他の店に話しをつけてやってもいい。」などと芝居をうち、単に審査の甘い業者を紹介するのが典型的な手口です。
換金屋:買取屋とも呼ばれ、多重債務者にクレジットカードでパソコンなどの換金性の高い家電や宝飾品などの高額品、金券などを購入させ、それらを半額かそれ以下の金額で買い取る業者のことです。目先の返済に追われている多重債務者は、自分の借金が増えているだけだという現実を省みることができません。期日の迫った返済に充てられる現金を受領することができるだけの理由で、換金屋の罠にはまってしまいます。多重債務者から買い取った商品を、ディスカウントショップや金券屋に横流しして多額の利益をあげています。
整理屋:現在、もっとも問題となっているのが、整理屋と呼ばれる悪質業者です。整理屋は、「紹介屋」「換金屋」などから多重債務者を紹介してもらい、来店した多重債務者の債務整理を、高額な手数料を受け取って行なっている業者です。その特徴としては、新聞折り込み広告や電話ボックスのチラシなどで宣伝をしています。
いずれにしても、これまでのイメージを一新させるようなソフトなネーミングを持つ無人契約機の設置を、人気タレントを起用したCMで朝昼晩とテレビで流しつづけている業者は、今や、借金をキャッシングというおしゃれなものに変えてしまいました。そして、業者は、そのソフトなイメージの後ろで、利息制限法という法律をはるかに上回った高金利をとっています。さらに、ダイレクトメールなどあらゆる手段を使って、貸付高を増やすため過剰な融資を行っています。
マルチ商法の支払いが、ほとんど金融業者から借りてきたお金であり、それは借金であることを忘れてはいけません。借りたお金は返さなければならない。それは、マルチ商法で購入した不要品から始まることもあります。紹介屋、換金屋、整理屋まで行ってしまうとおしまいです。
mismini さん 2002年 05月 13日 18時 52分 04秒
年齢:
会社名:名義貸しアルバイト
こんなニュースを見つけました。
■悪徳金融を懲らしめる名義貸しアルバイト(2002/4/21)
京都府警は16日までに無職男性(23)を送検した。調べによると容疑者は「悪徳金融業者を懲らしめるために協力してほしい。金融業者から金を借りたらアルバイト料を渡す。返済は心配ない。」と出会い系サイト等で知り合った大学生らにもちかけ、大学生らが借りたお金を騙し取ったとの事。また、他にも余罪があると見られ、被害総額は2000万円以上にもなるという。