マルチ&悪徳商法SOS−FILE   http://www.sos-file.com/
京都たけうち
たけうちグループ
しゃなり

備     考 キーワード
京都たけうちに代表されるたけうちグループ(はなそふぃあ、まいそふぃあ、などを含む)は、ショッピングセンターなどにテナントとして入っている呉服店ですが、場所によってはいわゆる監禁商法を行っています。

ある店では、年金生活のおばあさんが、ショッピングセンターの外のバス停でバスを待っていると、たけうちの店員から「バス時間までウチの店でお茶を飲んでて」と声をかけられた。バスまでの時間が小一時間あるからとついて行くと、お茶を飲みながら「これ素敵な着物でしょう?」とどんどん着物の話になる。「今、お客様の好みのアンケート取ってるので協力して下さいね。こちら(A商品)とこっち(B商品)どっちが好き?」と店員がいうので、お茶もいただいたことだしと思って答えると、「やはりセンスが良いですね」とほめられる。さて、そろそろ時間なのでと帰ろうとすると、店員4人で取り囲み、答えたA商品の購入契約をするまで3時間も帰さない。

このおばあさんはその後も、やれお得意様に白生地をプレゼントするから店に来いと呼び出されたり(当然生地はタダでも染め代や仕立て代はかかる)、展示会があるからと誘われたり(用事があるといって行くのを断ると、外出先から本人が帰るのを自宅前で待ち伏せして、半ば拉致状態で店に連れて行き、例のごとく数時間もかかって契約させる)、ということが続いた。終いにはそれらのローンが月額15万円以上もの支払いとなってしまい、自己破産に追い込まれた。

その店舗はその後店名を替え(悪徳業者に良くある手段ですね)営業しているが、入居のショッピングセンターが間もなく閉店するらしい。

(情報提供: musen さん) 2005年10月01日19時56分(土)
京都たけうち / 正当派
友人の付添いで店内に入り、100円セールの浴衣を購入した後、30万円の着物を試着させ、再三に渡り購入の意思が無いことを告げたにもかかわらず、店から出ることを許さず、入店(19:00)から閉店(22:00)を過ぎての3時間半に渡って軟禁状態に置かれ、その間、知人女性一人に対し、店長を始めとする男性社員5人に取り囲まれる形で購入を説得され、身の危険を感じた知人女性は、仕方なく契約書にサインし、ローン契約を結ばされました。
帰して貰えたのは、22:30であり、すでに表は閉まっており、裏口から帰されたそうです。

その後、軽いPTSD状態になり、職場で異変に気がつき、相談に乗って見たところ、件の話があったため、再度代理人として店側にキャンセルを申し出たところ、法的にはキャンセルできるが、商品は既に加工状態にあるため、普通にキャンセルはできない、と告げられました。

調べて見たところ、消費者契約法第4条3項2号
二 当該事業者が当該消費者契約の締結について勧誘をしている場所から当該消費者が退去する旨の意思を示したにもかかわらず、その場所から当該消費者を退去させないこと。に該当すると思われましたので、それを告げると、監禁状態にしたことを匂わせつつも、すでに代金は支払済であり、契約は有功だと突っぱねられました。
No.1985 2005/10/09(Sun) 11:03


Re: 京都たけうち / ぶるー

どうも見覚えのある文章だと思ったら、この文章は、悪徳商法マニアックス過去ログからのコピー&ペーストですね?↓
http://beyond.2log.net/akutoku/archives/qa/pslg121317.html

なぜ、このようなマネをするのですか?
No.1986 2005/10/09(Sun) 11:30


Re: 京都たけうち / neko

私は、京都たけうちでひどい目にあいました!
あくどい手口です!
今でも思い起こすと、むかむかしてきます。!
No.1995 2005/10/10(Mon) 17:43

Re: 京都たけうち / neko

安い浴衣に始まり、着物の試着になります。
「あなたに似合う着物はめったにありません」みたいな言葉から、「いろいろ来て見るといいよ」「この着物は、似合う」など、アンケートで出会った店員のほかに2〜3人と店長が加わり、言葉巧みに、まるでお姫様になった気分。
着物一着を試着すると、帯から長襦袢すべてそろえて試着してくれます。
「自分の持っているものに合わせればいいのよ」な〜んてことをいいながら、徐々にこの着物にはこの帯がいいわね。でもなんにでもあわせやすいから、持っている着物にでも合うわよ」
たびたび、でんたくを持ち出して、これだけはサービス、月々300円くらいの50回払い。

だんだん金銭感覚が、麻痺してきてしまう。
そしていつの間にか、お買い上げ。

すると、今度は、イベントがあるからおいでね。

場所は、京都だったり、名古屋だったり、大島だったり。。。。交通費は出ません、昼食つきです。

うまいこと私はわなに引っかかってしまいました。

一人では帰れないんですよ。すべて、駅からバスで連れて行ってくれるから。。

京都では引っかかって高額ローンにふくれ上がりました。

名古屋は、かろうじて用事があったので強引に帰りました。
大島は、身の危険を感じいきませんんでした。

その後、高額ローンに死にたくなるやら。。。
幾度か、減らしてもらうよう頼み込みました。同時に消費者センター。司法書士に相談をかけました。

前面解約はできないまでも、半分ほどまでにはしました。
罵倒を浴びせられながらも、直接交渉をしました。なんせ、仕立て始めているので解約は無理だと言うので、せめて、小物類を解約させてもらいました。
その後の返済は、保険が満期になったところで全額返済しました。

いまだに、大型ショッピングセンターの入り口で、アンケート用紙を持って獲物を待ち構えている姿を見受けます。
まるで、真綿でくるまれて蟻の巣の中に引き込まれていく感じですよ。
甘い蜜のおもてなしで、現実を忘れてしまうのです。
なんせ、女心をたくみに捕らえて操っていく、言葉の魔術を彼らは習得しているのです。

ちなみにイベントの時と、通常展示の時は、店の展示方法が番います。イベント時には、店をすべてつい立で覆ってしまうのです。

中で何が行われているのか。外からは、何も見えないのです。。。

私の経験から、書かせていただきました。
No.2022 2005/10/12(Wed) 00:03
しゃなり(旧京都たけうち... / あみ Mail
着物を着ていくイベント(目的地は水族館)があるので一緒に行かないかと友達に誘われていきました。
水族館の前に着物の説明があるとのことでしたがそれほど長くかからないだろうと思っていました。
すでに訪問着を新調し、小紋、色無地と一通り着物は持っていたので買う気はさらさらなく、単純に友人の付き添いのはずでした。
ところが、9:30に問屋(人形町の立派なビル)につくと、えらい先生の講演があり「着物は3代着られる」「つたの文様はおめでたいので買いなさい」「干支にちなんだ着物を買いなさい」ということを言われました。
その後展示会場にいくと一緒だった友達と巧妙に離され、(友人のそばに行こうとしたら大声を出されて引き止められた)着付けの先生だという年配の女性、ホスト風の男性店員、気さくな感じの女性店員がつき、反物を着せられました。
一通り着せ終わったところで「コーディネートの感想は」ときかれ、いいんじゃないですかというと暫らくして一式100万円程度の金額を提示されました。
着物は持っている、買う気は無い、ローンは組まないことにしている、いくらステキでも今は買わない
といっても重ねて薦められ、その着物をデザインしたという作家の先生、問屋の人、えらい先生など入れ替わりたちかわりきてはその着物を誉めていきます。
隣でも同じように着物を進められている人たちがいて、お買い上げとなるとあちこちで3本締めの音が聞こえます。
3本締めのあとはみなどこかに去ってゆき、最後は会場に私の周りだけが残っています。
着物はどうしても買わないというと今度は「帯だけでも」といわれ、同じように今は買わない、帯は持っている、着物は3代着られるのだから母ので充分といっても1時間ぐらい勧めつづけられました。
その後、今度はショールを勧められ同じように断りましたが、そのやり取りのなかで「若いんだからもっと人生を楽しまなくては」「自分自身をそうやって縛ること無い」「しっかりしているのはいいけどずっとそうやって生きていくつもり」などといわれ、非常に気分を害しました。
結局問屋を出たのは午後2時過ぎで、昼食抜きで4時間近く着物を勧められました。
いいかげんつかれたので水族館は行かず、そのまま帰ってきましたが本当に腹立たしいです。
二度とこの着物屋には関わりたくありません。
No.2098 2005/10/18(Tue) 20:15
Re: しゃなり(旧京都たけ... / BLOOM

私も着物が好きで、自分で着物を買って着ています。着付けも習いました。京都たけうちの着物も購入しました。お店の店員が転勤しすぎで、人とのかかわりもなにもないと思う。たびたびキャンペーンだと、電話してこられるけど、ころころ担当者が変わって、行きたいとは思わない。会社の考え方に問題があると思う。
No.2263 2005/11/03(Thu) 01:56
もう4年前の事になりますが、ひとりでも被害が減るのであれば、と報告します。マイカルサティ専門店街AQUA21出店の京都たけうち、現在はしゃなり、と名前が変更されているようですが、そこでの話です。平成14年11月の事でした。
体験された方も多いであろう、囲い込みです。この場合、店長、店員以上に、その場に居た作家、善之助氏が不愉快のおおもとですが、店舗で起こった事ですので参考までに。
着物が好きですが当時就職もしておらず、資格取得のために学校へ通っていました。休み時間に店頭を覗いていて、その時にアンケートに記入したのが始まりです。
店内での展示会の誘いが来ましたので、行ってみました。
当時、業績不振だったらしく、他にお客様の姿はありませんでした。
見るだけなら、と店内へ入り、そこへ作家氏もいました。
色々と薦められ、でも今は買えない、と言いましたが、お構いなしです。
店長、店員、作家、着付けの方と4〜5人に囲まれ、何とか断ろうとしても店外へ出にくい作りになっています。簡易着付けのまま椅子に座らされ、延々と話を聞く事になりました。ローンを組むのは嫌だ、と言う事で、断ろうとした時に、店長や店員さんも色々言ってきましたが、いちばん腹立たしく今でも忘れられないのは、作家氏の言葉です。
「結婚資金にいくらか貯めてるでしょ。ひとつ解約すればいい」
早く帰りたいのと腹がたったのとで、そのまま契約書にサインして帰りました。ローンでお付き合いが続くのが嫌で、何とか工面して一括で支払いを済ませました。その後、店長は他へ移られたみたいですが、女性店員さんからは、仕事内容についての相談じみた事を話されました。仕事がきついことや、私生活の悩みでした。あまりにも腹立たしい出来事の後に、そんな事を聞かされたので、一切連絡をしないで欲しい、と伝えました。
その後、店長が代わって新装開店だとかいう時期に、店の前を通り過ぎる時に声をかけられ、「今の店長になってから、売上が伸びた」というような事を聞きました。ああいうやり方が得意な方が着任されたのだとしたら、たまったものではないな、と思い、それ以来近づいていません。ですが、まだ店舗はテナントに入っています。AQUA21は店舗撤退が多く、空きが目立っています。たとえ苦情が持ち込まれたとしても、テナント料が支払われる限り、ここが撤退する事はないのだろうと思います。
何かおかしい、と思いながらも相談機関も相談相手も知らずにいたのでそのままになっていますが、最近この企業が他でも同じような事をしているのを知りましたので、国民生活センターへの報告はしました。クーリングオフを思いつかなかったこと、相談機関を知らなかったことが悔やまれます。

(情報提供:S さん)2006年05月31日21時47分(水)