マルチ&悪徳商法SOS−FILE   http://www.sos-file.com/
ニュースキン -2-
(NSE)
ビックプラネット
ファーマネックス
ギャグナーインターナショナル
備     考 キーワード 苦情件数

http://www.nuskin.co.jp/

化粧品・浄水器 47
まこと さん 2000年 07月 26日 18時 58分 11秒
ちょっと事前に情報を集めようと思ってます。(ニュースキン関係)
 今度の土曜日、とある外部のジャーナリスト(外人)による分析内容を
はなしてくれるセミナーがあるようです。
 その人は、「どんなにスゴイ所なのか!」ってのを詳しく分析していて、
全国に公演して廻っていると友人はいいます。
(入場料は友人が払って、いくつか確保しているようです。)

 このジャーナリストはヤラセ? どういう人物? MLMの資料を集めて
正当性を論破していく事で、日本で稼いでる人なのかな?
 他のMLMでもこのような人が、公演して廻っているのかな?

 まあ、どんな資料を用意してくれるのやら。
聞いたら、そのいくつかをココで紹介して白日の元にさらしてみますか。
まこと さん 2000年 08月 01日 16時 03分 43秒
こないだ、友人にいいがげんな事をしてしまって・・
ニュースキンとは切れてしまいました。
(ちょいと小売りに興味もあったが、まあいいでしょう。 でも、まずったな。 いいかげんな事して)

ちょいと前後関係を言いましょう。
最近、友人がニュースキンを”決意”し、自分にも紹介した訳です。
で、自分はアムウエイに入ってた事があるといった所、会社を紹介するセミナーに薦められ参加。
次に、DT向けの大会に誘われました。 アムやってたのなら分かるだろうって言われ、スーツを着てくるようにいわれたんですね。 で、とまどいながらも参加。
(ここまでに、製品説明もなければ、ビジネスプランの説明も無し。)
 で・・ 今度は外部のジャーナリストによる分析結果を話す(DT向け)大会があるって事で、それに誘われたんですよ。 で・・ 免疫もあったし、参加するよっていってたんです。
 最初のセミナーの時、自分で調べてみて下さいっていってたし・・ で、調べた結果・・
ココにいろんな書き込みをしだしたんですね。
(本を買い、HPを使って調べ、商品やビジネスプランも自分で調べました。)

 で、今回のジャーナリストによる大会。 ・・・いわゆるドタキャンかましてしまいました。(苦笑)まだ、商品説明もビジネスプランも聞いてないし、スーツをきてそんな所にいくのもはばかれて・・で、友人に参加するのは気乗りせんなったって電話くらいしたら良かったんですけど、電話すらせずにドタキャン! やってしまいました。

まあ・・ それで、やる気がないんなら誘わんよ。 ってんで、「わあった。」っつう事になり
ました。 あちゃ〜・・ 変な事で友情にヒビ入れるような事してしまいました。
 電話くらい、すればよかったなあ。(反省)
MD さん 2000年 08月 12日 13時 06分 23秒
会社名: ニュースキン
今、どうしてもニュースキンをやめさせなくてはいけない人がいます。
検索で調べた(高山 俊之著)「ニュースキンビジネスへの疑問」というニュースキン批判の本を渡しました。
でも読んでくれるか心配です。
もう完全に浸かってしまっている人をやめさせるには、どうすれば良いのでしょうか?
もし、有効な方法があれば教えてください。
お願いします。
テイク さん 2000年 08月 14日 03時 44分 51秒
会社名:ニュースキン
MDさん、ニュースキンをやめさせなくてはいけない人がいるのですか。
「ニュースキンビジネスへの疑問」を読んで気が付いてくれるといいですね。
完全に浸かってしまっている人をやめさせるのは至難の業です。
例え本を読んでも気がつかない人が多いと思いますよ。
私がそうでしたから無理な人はいます。
しかしニュースキンを止めさせたい人は愛用者とかではなくビジネスをしているのですか?
もしビジネスを止めさせたいのであれば本気で相手にぶつかる事が大事だと思います。
それでもだめなら期限をつけることかな?例えば1年やって駄目ならやめてとかですね。
MD さん 2000年 08月 14日 22時 17分 35秒
会社名:ニュースキン
テイクさん。やめさせたい浸かってしまった人は、ビジネスとしてやろうとしています。
私は、すでにその人に直接ニュースキンの批判をさんざんしてしまったので敵対視されています。
その人は、別れてしまったけど元彼氏で、なぜニュースキンに完全にはまってしまう初期の段階でとめることが
できなかったのだろうと後悔しています。私もOM(説明会)に参加したのですが、自分がまったくマインドコントロールにかからなかったのでOMにマインドコントロールの作用があるとは気が付きませんでした。
できるだけ、客観的な材料を集めて自分で気づかせるようにしたいのですが、批判の本なども、ほとんどの本が同じ著者が書いているので、できれば多方面からの信用できる新聞記事などの材料が必要です。
もし、そういうものを知っていたら教えてください。
最終的には、その人のご家族の力を借りるしかないと思っています。
テイク さん 2000年 08月 16日 03時 09分 37秒
会社名: ニュースキン
MDさん残念ですが批判ものなど新聞記事その他知りません。
私もニュースキンをやめて1年になるのでMLMとは完全に断ち切っていますし、そう言った人々との関係も絶っています。
今、私の体験談HP作っているのですがそれがいい材料になると良いのですが・・・。
あと私の体験からいいますと浸かっている時に批判記事など見せても駄目かと思います。
私の場合、親戚が過去にねずみ講で警察のお世話になった事も聞いてもやり方がいけなかったんじゃない?MLMはネズミ講と違う!と思うくらいでした。
自分は絶対うまくやる!としか考えませんでした。
実際はネズミ講みたいなことになっていましたけど。
また過去にニュースキンを失敗した人に会っても“あんたやり方間違ったんだよ!”としか思わなかった。
ん〜MDさんは多分批判記事などがジャブでそれから家族説得のストレートを打とうと思っていると思うのですがストレートが一発で決まるとは思えません。
ストレートを何発も打ってやっとダウンすると思いますよ。
洗脳という麻薬を打たれてしまったら、その麻薬が切れるまで待つしかないかもしれません。
一番はお金が尽きるまでやらせたら目が覚めるんですけどね。商品をどっさり買わせてたらお金がなくなります。そうしたら止めると思います。
やめたとき商品を返品して、10%は損すると思いますけどこれは授業料として諦め、90%はお金を取り戻す。
関係者としては嫌でしょうけど荒療治です。
MD さん 2000年 08月 16日 04時 32分 37秒
会社名:ニュースキン
テイクさん。答えてくださってありがとうございます。
私は、なるだけその人が多くのものを失わないうちにやめさせたいと思ったのですが、難しそうですね。
お金よりも心配なのは、人からの信用と友達です。
その人は、お金に困っていて、それがニュースキンの説明会に行ったきっかけです。
ですが、友達と人望だけは人一倍もっていたんです。
今、勤めている会社の人たちを勧誘しています。もちろん、会社はサイドビジネスを禁止しています。
ですが人に勧めることは、良いことなのだと信じきっているようです。見ているととても悲しいです。
痛い目にあうまで待つしかないのでしょうか?
テイク さん 2000年 08月 17日 03時 15分 18秒
会社名: ニュースキン
MDさん残念ながらどっぷり浸かっているみたいですね。冷静さを失っているように思えます。
最悪の場合、会社にいられなくなりますね。私の場合は反対でしたけど(笑)。
私はある程度収入が出来て会社をやめ、それから会社の人間を勧誘しました。汚いやり方だった・・・。
話を聞いていると残念ですが痛い目をみるまで駄目かと思います。(私の体験からの判断です)
友人は絶対止めた方がいいですね。それは最後の砦です。特に長い付き合いの友人は止めた方がいいです。
終わった時、友人がいない状態になりそうで可愛そうです。
良いアイデアがあればいいのですが、結局自分が気付くしか方法がないので痛い目をみるまで待つしかないでしょう。
なかなか頭で考えるように理論的にはいきません。人間対人間の問題なので理論は通用しないと思います。
自分で落ちて気付くか、後は家族や親しい人の叫びが心に届くまで訴える事です。
相手にやめるよう言って自分が引くようであれば言わない方が良いです。ただの偽善者に思われます。それなりの覚悟で望んだ方がいいです。
何事も共通する事ですが(MLMのセミナーでも言ってる)、本気でぶつからないと心まで伝わらないと感じます。そうしないと相手は気付きません。(MLMのセミナーでも言ってるが本当だと思う。)
参考にならないかな?
MD さん 2000年 08月 18日 00時 19分 04秒
会社名:ニュースキン
テイクさんへ
真摯に答えてくださってありがとうございます。
確かに中途半端にかかわったら、ただの偽善者になってしまいますね。
私は、今その人の彼女の立場ではなくなってしまいました。
分かれた原因も今思えばやはりニュースキンですが。
私にその人を本気で説得するだけの精神力と力があるのか自分でもわかりません。
よく考えて結論を出します。中途半端な選択だけはしません。
ありがとうございました。
テイク さん 2000年 08月 18日 06時 08分 07秒
MDさん検討を祈ります。
まこと さん 2000年 08月 15日 13時 21分 54秒
会社名: ニュースキン
マインドコントロールについて

自分は、マインドコントロールができる人ってのは、社会人としては優秀な人だと思ってます。
恋愛でも営業でも、人付き合いでも! これができる人ってのは、人に助けられたり、結果をだせる
人になると思います。 洗脳は別ですよ。
 監禁等で強制的に意志を曲げさせたり、薬物等で意識を混濁させたりってのは、マインドコント
ロールじゃないですからね。

 ただ、コントロールされる人にとってみれば ゆゆしき問題ですね。 どんな人や組織がコントロ
ールしようとしてるのか!ってのは、大事な問題ですね。


ココに、「ニュースキンビジネスへの疑問」という本があります。 そこからMC関係をPicupしてみ
ましょう。 日常の恋愛や会社での世渡り等、応用範囲は多いかと思います。

1.承諾誘導における返報性
 無料試供品等、”タダ”に関する事です。 プレゼント、無料参加、食事をおごってもらう、・・・・
etc  無料だから受け取る、使う。
 これは、製品を知ってもらいたいだけですからって顔をしつつ、実は贈り物につきものの報恩
の義務を利用して買わせようとしている。
(恋愛なら、相手がココまでしてくれた。 私も何かしてあげたい!っていう思いを狙っての行動
 って事になります。)
 ・他にも、「一貫性」等、6つの柱が基本だそうです。

2.書き記す
 書くという行為は、自分の言葉、信念、態度、行為を一貫したものにしていくという「一貫性」
を与える事ができるようになります。
 その為、夢を書き、目標を書き、毎日寝る時も意識してもらう。 プラス思考で成功する自分
を思い浮かべてもらう。 そしてそれを具体的なイメージにしていくように説く。
 もちろん、セミナーの内容をシッカリと記述してもらう事は重要です。
(セミナーの内容を、相手の信念にしてもらう為に)
 ・って事は、デートに誘う時も、予定を相手自身に書いてもらう事で無視されない可能性
  が高くなるという事です。 メールや手紙を書くと、自分の想いが明確化されますし、書い
  た事が自分の信念として残りますしね。

 そうそう、セミナーで相手に書いてもらう誘導方法は、「出来る人はメモを取る」っと、一言
言えばいいそうです。
(社内教育等、金を稼ぎたい、出世したいと思ってる人に有効かな。)

 さらに、ダウンに説明できるようになる為にという口実で、同じ内容のセミナーに何度も
出席させ、メモをその度にとってもらうと、効果は絶大だそうです。


他にも、権利収入とか、たくさん稼げるとかいったエサによる誘導等、一杯ありそうですけど、
この辺にしときます。

会社における課長、部長なんて、どれだけ課員をMCして仕事を円滑に行うかっていうの
が仕事だといえると思います。
Limp さん 2000年 08月 28日 01時 21分 21秒
会社名: ニュースキン(ファーマネックス)

どうも始めまして。最近ニュースキンに登録したのですが会社に対する
ネガティブな情報が全く無かったのでこのHPはかなり目から鱗状態で
見させて頂きました。
そこでもっとたくさん質問したい事などが有るのですがそれはここでしてもいいのでしょうか?
MD さん 2000年 08月 31日 23時 19分 59秒
会社名:ニュースキン
お久しぶりです。昨日、ニュースキンをやめさせたい元彼氏と「ニュースキンビジネスへの疑問」の本
について話すことができました。彼は、以前より(1月まえ)闇雲にニュースキンを信じている状態では
ないように見えました。多分、ここしばらくの間にビジネスの難しさや問題点にすこしずつ気づいてきた
のだと思います。批判意見にも目をとおすようにしていると言っていました。本も真剣に読んでいました。
しかし、ニュースキンの根本を疑っているわけではなく、友達や大切な人を失わないようにしてビジネスを
続けていくつもりのようです。ビジネスの構造的な問題点には気づいていないようです。
私は、感情的にならずに自分の考えを伝えることができました。この掲示板の内容や、真夢里さんの
「説得の心得」を参考にさせていただきました。以前よりは、良くなってきていると思います。
説得するための信頼できる情報が必要です。もし、ご存知の方がいたら教えてください。

はじめまして。なみだです。
こちらのHPで、MLMが原因で恋人や婚約者と別れられたという方の書き込みを読ませていただきました。
他愛もないと思われるかもしれませんが私にも発言させて下さい。
今つき合っている人がニュースキンのビジネスをやっています。
私はMLM嫌いなので最初は彼に批判的でした。
説得するつもりで勉強し、いろんな疑問をぶつけてみました。
でも彼は「扱っている商品はオリンピックで唯一認められたもの」
「効果がありすぎて製薬会社に訴えられた」
「世界的格付け会社で最高ランク」ということばかりを強調し、
「ニュースキンはすごい会社だ。」としか言いません。
最後には「よく知らないのにこれ以上批判するのは辞めて欲しい」
「分からないヤツはその辺の粗悪品でも使ってろ!」そう言われました。
たしかに彼の強調する事柄は本当でしたし、ビジネスをするのは彼の自由だし、
・・・やっぱり彼が好きだから嫌われたくないし。批判するのはやめました。
そうこうするうちに彼は私に商品をすすめはじめました。
最初は渋った私でしたが、嫌われたくない一心で買いました。
彼を理解したいと思いセミナーにも行きました。
そこではライバル会社への聞くに耐えないような言葉での批判、
世の中の流通形態はこれからMLMが主流になるという話し、
インターネットビジネス等の話し。
セミナーで言われていることにウソはないのでしょうが、
あの、人をあおるような異様な雰囲気に耐えられず、吐き気を催す始末でした。
でも、熱心に活動している割には生活は楽そうには見えません。
私は「見切りをつけた方がいいんじゃないの?」と思いますが、
彼は「自分のがんばりが足りないからだ。もっと頑張らなきゃ」と言います。
MLMで成功するには大多数の人には難しいことでしょう。
そして彼には向いていない。それに早く気づいて欲しい。
そして、このHPでいろんな方の意見に触れて、私も気づきました。
彼はきっと私の好意を利用している部分もあるのではないか?ということに。
それは親でも恋人でも友達でも同じ事でしょう。
今までずっと目をそらしてきた問題でした。
少なからず私も彼のMC下におかれていたのでしょう。
そして何より、私が商品を買うこと自体が彼の目を覚まさせない一因であることにも。

彼から商品を買うのはやめようと思います。
それで彼が別れたいと言うなら、仕方ありません。
今の彼ならきっとビジネスを取るでしょう。それは分かっています。
他にお客さんもおられ、商品の効果があったということでいろんな方に感謝されているそうです。
私一人買わないからって大したダメージにはならないと思います。
でも、少しでも早く気づいて欲しいんです。彼が好きだから。
・・・私が今までで一番好きになった人なのに、別れを考えるのはつらいです。
この世の中にMLMなんてなかったらいいのに。
そう思うと悲しい気持ちでいっぱいです。

(情報提供: なみだ さん) 2000/09/06

家族を守りたい さん 2000年 09月 21日 10時 40分 23秒
はじめまして。このサイトで一生懸命、勉強させていただいています。

主人がニュースキンビジネスにビジネスとして興味を持っています。
知らない間にセミナーに2回くらい参加したようです。
以前はアムウェイなどをやっている友人に批判的だった主人が、
いつのまにか、MLM賛成派になっていました。
まだ正式に入会はしていないのですが、入会の意思は伝えてあるそうです。
主人は、すぐにでも入会して、サプリメントなどを使ってみて、
本業の仕事が一段落する11月からサイドビジネスとして始めようとしているようです。
ニュースキンを選んだ理由は、ビックプラネットビジネスが今後期待できるから、
だそうです。
もちろん、私は反対していますが、
主人は「サイドビジネスだし、本業を投げ出すつもりはない。考えすぎ。」と言います。

話し合う中で、
・私が「マルチ商法だよね」と言うと「ネットワークビジネスだ」言い張る。
・「売る」という言葉に極度に抵抗を示し、「紹介するだけ」と言い張る。
・私が「末端の人には損をさせるからイヤだ」というと、
 「そんなのはどんなビジネスでも多かれ少なかれ同じだろ」と言う。
   →本来の主人はこんな薄情なことを言う人ではありません。
様なことから、「心理操作」あるいは軽いマインドコントロール状態にあるようです。
(MCの頁で勉強しました。)

今のところなんとか、私の話も聞いてくれますが、
上手く説得できず、焦っています。
懇願して
・11月まではビジネスは始めない。
・11月まではセミナーには行かない。行くとしたら私といっしょに行く。
という約束をしてもらいましたが、
「入会もまだしないで」というお願いは約束できないと言われました。

とりあえず入会はして、商品は使ってみたいというのです。

長期戦になる覚悟で、少しづつ話をしようと思っているのですが、
「入会」するのは、なんとしてでも阻んだ方がいいですか?
現状では、少し無理を通すことになりますが。
それとも、とりあえず入会は黙認して、
ビジネスに至るまでに止められれば大丈夫でしょうか?
「入会」してしまうと、引き止めるのが極端に大変になるでしょうか?

ちなみに主人は、
誠実で優しく人の話をよく聞く方で、友達もいっぱいおり、現職は営業で、
このようなビジネスに、すっぽりはまりやすい性格だと思います。
以前に、別の自己開発セミナーで「洗脳(薬物なども使用された可能性がある)」に合い、
早い段階で気づいた私がなんとか引き止めた経験があります。

どうか教えてください。お願いします。
特に、るなちっくさん、どう思われますでしょうか?
「ものつくり屋」 さん 2000年 09月 21日 11時 26分 46秒
こんにちは、「家族を守りたい」さん。困りましたね。なんとかできると良いですね。私は、この掲示板で
マインドコントロール(MC)に詳しいといつの間にか思われている様なのですが、実のところ能がなくて
あまりお役に立てないレスしかできません。お許し下さい。

>「心理操作」あるいは軽いマインドコントロール状態にあるようです。

そうですね、MC初期の徴候が顕著ですね。

>とりあえず入会はして、商品は使ってみたいというのです。

少しお聞きしたいのは、「商品への盲信」と「利益への期待」とどちらが強く表れていますか?この2つは
結構色々と結びついているので、判断は難しいと思いますが、「良い商品だから、サイドビジネスで成功す
る」という感じなのか、「ビジネスをするためには、商品の良さをしっかり体感する」という感じなのかに
よって、多少対応が違ってくる気がするのです。

>長期戦になる覚悟で、少しづつ話をしようと思っているのですが、
>「入会」するのは、なんとしてでも阻んだ方がいいですか?
>現状では、少し無理を通すことになりますが。
>それとも、とりあえず入会は黙認して、
>ビジネスに至るまでに止められれば大丈夫でしょうか?
>「入会」してしまうと、引き止めるのが極端に大変になるでしょうか?

難しいですね。入会が恐いと言うよりも、それにより「心理操作」を受ける機会が増える事が恐い訳です。過去の心理セミナー経験から「確信的充実感」の様な事を経験されており、本人の無意識がその「心地良さ」を懐かしんで「自分にはもっとやれる事がある」という意識を生み出している気がしますので、おそらく入会されれば、MCを深める方向へ行かれるだろうと思います。入会させないのが良いと思いますが、そのために「家族を守りたい」さんとの関係に深い溝が出来るようだと、どのみちどこかで入会され、それを引きもどすための絆を弱める事になります。絆をできるだけ弱めない方向で入会を阻止する事を心がけてみて下さい。

とにかく、今は絆を大事にしながら「心理操作」の機会(セミナーへ行く、勧誘者と長時間語り合うなど)
を出来る限り減らすように努力して見て下さい。これが簡単でない事は充分分かっているのですが、無能な私には、こういうアドバイスまでしかできません。すみません。
後は、大丈夫だとは思いますが、ご自身が「引きずりこまれない」様に気を付けてくださいね。
家族を守りたい さん 2000年 09月 22日 10時 28分 14秒
かつさん、るなてぃっくさん、親身になったRESどうもありがとうございます。

るなてぃっくさんがご指摘のように、理屈派の私は、
主人の話を論破したい、との欲求がないわけではありません。
が、主人には、どちらかというと情で対応した方がいいように思えます。
なので、当面は、ものつくり屋さんがアドバイスくださった、
家族の絆を強めることに集中しようと思います。
ご心配いただいている体調ですが、
食欲は全くないものの、水分とカロリーメイトのようなものは食べています。
現在2kg減程度で、あと3kgくらいは楽にダイエットできそうだなー、なんて
結構楽天的だったりして。。。(笑)
でも拒食症とかにならないように自分の体調には十分気を付けますね。

昨日、ものつくり屋さんから、アドバイスをいただき、
家族が仲良くし、それをいつもより少しだけ意識して印象付けられるようにすればいいんだ、
と思ったら、とても気持ちが楽になりました。
昨日の主人との会話も少しぎこちなかったけど、
それでも以前のように普通に話せたと思います。
毎日仕事で疲れて遅く帰ってくる主人に、
帰ってきた途端議論をふっかけても、お互い消耗するだけだったので。
「ものつくり屋」 さん 2000年 09月 22日 11時 09分 12秒
こんにちは、家族を守りたいさん。

>主人には、どちらかというと情で対応した方がいいように思えます。
>なので、当面は、ものつくり屋さんがアドバイスくださった、
>家族の絆を強めることに集中しようと思います。

もし、世の中に「家族による脱MCへのアドバイスの専門家」というのが居たとしても、ネット上の掲示板
で的確なアドバイスができるかというと、おそらく出来ないだろうと思います。限界が大きいのです。ただ
この掲示板でアドバイスしている者のほとんどが、「自分の経験・知識」の中で精一杯のアドバイスをしているのだと思います。その中で、より良いと思われる方法をご自分で選択して見て下さい。

>現状の主人のようなMC初期の段階で、これ以上MCを深めないように接触を絶てたとして、
>ある程度の時間が経てば、MCが解ける、あるいは弱まるという見込みはありますか?
>時間の経過だけでは状態は変わらないのでしょうか?

頻繁な心理操作の機会から間が空くと、数日から1〜2週間で本人の中に疑問や不安が少し出ます。この時期に気を付けて頂きたいのは「それみたか」と焦らない事です。できるだけ、そういった疑問・不安を「話させる」事に専念して下さい。色々とMLMに対する知識をお持ちになり始めているとは思いますが、そういう知識の使い方としては、「教える」のではなく、疑問・不安を話したくなるきっかけとして使うように心がけて下さい。

「絆を弱めないで下さい」とアドバイスする理由は、まさにこの時期のためなのです。心の中をかすめ始めた疑問・不安のかけらを話せるのはどういう人でしょうか?何らかの絆の深い人です。そして、そういった疑問・不安を口に出す事はとても大事な事なのです。MCに至る心理操作の過程で「良い製品・良いビジネス」と何度も何度も「言わせる」様にし向けられているのです。心で思うという事と口に出して言うことは心に与える影響がとても大きく違うのです(一貫性の性質)。口に出せば、そのまま成長するはずの疑問・不安が、口を閉ざすことで心の片隅に追いやられ消滅するのです。多くのMC状態の方が疑問・不安を「口出すこと」ができない状態に追い込まれます。多くの一般的絆が弱められ、口に出したら「ポジティブに」と否定される仲間との間にしか絆が残らなくなっているからです。だから、疑問・不安といったものを本人が話されたら、その中身ではなく、その行為が大事なのです。そして、できるだけ沢山の疑問や不安がでる様にするために「回答できる疑問」であっても直ぐに回答するのではなく、小出しにする事で、もっと沢山の疑問・不安を語ることができる様にしてあげて下さい。

MCを解くという事は、本人の持つ「社会比較」の能力を取り戻すという事です。そしてそれは、本人しか
出来ないのです。周りは、本人が取り戻しやすい環境を作るという事なのです。
かつ さん 2000年 09月 22日 11時 57分 00秒
強行手段としては、一緒に消費者センターに出向くということも出来ますよ。
ニュースキンはマルチじゃない、ネットワークビジネスだ!、売るんじゃない、伝えるんだ!
これは単なるマルチまがい商法をとるニュースキンの「初歩的」ないい訳作りですから、実は教えている方もわかってるという可能性がかなり高いわけです。
その上で、それだけ素晴らしいビジネスなら、どれだけの被害の実態があるのか一緒に調べて、その上で決めるのなら止めない!とまで切り出す手もありますね。
いずれにせよ、やりたい!と思うことに逆らう行為ですから、売り言葉に買い言葉状態になった時に言うしかないでしょう。
その前に、主人が・・というスタンスでの相談もできますし、そういう場合のアドバイザーも常駐していますから、まずはお一人でもお調べになることをお勧めします。
素人がだてに法律などをかざして対抗しても相手の思う壺です。相手とは裏で手を引く上層者ですよ。
以下・・・MC(マインドコントロール)の項へ
家族を守りたい さん 2000年 10月 02日 11時 33分 48秒
「ものつくりや」さんやかつさん、るなてぃっくさんには、
先日ご相談に乗っていただいてありがとうございました。
「情にせまって疑問や不安がでてくるのを待つ」方法を取っていたはずの「家族を守りたい」です。

平日は、主人が忙しく疲れているので、極力優しくし、昨日の休日時間を取って、話しました。
結論からいうと説得失敗しました。
「やっぱり悪いものだとは思えないから、とりあえず製品は購入して使ってみたい。」そうです。

相手から疑問や不安を引き出そう、自分から批判するのはやめよう、と思ってはいましたが、
るなってぃっくさんのご指摘通り(?)、やっぱり性格的に無理でした。
議論になると、ついつい自分の意見が先にたち、
「。。。だから止めて欲しい。」ってなっちゃっいました。
一週間この話題に触れるのを避けていた分、早く解決したい、って気持ちが拍車をかけちゃっいました。

自分でも説得しながら、「こんなこと言っちゃかえっていけないんだよなー」
と落ち込んだのですが、でも言いたいことが言えてさっぱりしました。
(ってそんな開き直ってもしょうがないですが。)
主人は疲れているにも関わらず、私の話を嫌がらずにちゃんと聞いてくれました。(約5時間くらい)
私が心底心配していることは伝わったと思います。
でも、どうしてマルチが悪いのかは理解できないのだそうです。
「苦情の坩堝」のこれはと思った頁も見せましたが、主人の周りに実際に存在する
ニュースキンや他のマルチの人たちは、人格者で悪い人達ではないし、とても儲かっており、
紙ベースで「被害を受けた人」の話を見ても、実感がわかないそうです。
それに「被害を受けた人」がいても、「MLM自体は悪くなくちゃんとやっている人も多い
のだから自分が正しいセールスをしていれば問題ないと思う」ということでした。
あと、「末端の人は被害を受けている」といっても、
「自分でビジネスをやるといって、うまくいかなくて辞めたからって、
それは自分の責任で、被害者とは思わない。」とか、
私が「ニュースキンをやっている人がマインドコントロールにかかり別人になってしまい、
家族の話をきかなくなり、その家族はとてもつらい思いをしているよ。」
と言っても、「そういう悪い誘い方をするグループもあるのかもしれないけど、
そうじゃないグループなら大丈夫。」とか、
悪いことをしているのは一部の別のグループだけという理屈で、自分の行為を正当化しようとしています。

#私もよくわからなくなってきたのですが、
#ネットワークの被害者って具体的にどういう人を指すのでしょう?
#被害者というと言葉が重いようで、まだビジネスも始めていない主人に
#しっくり入っていかないようなので、「嫌な思いをする人」と言った方がいいのかもしれませんが。
#私の認識では、
#・無理矢理勧誘を受けた人
#・正しい情報(誰でも儲かるよ等)を提供されず、組織に入って在庫を抱えるなど
# 金銭的に損をした人
#・MCをかけられそれに気づかず、家族や友人と縁が切れてしまった人
#・その周りで心配する家族・友人
#と言った感じです。どなたかMLMによりどういった被害が具体的にでているのか、
#それはどうしてかなのか理論的に説明できませんか?

私が「ネットワークの仕組み自体に、熱中してしまいやす、と無理にでも勧誘したり、
他の人の言うことを聞かなくなる特性があるんだよ」
と言ったら、それは認めていましたが、自分はきちんとわかっているから大丈夫と思っています。

また、言ってはいけないと思いつつ、私から「マインドコントロールにかかっていると思うよ。」と
言ってしまいました。当たり前ですが、主人は、
「そうじゃないとしか、自分では言えないな。」ということでした。(これは当たり前でしょう。)

でも、主人には私が真剣に心配していること、
(正しいかどうかは別にして)やめて欲しいと思っていることは伝わったと思います。
あと、「サイドビジネスで儲かるなんていうけど、やるとしたら、サイドビジネス程度では儲からない。
儲かる人は真剣に本業としている人だけ。いま本業がこんなに忙しいのに、
サイドビジネスなんて始めても虻蜂取らずになるだけ。家族の時間を取られるのはいや。」
というのには「それはそうだ。」と反応してました。
それで本業としてやる、と言い出す可能性もないわけではないですが。。。
あと、前はビッグプラネットというインターネットビジネスをやるところが、
ニュースキンビジネスに期待する理由の一つと言っていましたが、
「実際の所は説明されるほどにはどうかなとは思っている。」と昨日は言ってました。
これは少しは前進でしょうか?
ただ、「ビッグプラネットは、ソニーなどのブランド品を市価よりも安くできる」と
言うので、私が、「オンラインショッピングなら本来小売店へのマージンなど必要ないから、
ディストリビュータへのマージンが込みになるなら、他のオンラインショッピングと比較して
価格競争力がない。」というと、
「オンラインショッピングだけ小売価格が下がると、小売店からメーカが突き上げを
くらうので、会員制という枠で販売するビッグプラネットならこれが実現できる可能性が高い。」
と言っています。あと、「電力は自由化にも対応していくはず。」と言っていました。
これはどうなんでしょう?お詳しい方教えてください。

話し合いの雰囲気は真剣ではあったけど思ったほど暗くはならず、最後の方には、
「パパがマルチにはまるなら、私はオウムにはまってやる。」
「俺がニュースキンとか言うと、おまえがやさしくなるから、これはしばらく使えるな。」
とか冗談半分の雰囲気で、この話題をブラックジョークとして二人で笑ってました。
私の手の内を完全に見せちゃったし、私が反対派であることも主人に印象付けちゃったけど、
短期間ならともかく、1ヶ月以上主人に建前だけで話すのも私には無理だったので、
自己弁護ながら、これはこれで仕方がなかったのかな、とも思います。

言いたいこと言ってすっきりしたので、あとは、しばらく情に訴えるモードで仲良くして、
また週末くらいにちょこちょこ話してみようかな、って感じです。
あと11月まではセミナーには行かないことも再確認できました。
こんな感じですが、どう思いますか?長文で失礼しました。
「ものつくり屋」 さん 2000年 10月 02日 12時 46分 38秒
こんにちは、「家族を守りたい」さん。

>相手から疑問や不安を引き出そう、自分から批判するのはやめよう、と思ってはいましたが、
>るなってぃっくさんのご指摘通り(?)、やっぱり性格的に無理でした。

そうですか。基本的には、今の状態で性急に引き戻す事はできない様ですから、「大喧嘩の末に口も聞かなくなる」状態にならなかった事を喜びましょう。愛情のある絆が或る限り、どこかでは引き戻せるのですからね。

被害者の問題とも絡むのですが、「マルチ商法問題」というのは「素人商法の問題」だと考えています。

>「MLM自体は悪くなくちゃんとやっている人も多いのだから自分が正しいセールスをしていれば問題ないと
>思う」

という部分に既に「事業を始める者」としては、考えが甘くなっている部分が見えます。つまり、自分が商品の良さを勧める事業を行うので有れば、こういった「悪評」というのは、本来気にしなくてはならないものなのです。もし、私が立地の良い所に酒屋か何か経営していて、「コンビニエンスチェーン」からフランチャイズの誘いを受けたりすれば、当然の事として、そのチェーン店の評判を調査します。他のフランチャイズ店の「悪評」は当然自分の商売に響くと考えるからです。マルチ商法の場合、「自分の持ち出しの少なさ」のために、自分が事業として始めるのであれば、当然考えなくてはならない「悪評」をひどく軽いものとして見てしまう傾向があります。

そして、その手軽さがマルチ商法の多くの問題を生んでいるとも言える訳です。一般に企業は、悪評をひどく気にします。「悪評は現場で生まれる、社長室で生まれる事は無い」というのは、「苦情処理危機管理」の心得の1つです。そして、この言葉は「しかし、苦情を減らすのは社長室である」と続きます。知識や経験の不足する現場から「苦情」が生ずるので有れば、システムの管理者はそういった仕事のスキルアップを図れるように人事・教育・管理制度を整えなくてはならないのです。それも、ただ「整えました」で許されるものでは無く「実効性」が要求されます。そして、MLMという販売法は、とてつもなく実効性が上げにくいのです。

どのように難しいかを別な掲示板で解析したので、それを転載してみます。
企業のシステム構築者は「社員は何でもやる」という前提でシステムをつってる部分があるのですよ。「お客に嘘を言う者は出てくる」「お客に嫌がられる様な売りつけするものも出てくる」ってね。システム構築っていうと難しそうだけど「就業規則」と「管理のしかた」と「教育のしかた」なんかを決めるっていう事
なんですよ。

普通の会社で「就業規則」を破ると最悪はクビで、そこまで行かなくても「今の給料」または「将来の給料」に響くわけです。さらに言うと平社員のやることを「管理・指導」することになっている管理職というのも、平社員が「困ったことしてくれる」とやはり給料に響くわけです。管理職ってのは、「実績あげろ」って尻叩く部分が当然あるのだけど、叩きすぎて「困ったことされ」ても給料に響く様になっている訳。たいてい管理職の方が平社員より給料が良いのだけと「尻の叩き加減」ってのは結構難しい仕事な訳です。そして、管理職としては、手取り足取り指導しなくても簡単な指導で「尻叩かれてもこれ以上の事をするとまずいな」ってわかる人が部下に成ってくれると嬉しいから人事部には「良い人材を採ってきてね」って事になるわけです。

でね、MLMの場合に、まず「誰でも簡単に始められる」っていう部分が有るわけです。これが有るからこ
そ「人に商品を勧める人」が次々と参入してくれて、販売量が広がっていく(拡販能力が高い)訳なのです。もし「簡単な指導でやったらまずい事が直ぐ分かる」人を選ぶとすると、一般常識の試験とか面接とかしなきゃならなくなっちゃう。化粧品とかだと、「簡単な説明で商品知識を間違わずに伝える」人を選ぶために、簡単な理科の試験くらいはしないといけないかもしれませんね。

次に「管理・指導」って面で見ていくと、アップって言われる人の指導が「販売の拡大」の方に偏って「問題を起こすな(嘘を言うな、迷惑がられる事するな)」の方向になかなか手が伸びない部分があるわけです。ここには「名選手必ずしも名監督ならず」と言うことと、報酬っていう2つの要素があると思います。つまり、アップっていうのは「人を沢山参加させた人」な訳です。つまり「販売拡大の名選手」なのです。普通の会社って言うのはいい加減ではあるけど、それなりに見ていてね。販売の名選手だからっていって必ずしも管理者にしない事があるのね。その人が監督に向かないって分かる時には、だいたい本人も良く分かってたりするんだけどね。でも「リクルート」っていわれる「人の勧誘」と「販売の拡大」が結びついているものだから、勧誘のうまい人は嫌でもアップになっちゃう。その人が教えるのはどうしても「勧誘のしかた」が中心になって「問題を起こすな」の方は弱くなる。そして報酬も「完全歩合制」みたいなものだから、「問題を起こさないために勧誘を常識的にした」人よりも「問題を起こしても沢山勧誘した人」の方が報酬が高くなってしまう訳。普通の会社だと「部下が問題起こすと給料査定に響く」という形で管理職に嫌でも「問題を起こさない様に管理・指導」する事が求められている訳です。

そしてね、「教育」ついて考えるとね、MLM参加者にとって「沢山勧誘をする方法」の教育は頭に入りやすいけど、「問題を起こさない方法」の教育は頭に入りにくいのじゃないかなって思えるのです。理由は報酬との関係からなんですけどね。普通の会社の場合、平社員が「完全歩合制」って事はあまりなくて、固定給がある事が多いのね。でもって問題起こしてクビになってその固定給が無くなるのは痛い訳です。痛いからこそ「問題を起こさない方法」も頭に入れなきゃならない。これは、極論だけどね、「嘘を言ったり、迷惑がられる勧誘をしなきゃ、誰も勧誘できない」人がいたら、その人は「問題起こさない様に活動したら報酬が無い」人な訳です。その人にとって「問題起こして会員資格剥奪」成った時に痛いことはあまり無いわけです。

以上が解析なんだけどね。そういう見方をすると、「何でもやってしまう」人間を集めて企業化する事の責任として、「実効性のある『なんでもやらせない』」様にする事(アメとムチの両方でね)が企業の責任の一部に組み込まれている訳です。そうでない企業が人を集めて販売活動をすれば、問題が生ずるのが当たり前な訳ですから、私に言わせれば、儲かっている人も含めて皆「被害者」な訳です。
るなてぃっく さん 2000年 10月 04日 00時 04分 01秒
>>家族を守りたい さんへ

私が文面で読ませていただいた限りでは、おそらく「家族を守りたい」さんがご自身で思われているよりも良い方向に進んでいると思います。
時間のとり方も、メリハリがきいていて、ご主人にとってもあまり負担にならなくて済むと思いますし
何よりお話が明るくできる雰囲気を保たれているのは素晴らしいです。
きっとまだお心の中では色々と不安や、心配や、怒り?などがあると思いますが、ベクトルは良い方向に
向かっていると思います。多少の揺れは守備範囲、ゆっくりお話してくださいね。

それから、こういう風に否応無しにストレスを感じる生活が続くとどうしても体調を崩しがちになります
特に今は季節の変わり目ですから、体調には気をつけて下さいね。

Take it easy!
家族を守りたい さん 2000年 10月 04日 10時 45分 31秒
遅くなりましたが、「ものつくりや」さん、RESありがとうございました。
お陰様で前進していると思います。

昨日深夜に主人が帰宅して、他の話をしているうちに、
「今日、ニュースキンのディストリビュータの契約をしてきたから。」
と言うので、一瞬ぎょっとしたのですが、
「でも、ビジネスとしてはやらない。 商品はいいらしいから使ってみようと思っているだけ。」
とのこと。「やらない。」と自分から断言したのです!

先日の5時間に渡る説得の後には、
「○○(←私)の話を聞いて、いろいろな考え方があるって考えさせられたけど、
 ビジネスをやらないとは言えない。やるかもしれない。」と言っていたのに、です。

さらに詳しく話を聞けば、昨夜、主人を勧誘した親友で同業者のAさんと、
そのAさんを勧誘したAさんの後輩の同業者のBさんと
本業のビジネスの話があって、その席でディストリビュータ契約をしたらしいのです。
その後、Bさんが帰り、主人とAさんで飲みながら、
 ・サイドビジネスと言っても、時間・労力が取られるのは目に見えている。
  今は、お互い、本業に注力し、がんばるときではないか。
  本業を真剣にやるのなら、サイドビジネスなんてやってる暇はない。
 ・Bさんに対し本業の話をしても「今は興味がないから。」といい、
  周りの話が聞こえなくなっていて、Bさんがすっかり「はまって」いるように見えた。
 ・自分が正しくビジネスしても、世の中の一般的な見方は、
  やはり「マルチまがい」であり、胡散臭いという印象は拭えない。
というような話をいろいろな角度からして盛り上がり、
2人ともビジネスはしない、と決めたそうです。はー、とりあえずはよかったです。

私が説得して解けたというより、外で勝手に解けてきた、という感じでもありますが、
Aさんと話しているときも、「○○(←私)はこう言っていた」とか、
私の言葉が何カ所かで引用されていたようで、私の説得も少しは効力があったのかな、
とも思っています。(でも主人はそれを認めたくはなかったりするのかも?!)
Aさんもおそらくまだそんなにはマインドコントロールがかかっていなかったようで、
ホントにラッキーでした。

ただ、まだ少し心配なのは、
 ・商品はいいものらしいから使ってみる。
 ・ネットワークビジネスが被害を生むとは今ひとつ思えない。
 ・(私が「今からやっても儲からない」というが、)それはそうとも言えないと思う。
など、未だにマルチ自体は肯定するような発言もしていることです。
私は、できれば完全に気づいて欲しくて、少し焦って、
この掲示板のコピーや批判本などをちらっと見せたりしたのですが、
「そういうのはいいよ。今は疲れているし見たくない。」と拒否されました。

あと、主人はBさんに対し(私との約束なので)セミナーには今後行かない、
はっきり断ったそうですが、Aさんは後輩の頼みでもあり、近日中に行われるセミナーに
とりあえず行くことは行くようです。それでまた復活したら。。。

また、ディストリビュータになってしまったことで、
そのBさんからの勧誘がより激しくなることは必至でしょう。
だんなに「Bさんとは接触しちゃだめだよ。」と言うと、
「Bには俺を勧誘するだけのセールステクニックはないよ。」と過信しています。
元々のBさんにはその力がなくても、
そういう心理操作のテクニックをすでに刷り込まれている可能性もあるし、
向こうは「ビジネスを始めるのは相手のためだから」と熱心に勧誘してくるだろうし。
心理操作って、そのテクニックを持っている人と数分話すだけで、
自分ではもちろん気づかずに誰でもかかってしまう可能性があるのですよね?

あんまり何度も私が「話を聞いちゃダメ」と念を押すので、
「しつこいよ。わかったよ。大丈夫だって。」と少し怒ってました。
とりあえず、やめてくれる、と言われた安心感もあって、
ついでに、私が別件で気になっていた金銭問題にも触れ、
「商品を使ってみるとか言ってるけど、家計を引き締めなくてはいけないときに、
 市販の何倍もするシャンプーをどうして使う必要があるのよ。」
と私も少し喧嘩を売ってしまい、「やめる」と言ってくれて嬉しい割に、
ちょっと険悪な雰囲気でした。

昨日の夜は、「解けてきたのかな。」といううれしさと、
「ホントに大丈夫だろうか」という不安で、なんだか結局一睡もできませんでした。
自分の精神状態もここで少しメンテナンスしてあげないといけないのかもしれないですね。

こんな感じですが、どう思いますか?まだ気を抜いちゃいけないでしょうか?
客観的なアドバイスがあればよろしくお願いします。
「ものつくり屋」 さん 2000年 10月 04日 12時 15分 40秒
こんにちは、「家族を守りたい」さん。今が一番難しい時かも知れませんね。

マインドコントロールというのは、「心理操作環境を作る」ことで、様々な事柄をきちんと比較する力を弱
め、人を特定の「心理操作環境」に長期間置くことで引き起こされるのです。

>その後、Bさんが帰り、主人とAさんで飲みながら、
> ・サイドビジネスと言っても、時間・労力が取られるのは目に見えている。
>  今は、お互い、本業に注力し、がんばるときではないか。
>  本業を真剣にやるのなら、サイドビジネスなんてやってる暇はない。
> ・Bさんに対し本業の話をしても「今は興味がないから。」といい、
>  周りの話が聞こえなくなっていて、Bさんがすっかり「はまって」いるように見えた。
> ・自分が正しくビジネスしても、世の中の一般的な見方は、
>  やはり「マルチまがい」であり、胡散臭いという印象は拭えない。

この時には、健全な社会比較が取り戻せている様に見えます。そして、それをご友人と話すことで、取り戻された社会比較はかなり強められています。
しかし、

> ・商品はいいものらしいから使ってみる。
> ・ネットワークビジネスが被害を生むとは今ひとつ思えない。
> ・(私が「今からやっても儲からない」というが、)それはそうとも言えないと思う。
>など、未だにマルチ自体は肯定するような発言もしていることです。

となるのは、Bさんから最初に話を聞いた時に「これは、良い話だ!」と心が高揚した事と関係します。その時、日常生活ではあまり感じない「心地良い興奮」を体験されているのです。人は残念な事に「情緒判断」の生き物です。心地良かった事というのは「悪く思えない」ものなのです。催眠商法の投資話なんかで、苦労してお金を取り戻したはずの方が「今でも、本当に悪い話とは信じ切れない」などと言われる場合があります(間に入った弁護士なんかが「がっくりと疲労を覚える」瞬間ですね;笑)。

だから、危険なのです。再度「心理操作環境」に入ったとき、社会比較が簡単に弱まる状態なのです。ご主人がBさんと会う機会を減らしたい所ですが、なかなか人の行動を掣肘するというのは難しいですよね。感情的に不快感を覚えるような無理をすると逆にBさんと会った時に「不快な事から逃れて快感に会う」という形が生じるのは困りますね。だから、日常的な会話を増やす事で社会比較を強める方向を考えて下さい。
話題はニュースキンの事でなければ何でもかまわないですが、本人の「金銭的欲求」を刺激する話題は避けて下さい(考えてみるとこれも難しいですね)。

>心理操作って、そのテクニックを持っている人と数分話すだけで、
>自分ではもちろん気づかずに誰でもかかってしまう可能性があるのですよね?

統一協会なんかで、新規信者の勧誘をしたり最初の教育をしたりする人間が「心理学」を心得ている訳ではありませんよね。ただ、ひたすら沢山の人間を相手にしてくると、会話のやりとりがパターン化される部分があるのです。そしてそれが「勧誘・質問回答のマニュアル」と成って行くわけです。「質問に対して即座に確信的な回答が返ってくる」という会話のスタイルそのものが実は1つの「心理操作技術」でもあるのです。「そう思われますか、でもそれは偏見による誤解なんですよ」といった切り口で返答が即座に返ると、人はその返答の中身よりも、その迅速さに「信頼感」を感じてしまう部分があるのです(実の所、私は良く使っています、「難しい問題に思えますが、3つの要素を解決すれば良いと思います」と即座に返答しちゃう訳です、でもって私の場合はマニュアルがないから要素はそれから考えるのですけどね。人は「聡明で明快な人だ」と信頼してくれますよ;笑)。

シャンプーなんかの製品については、どうしても使いたいなら「できるだけ苦労せずに手に入れさせた」方が良かったりします。人間って変な生き物でね、「苦労して手に入れた物」って、本来の品質以上に良く感じてしまったりもします。ニュースキンの製品についてはニュースキンからではなくネット通販で手に入れる事もできます。定価の30%オフだそうです。

http://inaturainc.com/

この店は、何やっているかというと、ボーナスランクが欲しくて「買い込み」しちゃった参加者から買って
売っているのだろうと言われています。
家族を守りたい さん 2000年 10月 04日 12時 17分 09秒
るなてぃっくさんにもログの方でお返事いただいていたんですね。
お礼が遅くなりましたが、力強い励ましのお言葉ありがとうございます。

昨日の反応、どう思われますか?
間違いなく前進しているとは思うのですが、
るなてぃっくさんがいつかご心配になっていたのと同じで、
また違うマルチに誘われたら、同じことになりそうで、
しっかり「マルチはダメ」と釘を指しておきたい気がしちゃうんですよね。

P.S.昨日のNHKのプロジェクトX「悪から金を取り戻せ
  〜豊田商事事件、中坊公平チームの闘い〜」
  ご覧になった方いますか?感動しました。
  かつさんが書き込みされていた紀藤弁護士さんへの期待が
  思わず強くなっちゃいました。
家族を守りたい さん 2000年 10月 04日 13時 22分 27秒
「ものつくり屋」さん、いつも適切なアドバイスをありがとうございます。

そうですか。やっぱりまだ完全に解けた訳ではないのですね。
また、戻る可能性もあるんですね。
実は、自分でもまだ元の主人ではないと実感していて、不安で、
どなたかに「もう大丈夫」っていっていただきたくてメールしたんですけど、
そんなに一朝一夕には解決しないのですね。
昨日の夜や今朝の主人の様子はあまり元気がなかった気がします。
それなのに、ちょっと言い争ってしまって。。。うー、反省。

わかりました。今日からもう主人の前で、ニュースキンの話はしません。
金銭的欲求の方は、結構なんでも関係しちゃいそうで難しいですが、
「家計を切りつめる」とかいう話はしないようにします。
思いっきり関係ないこと、おしゃべりしちゃおうっと。(それは結構得意 ^^;)

あとは、Bさんと(セミナー受講後また復活する可能性がある)Aさんとの接触を
主人の気に障らない程度に防止してみます。

実はいろいろな伏線があって、詳しく説明するのは難しいのですが、
主人を虜にしたのは、BさんでもAさんでもないと思います。
ニュースキンで月収100万以上を稼いでいるらしいCさん(私も具体的にこの人の
ことは知りません。あるいは複数人いるかも)です。
主人はCさん(達?)のことは人格者だと思っているようです。
このCさん(達)に、ニュースキンのセミナーとかではなく、11月中旬頃会う可能性が高いです。
これは私の力では、参加をかなり阻止しにくい会合です。
Bさん、AさんよりもこのCさん(達)に会うことの方がかなり危険だと思われます。
とりあえずあと1ヶ月ありますが、それまでに普通の会話で「社会比較」を取り戻し、
再び戻らないように確定できるでしょうか?

またまた長文ですいません。
「ものつくり屋」 さん 2000年 10月 04日 15時 05分 06秒
会社名: ニュースキン

こんにちは、「家族を守りたい」さん。

>そんなに一朝一夕には解決しないのですね。

辛いけど、のぼる山の高さを見る前に、のぼってきた登山道を見下ろして見ましょうよ。最初にこの掲示板に書き込まれた時からみれば、ずいぶん事態は良くなっていませんか? ご友人とはまりこまれた別なご友人の事を「おかしい」と話せるところまで来たのですよ。あせらず頑張ればかならず成功しますよ(う〜、なんとなくMLMのアップがダウンを激励しているのと同じ事を書いている;笑)。

>主人を虜にしたのは、BさんでもAさんでもないと思います。
>ニュースキンで月収100万以上を稼いでいるらしいCさん(私も具体的にこの人の
>ことは知りません。あるいは複数人いるかも)です。

お読みの皆さんへの知識普及も含めて勧誘方法における「ABC」というやり方の事を説明しましょう。
Cさん(クライアント)を勧誘するのに、Cさんと面識のあるBさん(ブリッヂ:橋渡し役)が、「すごい
人・詳しい人」というふれこみでAさん(アドバイザー:説明役)を紹介するというやり方です。
CさんとAさんの間は特に知り合いでは無い方がよろしいようです。

1.まずBさんは、CさんにAさんをひたすら誉めて紹介します(「T−up」と呼びます)。Cさんには
  初対面のAさんに対して「警戒感」と「遠慮」があります。Bさんとの人間関係を使って、Cさんの「
  警戒心」は和らぎますが「誉める」という行為の場合、Bさんに対しては「顔を潰してはまずい」とい
  う遠慮を強める配慮が働いて、「おとなしく話を聞く」という状況が生じます。知り合いのBさんにな
  ら「その話、ちょっと変だぞ」と直ぐに反論することでも「まあ聞き終わってからにするか」となる訳
  です。おとなしく話を聞かざるを得ないって状況も心理操作環境の1つなんです。
2.Aさんは、自分がいかに「成功しているか」を交えながら話します。実際に持っているものや乗ってい
  る車なんかも高級なものだったりします。実際、「MLMで大借金こさえた人」というのはこのAをこ
  なした人に良く見受けられます(もちろん、実際に収入がある場合もありますが、無理している人もい
  ると言うことです)。ただ、Cさんにはその真の姿は分かりません。そして、Aさんの話の間中、Bさ
  んは「そうだ、そうだ」と同意し続けます。実の所3人でも「集団同調性」という人間の性質は発揮さ
  れます。3人の内2人までが同意している訳です。そして、勧誘の為であっても「同意」という行動を
  取り続けるBさんの内部では「一貫性」という性質が発揮され「確信を深めて」行きます。
  知り合いのBさんが「確信的に同意している」という事はCさんの「集団同調性」を高めます。
3.必ずしもこうする訳ではありませんが、Aさんは「忙しくて」、そう何度もCさんに話をすることは出
  来ないという事にする事が多いです(ダウンが多くなると実際に忙しく、身体を壊す状態になるの人も
  結構居るようです)。このことにより、この勧誘はBさんの努力によるCさんへの「好意」という事に
  なります。「好意返報性」という性質が発揮されます。また、この話事態が「希な機会」という事で「
  希少性による価値錯誤」も起こり易くなります。

とまあ、その他色々ありますがこんな感じで「心理操作の状況」をつくり上げる訳です。こういうやり方そ
のものが悪い訳では無いのです。実は、最近気が付いたのですが、やはり私も似たような事やってます。長い付き合いある、取引先の営業所長が新人の営業マンを連れて、「売り込み」ではなく「ごきけん伺い」に来るのですよ。まあ、互いに「狸親父」なんですけど、いつの間にか「営業マンの心得」みたいな話を私にさせて、その営業所長はひたすら同意してたりするのですよ。要は新人の営業マンがCで、営業所長がBで私の役割がAという訳です。何のことは無い、「営業マン教育」の片棒担がされている(笑)。

>とりあえずあと1ヶ月ありますが、それまでに普通の会話で「社会比較」を取り戻し、
>再び戻らないように確定できるでしょうか?

大丈夫!って言って上げたいけど、なかなか言えない。一ヶ月間、そういった心理操作の機会がなければ、かなり回復するとは思うのだけど・・・。その間に何がどうなるかによります。
るなてぃっく さん 2000年 10月 05日 00時 47分 08秒
家族を守りたいさんへ

>>昨日の反応、どう思われますか?
間違いなく前進しているとは思うのですが、
るなてぃっくさんがいつかご心配になっていたのと同じで、
また違うマルチに誘われたら、同じことになりそうで、
しっかり「マルチはダメ」と釘を指しておきたい気がしちゃうんですよね。

間違いなく前進している、これだけで今は十分だと思います。むしろ突っ走っていきなり
解決してしまう方が怖いくらい、のよーな気がします。
今はおそらく家族を守りたいさんの心身状態もベストとは言えないと思うので
(クドクてごめんなさい)、まずはそれを良くされるのが一番で、お子さんのお世話が2番、
ご主人の説得は、3番です。勝手に順番つけてしまってごめんなさい。お子さんも、実親がいなくても
なんだかんだいってても他にも育ててくれる方法や人はたくさんありますが、あなたの代わりは
あなたしかいないですから…

確かに私も彼が「また他のマルチにはまったらどうしよう?」って心配しています。
そのためにちょっとでもひっかかりそうな情報は、引き続き集めていますし、ここでもお世話に
なっています。
が、それらは全て、彼がスカイビズを抜けた後の話です。
今はまだ、今現在進行している問題に集中された方がお二人にとって良いのではないかと思います。
それが「焦らない」ということの一つではないでしょうか。
しばた さん 2000年 10月 11日 15時 21分 26秒
『家族を守りたい』さんへ
はじめに言いますが、私は肯定派です。

 『収入を多く得たい』『○○が欲しい』『家族を楽にしたい』という気持が強ければ強い人ほどネットワークビジネスと名前のつく仕事に対して警戒心が強いと思います。理由は、とにかくそれらが満たされたいからこそ慎重に、『本当に儲かるの?』をこの目で確かめるまで納得しない決心をしているからでしょう。
 しかし、この時点で既にマインドコントロールはされています。実際はマインドコントロールというより、本人の『理解』なのですけれど。。。。

 誰にでもビジネスを始めようと思う理由があるはずです。理由が何であれ、家族のだれかがビジネスを始めようとしている人間の『理解』したビジネス以上のプランを提案してあげなければ誰も納得できる解決をしないのではと思うのです。
 ただし、世間話や雑誌の一説だけを取り上げた批評や評論からの攻撃だけではなく、ビジネスプランの内容確認と合わせて行うべきではないでしょうか。
たろぽん さん 2000年 11月 21日 06時 36分 10秒
ものつくりやさんの記事の中の、
> 自分が経験したものは良くなかったけど、
> MLMそのものには可能性を感じる

という部分。私もこの思いにとらわれて、2年ほど悩みました。
正しいやり方で自然体で、強引な方法は使わずにやれば成功できるのでは・・・。
しかし成功の方法は上位の成功者しかわからない。(←一理あるような気がしてしまう。)
時間を無理やり作り、ミーティングに通う・・・。

しかし、そんなことに無駄な時間を費やしてるうちに、
仕事に必要な知識、微積・計算理論、今まで時間をかけて磨いてきたものが、
すっかりなまくらになっていました。
MLMをやるかどうかで悩むなら、自分の武器に磨きをかけたほうがいい。
やはり家族を守るには安定した収入が必要だと、
この掲示板で再認識しました。真夢理さん、みなさんありがとうございました。
「ものつくり屋」 さん 2000年 11月 21日 09時 59分 32秒
会社名:MLM全般

こんにちは、たろぽんさん、そして皆さん。
MLMに可能性を感じる方は大きく分けて2種類おられる気がします。

1つはジャーナリズムや経済アナリシスなどの専門家の中で、MLM参加者の熱意に惹かれた方です。確かに様々な経済状況を解析していると「閉塞感」の様なものを感じる事は多く、その閉塞感の中で「希望が見えない」消費者(労働者) や経営者を見る機会も多い訳です。その中で、熱意に燃える様に活動されている方を見れば「何かあるのかも?」と思ってしまう部分はある訳です。しかし、私はそういう方に「今の状態は、経済そのものが成人になったのに成長期の習慣をそのまま引きずった事によって生じている『生活習慣病」の症状なのです。解決策はMLMの様な『健康食品による一過性の症状軽減』ではなく、地味で苦しい生活習慣の改善しかないのです」と申し上げる事にしています。

そしてもう一つが、たろぽんさんがおっしゃられている「一度経験された方々」です。

>正しいやり方で自然体で、強引な方法は使わずにやれば成功できるのでは・・・。

現代の社会で、きちんと自らの専門性を磨き、その専門性を売って報酬を得る事の「満足感」はあまり見えてきません。特に「専門性」という事に何か誤解がある気がします。お客の質問に的確に答えることのできる「売り子」さんも立派な専門家です。レジを打ちながら「売れ筋商品のトレンド」を仕入部に伝える事のできるレジ係は、変にお金ばかりとるマーケットリサーチ会社より的確だったりします(このまえテレビでレジのパートさんに、仕入れ品の値付けを相談している会社が紹介されていました)。そういった、今は小さく評価されている専門性をきちんと活用できる企業から「生活習慣」の改善が起こるのだろうと思っています。それは、経営の責任であると共に、「なんとなく気分の良い店、気分の良い製品」を選ぶことで消費者が経営者に、「働く者の専門性を大事にする事」を認識させる事では無いでしょうか。こういう考え方に立つとき、現代の製造・販売を「変わらないもの」として喧伝し、消費者を「専門性に欠けた販売者・販売組織勧誘者」にするシステムであるMLMが、「生活習慣」の改善を阻害する様な「健康食品」とダブって見えてしまうのです。
家族を守りたい さん 2000年 11月 21日 10時 22分 01秒
会社名: ニュースキン、他

ものつくり屋さん、RESありがとうございました。

後遺症ですか。。。なるほど、なかなかこれでもう大丈夫とはいかないのですね。はぁ。
たろぽんさんみたいに、「MLMをやるかどうかで悩むなら、
自分の武器に磨きをかけたほうがいい。やはり家族を守るには安定した収入が必要。」
としっかりと思ってくれるといいんですけどね。
#でもそういう意味でいうと、主人が今、ネットワークの人に断っている理由は、
 「本業をしっかりやるので忙しくてそんなことしている時間はないよ。」ということなので、
 たろぽんさんと基本的には同じ考えですよね。
 ネットワークが悪徳だ云々より、
 その路線(サイドビジネスなんていっても時間ばっかりかかる)で話をしていった方が
 いいのかもしれないですね。(弱いでしょうか?)

「勧誘にさらされる機会」を減らした方がいいということですが、
主人は本業がダイレクトセールスなので、非常に難しいですね。
ネットワークの人とバータで取引したり(それでうちに一時期ニューウェイズの製品もありました)、
本業の方のお客さんを紹介してもらったりもしてるみたいだし。
主人はネットワークの「人」となりを見て、よい人間だと判断しているらしく、
元々人付き合いのよい性格なので、あんまり誘いを断ったりしないんですよ。

ネットワークに対する執着は、以前と違い、お金に対する執着というより、
「人」に対して一度寄せた信頼を他人の意見では変えられないという感じでしょうか。
実際、主人がセールスマンとして信頼を寄せたネットワークの「人」個人としては
悪い人ではないのでしょうから。
主人がよい人と思っている浄水器の方の会社の人について私が知っている情報を
もう少し詳しく書くと、
・その人とは販売能力向上セミナーで知り合い、当時も、ある業界(非常に堅い業界)で
 トップクラスのセールスマンだった。
・知り合った当初は、お互いに多数に勧誘にくるネットワークの人に対して、
 「ネットワークはどうもね。。。」と批判的で2人ともその点で意見が合っていた。
・ところが、数ヶ月後のフォロー研修の時に会ったら、彼は元の会社を辞め、
 浄水器のネットワークの会社に就職してしまっていて主人も驚いた。
・最近の話では、大きな代理店になったらしく月収200万円程度稼いでいて、
 主人にも是非、と勧めている。
という感じで、今はニュースキンよりこっちの会社の誘いの方が私は怖いです。
ただ、私の印象ですが、その浄水器の会社は、マルチのシステムは取っていますが、
苦情の坩堝には会社名はのっていませんし(会社が小さいせいかも)、
米国系の会社ほどあこぎな感じではありません。
営業マン教育のシステムもそれなりには整備されているらしいです。
浄水器を一度キャンセルしたときもスムーズに対応してくれたし。
でも私はマルチの形態は嫌ですけどね。

主人がネットワークをやらない理由には「私の強硬な反対」もあるでしょう。
主人は私がネットワークを毛嫌いしていると思っていて、
「人間嫌いなものは仕方がない。俺が納豆好きでも嫌いな人もいるもんな。」
と言っています。
ネットワークの人に断るときのもう一つの理由が、
「家族の同意を得られないからやらない。」と言っているみたいです。

だらだらと書いてしまいましたが、何かご指摘ありますでしょうか?
たろぽんさんからも何かアドバイスありましたらお願いします。

ものつくり屋さんの書き込みと前後してしまいましたが、

>様々な経済状況を解析していると「閉塞感」の様なものを感じる事は多く、
>その閉塞感の中で「希望が見えない」消費者(労働者) や経営者を見る機会も多い訳です。
>その中で、熱意に燃える様に活動されている方を見れば「何かあるのかも?」と思ってしまう
>部分はある訳です。

その通りだと思います。主人の本業の業界は非常に閉塞感が強く、外資の参入などもあり、
淘汰される傾向が強いです。その中でなんとか生き残っていこうと勉強し、
努力しているのですが、急激に月収百万円になるようなリザルトはでず、
そんな中、モチベーションを持ち続けるのも大変なようです。
時代がネットワークのような「仮想夢」を見やすくなっているのですね。
「ものつくり屋」 さん 2000年 11月 21日 12時 08分 40秒
会社名:ニュースキン

こんにちは、家族を守りたいさん。

ちょっと私事めいてしまうけど、昨日の国会の欠席を決めた後の加藤元幹事長の顔を見たとき、「あ〜、私もこんな顔した時があったな」なんて思いました。協力してくれる仲間を募って、大きな仕事に取りかかり「やれる」と思った時に大きな波がきて、あと1つの「踏ん張り」が効かなくて話が壊れていく・・・。仲間達に「すまない、でも今の私には踏ん張れない」と謝るしかなかった・・・。本気で様々な夢を見ましたよ、「もうここには居られない」って思っていたからね。でも、事態を収拾して、それなりに後始末を続けて居るうちに、自分に何が足らなかったのかが見えてくるのですよ。「ああすれば良かった、こうすれば良かった」ってね。そして、「おまえ、いったい何処まで先を読んでいるんだ」って言われる様になる事でしか取り返せない信頼ってのがあるんですよ。

>時代がネットワークのような「仮想夢」を見やすくなっているのですね。

くだらない事を書いてしまいました。私だって様々な「夢」をみます。でも現実は何時だって目の前にある。それを変えたければ「能力」を磨くことしか無いのだろうと思います。お金は使えば無くなるし、人に与えられた「権力」は、人に取り上げられる事もある。でも自分が磨いた「能力」だけは自分のものなんです。
たいした「能力」じゃなくても、それだけが「誰にも取り上げることはできない」ものですからね。

ご主人が、どんな仕事をされているのか詳しくは知らないけれど、どんな仕事にだって「専門性」はあるのですよ。そして、その専門性をきちんと「自分のもの」にして「満足せずに磨く」事をお勧めされると良いのでは無いでしょうか?

数年前ですが、長い間取引のあった商社が潰れました。そこの営業マンを何人も知っていたので、心配しましたが、きちんと能力を磨いていた方はそれなりに別な会社(その会社の持っていた販路を惜しんで、メーカーが出資して作った会社もあります)で仕事を続けています。彼らは、会社が無くなっても消えることの無い「何か」を持っていたのだろうと思います。

変な書き込みになってしまいました。すみません。

はじめまして。今この会社の人に誘われて片足つっこんでる状態です。いろいろ調べようとしていたら、このページを見つけました。早速お聞きしたいのですが、扱っている商品は、良い品なのですか?値段は適正だと思いますか?教えて下さい。それさえ良ければ、やっていても問題は無いと思うのですが・・・?
(情報提供:よじすけ さん ) 2000/09/12
涅槃 さん 2000年 09月 24日 12時 58分 48秒
日本貿易振興会のK君。
ニュースキンの営業をするのはやめなさい。
特殊法人職員は公務員扱いなのですから兼職は禁止されてます。
勧誘で夜遅いのかもしれませんが堂々と遅刻するのはやめなさい。
あなたの遅刻分、他の人の仕事が停滞するのですよ。

日本貿易振興会の人事(部?課?)の方々。
K君のニュースキン・ディストリビューターとしての活動は有名なはずです。
遅刻の連続も一番把握してるのはあなた方でしょう。
なぜ咎めないのですか?
パパが通産省の偉いさんだからですか?

ニュースキンの方々。
K君が兼職を禁止されてる身分だということはご存知のはずです。
なぜ、除名しないのですか?
社会的なルールより自分達の儲けの方が大切ですか?
匿名でごめんなさい さん 2000年 09月 26日 14時 29分 55秒
会社名: ニュースキン

ある人を引き留めたくてHPを探していたら、
あるサイトでこんな文章を見つけました。
(こういう引用って著作権侵害かしら??
 管理人さん、もしまずければ削除してください。)

なんとなく胡散臭いのは確かですが、
どこがどう間違っているかうまく指摘できません。

どなたか、どこがどうおかしいのか、指摘してくれませんか?

あと、ビッグプラネットのHPの「よくある質問」コーナーで、
「ビッグプラネットディビジョンでは現在レプレゼンタティブの
登録は受け付けていません」とあったのですが、
レプレゼンタティブって何ですか?
ビッグプラネット自体、
ニュースキンの製品がオンラインで買えてポイントが付く以外に
単なるプロバイダサービスとどこが違うのでしょうか?
これ自体がマルチまがいになるのでしょうか?
ご存知の方教えてください。

---
「人から人へ伝えるビジネス」

ニュースキンの仕事は人から人へ伝える仕事なんですよ
え〜っ?物を売るんじゃないんですか!?
もちろん商品やサービスを販売します。でも単なる小売業じゃありません
というと?
ニュースキンという会社の製品の良さをみんなで分かち合う「愛用者ネットワーク」を
作っていくのが仕事です
愛用者ネットワークですか?
自分で気に入って愛用している商品をお友達や知り合いに教えてあげるの
そして教えた相手がその商品をいいと感じたらその人が今度は自分のお友達や知り合いに
教えていく。そうやって作られていくネットワークだから愛用者ネットワーク
あっわかる!だって斉藤さんからいただいたサンプルを使ってみてホントに
いいと思ったから私、お友達にも教えてあげたんですよ
自然にそういう気持ちになるんですよね、ニュースキンの商品って
興味深い調査結果があります。米国のウオールストリートジャーナル紙が
消費者がどんな動機で商品を購入するのかを一般消費者を対象に調査したところ
65%の人が友人に勧められた商品なら使ってみると回答しているんですよ。
見ず知らずの他人からいくら口すっぱく薦められても購買動機にはなりにくい
普段から様々な情報をやりとりしている間柄の友人が推薦するものなら
とにかく試してみようと思う人が全体の65%もいるということですね
お友達からニュースキンの製品やサービスを薦められたら一度は使ってみようと
思う人が100人中65人もいるということなの
自分で愛用して商品の良さを実感しているからこそみんなに教えてあげたくなるんです
どこかでずっごくおいしいラーメン屋を見つけたら絶対みんなに教えたくなるのと同じことね!
ええ。ですから何よりもまずニュースキンの愛用者でなければこの仕事はできません
自分が自信をもって友人や知人にすすめられる商品でなければ大切な友達や知り合いに
伝えることなんてできませんよね。変なものをすすめたら友達をなくしちゃう。
つまり自信をもって友人や知人にすすめられる商品でなければ
ネットワークマーケティングビジネスは成立しないということです。
マルチ商法とは全然違いますね
そうなんですよ。1年前マルチ商法だなんて疑った自分が恥ずかしいわ
どうでもいいような商品を法外に高い値段で売りつけるのがマルチ商法でしょ。
愛用している商品をみんなにすすめるニュースキンとは全然違うわ
私たちの話を聞いてもらえればすぐにわかることです
そういう意味では斉藤さんたちはニュースキン商品のよさやビジネスを
フェイステュフェイスで伝える宣伝部員でもあるんですね
ネットワークマーケティングビジネスのおもしろさはそうやって愛用者の
ネットワークを広げていくとそのネットワークの中で購入された商品のセールス
ボリュームの何%かをコミッションとしてもらえ、さらにネットワークを広げていく
人材を育てるとその報酬としてボーナスをもらえるところにあるんですよ!
すごい!
そうなんですよ。ディストリビューターになると素晴らしいビジネスチャンスがあるんです
それをひとりでも多くの人に伝えていくことで自分も大きなチャンスを手に
することができる。それが、ニュースキンなんです!

どうすればニュースキンの仕事を始められますか?
ディストリビューター登録をするだけです。あとは私達が高橋さんたちの
ネットワークづくりのお手伝いをさせていただきます。そうすることが
私たちの仕事ですから
よろしくお願いします
みんなで助け合って大きな夢をつかみましょう
ニュースキンという会社のことをもっと知りたくなりました
この本を読むとニュースキンという会社がどういう会社かよくわかってもらえるでしょう

それにインターネットにもニュースキンのHPがありますよ
き〜めた。やっぱりパソコンを買おうっと!
そうするか!

(その後)
30人くらいに電話をしてニュースキンの話をしたんだけど、まだひとりも
スポンサーできないんだよ
30人にふられちゃったわけ?
なんでこんなに素晴らしいチャンスがあるのに気づいてくれないんだろう
ニュースキンの仕事はそう簡単に結果がでないんです。
私たちだってはじめはそうでしたよ。
最初にスポンサーするまで50人くらいに伝えましたね
ニュースキンって続けていくことがすごく大切なんです。続けていけば必ず成果が出てきますから
でもくじけたりしませんでした?
はじめの頃はそんなこともありましたけど今思うとこのビジネスに対する確信が
なかったのが原因だと思います。

確信ですか?
ニュースキンを続けていれば
絶対にチャンスを手にできて自分たちの人生を変えることも
ダウンの人たちの人生を変えることもできるっていう確信です。
少しは自分も世の中の役に立てるってことですね
ええ、それがニュースキンなんです。だから続けられる

みんなで大きな夢に向かって頑張りましょう
なんか元気が出てきたぞー!
夢を持つとこんなに元気が出てくるものなのね

今日一日がとっても大切になってくるんです
ありがとうございます。確信がもてた感じですよ

販売者が設立して、どうして「愛用者」ネットワークと呼べるのか??洗脳集団の誤りでは??(匿名希望 さん)





友達や身内にしか勧められないようなビジネスは、「顧客」と言う扱いを販売者に疎かにさせ、本来行き届く筈のフォローさえ怠る結果を招きます。「本当の良い商品は赤の他人にでも販売できる」筈です。身内や友人に頼るのは、セールスマンとしての腕のない証拠。こんなあいまいな「業者」が販売しているのです。





「良い商品」と強く思う事は一種の洗脳に過ぎません。選ぶ権利は消費者にあります。洗脳は選択範囲を縮小させ、消費者の視野を狭くさせてしまいます。市場は広く、選択範囲も無限大に等しいのに、たった一つの選択肢しか与えないのは問題です。








商品を販売して粗益を得るのならば問題は生じませんが、紹介した人の売上までが上の人間に流れるシステムは人間関係にトラブルを生じます。













ここで、使ってはならない禁句を使っています。「絶対」と言う言葉は違法に等しい言葉です。どんなことでも、絶対と言う事はあり得ないのです。つまり虚偽の説明です。この言葉を使う業者にまともな方はいません。




消費者には、
4つの権利があります。
  ・安全の権利
  ・知る権利
  ・選ぶ権利
  ・意見を聞いてもらう権利
これに目隠しするような真似をしてはなりません。

「ものつくり屋」 さん 2000年 09月 26日 19時 04分 49秒
こんにちは、匿名でごめんなさいさん。

>ある人を引き留めたくてHPを探していたら、あるサイトでこんな文章を見つけました。
>なんとなく胡散臭いのは確かですが、どこがどう間違っているかうまく指摘できません。

こういう話に対するイチャモンで簡単に引き留められるなら良いのですがね・・・。
詳しくきちんと説明したいのだけど、とてつもなく長い説明になってしまいそうだからエッセンスのみとい
う事で。

まず、「売り手」と「買い手」という事をよく考えて欲しいわけです。

「人から人へ伝えるビジネス」と言うことは情報を伝達して報酬を得ると言うことですから「情報の売り手」な訳です。そして、「情報の売り手」に架せられる商道徳は「情報の質」な訳です。或る意味で、なぜ多くの苦情がなぜ「騙す騙される」という話になるのでしょう。情報の質が悪化しているからです。自分が体感して「良い製品と感じた」と言う。それだけで人が使うので有れば、何も問題は無い訳です。でも「何故、良い製品と感じたのか」という質問が出るわけです。その時に「全て証拠が示せる情報」で答えるなら「騙す騙される」の話は無いわけです。実際、元々の出所さへ特定できないアップ受け売りという「粗悪な情報」を売って利益を貪ろうとするから「悪徳な情報の売り手」に成るわけです。そして「情報の売り手」という言い方にも欺瞞があります。それなら情報を伝えるだけで「買い手」が商品購入をしなくても利益になるでしょうか?
成りはしません。TVCMなどの場合、流した結果として「売れようと売れまいと」、流しただけの費用は「売り手」から(間接的には商品価格に含まれる広告費の形で「買い手」から)払われる訳です。伝えるビジネスなどと言うので有れば、結果を問わずに伝達について費用が払われなくてはなりません。

「お友達からニュースキンの製品やサービスを薦められたら一度は使ってみようと思う人が100人中65人もいるということなの」は何故でしょう。普通「買い手」が「買い手」に何かを「良かった」と勧める場合には、そこに「利益による動機付け」はありません。これは重要な事です。或る意味で「勧めても得に成るわけでも無いのに勧める」からこそ「人に言いたいほど良かったのだな、一度使ってみよう」という気にさせる力を持つわけです。そして、友人・知人に伝える時、自らに入る利益について言わなければ、それは「相手に、意図的に錯誤を引き起こす欺瞞」となりますし、利益について言えば、相手に「無報酬の推薦」という無意識感じさせることのできる力を失わせる事に成るわけです。

なんか、少し疲れ気味でこれ以上書く気になれません。尻切れですみません。
かつ さん 2000年 09月 27日 07時 36分 01秒
匿名でごめんなさいさんへ。
そんなあなたにお勧めの書籍です。
http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/ref/books/164.html
http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/ref/books/174.html
http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/ref/books/180.html
結構高い本ですから、図書館で借りるのも手ですね。

また、ニュースキンには直接関係ないですが、最近の悪徳商法関連の開設本が紀藤弁護士著で新創刊されました。
特に社名が出ているわけではないのでわかりにくいですが、最近ある詐欺手法を見るには面白い本です。

「悪徳商法・詐欺と騙しの罠」
弁護士 紀藤正樹 著  日本文芸社 定価:1260円(税込み)

ちなみに弁護士である氏は
・ネットワークビジネス、MLMとは単に名前を変えたマルチ商法である!
・マルチ商法とネズミ講との違いは商品が介在するだけ!
・日本アムウェイやニュースキンといったネットワークビジネスの大手も、
 マルチ業者といって差し支えない。
と、同書籍の中に書いています。
また現行法である訪問販売法で取り締まれないのは単に訪問販売法の立法趣旨が違うからとも。
つまりMLMを取り締まるべく新しい法律を制定すること望まれているということです。
この動き、現行法で取り締まれなかったネズミ講に対して無限連鎖防止法が制定された背景と同じですね。
桜文鳥 さん 2000年 10月 01日 01時 32分 29秒
本職(会社づとめ)が倒産しそうだからといって
ニュースキンにはまった人がいた。
ニュースキンは今でも会員の活動は
活発なのですか?

私の周りでかなりの勢いで伸びています。私も友達に連れられていろいろなセミナーを受けています。ミイラ取りがミイラになる一歩手前の状態です。今の内部の内部のことはだいたいわかります。とにかくどうにかして友達を辞めさせたいんです。もう百万近くつぎ込んでます。しかも友達の直のアップがギャグナーでも話題になる位に実績を収め始めてしまいやりようがありません。
どうしたらよいものですかね?ちなみにここ最近のセミナーのノートなどの情報あります。
(情報提供: ももじ さん)kohome1@360.cc  2000/09/29
村人A さん 2000年 10月 04日 20時 47分 15秒
はじめまして。
昨日、退職した同僚から急に「今日の夕方に時間を空けてほしい」と連絡があったので、
何とか時間を作って(私事ですが人員補充がなかったのでその同僚の仕事は私にスライドしてきました)
会ったのですが、その用事というのがニュースキンの説明会でした。

まあ、ずいぶん前の席で話を聞かされた以上の事はなく、話の内容は「ふーん」という感じでした。
ネットワークの形成という点はわかりましたが、どうやって広げるのかは次回のセミナーで説明するとの
ことでした。しかし、話から考えると結局お客さんを広げないと自分は稼げない、というように思えます。
私は人に対する応対や問答が下手なので、乗り気でないのですが、その同僚は今日も職場に電話をかけてきて
「君のためだ」とか「今やらないとチャンスを逃す」などいろいろと言葉を述べて、
次回のセミナーに参加する時間を作るように言ってきました。

私は上にも書きましたがあまり顧客がつきそうにないし、現状に不満はあるにしてもまったく新しいことを
はじめたいとまでは思いません。(えらく暗いというか臆病な感じですが)
友人関係を損ねるようなことは避けたいと思うのですが、きっぱりと「やらない」と断るべきでしょうか?
たろぽん さん 2000年 10月 05日 02時 03分 24秒
村人Aさんへ
「現状の不満」はみんな何かしらあるはずです。
そこにつけ込まれないように今の自分に自信を持ってください。
暗いとか臆病とか、そんなことはありません。
その人友人ですか?
「たいして仲良くなかったし、今まで電話の一本も無かったのに、
ある日、急に誘いの言葉をかけてきた元同僚」ではありませんか?
その人の「今まで出会った人のリストアップ」に、あなたの名前が出てきただけに思えます。
はっきりと、相手に言う理由があっても無くても断りたいなら断るべきです。
あっさりと「やらない」と断るべきでしょう。

情報処理能力が無くてこんなことしか書けませんが、少しでも御役に立てば。
かつ さん 2000年 10月 05日 14時 07分 33秒
村人Aさんへ
>友人関係を損ねるようなことは避けたいと思うのですが、きっぱりと「やらない」と断るべきでしょうか?

断らないでずるずるやり、欲しくもないものを買わされて行く上で、上手くやっていけると思いますか?
村人Aさんの流通が起きなければその友人さんは儲からないのです。
そして村人Aさんが誰かを誘わなければその友人さんはレベルも上がらないのです。
つまり、やればやったで後から後からハッパが掛かることは目に見えているわけです。

こんな将来を考えたら、今きちんと釘をさすことがどれだけお互いに幸せかはわかると思いますよ。
はっきりと言えない・・・は、一番悪徳商法が入りこむに好都合な相手です。
友人さんが悪徳というわけではないでしょうが、すでに「入るか入らないかどうしたらよいか・・・」と、商売や商品以前に友人関係を考えなければならないことこそ既に被害ですいよね。
被害は最小限にするべきです。これから続けるよりも、今切ることだと思いますよ。
それで友人関係が終わってしまったら同でしょう?
そのまま続けて行くことで曖昧にしながらよりも、結果が先にわかって良いのではないですか?
そういう相手ではない!と思うなら、きっぱり言うこと。
そういう相手だろうと踏んでるときも、結果として今きっぱりと言うことが後々のトラブルを防ぎます。

どう考えても、やる気ない人を強引に誘うことは「別の意味がある」ということでしょうし、実はそれこそ当人同士に「意味はない」わけです。
儲かるのは彼を動かしている背後の人間だけですし。
村人A さん 2000年 10月 05日 19時 12分 36秒
たろぽんさん、かつさん、レスありがとうございます。

確かにそのとおりですね。
曖昧にするよりもはっきりと伝えたほうが今後のためにもいいでしょう。
さっそく伝えることにします。

じつはその友人は今日職場に説明会の勧誘のために電話してきました。
(まあ、退職後の仕事がほとんど私にスライドしてきたのを知っているから
気にしてくれているのかもしれませんが。)
ただ、ずいぶん勧誘がくどい気はしたのです。
けっこう一緒に仕事を手伝ったり手伝ってもらったりした仲なので、はまっているのを見ると
複雑な気分なのですが。友人関係というものがよくわからなくなりそうです。

まあ、確かに現状に不満は多いし、仕事がたまっていくせいかストレスもたまりそうですが、
だからといって、そんな世界に踏み込む必要はありませんね。

どうもありがとうございました。
みすたー さん 2000年 10月 25日 21時 49分 44秒
初めて投稿致します。私は3年前に一緒に住んでいた会社の同僚に「BHLクラブ」の入会を勧められました。
私は彼に「自分が入会すれば」と言いましたが、「20歳以下の人は駄目らしい」と言いました。私も彼も新入社員で私は大卒、彼は高卒だったので、とりあえず彼の言うままに「BHLクラブ」の話を聞きにいきました。
話の内容は皆さんよくご存じでしょうから特筆致しませんが、私はあまり友人が多い方ではなかったし、世の中ウマイ話などないと思っていましたので結局断りました。
 それで、やっと本題に入るのですが、今、その彼がまた私に「ニュースキン」の話を持ちかけてきました。
実は私はそのニュースキンのことを調べようとしてこのホームページにたどり着いたのです。あの「BHLクラブ」が「インデックスジャパン」という会社になっていることも今日初めて知りました。特に「こいずみさん」
という方の投稿内容には驚嘆致しました。
 私は今インデックスのことよりもニュースキンのことが知りたいのです。彼に連れられてニュースキンのセミナーに一度だけ行きました。人を集めればお金が儲かるという点ではBHLクラブの時に聞いた内容と同じような話でした。ただニュースキンの場合、会社は確実に存在しているようで(帝国データバンクで調べました)資本金も多く、かなり大きな売上高をあげています。(しかし上場企業ではない、この辺が水面下で動いるという格好の理由にしているのだと思う)それに、インターネットで検索しても堂々とニュースキンやビッグプラネットというプロバイダー事業参入の関係等を説明しています。そして私が最も府に落ちないのが、インデックスのように入会の条件がまず25万〜30万の商品を買ってからというものではない点です。そう考えるとこの会社はどこでお金を入手しようとしているのかという仕組みが判らないのです。
 現在彼はニュースキンに入会(という言い方はおかしいですが)しています。彼は「今度20万入る」と私に言いました。3年前と違って彼が既に入会している分タチが悪いのです。本人はセカンド(インデックスでいうダウン)を増やそうと必死ですから。私は彼が上手くいくのならば別にそれでいいと思っています。ただ後々彼に被害が及ぶようなことがあるのならば今のうちに彼をを説得したいと思っています。でも今の私の知識ではニュースキンを心酔しきっている彼を止めることはできません。そこで皆さんのお力をお借りしたいのです。ニュースキンがどのような会社か、どよのうな仕組みでお金を入手しようとしているのか、実際に被害に遭っている人はいるのかなんでも構いませんので情報をお願いします。
ズブロン さん 2000年 11月 07日 03時 30分 35秒
こんにちは、初めて投稿させていただきます。
簡潔さを優先させるため、不躾な物言いをご容赦ください。

ニュースキンはもはや手詰まりなのでしょうか?

どなたか理論的に説明してくださるととてもありがたいです。
感覚的には自分のような新規の参加者が『新陳代謝を繰り返す皮膚』の
ようなものに思えて仕方ないのです。
しかし、それを口で言ったところで彼らには通じません。
ですから自分はそれをきちんと理論武装して
現在の勧誘を断りたいと思っています。

どうかわがままな相談ではありますが回答を得るためのヒントだけでも結構です。
よろしくお願い申し上げます。
「ものつくり屋」 さん 2000年 11月 07日 09時 50分 17秒
こんにちは、ズブロンさん。アムウェイやニュースキンなどのMLM大手に関しては、「名の通る時期」
にさしかかる事で、日本の社会が持つ「悪評という安全装置」にひ掛かっている様に見えます。以前に議論した内容が、このホームページの「討論会」の所にありますのでご覧下さい。

http://www.sos-file.com/Maruti/to_000705.htm

これは、日本の社会全体で見ていますが、実際の所は「ローカルな悪評包囲網」というのもあります。1
人のDTが知り合いに勧誘したとして百発百中という事はありません。うまくいって1割か2割ですね。
でもって残りの9割から8割の人が、そのまま黙って居てくれれば良いのですが、勧誘トークに含まれる
嘘を感じた人や勧誘に迷惑した人は黙っていてはくれません。或る意味で無理な勧誘をすればするほど、ローカルに「悪評包囲網」ができあがるのです。そしてそのローカルな中で後期参加者ほど勧誘がしにくくなり無理をしやすくなります。

そして、名指しの批判本が出たり、週刊誌が取り上げたりすると、そのローカルな悪評が後ろ盾を得て、一気に表面化していく訳です。
リツコ さん 2000年 11月 16日 11時 07分 23秒
私の彼氏の友達もこれにはまっていていろいろ健康情報を言ってくるのはいいが、
その本人が常に風邪、栄養失調ぎみ。
あのサプリメントはほんとに効くのか!?
家族を守りたい さん 2000年 11月 17日 13時 04分 04秒
1ヶ月以上前に、主人がニュースキンのMCにかかってしまったようだ、
とご相談し、「ものつくり屋」さんやかつさん、るなてぃっくさんに
親身にご相談にのっていただいた「家族を守りたい」です。
その際は本当にありがとうございました。
たくさんの方が同じ様な助けを求めていらっしゃるので、
もうご記憶でいらっしゃらないでしょうか?

主人が自分から「ニュースキンはやらない」と言い、
でも、ものつくり屋さんから、
「これからが一番難しいとき。なるべくニュースキンの話をせず、
それ以外の話で社会比較を強めるようにし、家族の愛情を深めるように。」
とのアドバイスをいただきました。

そのあと1週間くらいは、ちゃんとアドバイス通りにしなくてはと思いつつ、
私は主人に「ホントにしないよね。」と何度も念を押しまくっていました。
そのときの主人はあいかわらずニュースキン自体は悪いとは思わないといいつつ、
主人から「しないって言ってるだろ。信用してないのか。
本業に集中しようと思ってるのにどうして足をひっぱることばかり言うんだ!」
と怒られ、自分にも主人にも「もう絶対マルチの話をしない。」とそのとき誓いました。

それから1ヶ月以上経ちます。マルチの話はほとんどしません。
芋掘りや遊園地に行ったりして家族仲良くしています。
不満がありつつも本業を一生懸命やり、それなりの成果もでたようです。
たまに冗談ではマルチの話がでます。
例えば、主人の知り合いが離婚して仕事も辞めたというので、
私が「もしかしてネットワークビジネスをしてたりして。」というと
主人が「あながちないことじゃないのかもなぁ。」なんて感じです。

主人の所には、たまに電話がかかってきてすすめられたり、
メールが来たりはしているそうですが、
会ったりはしていないと言っています。商品を買ったりもしていないと思います。
今でも、主人はマルチを勧めてきた人達を悪い人だとは全く思っていないし、
MCにかかっていた(いる)とは思っていません。

MCが解けた、あるいは、また勧誘されてもある程度は安心していい状態である、
というのはどこで判断したらよいのでしょうか?
難しいと思いますが、ご回答をお願いします。

P.S.るなてぃっくさま:ご推薦の「愛しすぎる女たち」読みました。
  いろいろ参考になる点もありました。ただ、
  「援助と管理は表裏一体」、「彼を変えようと思ってはいけない」などとありますが、
  マルチのMCなどで外的コントロールを受け、それを家族が元に戻したいという時も、
  それに該当するのでしょうか?どう思われますか?
  「彼の問題は彼の問題であり、自分の問題ではない。」というのはそうだと思いますが、
  自分が主人との生活を続けていきたい上で、「これは自分の問題ではない」とは
  切り離して考えるべきなのか、「基本的には主人が悪いのではなく、
  マルチのMCが悪いのだ」と考えることは間違っているのでしょうか?
「ものつくり屋」 さん 2000年 11月 17日 13時 44分 32秒
こんにちは、「家族を守りたい」さん。

>たくさんの方が同じ様な助けを求めていらっしゃるので、
>もうご記憶でいらっしゃらないでしょうか?

いえいえ、まだきちんと覚えていますよ。安心しました。

>MCが解けた、あるいは、また勧誘されてもある程度は安心していい状態である、
>というのはどこで判断したらよいのでしょうか?
>難しいと思いますが、ご回答をお願いします。

MCが解けたかどうかの判断は比較的簡単でして、ニュースキンとかネットワークビジネスについて「悪い部分」を考えるときに感情的な苦痛を伴う(考えるのが嫌になったりする)かどうかを観察して、それが普通の「考えるのがおっくう」程度であれば大丈夫なのです。とはいえ、なかなか観察も難しいですけどね。

ただ、「勧誘を受けても大丈夫」というのは難しいですね。早い話が私でさへ大丈夫という自身が無いのですから(笑)。うまいセールストークというのは、聞いていて「楽しい」ものです。その楽しさをうち切って「怪しい話」とするには、やはり経験と知識が必要なのです。

経験というのは簡単に積めませんから、知識を持つことかもしれませんね。ご主人は「営業」関係のお仕事だったかと思いますので、営業関係の心理学について書かれた本などを読まれる様に勧めることなどできないでしょうか?私は読むなり本の題名なんかを忘れてしまうので、どれが良いとも言えませんが、本屋のビジネスマンの教養書には幾つかの営業テクニックが「なぜ効果的なのか」といった事が書かれている本など結構あると思います。変な話ですが、自分が理解しているテクニックというのは、人に使われても乗りにくい(楽しくなりにくい)のですよ。営業で商売されるのなら知って置いて損な話でも無いでしょうからね。
家族を守りたい さん 2000年 11月 20日 13時 55分 41秒
ものつくり屋さん、お返事ありがとうございます。

>MCが解けたかどうかの判断は比較的簡単でして、
>ニュースキンとかネットワークビジネスについて「悪い部分」を考えるときに
>感情的な苦痛を伴う(考えるのが嫌になったりする)かどうかを観察して、
>それが普通の「考えるのがおっくう」程度であれば大丈夫なのです。
>とはいえ、なかなか観察も難しいですけどね。

う〜ん、難しいですね。
昨日、家族で買い物に行ったら、たまたまそこのイベントで消費生活センターの展示があり、
「悪徳商法に気を付けろ」というパンフレットや掲示がありました。
私がチャンスとばかりに「ほらほら、マルチまがいも出てるよ。これだよ。」と言うと、
主人は笑いながら「ふーん、じゃあパンフレットもらっとけよ。後でゆっくり見るよ。」
でも、買い物の休憩中に旅行とかのパンフレットといっしょに
「ねぇ、ほら見て。」と見せようとすると、「まぁ後で。」とか言って、
結局帰ってからも見てないです。
自分がいいと言っていたものが批判されるのがおっくうだけな気もするし、
なんとなーくまだ解けきってないのかな、という気もします。
判断難しいです。
#まぁ、そのパンフレットには大したことは書いてないですが。

>経験というのは簡単に積めませんから、知識を持つことかもしれませんね。
>ご主人は「営業」関係のお仕事だったかと思いますので、営業関係の心理学について書かれた本など
>を読まれる様に勧めることなどできないでしょうか?

主人は元々その手の販売心理学などの本はだーい好きで、かなり大量に読んで勉強しています。
本を読む以外にも営業レベルアップのためのいろいろな自己投資をしており、
去年来、直接販売形態の営業マンを対象にした自己開発セミナーに参加し、
そこで同じ受講者の多数のネットワークの人(トップクラスが多いらしい)と知り合い、
ものすごいたくさんの人からの勧誘を受け、そのほとんどは断ったのだそうです。
主人は自分の知識に自信があり、おいそれとはそんなセールストークには落ちないと思っていて、
その中でその自分を落とした何人かの営業マンを尊敬してしまったみたいです。
過信ってやつですね。

主人はニュースキン以外に、日本発祥の浄水器販売の会社の営業の人からも勧誘され、
一時期高額な浄水器を売りつけられそうになり、
私の反対でクーリングオフしたことがあります。
その人からは今も電話でビジネスの勧誘があるそうです。

そんなタイプの人間に何かアドバイスはありますでしょうか?
「ものつくり屋」 さん 2000年 11月 20日 16時 21分 53秒
こんにちは、家族を守りたいさん。難しいですね。

>自分がいいと言っていたものが批判されるのがおっくうだけな気もするし、

実際のところ、それが「おっくう」なのだけど、同時に別な勧誘への乗り易さも、その「おっくうさ」から生じてしまうから困りものなのですよ。私が掲示板で議論する方の中には沢山「自分が経験したものは良くなかったけど、MLMそのものには可能性を感じる」という方が沢山おられます。人によって様々なのだけど、そういう思考が生ずる過程に「自分が良いと思っていたものを、全部は否定したくない」という人間共通の心理的傾向を感じる方もかなりいらっしゃいます。MC状態というよりもMC状態の後の後遺症の様な感じですが、一度何かにひかかりながら引き続き別のものにひかかり易い状態が継続するという意味で問題なのです。長い目で見ながら、少しづつ「なにが問題か」をつき詰めていくしか無いのですが・・・。

>主人は元々その手の販売心理学などの本はだーい好きで、かなり大量に読んで勉強しています。
>主人は自分の知識に自信があり、おいそれとはそんなセールストークには落ちないと思っていて、
>その中でその自分を落とした何人かの営業マンを尊敬してしまったみたいです。

う〜ん。困りましたね。実際にこういった知識を営業で活かすという「応用問題」に習熟すると「自分も含めて人はステップをきちんと踏めば比較的簡単に落ちる」という意識でもの事を考える様になるのですけどね。人の使うテクニックを見破る程度で喜んでいると「生兵法はなんとやら」になってしまいますね。

>そんなタイプの人間に何かアドバイスはありますでしょうか?

基本的に生活の中で様々な「勧誘にさらされる機会」が多すぎる気がします。どうやって減らして良いかははっきり言えないのですが少し整理された方が良いでしょう。セールステクニックを見破る事で退けたとしても心の片隅に「ひょっとして」の気分が残る訳です。この気分がくせ者でして、そういうフラストレーションがある程度蓄積されると、MC状態に首をつっこみかけた時期の「心地良い興奮への郷愁」と結びついて、同じ事の繰り返しになりやすいのです。これも、なかなか難しいですね。今のところ思いつく良い方法がありません。ごめんなさい。
ミポリンママ さん 2000年 12月 18日 20時 45分 30秒
会社名: ニュースキン&ビッグプラネット

主人の従兄弟の奥さんがニュースキンをしています。
現在は目下凡・淕炯発弔諒・謀掌・砲覆辰燭茲Δ任垢・」
二、三日前に「買ってとかじゃなくって、話を聞いてもらうだけでイイの」
と何度用事があるからと断っても「5分だけでも言いからと」以上にしつこかったのですが
これって「?人集めると幾ら」っいう報酬がかかっているんですかね?
とにかく異常なしつこさでした。
しまいにはうちの母が「エイボンレディ」をしているのですがその批判までし始め
あげくに「エイボンの社長は引き抜かれて今ニュースキンの社長になっているのよ」などと
言い出した。
私からしたら「だからどうした?」って感じでした。
ニュースキンは異常にエイボンを敵対視していると聞いた事があるのですが事実ですか?
家族を守りたい さん 2001年 01月 15日 15時 52分 55秒
年齢:30

昨年 9月末頃から、主人がニュースキン等のネットワークビジネスに誘われて
MC状態にあるようだとご相談し、「ものつくり屋」さんやかつさんやるなてぃっくさんに
アドバイスをいただいていた 家族を守りたい です。
ご無沙汰しております。ご記憶でしょうか?

また少しご意見をください。
過日ご報告したように、現在主人は「ネットワークビジネスはやらない」
と言っていますが、最近、元々ネットワークに誘われ出したきっかけとなった
販売力向上のための自己啓発セミナー(仮名:Bセミナー)に参加してきました。

そのBセミナー自体は、「7つの習慣」みたいなもので、
(好き嫌いはあるでしょうが、)私の判断では、それほど危険はないかな、
と思っています。
ただし、このBセミナーはネットワークを特に推奨はしていないけれど、
肯定しています。

でも、私はそのBセミナーに出席することで、
セミナーに参加するネットワークの人に誘われたら嫌だな、と不安でした。
主人にもここしばらく「ネットワークはしないでね」って
口酸っぱくなるほど言っていました。
主人も「大丈夫」といいつつ少しうるさがってました。

で、Bセミナー参加後の結果としては、やっぱり何人かのネットワークの人と
名刺を交換したらしいですが
(セミナーの中のプログラムで任意の参加者同士でお互いのことを話したり
させられるのでそれは仕方がないことだそうです)、
主人曰く
「今回は俺を落とすことができるような強力なネットワークの営業はいなかった」
そうで、主人の「ネットワークをやる気はない」の気持ちに今のところ変化はない
みたいです。
その辺の話は私に正直に話してくれています。

ただ、おそらく、交換した名刺情報を元に、研修後の勧誘が予想されるので、
しばらくはまだちょっと不安です。

で、久々にその手の話を主人とする機会が多かった訳ですが、
ご意見が聞きたいというのは、
主人がまだ「ネットワークビジネスをすることが別に悪いことだとは思っていない」
ということです。私がこれまで相当いろいろ説得してきても、です。

今やらないと言っているのは、
「自分が本当にやりたいのは、現在の本業であると気づいたから。」と、
「家族が喜ばないから。」だそうです。
ネットワークに対しては否定感がほとんどないみたいですが、
これってこのままでもいいのでしょうか?

「実際に他の仕事をしていて、Bセミナーの後、同じセミナーに参加していた
ネットワークの人に勧誘されて転職した人も多い」
という主人の話を聞いて、私が
「その人たちはかわいそう。だから私は、Bセミナーにも参加して欲しくないんだよ。」
と言うと、主人は、
「ネットワークはある意味、
『自分が今やっていることが本当にやりたいことか試す試験』になったと思う。
そういうのがあったからこそ、今自分が本当にやりたいのが今の本業だと
はっきり気づいたように思う。
セミナーの後、ネットワークに転職しちゃった人は、
それまでやっていたことが自分がやりたかったことじゃないからじゃないか。」
って言うのです。

私からすれば、ネットワークの巧みなマインドコントロールをよけられるほど、
意思が強い人ってなかなかいないだろうと思うし、
主人だって、私の反対にあわなければ、
「家族の反対があるから次のニュースキンのセミナーには行かない」って宣言しなければ、
その時の話の流れで親友とやっぱ辞めとこうかとか言う話にならなければ、
何回もニュースキンのセミナーに参加するうちに
主人も思いっきりはまっただろうと思うのです。

私は、ネットワークの問題は、
 ・人の無知につけこみ、たくさんの人が損をして、
  その損した分をほんのわずかな儲かる人間が吸い上げる仕組み自体。
 ・マインドコントロールのような心理的操作をしてまで儲けようとすること。
だと思っているので、絶対ネットワークは認められません。
でも、主人がネットワークを認めていることは仕方がないと思うべきでしょうか?
「やらない」と言っているのだから、それ以上説得しようとしなくてもいいのでしょうか?

話は違いますが、主人は自衛のための戦争は肯定していて、
私は反対ですが、それと同じような価値観の問題なのでしょうか?

たぶん、主人が信奉しているBセミナー自体が、
ネットワークビジネス自体を肯定しているからもあるんだと思います。

またまた、長文になってしまいました。
いつも親身になったアドバイスをいただき本当に感謝しております。
よろしくお願いします。
「ものつくり屋」 さん 2001年 01月 15日 17時 07分 07秒
年齢:
会社名:ニュースキン

こんにちは、家族を守りたいさん。おひさしぶりです。

少し無駄話でもしてみましょうか。昔の田舎なんかで「悪徳行商人」に騙された者というのは、ひどい話
ですが、地域で「信頼できない者」と見なされたりする面が強かったのですよ。怪しい行商人は、その地
域で「歩き回る」事すら拒絶する雰囲気が合り、またそういう行商人を引き込みそうな住民にもそれなり
のペナルティがあったわけです。こういうのを社会の保守性と呼ぶことは当然できる訳ですが、生活とい
う面では必ずしも「辛い」ばかりでは無いのですよ。その地域内において活動できる行商人というのは、
その地域の持つ「保守性」をくぐり抜けて「信頼を得る」所までたっしたものが殆どな訳ですから、現代
の消費生活と違って、「これは大丈夫か?」って身構えなくて済んだ面がある訳です。

実の所、現代の消費生活でも似たような「社会文化」はあるのですよ。物を買いたいとき「名の通った企
業」の製品と「名も知らぬ企業」の製品が、似たような仕様で同じ価格帯で並んでいたら、大抵の方が名
の通った企業の製品をお買いになります。それは、見方を変えると社会が企業に対して提示する様々な「
苦情」をこなしてきた企業でなくては「名が通る」ところまでこないという「信頼」の部分がある訳です。
現代の社会では、人を騙す悪徳を責める声は有りますが、「騙される事を責める」声は決して大きくはあ
りません。しかし、「騙され、諦める」ということが、社会の中の悪徳に生存の場を与えているという事
も厳然たる事実なのです。悪徳に騙された方に対して個人としては「同情」する訳ですが、社会全体とし
ては、「あなたが騙される事で悪徳に活動の余地を与えている、騙されないで欲しい」という要求は出て
も当然なのだろうと思います。

>でも、主人がネットワークを認めていることは仕方がないと思うべきでしょうか?
>「やらない」と言っているのだから、それ以上説得しようとしなくてもいいのでしょうか?

そういう社会の要求は、最終的には個人に対する社会の信頼という形で表れるのではないかと思います。
厳しい言い方ですが、私などは「認めている」という方と大事な仕事をしなくては成らなくなったら、当
然警戒しながら仕事をするでしょう。「この人の社会の考え方は甘い」と見なすからです。私に選択権が
有れば、選択からはずすのに充分な要件とさへ見える訳です。

>話は違いますが、主人は自衛のための戦争は肯定していて、
>私は反対ですが、それと同じような価値観の問題なのでしょうか?

確かに個人の価値観なのです。しかし、社会の中で暮らす以上個人の価値観もまた、その「個人の持つ社
会性」として評価される部分があります。米国には「有色人種は無能だから、自分は良い評価は与えない」
という価値観を持った管理職がいます。しかし、同時にその管理職は、「部下の評価が適正か?」という
評価に晒されて消えていったりもする訳です。考え方としては、「何が自分にとって良いか」でかまわな
い訳です。深く社会の成り立ちを考察する力を持つことは、自分が楽に生きる上で重要な事なのです。
tokumei さん 2001年 01月 15日 23時 40分 27秒
年齢:二十代
会社名: ニュースキン

今日は。家族を守りたいさん。

>私は、ネットワークの問題は、
> ・人の無知につけこみ、たくさんの人が損をして、
>  その損した分をほんのわずかな儲かる人間が吸い上げる仕組み自体。
> ・マインドコントロールのような心理的操作をしてまで儲けようとすること。
これによって「人間関係に亀裂が入る」という重大な問題が残っています。
例え、金を吸い上げようが、平気で嘘を並べMCしようが、
それは個人レベルではなく企業レベルの話なのです。
そして、個人レベルの話しになると「迷惑企業で働いている人」
という形で認識されるようになってきてしまうのです。

当然の事ながら、周囲の人間関係が上手くいかなくなるような事が
出てきてしまうのです。

>主人がまだ「ネットワークビジネスをすることが別に悪いことだとは思っていない」
>ということです。私がこれまで相当いろいろ説得してきても、です。

つまり、これは「自分に跳ね返るデメリット」を把握出来ていない発言に
なってしまうのです。残念ながら。
そういった「デメリット」を把握した上での発言ならば、
価値観の問題なので私がどうこう言う事はありませんが、、、

>今やらないと言っているのは、
>「自分が本当にやりたいのは、現在の本業であると気づいたから。」と、
>「家族が喜ばないから。」だそうです。

本業が大切であることに気付くために払った代償を考えると、
言葉を失ってしまいます。
当然、家族が喜ぶはずもありません。

>でも、主人がネットワークを認めていることは仕方がないと思うべきでしょうか?
>「やらない」と言っているのだから、それ以上説得しようとしなくてもいいのでしょうか?

本人が、「失う物」の大きさに気付くまで待つしか
無いかも知れませんね。
「家族を守りたいさん」がやりきれない気持ちを持っている事自体が
既に「失う物」の一つですしね。
とても悲しい事です。
かつ さん 2001年 01月 16日 15時 00分 51秒
家族を守りたいさん、おそくなりました。
私の思いとしては、もう資質や人間性の上ではたとえマインドコントロールを受けていようがいまいが、それはもう個人の色であると思います。
その上で、家族が商法の理不尽さを訴え毛嫌いすることは、実は旦那さん本人の趣向を変えさせるに至るまでの強い事実なのかどうかが焦点になってくるでしょう。
嫌だから辞めてくれ! これは、やりたい人から見れば単なる趣向に落とされてしまう部分ですから、とても難しいところです。
私としては、今の旦那さんの状態が「実態把握を実情に流されている」と見ています。つまり身近に事件や事故がおきていないからこそわかっていないと。
これはですね、先に申した趣向の問題も絡めて、わかろうとする人、わかる人、わからない人、わかろうとしない人、そんな風に別れてしまうのだと思います。

関与する方向性、目的、そういったものが実態をまともに見ようとしないのは、マルチ商法に従事している方々の実害部分へのコメントでおわかりだと思いますが、それは決して悪いことと決め付けるのではなく、そうなってしまう環境に居ることを察してあげるべきだと思います。

私としては、口すっぱく否定しつづける中で、その否定することと実態とが噛み合わさった時にハっ!と気が付くのだと信じたいです。
現実、私の彼女もまだまだマルチ商法にどっぷりですが、やはり理不尽なところは直そうという動きになってきました。
ずっとずっと言いつづけていたことが、頭のどこかにあり、それと現実とを照らし合わせることができる事件や現象が出てきたからでしょう。

実態を「想像」して危険性をわかることは、いわゆる「やりたい」と思う人から見れば臆病に見えるのでしょう。
逆に「実態」を見なければわからないのは、理不尽さを訴える側から見れば「あさはか」だと見えるのでしょう。
しかしその部分にすれ違いを生じていることがわかっていながら、すれ違い続ける現状にイライラが募ると、きっと今の家族を守りたいさんの心理状態に陥るのだと思います。

がんばってください。こればかりは、一生をかけてでも愛する人を見守ることなんです。
挫折したりあきらめたりすることは、人間ですから疲れから出てくることもありますが、結果、ご主人さん本人を守りたいと思う気持ちを辞めてしまうことに繋がります。
どんなことがあっても、ずっとずっとやりつづけなければならない試練なのだと思います。
それに対してがんばること、腹をくくること、やはり軽い気持ちではできないことは十分わかっていらっしゃるとは思いますが、世の中には同じように戦いつづけている人たちも居る、そして私も同じです!というところで気持ち的に支えあっていくしか方法がないでしょうね。
がんばってください。これは、私が私自身を励ましている言葉でもあるのですけどね。
「ものつくり屋」 さん 2001年 01月 16日 17時 15分 44秒
会社名:自己啓発セミナー

こんにちは、皆さん。少しだけ心理学に首を突っ込んだ者として、家族を守りたいさんに話題を振って
頂いた「自己啓発セミナー」について説明したいと思います。

心理学者の碓井先生は、そのホームページで「悪しき自己啓発セミナー」を「個人を大切にしない」と
言うことで批判されています。

http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/mc/04keihatu.html

まさに、この「個人を大切にするかどうか」が玉石混交のセミナーの見分けるポイントではないでしょ
うか。拙い説明ですがほんの一例を挙げてみましょう。

私など、専門家でも何でもありませんが「どうせ自分なんて」と思われている方を見ると励ましたく成っ
てしまいます。「あなたの能力は必ずある。幾つかの思いこみが発現を妨げているのですよ」って、これ
は実はこういったセミナーの最初でやることととても似ています。でも違うのは、「幾つかの思いこみ」
を丁寧に捜し出すかどうかの様に思えます。荒っぽいセミナーだと、その人が今までの人生で「学習」し
てきた事をバッサリやっちゃう様な操作をする訳です。人間は「学習」の動物です。社会で生きる上での
非常に多くの事を「学習」する事で身につけている訳です。そして、それはとても大切な事なのです。実
はその人の能力発現を妨げている「思いこみ」も学習によって身についていますし、そういった大切な学
習結果と絡まり合っているのです。だから丁寧に解きほぐして、その「思いこみ」を明らかにして、「取
り除く」というより「解消してもらう」事を心がけなくては成らないのです。荒っぽいセミナーで、過去
の学習結果の一部をバッサリやるととても危ない事になります。比較対象が無くなるから、心理操作者が
何かの判断基準を植え付けなくてはならなく成るわけです。こうやって、「自信はついたが、身勝手にな
った」方をつくり上げる第一歩が踏み出されていく訳です。
家族を守りたい さん 2001年 01月 17日 11時 14分 44秒
みなさま、アドバイスありがとうございます。
特に、かつさんの書き込みには、目がウルウルしてしまいました。
自分ではしっかりしているつもりでも、
長期戦に精神的に疲れているんでしょうね。

個人的にずっと相談にのってもらっている親友からも、
「決定的な経験を彼自身がしない限り、
 なかなかきっぱりと否定することはないだろうね。
 これからもまだしばらくは様子を見ないとね。」
と言われています。

かつさんの言われているように、
「否定されていることと実態とが噛み合わさった時にハっ!と気が付く」
のを待つしかないのでしょうね。

でも「実態」に近づくということは、ネットワークに近づくということで、
今はそれを私が極力遠ざけようとしているので、
ちょっと矛盾しちゃいますね。うーん、難しいです。

でも、人間万事塞翁が馬ですよね。
ちょっと前の某週刊誌に出ていた木場弘子さんと三輪明宏さんの対談で、
三輪さんが、
「人間は心配事とか不満材料を数えることはするけど、
 もっと感謝することを探してごらんなさい。
 世の中には正負の法則がある。楽あれば苦あり。
 それを頭に入れておけば落ち込んだり、ねたんだりする必要は一切ありません。
 (木場さんの野球選手のご主人が肘の故障で若くして引退したことを受けて)
 あなたのところは、夫婦円満で子供も可愛がっているなら、
 何か犠牲にしなくちゃいけない。」
とあり、すっごく心惹かれました。(著作権大丈夫かしら??)

うちの場合は、はそうした負の星回りが、
「ネットワーク」という形に出たのかもしれないと考えています。
そう考えれば、病気や事故のような人の生き死にに関わることでなくて
よかったという気がして、ふっと気が楽になります。

主人のような不特定多数の人に対する営業の仕事をしていれば
きっといつかは勧誘にあったでしょうから、
今はとりあえずネットワークビジネスを始めることを引き留められたことを
素直に喜んでいます。

あと、かつさんの書き込みにあったように
同じように戦いつづけている人たちが気持ち的に励まし合っていく
このサイトのような存在があってホントによかったと思います。
お互いにがんばりましょうね!

「ものつくり屋」さんにコメントいただいた自己啓発セミナーの件、
実は、結婚前に主人がマインドコントロールされたセミナーは、
ご指摘の通りの悪質のもので、受講後、
すぐに変化に気づいた私の1日の説得により、
「うわー、俺確かにおかしかったよな。解いてくれてありがとな。」
と言われました。
その経験があるので、当初は、今回もすぐに解け、
主人からそのことを感謝されるだろうと思っていた節もあります。
今回の方が敵は緻密で強敵でしたね。
#主人って本当にこういうものにかぶれやすくて困っちゃう。

現在主人が受講しているBセミナーは、
一応個人を尊重しているように思えます。(推測でしかないですが。)
一概にそういった自己啓発セミナーが悪いとは思いませんが、
私は精神に触れてくるようなセミナーはいかなるものも好きではありません。
「ものつくり屋」さんがおっしゃているように、私も、人からアドバイスは受けても、
自分の人生は、自分の人生の上で体験することにより学習していき、
自分の身につけていくしかないと思っています。
だからこそ面白いし、「自分の」人生ですよね。

後半は僭越ながら、少々自分の人生観のようになってしましました。
長文失礼しました。
Z さん 2001年 01月 28日 19時 44分 12秒
会社名: NUSKIN
東京の御徒町にある多慶屋にはNUSKINの商品が堂々と売られています。しかもディストリビューターの仕入れ価格で消費税はかかりません。(多慶屋は商品すべて内税)ちなみに化粧品類はレディース館、健康食品類は健康食品のコーナーにあります。全ての商品がそろってるわけではないのですが、ビジネスでやってないただの愛用者にはお得です。あれはどうやって仕入れて、なんで店で販売できるのか謎です。どなたかご存知でしょうか?私の友達がNUSKINをビジネスとしてやっていて、私も商品は使いましたがそんなに良いとは思わなかったです。
あま さん 2001年 02月 05日 08時 54分 45秒
こんにちは。はじめてお邪魔します。

実は、昨日友人の家に誘われていったら、「私の仕事の話をするね」という事だったんですが、
ニュースキンの話を延々3時間も聞かされました。レベル1だの2だのという台詞が出てくるので、
「これはマルチ?」とおもってはなからうさん臭いと思っていたのですが、本人は
「ネットワークビジネスは今、アメリカのビジネスコースでも教えられている最新のビジネスだ」
というのです。「これだけ儲かるのに、どうして興味がないの?」とまで言われました。

はっきりと「製品にも、ビジネスのやり方にも興味が持てません」という事で断りましたが、
これってマルチですよね?ニュースキンのやり方についてご存じの方いらっしゃいませんか?
「ものつくり屋」 さん 2001年 02月 05日 12時 51分 45秒
あま さん 2001年 02月 05日 08時 54分 45秒

こんにちは、あまさん。

>はっきりと「製品にも、ビジネスのやり方にも興味が持てません」という事で断りましたが、
>これってマルチですよね?ニュースキンのやり方についてご存じの方いらっしゃいませんか?

はい、マルチ商法です。マルチ商法を規制する法律である訪販法の「連鎖販売取引」の規定に「入会時の負担が2万円以上」という事があるため、見てくれの入会費を2万円以下にすることで「連鎖販売取引と類似する態様を持つ訪問販売」となっているだけです。こういった規制のがれが目に余るため、今年の6月に訪販法を「特定商取引に関する法律」に改正施行して、連鎖販売取引に定義できるようにします。マルチ商法というのは、法律用語ではありませんので、社会的に「マルチ商法」と思われるものは、そう呼んでかまいません。むしろ違うと言い張る方が、社会に違いを示せないために、法律の定義に寄りかかっているだけです。

経済・経営という学問分野では、私なども興味深く研究させて頂いています(私の場合はアマチュアですが)。これは、「推奨する」ものではなく、むしろ「なぜ、多くの問題が生ずるか?」を研究する事で、興味深い反面教師的な知見が得られるからです。三菱総研なども研究していまして「ネットワーク販売のシステムには『ビジネス倫理的な問題を学習するシステム』が欠如している」という興味深い結論を導き出しています。警察の研究所なども一所懸命「犯罪について研究」していますが、犯罪を推奨する意図は無いわけです(笑)。

ニュースキンについて詳しい事が知りたければ、このホームページの「苦情の坩堝」で過去ログ等を調べて見て下さい。
あま さん 2001年 02月 09日 01時 23分 38秒
年齢:30台
会社名:オーストラリア某社  ニュースキン

先日は丁寧にお答え頂いてありがとうございました。>「ものつくり屋」さま
あとで過去ログを見たら、出てくる出てくる・・・・。先に見てから投稿するべきでした。

幸いに「製品にも販売方法にも興味がない」とはっきり断りましたが、
ご飯を食べさせてニュースキンの話をするなんて、人間心理の痛い所をつかれました。
人間、⊆擇蝓廚・任C襪斑任蠅砲・・覆襪發里任后」

話を聞いて疑問に思ったところをいくつか列挙します。

1、「オリンピックでも選手が使っていた」
  これって、製品が優れていることの証明にはならないんですよね。
  スポンサーなんて、お金を積めばなれるもんですもん。
  コカコーラは公式ドリンクですが、ペプシより優れているのか?
  まさしく心理学でいう所の「ハロー効果」です。

2、「アメリカのハーバードなど、ビジネススクールでも教えている」
  これも1と同じ、「権威のかさを着る」ですね。  

3、「みんなこのビジネスをやっている人は人生の充足感を感じ幸せになっている」
  こんなセリフ、まるでオ○ムの信者がよく言ってませんでした?

4、「自然の原料しか使っていないから安全」
  パラペンなど基材として入っていても自然というのですか?
  ホホバエキスが入っているから天然原料のみ、ということではないのですよ。
  生分解性は普通の3個100円で売ってる石鹸の方がよっぽど優れています。
  「あぶない化粧品」という生協から出版されている本を
  お読みになったことありますか?

ネットビジネスだかナンだか知りませんが、結局「マルチ」ですよね。
真綿で包んだように呼び方を変えるなんて、小手先のことにしか過ぎないじゃないですか。

勧誘してきた人とはもう会うことはないと思います。
でも、そうやって友人たる人間関係にヒビをいれてしまう
ビジネスのやり方っておかしくないですか?
「ものつくり屋」 さん 2001年 02月 09日 14時 59分 27秒
会社名:ニュースキン

こんにちは、あまさん。別な掲示板でご親戚がマルチ商法にハマられた方がいてね。「人が変わった
みたい」になっているものだから、「宗教カルト」が関与していると思われて、「この会社は何か宗
教と関係有るのですか?」なんて質問されていたのですよ。

別段、宗教カルトでなくても「マインドコントロール(MC)」って現象は起こせるのですよ。MC
ってのは誰もが経験したことのある「衝動買い」みたいなものの延長線上にあるのですよ。ブランド
バックなんかで「もうこれしかありませんよ」なんて言われてね、心理学で言うところの「希少性に
よる価値錯誤」が起こってね、買った後で別の店の広告みて「しまった高かった」なんてね。その時
には「高めの買い物は幾つかの店を検討してから」っていう今までの経験で身につけたものが一時的
に休眠しちゃっているのね。これは当然で、「希少性の価値錯誤」はもって生まれた性質だけど、比
較検討するっていうのは後から学習した事だからね。割と簡単に忘れられちゃう。

>3、「みんなこのビジネスをやっている人は人生の充足感を感じ幸せになっている」
>  こんなセリフ、まるでオ○ムの信者がよく言ってませんでした?

たいていの人は、衝動買いなんてした後の短い期間は「気持ちよく高揚」しているのね。これには理
由があるのですよ。「比較検討する」って学習成果は、同時に人に「不安」も引き起こすものなので
すよ「もっと安くて良いのが有ったかも」ってね。でもって、衝動買いの時にはそういう学習成果を
振り捨てちゃってるから「楽しい」のです。

でもね、普通は有る程度「楽しい」後にやっぱり「不安」になって、そして「しまった」なんですよ。
所がね、マルチ商法の場合は「勧誘」とか「説明会」とかを続けて行う訳です。そうすると「不安」
を引き起こす「社会比較」っていわれるものが休眠し続ける様に成っちゃう訳ですから、「楽しい」
にきまってますよね。そうすると、無意識と言われる物が「楽しさ」を放さなくなってしまうのです。
そういった状態がMC状態なのです。
あま さん 2001年 02月 09日 21時 52分 55秒
年齢:30代

レスありがとうございます>ものつくり屋さま

私が書いたものは感情を害していたこともあって、
脈絡のない文章でしたが、非常に客観的に、
また学術的なコメントを頂いて勉強になりました。

私自身心理学を学んだ者ですので、
MCの怖さはそれなりに知っているつもりです。

販売戦略としていかに購買行動を起こさせるか、
ここで心理学理論を使えば通常の販売戦略でしょうが、
マルチの戦略はそれを悪用しているところに本当の怖さを感じます。

「ネットビジネス」を”インターネットを利用したビジネス”としか
理解していなかったところに、私も甘さがありました。
今後とも、はびこるマルチ商法について正しい情報を得たいと
思っています。ありがとうございました。
ミポリンママ さん 2001年 02月 05日 14時 52分 27秒
年齢:?
会社名 ニュースキン、ビッグプラネット

先日、ニュースキンをしている主人の従兄弟の奥さんに会った時、子供の事で悩んでいた私は
極度のうつ状態にありました。
その時その奥さんが「私が知っている人で心理学の勉強をしていて、子供を育てた事はない人
だけど子供の扱いがとっても上手で話もとても楽しいのよ。今度一緒に行こう」と誘われました。
そして、「幼稚園のお母さんとは話さない事よ」と言われました。
これって行ったらやっぱりマズイですか?
やっぱり「ニュースキン」関連の方なのでしょうか?
元ニュースキンをされていた方で詳しい事を御存知の方いらっしゃいましたらアドバイスを
お願い致します。

その奥さんはこんな事も言っていました。
その方は三人のお子さんが居ます。いま38歳くらいです。
三人目のお子さんを出産なさった時にしきりに私に言っていました。
「子供は二十代の内に産み上げておいた方がいいよ。三十過ぎてのお産はすごくきつい」といって
いました。
なのに、この前会ったときは「わたし、あの子を産んだ時より今の方がすこぐ体、健康よ。それは
ちゃんとサプリメントをとっているから。サプリメントを摂っているのといないのとでは全然
違う。絶対食べ物だけでは栄養というのは補えない。これからはどんどんサプリメントが必要な時代に
なっていく。そういう流れに今なっている」と言っていました。
そうなんですか?
それとも、MC状態なのでしょうか?
オショロコマ さん 2001年 02月 05日 16時 04分 51秒
年齢:37
会社名:ニュースキン・ビッグプラネット
 ミポリンママさんへ
ハッキリいって、その両方だと思います。
貴方がサブリメントが必要かどうか不安に思われるのでしたら、
家族の健康を預かる奥さんであられるならなおのこと、 御自分で調べて確認されたほうがいいと思います。
 そもそも、ここのコーナーに投書される方は、MLMに対して否定的な考えをもたれた方の集まりで、かなりの主観が入った、無責任な投書だと思いませんか?
 ちなみに、私は、MLMを否定も肯定もしません。
tokumei さん 2001年 02月 05日 22時 55分 06秒
年齢:二十代中盤

オショロコマ さんへ、、、

>そもそも、ここのコーナーに投書される方は、MLMに対して否定的な考えをもたれた方の集まり
>で、かなりの主観が入った、無責任な投書だと思いませんか?

肯定する方のマナーの悪さは目を覆いたくなる程です。

基本的に「意見」と言うものは「主観的」なものなのですよ。
その「主観」を育てているのが「現実」なのです。
否定する方(私を含め)の意見に文句があるのなら、
「マナー」を守り、議論をするべきだと思います。
へび さん 2001年 02月 09日 17時 24分 48秒
年齢:

みなさん、こんにちは。ドナドナさん、こんにちは。へびと申します。少し自分のことをお話させてください。
彼女がニュースキン、ファーマネックス、ビッグプラネットに嵌っております。彼女とは、婚約者であり、また、彼女は一度離婚しており、子どもが一人います。彼女は子どもと二人で暮らしており、さしたる収入もなく、金銭的なレベルにおいては私が二人の生活を支えております。事の発端は、昨年5月くらいに、妙に彼女の言動がおかしくなり、「幸せ」とか「夢」とかいうことを強調しだしたのです。問い詰めたら、ニュースキンだったというわけです。それで大喧嘩となり、即、別れることに。まるで、オウム信者のようなもののいいようでした。二日後にせ笋・犬瓩殖唯味佑了駑舛鯣狃・僕港・靴泙靴拭B疹・・・・璽襪砲覆辰燭里任靴腓Δ・▲縫紂璽好D鵑呂笋蕕覆い噺世辰討・譴泙靴拭・箸海蹐・■昂遒・蕕い砲覆辰討また言動がおかしくなりました。今度は、「幸せ」「夢」に加えて「インターネットビジネス」ときました。パソコンも持ってないのに。聞いてみるとぅ咼奪哀廛薀優奪箸任后・E戮呂大喧嘩を避けるために黙認という形をとりました。人間の行動はなセ燭譴震陲汎韻犬任一度放たれたら何かにぶち当たるまで飛んでいきます。私は金銭的な軽い失敗に彼女がぶつかってくれる事を望みました。身をもって失敗を経験しなければならないと思ったからです。ところが、なかなか失敗にぶつかってくれないのです。時がたてばたつほどに大きな失敗になってしまうのに。そして、つい先日のことです。普段雑誌など買わない彼女が「週刊新潮」などもっています。「ファーマネックスのことが出ているから」と。「それはい任發広告だよね。」「わかってるわよ。」本当に知っていたのかどうかはわかりませんが、そういった小さなことで直に怒ってしまうのです。又二人で会うときも、「時間を作ってあげてる」などと言うようになってきました。彼女の立場になり、何度も考えてみました。すると、そこには夢に向かってがむしゃらに走っている彼女の姿がありました。彼女からすれば、なにかとマイナス情報を私から言われるわけですから、私は彼女にとって自分の夢をぶち壊そうとしている邪魔者なわけです。私は彼女と彼女の子どもを守りたい。そして気づいたんですよ。私にとっての「守る」はと狃・砲箸辰討痢崋挧癲廚任△襪函H狃・眇瓦涼罎任格闘しているのだとおもいます。彼女の「現実」を支えているのは私であり、「未来」を邪魔しているのは私であると。

すいません。言いたいことは次のとおりです。
私にとっての守りたいは、彼女にとっての邪魔するなになってしまう。
藤崎 さん 2001年 02月 09日 18時 47分 48秒
年齢:
会社名:

へびさんへ


差し出がましい質問なんですが、
貴方の婚約者が今思い描いている「幸せ」「夢」って
どんなことなのか聞いていますか?
聞いていたら教えてください。

私も母子家庭です。収入は私一人で稼がなくてはならないです。
誰からも援助は受けていません。

MLMの収入のみで自活しようと思う事自体
本来は博打と同じです。

>二日後に、私が集めたMLMの資料を彼女に郵送しました。多少頭がクールになったのでしょうか、ニュースキンはやらないと言ってくれました。

へびさんの援助があるからこそ彼女も彼女の子供も
生活していけているわけですよね?
その甘えが彼女にはあるんじゃないですか?
でも今真正面しか向いていない彼女には
それがわからないんですよ。
頼れるものが無い場合、一般には堅実な
「お勤め」を選ぶと思います。
だって、生活する以上、確実に掛かるお金は
払わなくちゃならないんですから。

失って、取り戻せるものもあれば
どんなにお金を払っても取り戻せない
ものがあります。
MLMで失うものは目に見えない、
取り返しのつかないものが多いんですよ。

へびさんは彼女達を守りたいんですよね?
一度、現実を踏まえて貴方の望む「幸せ」「夢」
をきっちり彼女に伝えてみたらどうでしょうか?
へび さん 2001年 02月 09日 21時 31分 20秒
藤崎さんへ
彼女の夢とは美容関係のお店を持つことです。
また、彼女の両親も離婚していてあたたかい家庭
を作りたいと言っています。
わたしもそうしたいと思っております。
以前、まっとうな仕事も探していたのですが、
何しろ子どもがいてせ・崚・妨靴靴・辰燭里任后」
そこに、ニュースキンです。飛びつきますよね。
お店を持つには相当なお金が必要です。
ェはクールに心は温かくを標語に掲げ
彼女に接しています。ちょっと疲れましたが。
とにかく、お返事ありがとうございました。
ところで半角使ってないのにどうして文字化け
するんでしょう。初心者なものですいません。
藤崎 さん 2001年 02月 10日 09時 52分 43秒
へびさんへ

可愛らしい素晴らしい夢をもっているんですね。
いい事じゃないですか。
それをかなえる方法は他にもたくさんあるんだということを
解っておいて下さい。

常識で考えると、小さい子供がいると
就職の妨げになると考えがちですが、
公的な福祉機関の援助を受けて
両立しているシングルママは大勢います。
事実私もそうでした。

私の場合、MLMに携わったことで
やむを得ず乳離れもしていない我が子を
託児施設に長時間預ける事になったんです。

「自由な時間を活用できる」
「子供がいても大丈夫」

なのはホントに駆け出しの頃です。
だって、トップの方でセミナー会場に
子連れで来ている人なんかいないでしょう。
というか、子供は大人の興味を引くので
悪く言えば邪魔なわけです。
いずれはデモ会場、セミナー会場への連れ込みは
禁止されることでしょうね。

その夢を現実にするためにMLMで財産を作ろうと思ったら
子供とは隔絶して活動する覚悟で
やらないと、お小遣い稼ぎは出来ても
貯蓄は到底無理ですね。
そういうものなんですよ。

私の勝手な想像ですけど、多分彼女は
わかっているんですよ。
貴方の言う事を邪魔だとは思っていないけれど
言われたくない、聞きたくない
のは確かだと思います。
貴方とも別れたくないし、言う事も
わかっているから拒むんですよ。
そのうち気付くと思います。

なにより、子供を犠牲にしなくてはならない
場面に遭遇した場合、子供さん主体での
現実的な話し合いをしてみてください。
目は離しても手を離さず、頑張って支えてあげてください。
へび さん 2001年 02月 10日 13時 25分 05秒
藤崎さんへ

あたたかいお言葉ありがとうございます。
前向きに問題を解決していきたい
と思います。
「目は離しても手を離さず」ですね。
ドナドナ さん 2001年 02月 11日 00時 26分 54秒
へびさんへ
 大変な苦労をなさっているのですね。「愛」は何よりも強い力になると思います。
 少なくとも私はそう信じています。藤崎さんと同様、私もきっとへびさんの思いが
 報われる日が来ると思います。
 そして、そう祈っています。
 私も本当はニュースキンなんて辞めさせたい。本当は、とてもイイ人なんです。
 とても、世話好きで気配り上手で私もどうしてあんなにイイ人がニュースキンなんかに
 身を委ねてしまったのか見当がつかないのです。
 でも、今彼女と話をしても冷静に話ができません。
 まるで宗教に洗脳された信者のように「今からは私達の時代が来る」と言うのです。
 でも、主人が「家族を守りたいなら関わり合うな」と言います。
 彼女はこのまま破滅に向かうしかないのでしょうか?
 とりあえず今のところはファーマネックスのホームページなどを自分の名前で載せ、
 ある程度のポジションは獲得しているようですが・・・。
 先日このホームページについての案内メールが届きました。
 自分では月に20万ほどの儲けがあると言っていましたが生活ぶりを見ているととても
 そうは見えません。
 早く悪い夢から覚めてくれるのを願うばかりです。
 へびさんの「本当の幸せ」を心よりお祈りしています。
 そして、その幸せに彼女が早く気付いてくださる事を・・・。
ともちゃん さん 2001年 03月 05日 22時 47分 21秒
年齢:40
会社名:ニュースキンについて
 最近、大好きだった(もはや過去形)知人がニュースキンに取り憑かれています。「売る必要はない。在庫も不要。ただ毎日シャンプーを使う会員を作ることで権利収入が得られる」と呪文のよう知り合いに会うたびにくりかえしています。
 そんなビジネスっとあるの?と聞いたことが、その人との別れの始まりでした。さっそくセミナーとやらに招待され、そこで体験したものは、お決まりのトップ会員の高収入自慢に始まり、次は我々の低所得への哀れみ、そして仕上げは「今がおおきなチャーンス」で終わり、私はばかばかしくておならぐらいしか出ませんでしたが、知人は私の聞く態度に憤慨しておりました。やっと終わったと思えば次は近くのマクドで個別の懇談会と、もう、キレかけましたが、知人のメンツもあるので聞いてやった。って感じでした。
 何か、ディストリビューターとかエグゼクティブとか舌を噛みそうな肩書きのひとが多く、いかにも若い子向けって感じで、みな一応に50000円もするホームページキットを買って全世界のお客様を待っておられるようです。
 まあ、企業のホームページを見てもわかりますが、薄いマージンで、それも自分も買い続けなければマージンが入らないし、あるポイントを達成しないとダメみたいだし、会員の方に失礼ですが、皆さん電卓使ったのですか?1PSVって120円くらいですか?
 ゴメンナサイ。会員でやってる人は自分の進路を信じてされているし、もしかして大大ヒットするかもしれませんが、友達や親戚の人をだれ一人気まずくすることなくここまで来て、今はこれだけ稼いでるって人いますか?トップ会員以外は、いないんじゃないですか。
 ホームページを作り人にみてもらって、ついでに全世界も相手にってかっこいいけど、現状ではムリですよ。
おひとよしのミー さん 2001年 03月 06日 21時 20分 09秒
年齢:32
会社名:NUSKIN
ただ今から、私が行って来たニュースキンの大阪でのセミナーの内容を無着色、無添加で簡略にまとめました。これを見てやる気になった人はニュースキンのDTになってがんばって下さい。
それでは、はじまり、はじまり  パチパチパチ・・
「皆さんは現状の収入に満足ですか?なぜ、世間にはベンツに乗れる人があんなにいるのか疑問をもったことがあるでしょう。私はこのビジネスを始めて5年になりますが、収入は2000万です。おっと年収ではありません。月収のことですよ。(会場内会員たちの大拍手)私、仕事といえばここに話にくるぐらいでほとんどは海外で遊んでます。ここにおられる皆さん、現状の収入では一生ガマンの人生、一生低所得者の層から脱出できましぇーん。今、ここに大きなビジネスチャンスが来ています。大きなチャンスに胡散臭さはつきものです。誰も見向きしないからこそチャンスなのです。(大拍手)
 この中にはあのアムウェイで友達をなくした方もたくさんいらっしゃるでしょう。ご存じですね、突然家に来ては洗剤のデモをして満足に帰って行きましたねえ。(会場爆笑)しかし、このニュースキンビジネスは売る必要がありません。在庫もゼロ。ただ毎日健康食品やシャンプーを使うことが権利収入につながるのです。そして仲間をつくり育てることで、無限の権利収入が得られます。
 携帯電話も最初はあんな高いもの誰が買うんだ?と大多数の人が敬遠していましたが今はどうでしょう。そうです先見の明があった一次代理店だけが勝ち組となって通話料からの権利収入を得て頂点に立っていますね。それと同じです。まもなく、ニュースキンでは電話料金やガス代も扱い、全世界を市場に展開する日がきています。もう、店へわざわざ買いに行く時代は終わります。ホームページを持ち、人に見てもらって下さい。みんなびっくりします。プロをもってしても200万以上の価値があると言わせたホームページですよ。
 大きな大きなビジネスチャンスの波が今やってきています。後からではもう遅いんです。」ーー大大拍手ーー

さあ、どうでした?やる気になりましたか。私はバカバカしくてあくびも出ませんでした。

みっちゃん41 さん 2001年 03月 11日 16時 52分 08秒
年齢:41

 最近どうも身内や友達がMLMに関与というかはまっています。以前はアムウェイでこの前はニュースキンといろんな企業が出てきます。みな一応に、マルチではないとか、ネズミ講なんかと一緒にするなとか何かこじつけの正当性を主張しています。
 確かにMLMの専攻学科まであるようですが、ビジネス志向でする者は結局、自分の権利収益獲得に友達や身内を利用するというやり方しか現状では方法がありません。アカの他人を勧誘できる腕前の人なら何もあんな手の込んだ胡散臭いセミナーやグループぐるみのお茶会?を催す必要がありません。
 私なりにMLMを定義づけるとすれば、商売の素人集団が自分たちの受けている傷を隠してグループという小さな世界でテンションだけを上げ、気がつけば何も残っていないが、なくしたものは多い。って感じです。もちろんごくごく一部の人だけは例外ですがね。そのごく一部のトップだけが権利収益を得られるのです。
 MLMの企業の方へ、これをご覧になられたらこれだけは言わせて下さい。「トップの会員がいくら収入があるとか、チャンスは今しかないとか言ってマインドコントロールするようなセミナーを催し、社会経験の少ない者を引きずりこむ方法をとらず、もっと御社の製品を前面にアピールするようなやり方に変えて下さい。もし、それが御社の方針ではないと反論されるなら、もっとDTとか会員とかの基本的な教育を根本からやり直すべきです。みんなサイドビジネスとか無店舗主義だとかいう感覚だから、いいかげんなヤツが多く出るのです。
MLMは本国へ帰れ さん 2001年 03月 13日 01時 41分 37秒
年齢:中年
会社名:名前を出して悪い?ニュースキン
 ニュースキンのDBの一部かも知れませんが、知っているだけでも3人います。
 今年の年賀状にみんなお揃いのマニュアル化された文面でどう書いてあったか
「去年は人生を変えるすばらしい出来事がありました」・・と。もらった人はたいてい聞きます。祝福したいから・・その答えは何だと思います。みな一応に
「セミナーにくればわかります」と返してきます。ほとんどの人が不愉快に思っているのがわからないのですか。もう、MLMやってる人が信じられません。
ももちゃん さん 2001年 04月 01日 20時 10分 44秒
年齢:40

先日、ニュースキンにはまっている元後輩が一年ぶりに古巣の職場へ訪れました。「こんな仕事やってる場合じゃない」と捨てぜりふを吐いてやめた職場へ。私は「あっマルチやめたんだ」と一瞬安心しましたが 、目的は勧誘でした。しかし、元同僚に「ネズミ講だろ?」と言われたことで逆ギレして帰っていきました。帰り際に「自分の夢をつかむのは自分しかいない」と名言を残して。他にも関わっている人がいますが、同じ事を繰り返して言っていました。
彼らをそこまで屈強?な精神力にもっていく原動力は何なのでしょう。何かカルトめいた恐怖さえ感じました。明日への成功をただひたすら信じきれる彼らが、逆に羨ましくさえ思えるのは間違いでしょうか。
「ものつくり屋」 さん 2001年 04月 02日 16時 23分 07秒
こんにちは、ももちゃんさん。

>彼らをそこまで屈強?な精神力にもっていく原動力は何なのでしょう。何かカルトめいた恐怖さえ感じました。
>明日への成功をただひたすら信じきれる彼らが、逆に羨ましくさえ思えるのは間違いでしょうか。

別な掲示板でマインドコントロール(MC)について説明した文章が有りますのでお読み下さい。

http://www13.big.or.jp/~beyond-1/akutoku/bbs/qa/pslg19742.html

MCというのは、一種の依存症なんです。アルコール依存症などが「アルコールの摂取」による開放感
が「心理の中の優先順位」がトップになる様に、「不安感を忘れる活動」による「不安感からの解放の
心地よさ」がトップに来る訳です。とても熱心に勧誘するという活動そのものが、「不安感を抑圧」す
る形の心理操作になっている事によって生じる訳です。我々は、日常生活で「これで良いのか?」「こ
れで良かったのか?」という不安感とつき合いながら生きているのですよ・・・。
ももちゃん さん 2001年 04月 03日 22時 34分 12秒
「ものつくり屋」さんへ

あなたのお書きになったMCに関する記事を拝見しました。
確かに知人たちは、ニュースキンを始める初期の段階では、まだ人に相談するくらいの社会性を保っていましたが、週3〜4回とセミナーや集会に加わるうちに「友はニュースキンに、他はダウン候補」という方向に傾き、会話してもそのビジネスの話になれば人が変わるって他の友人も感じています。
私も誘われたセミナーでは半ばスピーカの話に酔いしれていましたが、胡散臭いと感じだしたら逆に心地よさが怒りのエネルギーに変わりました。自分ではこれを「マインドコントロール解除時のリバウンド現象」と称しています。(感情を抑えきれない人は爆発します。だからマルチは怖いんですよ。)
心地よいMCが醒めれば、次におこるのは「早く帰らせて、自分をカモにするな」という被害者意識だけが残りました。
「ニュースキンはモルモン教?」に書かれてましたが、やはり宗教の布教活動に用いられる技法や話術が採り入れられているのでしょうか。
「ものつくり屋」 さん 2001年 04月 04日 15時 47分 00秒
こんにちは、ももちゃんさん。

>胡散臭いと感じだしたら逆に心地よさが怒りのエネルギーに変わりました。
>自分ではこれを「マインドコントロール解除時のリバウンド現象」と称しています。

実際の所、セミナーなんかで「話に酔った」様な状態が「胡散臭い」という意識で醒めていく場合には
まだMC状態では無く、「心理操作の影響下にある」状態だったのですよ。心理操作の影響そのものは
一過性で、何かの機会に簡単に破れます。「話に半ば酔った」状態そのものを思い出して頂くと、心地
よかったと思います(後から腹が立つにしても、その時だけとりだせばね)。何度もセミナーに参加し
たり、実際に人をセミナーに誘ったりって事で、その心地よい状態が長引いたとき、人間の心の底にあ
る「無意識」といわれるものが「心地よさを放さなくなる」状態がMC状態なんですよ。短期間の心理
操作の影響から解放された時、怒りを感じるのは「普通」の反応です。自分の心をいじられたって事は
思考として認識するかどうかは別に感じる事ができますし、それを笑って許せる様な方はまずいません。

MC状態からの離脱はもっと悲惨なものがあります。といっても私の学んだ範囲は宗教カルトなどの深
いMCからの離脱の例が多く、商業カルトのMCよりも悲惨な面が大きいのですがね。怒りよりも、喪
失感や自責の念など自虐性が強く表れる事が多いわけです。というのは、MC状態の場合、途中からは
自分の選択で情報を選り好みし、自分でMCを深めていった事を誰よりも自分が良く知っている面があ
るからです。

>やはり宗教の布教活動に用いられる技法や話術が採り入れられているのでしょうか。

うーん、MC状態を引き起こすために特別な方法があるという訳でも無いのですよ。経済革命クラブな
どの催眠商法的な話術というのは、人が集団で「人を勧誘しよう」と試行錯誤しているとできあがって
くる面が有るわけです。そして、自分たちで作った勧誘方法の効果に自分たちで酔い続けるうちに「M
C状態の集団」ができあがり、どんどんと伝染していくという感じでしょうかね。
ミポリンママ さん 2001年 04月 04日 08時 25分 30秒
年齢:?
会社名: ニュースキン、ファーマネックス、ビッグプラネット

皆様、こんにちは。久しぶりの投稿です。実は最近、友達の少ない私は何とか友達を増やそうと
「ご近所ネット」というサイトを見つけ、登録しました。
そのネットでは全国の色々な人が「メル友募集」や「友達募集」のコメントを寄せています。
名前の後に「キーワード(自分の好きな事、物など・・・)を書き込むのですが何とそこに
「Big Planet」という文字を発見!!
ああいう場で堂々とその名を載せるとは・・・?ちょっと疑問です。
おまけに書かれているメッセージのコメントは「ちょっといい情報があるよ!メールください」です。
何も知らずにその人にメールを送った人は今頃「ビッグプラネット」の餌食でしょう。
ああいう場であんな勧誘まがいの事をするなんてやっぱりマルチをやっている人ってどこか常識が
外れているのでしょうか?
その後私はすぐに管理に人さんに事情説明のメールをしました。「ビッグプラネット」がどういうもの
であるかという事を・・・。
しかし、残念ながら何の返答も頂いておりません。解かって頂けなかったのでしょうか?
その人の登録は削除されていませんでした。本人にも抗議のメールをしました。
これもまた、返答無しです。そのくらいの事で目くじらを立てる私の方がおかしいのでしょうか? 
リュンテル さん 2001年 04月 04日 12時 54分 14秒
会社名:アドネット

ミポリンママさんへ。

私もよくアドネットが利用してる「出会いサイト」で、勧誘の書き込みを見かけ、
管理人の方へ注意するようメールを送ったり、直接本人へ送ったことがあります。
(脅しっぽい返事もらったこともあります。)
当然アドネットの名前は出してきませんが、お決まりのキーワードがビッシリですぐにバレます。
管理人の方は名前とその団体の実態を知らなければ文章からでは判断がつきませんからね。

>その後私はすぐに管理に人さんに事情説明のメールをしました。「ビッグプラネット」がどういうもの
>であるかという事を・・・。
>しかし、残念ながら何の返答も頂いておりません。解かって頂けなかったのでしょうか?
>その人の登録は削除されていませんでした。本人にも抗議のメールをしました。
何かしらの対策をとってもらいたいと思うのは同感です。

最近も数件チラホラと…。
ももちゃん さん 2001年 04月 04日 19時 15分 04秒
ミポリンママさんへ

まずは「ものつくり屋」さん、コメントありがとうございました。
さて、ミポリンママさん初めまして、私も友達の少ない一人です。

>やっぱりマルチをやっている人ってどこか常識が外れているのでしょうか?

そうじゃなくて、マルチをやることによって常識や心のタガがどこか狂ってしまうのです。もちろんそれは「ものつくり屋さん」の書いておられるMCの影響が大きいと思われますが、はまりこんでいる人にとってはダウンの勧誘が何よりも第一で、そのためには手段を選びません。
ファーマネックスもビッグプラネットもニュースキンの子会社で、前者はサプリメント後者は@Niftyのシステムを間借りして、eコマースをうたっておりますが、そろそろ化けの皮がはがれる時期にきております。
メールのやりとりなんて序の口ですよ。だまして勧誘に連れて行くなんてことも平気でやります。  失礼しました。
ミポリンママ さん 2001年 04月 05日 14時 06分 41秒
ももちゃんさん、ご意見頂いてありがとうごさいます。
マルチとは本当に恐い世界ですね。私の周りにもニュースキンやホームクリエイトなどに関わっている
人がいますが何を話していても会話が横道に反れてしまいます。
「これからはこういう時代が来る」だとか「何をしてはいけない」とても着いて行ける会話ではありま
せん。怒りを通り越し、何てかわいそうな人だと哀れみの心になります。
通行人 さん 2001年 04月 13日 00時 07分 40秒
ニュースキン

大阪のJR天王寺駅近くにある、あべのベルタではニュースキンが夜な夜なセミナーを催していますよ。セミナー終了後は、その近くのマクドが個別勧誘会場となっており、他のお客さんやお店の人も大迷惑してますよ。
着慣れぬスーツ姿の人達がうようよいます。胡散臭いことこの上ありません。ご注意下さーい。
babylon さん (babylon@ca3.so-net.ne.jp) 2001年 04月 24日 22時 50分 08秒
年齢:32
会社名:ニュースキン、ファーマネックス、ビッグプラネット
先日よりニュースキンに入っている知人の勧誘を受けています。丁度最近転職を考えていた所に「このビジネスは凄い」みたいな話を聞かされ、説明会にも2,3回行きましたがメリット部分の説明ばかりで何か疑念が消えません。このページは今日初めて見ましたが、 余り良くない所のようですね…。知人は「嫌なら無理に勧めようとは思わない。でも今入らないと後悔すると思う。Big PlanetのShopping Mallが日本で始まったら凄い事になる。」と言ってましたが、実際の所はどうなんでしょうか?
ももちゃん さん 2001年 04月 24日 23時 29分 22秒
babylonさんへ

>今入らないと後悔すると思う。Big PlanetのShopping Mallが日本で始まったら凄い事になる

ニュースキンはすでに飽和状態にあり、子会社のBig PlanetがShopping Mallを開いても別段凄いことにもなりません。もう、6年も前から「今しかない」が続いています。凄いことになるのは代理店になるための出費とそれからの人間関係の方だと思います。

ニュースキンのことは、このトップページにも載ってますよ。ニュースキンのホームページはご覧になりましたか?特に「知ってくださいファーマネックスビジネス」の収入の図式ピラミッドを見て正体を見極めて下さい。
バハムルU世 さん 2001年 05月 08日 04時 03分 34秒
年齢:25
会社名:ニュースキン系
「ガイ 川崎」ってだれなんですか?マックユーザーで無い私のは
よく分りません…なんでもワールドコンデンションとやらに
参加したらしいのですがさっぱり分りません。
そんなに有名な方なのでしょうか?
有名だったらm(__)mごめんなさい・・・
村人A さん 2001年 05月 29日 20時 56分 43秒
えー、久しぶりに書き込みします。村人Aです。
あ、たろぽんさん、かつさん、あのときはありがとうございます。

今なぜか手元にニュースキンの「ビガップ」(BIGUP)とかいうグループの
参加申込書があるのですが(なぜか職場に)。
これは「ギャグナー」と似たようなもんでしょうか?
tokumeiさんのかいておられるサイトを見たんですが、
手元の申込書になんとなく共通項がありそうな気がしたのでつい。
あ、そうそう。私を誘いにきた職場の同僚とはたまに会うんですが、
やっぱ内心ではちょっと警戒しますね。
(これも以前にtokumeiさんが書いておられたような?)
taku さん (alladvantage@homemail.to) 2001年 06月 03日 02時 38分 53秒
年齢:24
会社名:ニュースキン・ファーマネクス・BP

友人から誘いを受け先日セミナーに行きました。その時セミナーで話していたのは高校
の同級生のTだったのです。クラスも同じ時がありました。で、セミナー終わったあと
にそのTの話によると月収80万くらい稼いでいるというのです。事実、通帳も持ってい
て確かにその口座には数百万もの大金がありました。僕は月収細々の収入しかなく同じ
同級生とは思えないほどの彼の収入に羨ましさを覚えました。それと同時に彼が出来る
のならこの俺だって・・・というある種の期待感も。が、そこでは、「そうなんだー」
ぐらいにあまり興味はなさげな対応をしました。でも、家に帰ったらやってみたいとい
う衝動に駆られてしまったのです。そこで、この3社に詳しい方の情報をぜひお聞かせ
願いたいのです。関わらない方がいいのですか?
ももちゃん さん 2001年 06月 03日 17時 36分 02秒
takuさんへ

ニュースキンのことは現役DTの中澤さんに的確なアドバイスを受けられたらよろしいのですが、こんなこと書いたら書き込みにくいでしょうか。
ニュースキンについては他のサイトにも山ほど資料がありますのでご自身でお調べいただくとして・・

>月収80万くらい稼いでいるというのです。事実、通帳も持っていて確かにその口座には数百万もの大金がありました。

これだけの収入を得るためには直属・二段階下を含め何百人、購入額によっては千人程度のダウンが必要ですがすでに飽和期から売上げ降下を迎えているニュースキンで、可能でしょうか?
化粧品でMLMをスタートし、そん次は誇大評価の健康食品のファーマネックスで起死回生を図り、そしてデマが飛び交うeコマースのビッグプラと苦戦しているようです。

まさにシンクロナイズドスイミング

ニュースキンに限らずマルチの成功者と称する人は、まず、勧誘対象者から羨望されなければなりません。
そのために高級外車を無理して買ったり、いいマンションに住んだり(なぜか一戸建ては少ない)もちろん多額の現ナマや通帳を「見せ金」として常時携行している人もいます。どこまでがそれによって得られたものなのかあやしいものです。私もそんな人を何人か知っていますが、人物特定になるのでヤメときます。
結局、優雅に見せるために水面下でバタバタともがいているのが実情だと思います。
イノキオ さん 2001年 06月 03日 17時 52分 07秒
年齢:21

>Takuさん
MLM全般に対して言えることかもしれませんが、
活動しても極端にいうと被害者か加害者にしかなれません。

ニュースキンをやっている友達がいるのですが、
一時期電話代も払えなくなってしまったようで音信不通になりました。
理由は自己購入で在庫があまりそしてまた自己購入と悪循環を繰り返したからです。
taku さん 2001年 06月 04日 01時 26分 48秒
年齢:24

>ももちゃんさん、イノキオさん
レスありがとうございます。まずは相手の言葉に迷わされずに
自分で徹底的に調べる事が重要ですね。MLMは近づかない事
にします。
中澤哲也 さん (nakazawa@tahitiannoni.com) 2001年 06月 05日 16時 12分 51秒
 takuさんには、もうすでにももちゃんさんやイノキオさんから適切なレスがついていますので、今さらですが。

>ニュースキンのことは現役DTの中澤さんに的確なアドバイスを受けられたらよろしいのですが、こんなこと書いたら書き込みにくいでしょうか。
 ↓
 なんだか呼ばれたような気がして・・・。
 確かにMLMの現役DTですが、ニュースキンでは活動していません。外資系ですが、別の会社でございます。

 MLMに関わっている者から考えると、ニュースキン、正確には現在ではニュースキンエンタープライズ(NSE)は、アムウエイと並び称される業界の巨頭です。
 売上高は減少傾向ですが、それでもその他の多くのMLM企業と比較すれば、抜きん出た存在であることは否定できません。

 私は、NS時代からの健康食品(現在ではファーマネックス事業部)を使用したことがありますが、その機能と品質については、他の日本国内流通製品と比較して、優れたものだと思っています。その分、価格はお安くはありませんが。

 少し前からNSEではオンライン注文も可能になっています。ウエブページは洗練されているとは言えませんが、配送・集金システムは信頼できるものです。

 総じて、NSEの製品を気に入り、価格面でも納得して使うだけ(つまり単なる愛用者である)ならば、他のMLM企業よりはお薦めできるのです。

 一方、これを仕事と考えるならば、NSEはプロフェッショナル指向が強いものですから、中途半端な考えでは事業としては成り立ちません。
 もちろん、NSEよりもハードルの高いMLM企業は、いくつもあります。
 しかし、NSEの場合、「一生懸命やった人はそれなりに、そうでない人もそれなりに」といったメンタリティではなく、「一生懸命やった人はものすごく厚遇するが、ほどほどまでの人は残念でした」という感じかと捉えています。

 そのシビアさは一概に否定はできません。事業というのは厳しいものなのですから。
 しかし、MLMという非常にとっつきやすい事業形態をとっているため、それほどまでの覚悟を持たずに「可能性」だけを信じてNSEのビジネスに飛び込む方が少なくないのだと思います。
 また、非常に悲しいことですが、NSEに限らずMLM全般に、事業の可能性のみを喧伝し、そのリスクを意図的に隠蔽してダウンラインのDTを募る者が、事実おります。

 MLMという事業形態、それ自体がリスクなのです。そのリスクを飲み込んでなおかつ、使用したい製品でなければ、わざわざMLMの製品を購入する必要も、ましてやDTになる必要性などありません。

 NSEにはNSEの可能性があります。しかし、それは絶対的なものではなく、相対的で流動的なものです。
 他の企業にも、同じ事が言えるのです。
 「将来、この会社はすごいことになるから」というのは、「将来、あなたのようなDTが沢山登録してがんばってくれたら、この会社はすごいことになる可能性がある」ということなのです。
りべ さん 2001年 06月 06日 00時 31分 16秒
年齢:23

はじめまして。

一月ほど前からなんですが、私の周りの友人が 
『マルチまがいのようなもの』に傾倒していて
ハタから見ていて とても心配です。

そういう私も先日、そこのセミナーというやつを体験してきました。
(友人が「自分の口からは云えない。セミナーを聞いて」の一点張りなので)
印象として、とても怪しかったです。
詳しい知識がないので『何が』とは云えませんが、
とにかく『何か』怪しい空気を感じました。
説明を聞く分には、「ああ、マルチまがいだな」と。

それから自分なりにいろいろ調べているうちに
ここにたどり着きました。

やめるかどうかの判断は本人に任せるとして、
「こういう話もあるんだよ」ときかせたいので
どなたか、NSE等について資料になるものを教えてください。

ちなみに、私も勧誘されましたが 断りました。 
中澤哲也 さん (nakazawa@tahitiannoni.com) 2001年 06月 06日 01時 59分 04秒
年齢:41
会社名: NSE等

 りべさん、はじめまして。

 枝葉末節のことのように感じられるかも知れませんが、実はかなり本質的なことですので、ちょっとだけお付き合い下さい。

>説明を聞く分には、「ああ、マルチまがいだな」と。

 マルチまがい=悪徳商法、違法商法といった捉え方がかなり一般化されているようですが、マルチまがいというのは、訪問販売法で規定する、連鎖販売取引(一般に言うマルチ商法)に該当しないが、本質的には連鎖販売取引の形態をとっている商法のことを言います。
 つまり、マルチ商法もマルチまがいも、それだけでは悪徳でも違法でもないのです。

 この6月1日から、訪問販売法が改正され、特定商取引法となりました。その中で、連鎖販売取引の定義が変更されました。
・「特定負担を条件とする」から「特定負担を伴う」に変更
・精励で決められている2万円以上という特定負担金額の基準を撤廃

 特定負担というのは、連鎖販売取引の特徴である、自分のダウンラインの売り上げの一部を報酬(特定利益)として受け取ることのできる条件としての負担金です。
 
 さて、NSEの機関誌の日本版Vol.9、No.1、Spring 2001の19ページに、
「この変更により、いわゆる『ネットワークマーケティング』と呼ばれるビジネス形態をとっている企業は
当社(NSEのこと)を含め、そのほとんどが『連鎖販売取引』を行う企業となります」
と明記されています。

 「連鎖販売取引」とは、特定商取引法で規制される、世間一般に言う「マルチ商法」です。NSEは、自らの商法を、マルチ商法であると認めているのです。

 少し意地悪ですが、ご友人に「NSEはマルチ商法ではないか?」と尋ねてみてはいかがでしょうか。
 もし、「マルチ商法ではない」という答えが返ってきたら、「NSE自身、連鎖販売取引だと認めているではないか。そして、連鎖販売取引というのは、世間では一般にマルチ商法と呼ばれているので、NSEの商形態は、マルチ商法で間違いなかろう」と言ってあげて下さい。

 この「マルチ商法」という単語は、法律で規定されてはいませんが、小難しい法律用語よりよほど世間一般に認知されています。
 連鎖販売取引に関わると言うことは、「やっているのはマルチ商法」という評価を受けると言うことです。

 ご友人が、NSEビジネスに関わる際、これをリスクとして認識していないのでしたら、法律に乗り遅れます。

 ちなみに、6月1日以降、「マルチまがい」は事実上なくなりました。みんな「マルチ」です。
りべ さん 2001年 06月 06日 23時 59分 03秒
年齢:23

>中澤哲也さん
レス、ありがとうございます。

確かに、私の中で『マルチ=悪徳』という図式が少なからずあったのは事実です。
世の中、そうでないMLMもあるということがネットを検索しているうちにわかりました。

けど、ニュースキンは やはり決して良いとは云えないこともわかりました。
これからもう少し、調べていくつもりです。

友人もその辺のことを自覚はしているようで、
今日も会って話を聞きました。
「そのことをわかった上で、もうすこし会員を続けてみる」そうです。
フミ さん 2001年 06月 20日 23時 48分 32秒
年齢:20代

こんにちは、始めてカキコしています。
誰かにアドバイスを頂かないと、もう私の説得ではらちがあかないほど友人がハマってしまいました。
どうか意見を聞かせて下さい。

つい先日、学生時代に仲の良かった友人が、ニュースキンを始めました。
大学時代から興味はあったようですが、学生だったのでその時は製品を使っているだけでした。
彼女は当時からしきりNSを褒め称えており、卒業したら自分もNSをやるつもりだ、とよく漏らしていました。
その時から「ヤバイんじゃないのか???」と思っていた私でしたが、彼女は普通の会社へ就職し、NSとは関わりを絶ったのだと思っていました。
ところが、つい4日ほど前に電話があり、
「今の会社には希望が持てない。やっぱり夢を追いかけたい。NSが軌道に乗ったら、今の会社を辞めようと思ってる」とか、今までの彼女とは180度違ったような口調でしきりにNSを誉めちぎっていました。
そして、もう既に、手続きを済ませており、セミナーにも何度か参加して、完全にNSに心酔していました。

そのことがあって、私なりに色々調べていてこのホームページに辿り着いたという訳です。

彼女とは学生時代一番の仲良しで、色んなことを包み隠さず何でも言い合える本当の親友同士だと思っています。
だから、私は今回彼女がNSを始めることについて、自分の考えを率直に述べてみました。
「確かにNSの製品自体はいいと思うし、自分の肌に合っているのなら、私だって利用したいと思う。
でも、その商品を売り込む方法がどうしてもひっかかってしまう。
私のあなたのNSに対する考え方次第で、これまで培ってきた友情が壊れちゃうかもしれないという不安が拭いきれない。
だからせめて、NSを始めたことで、友達をなくしたり、過剰な在庫商品で八方塞がりになった人もいるっていうマイナス面にも目を向けて欲しい。」
ということです。それに対し、彼女は理解してくれたのか、
「じゃ、今度会ってゆっくりそのことについて話がしたい。」
と返事をしました。そして、近い内に会うことを約束しました。

きっとその時、NSにまつわる神話を私も散々聞かされることは必至だと思います。
しかし、彼女の勧誘から逃げてばかりもいられないと思うし、いずれ直面してしまう問題だと思うので、早い内に彼女と話し合って、意見を交換したいと思うのです。

それで、NSに詳しい方にお訪ねしますが、NS関係者が、人を勧誘する際に、
「ここを突かれるとイタイ!反論のしようがない」
と思う、ニュースキンとその子会社の欠点はどこなのでしょうか?
彼女の話を聞いた限り、全ての質問(批判)には何らかの答え(マニュアルと呼べばいいのでしょうか?)
があらかじめ用意されている様で、何を言っても
「そうじゃない。NSは〜〜〜だから」
と言い含められてしまいます。

初カキコなのに、長文になってしまって、ホント申し訳なく思っています。
ですが、他に頼れる人もいなくて、両親に相談しても、「縁を切ったら?」
ぐらいにしか答えてくれません。
そんなのはイヤなんです。NSなんかのせいで、大学で出会った親友を失うかもしれないなんて、ホントに涙が出るくらい辛いです。
私たちが培ってきた友情ってそんなにもろいものだったのかなっ?って悲しくてしょうがありません。

意見をお待ちしています。ホントに長文で失礼しました。
益夫 さん 2001年 06月 21日 00時 51分 14秒
年齢:22
にゅ−すきんなら本屋さんに売ってるから。
でもいまどきニュースキンは古いんじゃないかな。
中澤哲也 さん (nakazawa@tahitiannoni.com) 2001年 06月 21日 02時 19分 25秒
年齢:41

 フミさんへ、はじめまして。
 ニュースキンエンタープライズ(NSE)ではありませんが、同様の外資系MLM企業のディストリビュータ
(DT)の中澤と申します。


>それで、NSに詳しい方にお訪ねしますが、NS関係者が、人を勧誘する際に、
>「ここを突かれるとイタイ!反論のしようがない」
>と思う、ニュースキンとその子会社の欠点はどこなのでしょうか?
 ↓
 NSEを含むMLM企業は、日本の特定商取引法で規制される、連鎖販売取引という商法をとっています。
 これは、一般にいわれる「マルチ商法」と同義と考えて差し支えありません。
 現在の日本社会の通念では、マルチ商法=悪徳という公式が成り立っています。法的理論やビジネスシステム
を学問的に検証すればイコールではないのですが、机上論よりも現実論の方が優先しますので、いかに理屈を
こねまわそうともマルチ商法というもののネガティブイメージは消えません。

 フミさんはご友人に、「NSEの商法は、マルチ商法なのではないか?」と聞いてみたことがおありでしょうか。
 その時、「マルチ商法ではない」という答えが返ってきたとしたら、その方はMLMの現状を認識していないこと
になります。

 NSEは、自社の機関誌で、特定商取引法の施行に伴い、NSEのビジネスは連鎖販売取引に相当する、と
認めています。連鎖販売取引は、社会通念でいうところのマルチ商法です。
 つまり、NSEビジネスは、名実共にマルチ商法として社会に認知されているわけです。

 いささかダイレクトですが、「ネガティブイメージの強いマルチ商法に関わる気はない」と明言するのが
まず1点。
 そして、NSEはマルチ商法ではないと相手が返してきたら、上記のことを問い質してみて下さい。

 MLMに関わることのリスクは、経済的な点よりも、むしろネガティブイメージの強い商法に関わっている
事を世間に公開しながら活動していく点かと思います。
 自分が関わっている商法が、マルチ商法であることを認め、それでもなおかつそのネガティブイメージを
払拭できるだけの商品力、市場認知力、将来性があるかどうかを冷静に説明できるか、聞いてみるのが2点目です。

>彼女の話を聞いた限り、全ての質問(批判)には何らかの答え(マニュアルと呼べばいいのでしょうか?)
>があらかじめ用意されている様で、何を言っても
>「そうじゃない。NSは〜〜〜だから」
>と言い含められてしまいます。
 ↓
 「NSEはマルチ商法ではない」とも言うのでしょうね。
 その答えが出てきたら、その時点でこの商法を正しく認識していない証拠になります。覚悟が中途半端であると
諭すことができるかもしれません。

 しかし、堂々と「マルチ商法です」と言われたら、それなりの覚悟を持ってこの仕事にのぞんでいる事になり
ますので、説得は難しい事になりますね。
ゆう さん 2001年 06月 21日 06時 41分 59秒
会社名: >ふみさんへ

本当にその友達のことをお考えなのですね。やめさせたいというあなたの気持ちを察してどうしたらやめさせられるかについて意見します。
でも・・・友達は本当に大学時代からその商品を愛用しているんですね。その商品を心から良いと思っているものをその友達に自信をもってすすめる。これはどんな人でもやっていることだとおもいます。「この化粧品すっごいよかった」「へ〜じゃあ私もかってみようかしら」これに化粧品会社はお金をのせるといった話です。
そうですね・・・本当にマルチが社会的に悪のイメージであるということ。これはまぎれもない事実ですしそこを友達はわかってるのかどうかから始まります。わかっているならかなり難しいでしょう。法律的にも合法ですし・・・わかっていないなら説明するべきです。私はあなたをやめさせたくてこんなにがんばったという事。
しかしそれでも難しい事だとは思い禄がフミさんが強い気持ちならがんばってください。
 ただおsの友達は本当に夢を追っているのですね。その夢が何なのかはわかりませんが私なら親友の夢は形によりけりですがたとえどんな批判が高かろうが少数派であろうが応援し、強力してあげたいとおもいます。
友達を辞める・・・仕事をやっている友達が嫌いなのか、友達が嫌いなのか。よく考えてください。
ちゃこ さん 2001年 06月 21日 16時 20分 20秒
今朝のゆうさんの書き込みをよんで、感じたことを書かせてください。
私の友達も、某MLMを始めて、現在連絡が取れなくなっていますが、
商品のことは本当に気に入っていて、(過信もあったように思いますが、)
純粋に私にも勧めてくれました。わたしもいい商品だと、普通に思いました。
それだけなら、何のトラブルもなかったのです。

ゆうさんは
>仕事をやっている友達が嫌いなのか、友達が嫌いなのか。よく考えてください。
とおっしゃっていますが、会社のことを過信するあまり、「友達」のはずの私の言葉に
耳も貸さず、見下すようになってしまった、変わってしまった友達に対して、
わたし的にはどうしても分けては考えられないし・・・・。前の彼女に戻ってくれたらと思いますが、
それは仕事を辞めるときだと思うんですよ。

夢を追いかけるとは言いますが、ニュアンス的に(間違っていたらほんとごめんなさい)
今の仕事からの現実逃避のようにも思えてしまうんですよ。
私は、本当に大切な友達と思っていたけれど、今までの友達見下してまで追いかける夢って、
応援する気にはなれませんでした。

全然まとまってないですね。違った解釈してたらすみません。
私の場合と似てるような気がしたので、言わせてもらいました。
藤崎 さん 2001年 06月 21日 18時 34分 22秒
ゆうさんへ

ちょっと勘違いされているかな?と思ったので横レスを・・・


>その商品を心から良いと思っているものをその友達に自信をもってすすめる。これはどんな人でもやっていることだとおもいます。「この化粧品すっごいよかった」「へ〜じゃあ私もかってみようかしら」これに化粧品会社はお金をのせるといった話です。


化粧品会社がそれにお金を乗せるんじゃなくて、こういう場合を例えるならば、
「その化粧品を売ったお店が、紹介のお礼にお金をくれる」と解釈するのです。
私だったら・・・そうですね〜
「この化粧品は、○○デパートのコスメコーナーで買ったから、行ってみればぁ?」
って言うでしょうね。
もも さん 2001年 06月 21日 21時 33分 23秒
ふみさんへ

ふみさんの求められた意見には、他の方々が適切なレスをなされてますので今更ですが、私にはアドバイスは無理なので、過去に私が人を説得できなかった時の反省点を書かせていただきます。
その前に私の意見を述べさせていただきますが、マルチにはまった親友を応援すれば更なる被害者を発生させますので、説得して本人のためにもやめてもらいたいという、あなたの考えは「正しい」と思います。

説得しようとするあまり、反対材料を前面に出されるのは、逆に相手への生き方まで否定することになり、お互いに嫌悪感を残すことになるでしょう。
主義主張の違う相手に歩み寄るには、まず相手のことを理解し、肯定の姿勢を見せた上で、徐々に裾から切り崩しをなさればどうでしょう。言葉に表すとすれば難しいのですが「NSビジネスは凄いと思う。商品もいいし、私だって知り合いが多ければやってみたい。けど同じような商品はどこにでもあるし・・」的な同調してはジリジリと批判するというのが最適かな?思います。
ただし、一気に説得を試みても失敗すると思います。マインドコントロール下にある相手を今度はこっちが引き戻すことをするのですから。説得の過程で、友達よりもあなたが先にキレてしまってはダメですよ。

ニュースキンは大手マルチとしても限界に達しているかな思います。訪販法も追い打ちをかけていますし。かといって新しいマルチをすれば、なんてことはお勧めしません。念のため。
漠然とした内容でスミマセン。無事引き戻してあげられることを願っております。
ゆう さん 2001年 06月 22日 06時 16分 48秒
>ちゃこさんへ
いえいえ。あなたの言っている事伝わりましたよ。会社に入ってからこのビジネスをやってない友達を見下すようになってしまったって事はわかりますね。自信をもつあまり・・・過信も怖いです。
そして夢に向かい現実逃避。会社をやりながらやっているサイドビジネスは「サイド」だと思います。
そこで会社も中途半端になってしまい何もかもが中途半端になってしまいがちでしょう。だからこのビジネスは
難しいのかもしれません。普通の事をやっていたら二つの事とれませんもんね・「二兎追うものは一途も得ず」です。そひて夢を追うにはまた普通の努力では難しいでしょう。私もかつて中途半端になってしまい自問自答した事がありますから。
「ものつくり屋」 さん 2001年 06月 22日 11時 32分 59秒
こんにちは、ゆうさん、ちゃこさん。横からごめんなさい。

>いえいえ。あなたの言っている事伝わりましたよ。会社に入ってからこのビジネスをやってない友
>達を見下すようになってしまったって事はわかりますね。自信をもつあまり・・・過信も怖いです。

私はマルチ商法にはまりこまれた方の周囲の方の苦悩に何かアドバイスを差し上げたくて、心理学ま
で囓ってしまった者です。心理学を学ぶと、「なんて人間とは弱い者なのだろう」って思います。
マルチ商法に限らず、自己啓発セミナーなんかでも有ることなんですが、その人間が今までの人生で
身につけて来た「社会比較(常識の様なものとお考えください)」を簡単に抑圧してしまう状況とい
うのは、他の者が作ってしまうことが可能なんです。我々は、日常生活で自分の心の中の「社会比較」
が発する警告により、人との関係を損なわずに済むことも多いのですよ。相手が少し面白く無いそぶ
りを見せた時に、心の中の社会比較は「もうその話はよした方がいいぞ」と警告を発したりしている
のですよ。そして、真面目な心優しい人ほど自分の社会比較からの警告との折り合いに疲れている面
があるのですよ。「こんな事をして良いのだろうか」「あんな事して良かったのだろうか」ってね。

社会比較を抑圧する状況というのは、「好意返報性」とか「一貫性」、「集団同調性」、「社会的権
威」「希少性」なんていう人間が共通して持っている性質を利用して作り上げられるのですが、そう
いった状況の中で「社会比較の抑圧」が起こると、本人には「新しい世界が開けた様な爽快感」があ
るものなのですよ。そしてその爽快感を本人の無意識が手放さなく成った時に、周りから見ると「人
が変わった」みたいに、自己中心的に現実逃避する姿に見えるのです。

過去にいろいろと書いています。ご興味があればお読みください。

http://www.d1.dion.ne.jp/~lpldrt/index.htm
ユウ さん (drisamu@hotmail.com) 2001年 06月 24日 17時 48分 16秒
年齢:35(男性)

フミ さん (2001年 06月 20日 23時 48分 32秒
年齢:20代

こんにちは、始めてカキコしています。)・・・へ

こんにちは。フミさんの書き込みを拝見して私なりの意見を書かせて頂きます。
ただし、この私の意見は主観が全く入っていないとも限りませんので、
あくまでも参考として・・・

書き込みを見て、フミさんの友達に対する深い思いに感動し、なんとかしてあげたい一心で
一言でも二言でもいいから伝えてあげたいと思いました。

意見を述べる前に私のことを書いたほうが良いと思います。
私は、10年前は某一部上場企業で航空関係のエンジニアをしてました。
その後、とあるきっかけ(会社が不正事件を起こした)で米国A・・・(慄澎沈宿福砲箸いヲMLMを1年くらい
やりました。全く結果が出ないまま、たまたまその中のサプリメント商品に興味を抱き、気付いたら
某栄養学の普及活動を始めていました。そうしたら、次はその指導的立場にある方を通して
自己啓発セミナーに参加。1年程はまってプロジェクトのマネージャーをやっていた時に第二段目の
MLM(耐久消費財)を勧誘され、5年間はまっていました。年収は一般のサラリーマンとほぼ同じくらいでした。なぜ5年間も続いたのかは今回は割愛します。その後、元MLM(下着販売)のトップにいた50歳代の
新しく起こした会社で秘書みたいな事を半年やり、やっぱりMLMのことしか出来ない社長に嫌気をさして、建築業界でいまは働いています。
現在はMLMとは一切関係の無い分野でこの身を立てようと奮闘しています。

話が長くなりましたが、上記のように多種多様なMLMとの関わりを持って生きてきた者なので、
いくらかは、話に信憑性もあるのではないかと思います。

そこで、NSEのことでしたよね。実はこのようなオープンな場所で書き込みをした事があまり無いということと、書き込んだ内容に様々な法律が適用されかねない等の理由で、詳細は控えさせてもらいます。
逆に言えば、もしかしたら様々な分野の方々に強烈な刺激を与えてしまう可能性のある情報も交えながら、本音でしか理解できない内容も出てくることが予測されるからです。
かといって単にMLMを真っ向から否定することだけが脳じゃないとも思っているのです。

でも、まずは現実にフミさんの友達に今現在どういうことが起こっているのか、あるいはこれから先、どういうことが予想されるのかを現実に起こった事例を交えてお話できると思います。

もし、こんな私の話を聞いてみようかなと思ったら、是非メールくださいね。
(心配しなくてもあこぎな商売屋とかじゃないですよ(笑))

ただ、この書き込みを見て色んな方からのアクセスもどうぞ!ただし、忙しすぎてお返事遅れてしまうかも?
あらかじめゴメンなさい。
フミ→中澤さんへ さん 2001年 06月 24日 19時 48分 41秒
年齢:20代

フミです。お礼の返事が遅くなりスミマセンでした。

MLMのお仕事をなさっているのに、的確なアドバイスをありがとうございました。
友達はやはりニュースキンを「マルチ」だと認識はしておらず、「まだ常識になっていないビジネスだが、アメリカではすでに主流のビジネス」だと言い張ります。
ですので、説得にはその辺のところをよく話して、理解してもらう必要があると思いました。

余談ですが、中澤さんのように、MLMに関わることを、
「世間にネガティブイメージの強い商法を公開しながら」活動していくことは、これからのMLMを変えていくことができるのかもしれないな・・・とも思いますし、この様に、MLMの負の部分に対する質問にも的確に答えて頂けることは、知識不十分な私にとって、本当にありがたいことでした。また何かあれば是非相談させて下さい。
フミ→ゆうさん&ももさんへ さん 2001年 06月 24日 20時 14分 50秒
年齢:20代

フミです。中澤さん同様、お礼の返事が遅くなってしまったことをお詫びします。

ももさんから、
「マルチにはまった親友を応援すれば更なる被害者を発生させるので、説得して本人のためにもやめさせたいという考えは、正しい」と断言してもらって、すごく勇気が湧きました。純粋に本当にうれしかったです。

ゆうさんの仰るとおり、私も親友の夢は批判が高かろうが少数派であろうが協力して実現させてあげたいと思いますし、それができるならどんなにかいいと思います。親友が大事であれば尚更のことです。
そう言われて、私はすごく考えました。ここ3〜4日そのことばかり考える日々でした。(本当に!)
彼女がMLMを頑張ろうとしてることに難癖つけて辞めさせるのが、本当に彼女にとって喜ばれることなのか・・・??
辞めるよう説得して疎ましく思われるより、応援し協力することが彼女にとっては有り難いことなのではないのか・・・??

散々考えましたが、「でも大事な親友だからこそ、友達をなくすかもしれないような仕事はやって欲しくない」という結果になります。
(MLMのお仕事をされている方スミマセン・・・)

ですので、よくよく考えた結果、やはりももさん・中澤さんのアドバイスを元に説得を試みたく思います。
それに、ここの掲示板を見て思ったのですが、
「ニュースキンが軌道に乗れば今の会社を辞める」
なんて、甘く、容易な覚悟ではMLMで成功を収めるのは困難かと思いました。
中途半端な覚悟でできる仕事ではないようですので。
そのあたりも根気よく話していきたいと思います。
(じゃ、今の会社をすぐにでも辞める!!なんて言われないように十分注意したいと思います・・・)

本当に皆さまの意見にはとても考えさせられることが多く、すごくためになりました。
心からお礼が言いたいです。
中澤哲也 さん (nakazawa@tahitiannoni.com) 2001年 06月 25日 16時 02分 05秒
年齢:41

 フミさんへ。
 ご丁寧な返信、ありがとうございました。

>友達はやはりニュースキンを「マルチ」だと認識はしておらず、「まだ常識になっていないビジネスだが、アメリカではすでに主流のビジネス」だと言い張ります。
>ですので、説得にはその辺のところをよく話して、理解してもらう必要があると思いました。
 ↓
 「(日本では)まだ常識になっていないビジネスアメリカではすでに主流のビジネス」という点について。
 実は、MLM市場では、売上高が最も高い国が、日本なのです。
 ディストリビュータ(DT)登録数は、アメリカの方が多いのですが、MLM商品が最もよく売れるのは日本
ということは、業界では半ば常識化しています。

 さらに、私が参加している外資系(本社アメリカ)企業の経営陣が自社のDT向けに出したメッセージに、
「MLMというコンセプトを受け入れられる人は、一般人口の約12〜13%であることはネットワーカーの
間では良く知られてきたことであり、MLM企業はこの12〜13%のみをターゲットにしてきたのだ」と
ありました。
 NSEほど大きな会社ではありませんが、近年のMLM業界では成功した企業として良く知られた会社の、
経営者からしてこうした認識です。
 12〜13%で、どこが主流であるのか?といえますね。

 また、このメッセージの中で、「MLMというビジネスは、基本的に誕生から50〜60年、ほとんど同じ
方法で行われてきている」とも言っています。

 この50年以上をほぼ同じ方法から進歩していない、理解する人が12〜13%しかいないビジネスに参加
するのなら、その企業がこうした問題を把握し、それを打破する方向をDTに示しているかどうかが、重要な
検討事項になるはずです。

 残念ながら、ご友人はそうした問題点は検討されていないようですね。
 おそらくはアップラインから良い情報しか受け取っておられないのでしょうね。
 
SPREWELL さん 2001年 06月 23日 09時 05分 21秒
はじめまして。

友達がNuskinをやっていたらしく、僕のところにもやってきました・・・
縁を切りたくなかったので、結局、23万ぐらい借りて買うまで行ってしまいました。
やる気もはなから無く、仕事も忙しくなり、勧誘もしなかったんで、そこで終わりました。

ここまでは、自分も勉強のためと考え、商品を返品して、その他の使ったお金や、
差額は別にいいかな?っと思ってたんです。

しかし・・・・

「商品の返品の仕方がわからない。」と言ったら、「俺が返品しておいてやるよ。」
と言ったので、送ったんです・・・・
そしたら、それ以降、電話にも出なくなってしまいました。
しばらくして、非通知でかけると、見事に出ました。(笑)
そして、「返品出来ない。」とか、わけのわからないことを言い出したのです。(-.-;;
90%の金額で返品できると、書いてあるのに・・・・

その後しばらくして、「やっぱり、出来るみたい・・・・」とか言い出す始末・・・
それなら、と「返品してくれ。」言ったんですが、してくれません。

こういう場合は、どうしたら良いのでしょうか?

それにしても、あそこまで酷い人間だとは思いませんでした・・・
これも、自分の人を見る目がなかったと思いますが・・・
最低でも、自分が買った商品なので、取り返したいです。
今は、友達ともなんとも思ってないです。

#こういう人がいるから、マルチ嫌いの人や、被害受けた人はもちろん、
#肯定派や、ちゃんとやってる人にも迷惑がかかるんですね。(-.-;;;;
復帰人 さん 2001年 06月 26日 00時 27分 55秒
年齢:25

こんにちはみなさん!!はじめまして♪
いやーここは勉強になりますね。
私が、洗脳から開放されてはや半年。
NSビジネスをやっていた時にここのHPを見たらどう思ったんでしょうね?多分無理やり否定し
ていたでしょう。勤めていた会社を辞めてNSをやっていた時は、普通の生活に戻るのはなに
よりも恐ろしいと思っていたのですが、いざ恐れていた普通の生活に戻って見たらこれが案外
居心地がよかったりします。NSで使っていたエネルギーを普通の生活の場で発揮すると物凄い
威力を発揮します。いまさらながら大変な事をやっていたんだなぁと思います。
 私にビジネスを紹介してくれた、前の会社の上司は、ものすごく優秀な人です。仕事は出来
るし人を惹きつける不思議な魅力を持っています。そんな、彼も2年以上やっていまだに、シニ
アレプレゼンタティブと呼ばれるタイトルにいます。収入にして10万ちょっとではないかと思
います。彼ほどの優秀な人物が、NSを本業にしてそれっぽっちの成果しかあげられないのであ
れば、私ごときがうまくいくわけがありません。
 NSをやって失ったものは数多くあれど、NSを辞めて失ったものは何一つありません。
前述したアップの上司は、君とは一生の付き合いになるから、たとえNSのビジネスを辞めても一生
親友だ、とビジネスを始めた時に言いました。しかし、ビジネスを辞めた今は、電話の一本もあ
りません。厳密にいうと一回だけありました。それは、セミナーへのお誘いの電話でした。
人間関係に利害関係をからめると、ろくなことがないと思います。ビジネスをやっていたときは親
友だと思っていた人が実は・・・・。といったことがほとんどです。
 私は、今NSで失敗した事によって、人生を真剣に考える事ができるようになりました。
それだけが、私がNSから得たたった一つの宝物です。今はとても充実してます。仕事も順調です。
もも さん 2001年 06月 26日 22時 40分 19秒
フミさんへ
ご丁寧な返信、ありがとうございます。
あなたの真意は必ず相手に伝わりますよ。

復帰人さんへ
あなたの書き込みに敬意を表します。
MLMに迷っておられる方への良い指針となるでしょう。
ディストリビュータサービス部 さん 2001年 07月 09日 16時 19分 17秒
ニュースキンジャパン社としては、日本でのBP展開をビジネスが行えるほど展開する気持ちはないようですね。
ニュースキンジャパン社のディストリビュータサービス部のトップの方に直接聞いたので、正確な情報です。

やはり、ニュースキンやファーマネックスで登録させるための餌だったようです。

今では上之次郎もすっかり影をひそめています。
あの人が言っていた事は、ウソだったようです。
日本での登録を行っていない人が何を言おうが、何をしようが、ニュースキンジャパン社として何もできないようです。
言い換えれば、登録していない人は何でもできるということのようです。
ななし さん (ALGOL68@excite.co.jp) 2001年 09月 07日 01時 56分 45秒
http://homepage2.nifty.com/SUCCESS_SENDAI/

こいつは門眞とかいうおっさんが中心となっている、ニュースキンの
ページです。

お気をつけてください
あこ さん 2001年 09月 21日 10時 02分 26秒
  私の友達がニュースキンをやっています。
 私は彼から健康食品(ライフパック)を買っていますが、
 この前彼が、ニュースキンが日本テレコムと提携してマイラインもはじまったんだよ。
 って言ってました。
 いずれは、電気、ガス、水道もニュースキンになるみたいな事を言っていたのですが、
 それは可能なことなんでしょうか?
 彼から買っているライフパックという健康食品を飲み始めてから、
 体の調子がよくなった気がしたので、飲み続けてはいますが、
 彼のやっているビジネスにはいまいち共感できないのです。
 誰か知っている方がいたら私に教えてください。
つっちー さん (you-key@mtj.biglobe.ne.jp) 2001年 09月 24日 23時 49分 59秒
年齢:22歳

あこさんへ。たまたま覗かせていただきました。少し気になったものですから、少しお話を・・
>私の友達がニュースキンをやっています。
>私は彼から健康食品(ライフパック)を買っていますが、
>この前彼が、ニュースキンが日本テレコムと提携してマイラインもはじまったんだよ。
>って言ってました。
>いずれは、電気、ガス、水道もニュースキンになるみたいな事を言っていたのですが、
>それは可能なことなんでしょうか?
これについて、先のことを予想することは重要だと思いますがそれについては、特に気にする必要はないのではないでしょうか?今あこさんの見ているニュースキンの信頼できるところは以下の文章であると思うからです。
>彼から買っているライフパックという健康食品を飲み始めてから、
>体の調子がよくなった気がしたので、飲み続けてはいますが、
これですよね。結局のところ調子が「良くなった」と言う点においては疑いようのない現実だと思います。
だって、ご自身が感じていることですからね。まぁ、ライフパックについては本当に超がつくほどの一級のものです。アメリカのサイトに「サプリメントウォッチ」という、アメリカに流出しているサプリメントを
第三者的な立場でみている企業があります。そこでは、96/100でした。80点以上が合格だそうです。
まぁ、それは置いておきまして・・。以下の文章が一番重要だと思います。
>彼のやっているビジネスにはいまいち共感できないのです。
>誰か知っている方がいたら私に教えてください。
この意味はどうにも何か分からないけれどしっくり来ないと言った感じではないですか??ここがおかしいというものがあれば聞かせて下さい。でもおそらく何か分からないことと思います。ただ、何か言っていることが薄っぺらいような気がしたかと思います。
 あこさんの良いところは製品とビジネスを分けて考えているところです。核心をついた悩みだと思います。
ビジネスをしている人(やろうとしている僕を含めてです)の責任がほとんどだと思います。非常に難しい
仕事なんですよね、このビジネスは・・。野球で言うところのプロを目指すようなものなんです。
中澤哲也 さん (nakazawa@tahitiannoni.com ) 2001年 09月 25日 00時 52分 50秒
年齢:42

 つっちーさん、はじめまして。

 ちょっと気になった点があるのですが。

>まぁ、ライフパックについては本当に超がつくほどの一級の
>ものです。アメリカのサイトに「サプリメントウォッチ」という、アメリカに流出しているサプリメントを
>第三者的な立場でみている企業があります。そこでは、96/100でした。80点以上が合格だそうです。
 ↓
 上記のライフパックはアメリカ流通品であり、NSJが販売している日本流通品ではないですね。
 アメリカ流通品のライフパックと日本流通品とでは、内容がかなり異なるということは、NSEのDT(PX
のレプレゼンタティブ)であればご存じのはずですね。

 本質的に別の製品をあたかも同一の物であるように扱うデータの示し方は、間違っています。
つっちー さん 2001年 09月 26日 14時 35分 49秒
年齢:22
中澤さん、ありがとうございます。確かにあの表現はダメですよね。明治のフルーツ・オレと
他社のフルーツ・オレを同じ評価で見ているようなものですもんね。

表現方法気をつけたいと思いますね。
かとり さん 2001年 10月 23日 22時 50分 57秒
年齢:26
会社名: ニュースキン/ファーマネックス
5月辺りから友人がニュースキンという化粧品を売ると張りきって始めました。
それをを聞いてネットで色々検索をしてみるとそれはマルチ商法で販売している
会社だと知りました。友人にその事を言っても「商品はいいものだから…」と
聞く耳もたずだったので「軌道に乗らなかったらその内止めるだろう」と思って
干渉しませんでした。
 それから5ヶ月…先週末に突然「会社に遊びにきていい?」とメールが着たので
変だなと思いつつも「いいよ」と返事をして、彼女は来たのですがその手には妙な
電磁波グッズのカタログを持ってきて「どう?いらない?会社の人もどうかな〜」
と私だけじゃなく同僚にまで勧めだしてビックリした上に怒りがこみ上げてきました。
化粧品や健康食品だけならまだしも電磁波グッズ…?これはもうどっぷりニュースキン
に浸かってしまったよう…電磁波グッズもニュースキンの一部なのでしょうか?
 気になるのが最近ちょっぴり勉強したのですが「遊びに来ていい?」といいながら
来てからいきなり商品の営業をするのは最近改正された法律に触るんじゃないかと
思ってしまいました。でもマルチの仲間にならない?と誘ってる訳じゃないから
引っかからないのかなとも思ってみたり…実際どうなのでしょうか?
中澤哲也 さん (nakazawa@tahitiannoni.com ) 2001年 10月 24日 00時 58分 22秒
年齢:42
会社名: NS
かとりさんへ。
 はじめまして。外資系MLM企業のディストリビュータ(DT)の中澤と申します。
 ニュースキンジャパン(NSJ)は、特定商取引法の施行に合わせ、自らの事業を特定商取引法の規制下に
ある連鎖販売取引であることを認めました。一般に言われる「マルチ商法」でよろしいかと思います。
 余談ですが、私がDT登録している企業も同様です。

>化粧品や健康食品だけならまだしも電磁波グッズ…?これはもうどっぷりニュースキン
>に浸かってしまったよう…電磁波グッズもニュースキンの一部なのでしょうか?
 ↓
 NSJで販売されている機器は、浄水器と肌の洗浄・保湿を行う機器(ニュースキン・ガルバニック・スパ・
システム)くらいだと思いました。
 ガルバニック・スパは、超微弱電流による汚れの吸着と保湿成分の肌への浸透を促す機器ですので、電磁波グ
ッズとは異なると思います。

>気になるのが最近ちょっぴり勉強したのですが「遊びに来ていい?」といいながら
>来てからいきなり商品の営業をするのは最近改正された法律に触るんじゃないかと
>思ってしまいました。でもマルチの仲間にならない?と誘ってる訳じゃないから
>引っかからないのかなとも思ってみたり…実際どうなのでしょうか?

 このあたりは「ものつくり屋」さんが詳しいと思いますが、私の見解としては、勧誘を伴わないので消費者
契約法には抵触しないと考えます。
 ただ、「商道徳」としてはいただけない行動だと思います。

 NSに限らずMLMのDTにおいては、一般に商道徳に欠ける行動をとる人間が目立つようです。これは、
「消費者参加型ビジネス」などという謳い文句を拡大解釈して、自分の立場(プロもしくはプロを目指す商人)
と相手の立場(友人であっても商品を紹介する際にはお客様)を理解していないためでしょう。

 これではいつまでやっても、お客様の理解を得ることはできません。
「ものつくり屋」 さん 2001年 10月 24日 05時 24分 55秒
こんにちは、かとりさん、中澤哲也 さん。

>>気になるのが最近ちょっぴり勉強したのですが「遊びに来ていい?」といいながら
>>来てからいきなり商品の営業をするのは最近改正された法律に触るんじゃないかと
>>思ってしまいました。でもマルチの仲間にならない?と誘ってる訳じゃないから
>>引っかからないのかなとも思ってみたり…実際どうなのでしょうか?

> このあたりは「ものつくり屋」さんが詳しいと思いますが、私の見解としては、
>勧誘を伴わないので消費者契約法には抵触しないと考えます。
> ただ、「商道徳」としてはいただけない行動だと思います。

たぶん、特定商取引法における「(氏名等の明示) 」の部分の解釈の問題があり
そうですね。訪問販売なんかには、販売行動に先立って氏名の明示とともに商品に
ついても明示が義務づけられている訳です。

「第三条  販売業者又は役務提供事業者は、訪問販売をしようとするときは、そ
の相手方に対し、販売業者又は役務提供事業者の氏名又は名称及び商品若しくは
権利又は役務の種類を明らかにしなければならない。」

「第十六条  販売業者又は役務提供事業者は、電話勧誘販売をしようとするとき
は、その相手方に対し、販売業者又は役務提供事業者の氏名又は名称及びその勧誘
を行う者の氏名並びに商品若しくは権利又は役務の種類並びにその電話が売買契約
又は役務提供契約の締結について勧誘をするためのものであることを告げなければ
ならない。」

これらの条文の主たる目的は「氏名明示」です。訪問販売ではそれに「商品明示」
が加わり、電話勧誘では「商品明示」とともに「勧誘目的の明示」が加わっていま
す。

ところが、連鎖販売取引の部分では、この氏名の明示という条文が有りません。と
いうのは、訪問販売や電話勧誘が「見ず知らずの人」を相手にするのに対して、連
鎖販売が多くの場合「知り合い」を対象とするからです。

気持ちとしては、氏名明示の条文が無意味だから作らないのは分かるけど、「勧誘
目的の明示」を条文化するところが無くなったのはおもしろくないという部分はあ
ります。

ただ、実際にどこかに「勧誘する場合は勧誘目的を明示すること」って条文を入れ
ておいても「実効性」という意味ではあまり価値が有りませんね。知り合いですか
ら、「最初から勧誘の目的ではなく遊びにいったんだ。話している内に勧誘になっ
たんだ。」って言い訳の崩しようが無いんですね。電話勧誘なんかで見ず知らずの
人に「遊びで電話しましてね、途中で勧誘になりました」なんて言っても世間は通
りませんが、知り合いなら可能性を否定できない訳です。

ただ、目的が勧誘なのに「遊びに行こう」とかやるのは「人としての信義」の方で
「人生において大きな損」をしているという事なのは間違いの無いところでしょう
ね。
かとり さん 2001年 10月 25日 03時 33分 14秒
年齢:26
会社名:ニュースキン/ファーマネックス/ビックプラネット

 早急なお返事ありがとうございます。とても勉強になりました!

> 中澤哲也様
 電磁波グッズはニュースキンからというよりビックプラネットのHPで紹介
されていた「ウェイブシールド」という携帯電話の電磁波を軽減するという
シールでした。(まあ結局は同じ会社なのですよね)それを売っても多少の
ポイントになるのでしょうが…やっぱり買えないデス。
 MLMをされてる方から見ても友人は「商道徳」に反する行為だったのですね。
確かに友達じゃなかったら突然会社に入ってきて商品説明をしだした時点で追い
出すでしょうし。
 そういう行為が会社やMLMの評価を下げて友人を疎遠にしていく原因なので
しょう…友達が減っていくなんて悲しいことです

>ものつくり屋 様

 詳しい法律を教えて頂いて有難うございます!
最初に「商品の説明をしに会社に来てもいい?」と言われたら私は絶対
「来るな」と言った事でしょう。「遊びに来てもいい?」だったから多少
悩んだにしても「OK」を出したのですから…
(結局は詳しい商品説明を聞く前に叩き出してしまったのですが)
会社にに入ってきたなり「営業に来ました〜♪」と明るく悪びれた風も無く
言う彼女を見て引いたのは確かです(確信犯!?)
 昔はそんなんじゃなかったのにと思わずにはいられません。

この機会にもう少し詳しく勉強をしてみようと思います。ありがとうございました!
中澤哲也 さん (nakazawa@tahitiannoni.com ) 2001年 10月 25日 15時 49分 45秒
年齢:42

 かとりさん、こんにちは。レスありがとうございます。

>電磁波グッズはニュースキンからというよりビックプラネットのHPで紹介
>されていた「ウェイブシールド」という携帯電話の電磁波を軽減するという
>シールでした。(まあ結局は同じ会社なのですよね)それを売っても多少の
>ポイントになるのでしょうが…やっぱり買えないデス。

 ここがちょっと気になります。
 ニュースキンジャパン(NSJ)は確かにニュースキン(NS)、ファーマネックス(PX)、ビッグ
プラネット(BP)の3事業部制をとっていますが、NSJのBP部門はショッピングモールは運営して
いません。現在の業務はプロバイダとマイライン登録くらいのものです。
 アメリカではBPのショッピングモールが運営されていますが、NSJのDTはそちらに登録はできま
せんし、参加もできません。
 買い物はできるでしょうが、あくまで一消費者としてであり、NSのDTとしてのポイントは無関係です。

 もし、かとりさんのご友人が、NSJのDTでありながらBPモールの仕事をしているのであれば、それは
NSJの規約違反です。

 最近、参加できないはずのBPモールの業務を、どのようなアクロバットを使用するのか分かりませんが
NSJの登録でもできるというように宣伝し、それをエサにDT登録を持ちかけるNSJのDTが多く見受
けられるようです。
 これは上述したようにNSJの規約違反になるはずですし、処分対象(DT権の停止、もしくは剥奪)にも
なる行為です。

 かとりさんのご友人が、こうした規約違反をしているグループで活動しているのであれば、今後なかなか
「気づき」には至らないのではないかと、心配です。

 これらの点に関しては、信頼できるNSJのDTであるサラリーマンXさんが詳しいかと思います。

 
>MLMをされてる方から見ても友人は「商道徳」に反する行為だったのですね。
 ↓
 MLMに限りませんね。どのような仕事でも当てはまりますよね。
 ただ、そういった形の営業がMLMに多く見られるのは情けない次第です。

>そういう行為が会社やMLMの評価を下げて友人を疎遠にしていく原因なので
>しょう…友達が減っていくなんて悲しいことです
 ↓
 そうだと思います。
 MLMは、コミュニケーションビジネスと言い換えられる事があります。本来、人と人との関係を大切に
していかなければ成り立たない仕事であるはずです。
 それなのに基本的なTPOをわきまえないのでは、MLMの特長を自ら放棄していることになります。

サラリーマンX さん 2001年 10月 26日 02時 14分 04秒
かとりさんはじめまして、NSのDTのサラリーマンXと申します。
中澤さんご無沙汰しております、ご指名をいただいて恐縮です。

実は、かとりさんの最初の投稿にレスをと思ったんですが、中澤さんと「ものつくり屋」が迅速かつ的確なお答えをされてましたので、何にも書くことがなかったんです(笑)ちなみに、私もガルバニックだと思いました。

BPの活動については別板でも触れましたが(http://net_hunter.tripod.co.jp/top.htmlの掲示板)中澤さんが仰っている通りでして、DTの登録もできません。ただ、ウェイブシールドのみはBPで唯一、正規の商品として希望価格4,260円で販売できます。内容は、携帯電話に貼り付けることで、電磁波を吸収・軽減するというものです。ですから、これを販売すること自体は規約違反ではありません。

「遊びに行っていい?」と言って、実は営業だった。これは大変悲しいことですが、よくありがちなことです。恐らくアップからの指示もあると思うのですが、本当に申し訳ないです。恐らく悪びれもせずにこういうことを行うのが、MLMの問題点だと痛切に感じております。
かとり さん 2001年 10月 29日 02時 12分 30秒
年齢:26

 ご親切にレスを頂いていたのに来訪が遅くなってしまい申し訳ないかぎりです。

 ニュースキンをやっている友人に何処かのHPに書いてあった文を思いだし、
「アップの人が締め日が近づくと『どの商品を買ったらいいか教えてあげる』と
いって商品を無理に進めたりされるって話を聞いたよ〜心配だよ?そんな事ない?」
とメールを打つと返事に「いじわる」と一言だけ返ってきました。
 心配したのに意地悪と言われて一寸腹が立ったのでふてくされていました。そして
他の友達から『「私の事はもうほっといて」って言ってたよ』と伝言を受けたので
じゃあもう知らない!!と思ってもついこちらに足を運んでしまいます…
どうしても返事になってない「いじわる」が気になって…どの辺りが意地悪だったのか…

 中澤哲也様
友達はビックプラネットの件に閑しては「ノータッチだ」とくどい様にいっています。
その割にはウェイブシールドを売り歩いたりと矛盾が多いのですが…。
どういう感じのグループに所属しているのかは解らないのですが、アップの話を
鵜呑みにしてるといった風に感じます。

 サラリーマンX様

 現役NSの方のお話が聞けて有り難かったです。ありがとうございます
友人は規約違反をしている訳では無かったのですね。
本音としては、一寸思いこみの激しい友人なのでのめりこみすぎる性質だから
止めてもらいたいと思ってるのですが…ほっといてと言われては。干渉する気
も無くなってしまいました。
「お小遣いの範囲でやってる!馬鹿にしてもいいよ。私は、やる!」と断言
しているのでもしかしたら「成功して見返してやる」位考えてるのかもと思い
ました。お小遣いの範囲で何をしているかは解りませんが、とりあえず見守る
ことにします…

 ご意見ありがとうございました。
サラリーマンX さん 2001年 10月 30日 01時 44分 38秒
かとりさん、こんばんは

>本音としては、一寸思いこみの激しい友人なのでのめりこみすぎる性質だから
>止めてもらいたいと思ってるのですが…ほっといてと言われては。干渉する気
>も無くなってしまいました。
>「お小遣いの範囲でやってる!馬鹿にしてもいいよ。私は、やる!」と断言
>しているのでもしかしたら「成功して見返してやる」位考えてるのかもと思い
>ました。お小遣いの範囲で何をしているかは解りませんが、とりあえず見守る
>ことにします…

今はのめりこんでる状態でしょうから、なかなか意見を聞き入れようとはしないでしょうね。
いわゆる成功者の話には必ず出てくるんですが、「最初は周りから反対され」てもあきらめずに頑張ってやれば
うまくいったときには反対した人たちから「ああ、素晴らしいビジネスだったんだね」と認めてもらえる、
だから何を言われても気にするな、ということなんです。とりあえず買込みを強要されず、お小遣いの範囲で
やっているのであれば、それほどあくどいグループではなさそうなので、しばらく様子を見て、少し熱が冷め
た時に話をした方がいいかもしれませんね。