マルチ&悪徳商法SOS−FILE   http://www.sos-file.com/
JLE 備     考 キーワード 苦情件数
3
はがゆいです さん 2004年 04月 24日 23時 33分 23秒
年齢:30代
会社名: JLE
ここ一週間、毎日JLEと名乗るところから毎日電話がかかってきます。私が不在の時ばかりなので
電話には出ていませんが、「大事な用件なのでぜひ本人にお話したい」とのこと。
応対した者が「それではこちらから、かけ直させますのでそちらの電話番号を」というと、
「いえ、ご本人がご存知と思いますので」と言われて切られたそうです。
その後も毎日かかってきているようですが、全くJLEにもその担当者名にも心当たりが
ありません。
がんばる業者リストのジャパンリーディングエンタープライズ(HPではJLEと表記)という
ところと同一かも知れませんが。
ちなみに過去数年間に何度か資格二次勧誘の電話を受けていますが、これもそうなのでしょうか。
JLEから電話を受けた方いらっしゃいますか?
はがゆい さん 2004年 05月 09日 17時 35分 45秒
年齢:
会社名:JLE(ジャパンリーディングエンタープライズ)
はがゆいですさん
この会社名で検索すればいくつかのサイトに社名が出ています。
いわゆる資格二次勧誘というやつのようですね。
過去に社会人向けの通信教育を受講して、そのままになっている人の
リストが出回って、まったく関係のない会社が最終窓口と称して強引に
30万〜40万位の教材購入を迫るというものです。
こういった会社にはまず、
1、契約書の所在→多分そんなものはありませんというか、
         ないのにあると言って話を進めるかどちらかでしょう。
2、受講した会社と違うがどこから聞いたのか→全国数十社ある最寄の窓口が契約元。
                      自分たちはそのグループの最終窓口で、やっていない
                      人に続けるのかやめるのかを聞いて回っている。やめたい人
                      には特別にいついつまでに申し込めば、やめられるように
                      手段を紹介している。と長々と質問と違うことを話し、
                      結局はどこだか言わない。というか分からないので言えま
                      せん。文書で下さいと言ってみましょう。多分文書では出せ
                      ないというと思いますが。なんというクループ名だかも聞い
                      てみて下さい。多分ありません。
3、できれば電話を一旦切って時間を決めてかけ直してもらい、録音の準備をしましょう。会話を録音し、できる質問をどんどんして、相手に答えさせ、こちらの情報はできるだけ話さないようにしましょう。会話を録音した上で、チェックし、いきなり法的な手段で訴えると相手はかなり困ると思います。
4、やらないほうがよいこと→その場限りの返事だと思ってうかつにハイと言わないこと。それで契約は
              成り立ってしまいます。これは訪問販売法かなにかで許されているのです。
              居留守を使わないこと。これで職場の人は非常に迷惑を受けます。受付の
              人に絡んできて、一方的に切られたとか、名前も名乗らないなどの苦情を責任者              に電話したりしてきます。関係ない人を巻き込んでしまうことになるので気をつ              けましょう。必ず本人が対応し、できれば携帯などにかけてもらいましょう。
              うそは言わないこと。確かに過去に通信教育は受けたかもしれませんが、それ
              とはまったく関係ないことです。堂々と断りましょう。下手なうそを言って
              ばれると付込まれます。
必ずしもこの手段が有効とはいえませんが、この手の業者に引っかかって多大な損害を出した友人が話してくれた経験談ですので役に立つと思います。たしかどこかの通信教育会社の悪徳業者一覧でこの会社が乗っていました。まず間違いないと思います。
ROMばかり さん 2004年 05月 09日 20時 24分 37秒
はがゆい さん へ

改行や間隔文字・タブ文字の使い方がおかしいのでは?非常に読みづらくなっているのはお分かりですよね。
で、その中に多少問題含みの部分がありますので意見させてください。

>会話を録音し、できる質問をどんどんして、相手に答えさせ、こちらの情報はできるだけ話さないようにしましょう。会話を録音した上で、チェックし、いきなり法的な手段で訴えると相手はかなり困ると思います。

民事訴訟で会話内容も含めて徹底的に争うのならば録音もぜひ必要です。しかし、電話勧誘の段階でこれをするのは、あえて言えばあまり役に立ちません。それよりも、勧誘電話と分かった瞬間に問答無用でガチャ切りをするほうが確実です。そして、契約をしない旨の文書を送付(できれば内容証明、最低限簡易書留で)するのです。
相手も勧誘については百戦錬磨、こちらの多少の準備など歯が立たないのが普通です。結果、相手のペースに乗ってしまい、契約に至る・・・という可能性が極めて高い。そういう危険を避けるためにも、電話でなく文書で意思表示をするのが重要なのです。
JLE   投稿者名:私もはがゆい

20年程前にビジネス通信講座を受講しました。つい先日勤務先に電話があり「契約後の勉強が進んでいないので継続の意思が無いのなら修了検定を受けて終わりにしましょう。ついては、今後の研修内容をまとめたテキストを購入しなければならない。」とのことでした。勤務中でもあり、とりあえず書類を送るように返事をしてしまった。3日後に速達で修了試験の問題と解答用紙と答え、テキストの申込書とクレジットの申込書が届きました。当時契約した所と会社名も違うし、20年も前のことを何でいまさらと思い県の消費生活センターに問い合わせ、クーリングオフの葉書を出しました。そこに書類到着確認の電話があったので、クーリングオフの旨、話をしましたが「何か勘違いをしている。ここで終わりにするか、継続するかの確認をして、継続の意思が無いとの事だから書類を送った。継続するなら毎週進捗状況確認の電話をすることになる」様なことを言われ、繰返しクーリングオフの意思を示したものの、同じことの繰返しだった。当初の契約書を確認してから電話することにして電話を切った。いったい、どうしたらいいのやら。

番号:2449 (218.47.243.157) 02月15日01時48分(火)