マルチ&悪徳商法SOS−FILE   http://www.sos-file.com/
生命保険 備     考 キーワード 苦情件数
3
生保レディーについて
私は、初め騙されて入社してしまったんです。いいえ、言い足りない言葉を誤解してと言うべきなのでしょうか。初め「契約を取らなくてもいい」と言われていたんです。資料をポスティングするだけでもいいと。それが、段々話が変わって来ました。やはり月に1〜2件は最低取らなくてはならなかったんですよね。後から後から、「言い足りない話」が次々見つかって行ったんです。「親戚は入れなくても大丈夫」と言っていたけれど、入ってみれば親戚に頼らざるを得なかったり。「エリアだけ回っていればなんとかなる」筈が、結局友達に話をしなければならなくなって友達関係が疎遠になってしまったり。「福利厚生」も、資格が落ちてしまうと対象外である事も・・・資格が落ちて初めて知ったんです。どんなに保全(給付金の手続きや名義変更など)で一生懸命回っても、契約が取れなければ給料は一桁です。ギフトや配布物なども自分で買うから、1ヶ月一生懸命動いて交通費混み4万円、福利厚生無しと言う時もありました。私は人にものを勧めるのが苦手でした。どんなにいい保険でも、金額が高すぎるとどうしても勧められません。でも、上の人たちは「それは自分の考え方だから、お客に持っていけばいい」んだそうです。でも私にはその考えがどうしても理解できない。保証は確かに必要かも知れないけど、保険だけで生きてる訳じゃない。都合のいいことだけを伝えて、勧誘したり、保険すすめたりはとてもできないです。
色々な悪徳商法がある事もここへ来て勉強しました。保険の仕事もある種の洗脳が作り出すものだと思います。成績を上げる為に身内を保険に入れ、そして万一辞めても会社には「契約」が残る。つまり社員が「顧客」なんです。営業職員を沢山採用すれば、人間関係の出来ないうちは身内や友達から責めてやがて退職する。でも契約は残る・・・。このやり方は何だか汚い気がしました。そりゃ、沢山の人たちを洗脳できる話術と自信のある人たちはいいですけれど。でも能力のあるなしを面接ではじき出す事もしないで、試験の合格者全てを営業職員にさせてしまうのは問題だと思うんです。
生保レディは昔ほど稼げません。外資系の参入もあって、敵は国内の会社だけではないからです。それに郵便局、共済などの業界もあります。大きな契約は「長年の信頼関係」や「義理」で取ってくる場合が殆どで、過疎化の進む地域では加入できる保険さえありません。また、近年続く保険金殺人の影響で規定も厳しくなっているんです。昔の人は、他人の印鑑を山ほど使って契約を誤魔化していたらしいです。・・・今でも、成績の為に1件2件の偽装を計る人もいます。保険料を自分で払ってでも成績を残す人もいるんです。資格が1ランク下がると、給料に大きく響くからです。
もしも生保レディに誘われた人がいたならば、深入りする前によく考えてからにした方がいいです。
(情報提供: レイディ さん) 2000/11/01
○橋○夫 さん (m-toshio@ccnet.ne.jp) 2001年 08月 19日 10時 08分 20秒
読売新聞の朝刊(7月26日)「気流」の「納得のいかない生保会社(エジソン生命)の説明」をどう思われますか?
 読売新聞に掲載した内容を書きます。「契約していた東邦生命が破綻し、経営はエジソン生命に引き継がれました。私の営業担当者も、エジソンに移ったため、担当は変わりませんでした。その担当者は、エジソンが契約者に配布した、破綻についての説明文の余白に「ご心配おかけしております。元本割れはしませんので!」と署名入りで自筆して、渡してくれました。その言葉を信じて契約を続けたところ、7月に入って、8月に満期を迎えるとの知らせが届きました,靴・靴その説明を読むとなГぬ瓩気譴覿盂曚連元本割れ」していました。納得がいかず、会社に説明を求めると、法務部長名の回答が届き、「一営業担当者が加筆したことは、甚だ軽率だった」が、「数度の新聞報道などを経て契約条件の変更内容を含む破綻処理案のご案内を送付」したとの説明があるだけでした。元本割れしていないはずだというのは私の誤解で、会社には責任がないというのです。保険を契約する場合、一般には直に接触する営業担当者の説明を信じるのではないでしょうか。担当者の言葉を信用せず、詳しい約款や法律の条文を逐一理解しろというのなら、最初から担当者はいりません。営業担当者の虚言は絶対あってはならないし、虚言があった場合には、その責任の所在を明確にする必要があると思います。社員に虚言があっても、会社は無関係とする態度は、とても理解に苦しみます。」
その後この被害は私一人ではないこともわかってきました。その後さらに会社は「お前だけではないのだ」と言わんばかりです。
ス○セイ / 栃木っ子
私は最近まである保険会社で営業員をしていました。そこで見たのは詐欺としか言いようのない保険営業でした。
保険に無知なお年寄りに嘘の説明をして騙して加入させたり・・・
申込書をバレないように別の内容のものにすり替えてサインさせたり・・・
そんな光景を毎日見ていました。
遂に私は上の者に内部告発をしたのですが、何だか有耶無耶にされてもみ消されてしまったんです。

人生の中で一番高い買い物と言っても過言では無い生命保険の加入−
自分に万が一のことがあった場合、残された家族のことを思って加入する保険−

こんな大切のものが、詐欺という形で販売されて良いのでしょうか?
一日も早い金融庁の調査を願います。。。
No.6543 2006/07/24(Mon) 16:37