マルチ&悪徳商法SOS−FILE   http://www.sos-file.com/

備     考 キーワード 件数
会社名不明
漠然とした意見など。
その他の意見 1999年〜2000/05
さん 1999年 05月 28日 13時 12分 47秒
私の後輩が、多分マルチ商法だと思われますが!?怪しい事務所に通っています。
そこで、みなさんに情報及び御意見頂きたいのですが宜しく御願いします。
私が知っている情報としては以下の通りです。
・ 出資額は無し。 ・ 国が認可を出してない商品で、市場に出れば必ず購入
してしまう様な商品を売るのか、買わされるのかは教えて貰えません。・ 商品
の印税(10%)の利益が入ってくる。・毎日の様に事務所に行き、自分の夢
100個の書き出し、人脈リスト書き出し。・月に数回の企業説明会を大都市で
行うため、それに参加している。(交通費は事務所が出資)・ 一部上場企業が
この商品に肩入れをしている。・次回の紹介者は自分(後輩)が勉強して、トー
クマンの許可が出てからでないと紹介できない。
今現在は、ここまでの情報しかありません。私も説明会(三ヶ月後)に誘われて
いますので、一度行ってみて内容をつかみ後輩の目を、覚まさせたいと思ってい
ます。(掲示板より)

投 稿 者 :KK さん


数年前に私の身内は勤めていた会社を辞めて某補正下着の販売員になってしまいました。
違うクレジット会社から数通も督促が来たりしたので問い詰めると大喧嘩になりました。
その目は新興宗教にのめり込んだ友人と同じで「ああ洗脳されているな」と感じました。
彼女の母親も様子を見に行きましたが買わされて帰って来る始末で頼りになりませんでした。
その後も、やはりローンが苦しいのか昼飯の調達もままならないようです。
「あそこは怪しい」とか「うちは違う」と良く口走ります
unknown さん 1999年 08月 25日 22時 47分 03秒
最近、「マネーゲーム」って、一体どこに落とし穴があるんだろうと
思っていろいろ考えてるうちに、マルチ商法の持っている根本的な
ワナに気付きました。そんなに、大したことではないのですが、
もし、マルチ商法を違法か合法かで判断しようとしている方がいらし
たら、失敗するかもしれません。
詳しくは、私のページに書きました。
http://www.kcn.ne.jp/~h-kawai/
(掲示板より)
ケンシロウ さん 1999年 10月 31日 02時 51分 34秒
私は、いろんなMLMに参加しています。
単純に書かせていただきますが、セミナーなどに参加して話を聞いていると、スピーカーの話は殆どがアップからの受け売りで、個性がなく、おもしろくないものが多いです。聞いている人たちはまるで催眠術にかかったようで、セミナーが終わった後は、ちょうど、映画館からでてきたばかりの主人公になりきりの人が多く見られます。
よくないです。
私は、ビジネスそのものとしては非常におもしろいものがあると思い、参加しているのですが、いかんせん、はっきり言って、しゃべり手の頭が悪すぎる!!だから、誤解もされやすいし、オーバートークにひっかかって被害者になる人も出てくる。もっと、勉強しましょう。(掲示板より)

かずっち さん (shakur@mx3.tiki.ne.jp) 1999年 11月 02日 03時 44分 47秒

先日こういうものがメールにて届きました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−-----Original Message-----
差出人 : tomoko takahashi <tomo-127@parkcity.ne.jp>
宛先 :
日時 : 1999年10月27日 17:01
件名 : 絶対確実、少資本で莫大な利益です!!


絶対確実、少資本で莫大な利益です!!

たった4000円の資本ですごい大金が手に入ります!

簡単に大金が入ってくる。というメールがある日届きました。
内容を読んで見ると、4人のリストに1000円ずつを送るだけで
投資額以上の大金(100万円以上)を手にすることが出来る。
と、いうものでした。
「そんなうまい話があるかいな。」それが最初の感想でした。
当然でしょう。でもよーく考えてみるとなかなか面白いマネーゲームだし
はずれてばかりいる宝くじに比べたら確率は高いかも・・・。
と思えたので試しに参加してみることにしました。
そして半信半疑で待っていると、翌日に1件の振込みがありました。
次の日には3件の振込み、そして2件、数件の振込みが1週間くらい続きました。
2週間を過ぎた頃から50件以上の振込みが、毎日束になって来るようになりました。

馬鹿馬鹿しいと思わないで下さい。
数ヶ月後には少なくともあなたの年収より多くなるはず・・・。
まあ皮算用をしていても仕方ありませんので・・
これで人生変わるかも!!遊び心をお持ちの方、是非参加してみて下さい!!

===参加方法===

1) まず、この用紙に書いてあるリストの4人の銀行口座に1000円ずつ振込みます。

2) 下記のリストの4人に送金した後、リストの一番上の人を削除し下の人を繰り上げま     す。そうすると4番目が空いてきますからそこに貴方の銀行口座番号を記入します。
   (こうして順番に上の人が抜けて行くので違法性はない。という弁護士の方の説明
   がありました。)

3) ここからが貴方の活動です。あなたの加わった新しいリストをできるだけ多くの人に
   口コミ、D.M、BBS、FAX したりします。
   後はお金が振り込まれるのを待つだけ。

*お金を送らないでリストに自分の名前を載せるとすぐにバレますから
 いろいろな攻撃を受けることになります。
  良心を持って参加して下さい。

===リスト===

1、***カズヒコ  ++銀行  伏見 (フシミ) 支店   普通  1 5 0 6 0 ■ ■

2、***ユウコ  +++銀行  三宮 (サンノミヤ) 支店  普通  7 7 1 9 ■ ■ ■

3、****マキ  ++++銀行  名古屋駅前 (ナゴヤエキマエ) 支店  
            普通  0 7 9 ■ ■ 6 7

4、****トモコ  ++銀行  新宿 (シンジュク) 支店  普通  5 ■ ■ 8 2 2 6

=====
参加して2週間を過ぎた頃から平均して増加してくる、という話です。
毎日口座残高を確認するのが楽しみになる夢のようなゲームです。
貴方も是非参加して夢を実現しましょう!!

必ず大金が手に入るプログラムです。大切に保存して下さい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こういうものです。明らかに犯罪的なもののように思えて
一応警察庁の方へ告発はしてみました。捜査するかは
検討中の模様です。で、うかつにも僕もこれに遊び半分で
参加してしまったのです。いったいどうすればいいのでしょう。

かずっちん さん 1999年 11月 04日 00時 29分 56秒
先日ねずみ講らしきメールをもらいそれをそのまま
ここに掲示したものです。名前までの配慮に欠けて
いたことは僕のうかつなところでした。管理人さん
のご配慮、感謝いたします。

さて、先日の例のメール、警察庁に問い合わせたところ
やはりねずみ講の疑いがあるので捜査に乗り出すとの
返信メールを頂きました。これで警察も腰をあげて
くれると幸いです。皆様もくれぐれもご注意ください。
既に警察庁は動き出してるようです(・・・ってホントに動いてくれるのかな??)
みかん さん 1999年 12月 06日 19時 23分 20秒
先日友達から、ある会社のNBに参加しないかと勧められました。
最初に登録料として10500円さへだせば、後は次々と紹介していくだけで収入が入ると言われましたが
そのシステムには、納得いかず、友達や会社の人からずいぶん説得されましたがやめました。
商品が売れてこそ、利益になるはずなのに、どうして、人を紹介するだけでお金がもらえるのでしょうか?BLBメンバーの収入はどこからくるんでしょうか?
会社の人の話しでは、普通商品を買うのに製造元→問屋→小売店→スーパー→消費者という経路で商品が流れるけど、
これを製造元→NB会社するので、中間マージンが一切なくなり、その分のお金の一部がNBメンバーの利益になると言われました。
どうして、これで儲かるのか分かりません。だってBLBメンバーは、商品買うか分からないのに、お金を渡すなんて、理解できません(掲示板より)
おじょう さん 1999年 12月 18日 00時 14分 42秒
マルチ商法というよりも、個人情報をとられるといった内容なんですが、「ニューウェーズ」という会社の掲示板にかきこむだけの仕事というのがあって、登録するとそこから一切連絡がきません。漏れる個人情報は「住所・氏名・電話番号」なんですが、どういったことに使われてるかわからないので怖いです。この内容の掲示板はよくあるので気をつけてください。(掲示板より)
いち・に・ さん 1999年 12月 23日 21時 06分 47秒
最近は、毎月購入と、称して ローンでも無理な金額を 月々買わせる手口が、増えてきている様だ
本当に商品が 良く必要とするものならまだしも、何の効果も無いものでは、長期の大量、在庫買わせにしか、すぎない。最近よく聞くのは、「イク■ン・ジャパン」とか「クラブ・■ッツ」など・・・。この名前で 誘われた人は 必要な物か 要らないものか 「マネー・ゲーム」だけで
遊ぶのか? よく 考えた方がいいと 思います!!わたしは、前に「インター・■ールド」とか
「イー■ンドシー」とか「ユウゼ■」などで 各々うん百万円も、損をして 懲りた者です!(掲示板より)
CC さん 1999年 12月 29日 01時 28分 30秒
友人紹介商法に注意
友人に「いいところがある」と
店に連れこまれ数10万の補正下着を買わされた。というような例がそう。
友人関係に関わり、以後 友人関係にひびがはいるか、ずるずるとカモにされる。
「店舗販売」の形態をとっているため
訪問販売法が適用しにくい極めて悪質な商法http://www.u-net.city.nagoya.jp/ncac/sodan111r.html#g4(3)友人紹介商法に関する相談
http://www.u-net.city.nagoya.jp/ncac/sodan111r.html#g4(3)友人紹介商法に関する相談
(掲示板より)
T.K さん 2000年 02月 02日 14時 55分 24秒
どうも。わたしは茨城県内の大学に通っているものです。今回、授業の一貫として「マルチ商法のしくみと対策を考える」というテーマでプレゼンテーションを行なう事になりその際の資料として貴殿のホームページの情報を使わせていただきました。この場を借りで厚く御礼申しあげます。(掲示板より)
GG さん 2000年 02月 05日 05時 58分 39秒
なにをもってマルチというのか、わかりませんが、、
○○新聞の勧誘で強引に新聞とらされたけど、これもマルチだと思うんだけど。
(勧誘員の上がいえ、、その上がいて、、1件に付いくらと、決まってますが、、)
新聞社とかの名前がないですね。私はサミットとかフォーバルも誘われて、話だけ
聞きにいきましたが、入りませんでした。でも、やっぱり、悪い言い方ですが
引っ掛る人っているのですね、でも、引っ掛った人も勉強代だと思ってがんばってください。
1度やられれば、2度はないでしょう(子供じゃないんだから)2度やるやつは単なるアホです
から、まあ人生勉強ですよ。こういう商売があるとわかっただけで。
税金いっぱい取る、政府や薬も平気でやる警察組織よりはましだとおもいますが。
HF さん (dtdt1@mail.goo.ne.jp) 2000年 02月 10日 00時 58分 10秒
はじめまして、友人からモリンダという会社を紹介されたHFです。
僕は友人からこの仕事の情報を聞いてうさんくさいからはじめはやらなかったのですが、
その友人が変な商売に巻き込まれるのが怖くて本気になって実際に調べました。
すると会社も実際目黒にあって見てきましたし、ジュース飲んでる人(年配者)
にたくさん会いました。ねずみ講(無限連鎖講)、マルチ商法、悪徳マルチ商法、MLM
についてしっかり勉強しました。実際損もしないことがわかったので始めました。

で、3ヶ月目になりますが親や親戚や祖父母にいいもの教えてくれてありがとうって感じで
広まっていって多くの人が飲んでくれてます。
実際損はしてませんが、極端に儲かってるわけじゃないです。
それでMLMについて詳しく調べてわかったのですが、違法じゃないです。
でも、捕まる人がいます。なぜかと言うと嘘つくからです。
「絶対病気治るよ」とか「1年で1500万円/月の収入入るよ」とか・・・・。
こういう人がいるからMLMが非難されると思います。

あとは儲からないからと言って焦って無理やり人を勧誘したり、
説明会に行くことを強制したり、ダウンラインの人にいっぱい商品買わせたりする人がいる。
こういう人は自分の金銭的儲けのためにしか動いてないんです。

「こういう情報があるよ」って教えてあげて、
自分で調べて納得してもらって「やる」って言ったら協力してあげて、
「やらない」と言ったら無理に誘わないのが当たり前のやり方だと思う。
「おいしい話があるよ」とか無理やり説得して「やらない」って言った人
に加入させるのは反則だと思う。法律的にもキャッチ商法になるし、
それ以前に人には価値観があるし、道義的にもおかしいと思う。

本来、MLMとはCMと中間業者の無駄を省くためにできて、商品を広告するだけのビジネス
(船井幸雄さんが「MLMは人材の宝庫」と言うくらい人間的に成長するビジネス)
なのに間違った解釈をしている人がたくさんいる。

例えば、
うまくいかないからと言って人のせい会社のせいにする人。
しっかり自分にできるシステムか調べてから入りましょう。
もし、努力してなくてうまくいかないといってるならすぐやめましょう。
たとえMLMだとしても、楽して儲かる話なんてありません。

もっと嫌いなのが知りもしないのにマルチだのねずみだのあやしいだの。
調べてもいないあなたの方がよっぽどあやしい。調べてから騒ぎましょう。

でも一番嫌いなのは、実際稼いでる人で儲かってるって自慢する人。
あなたたちのせいでMLMの印象が悪くなったんです。
だいたい何もしないで収入が入るわけない。しっかりフォローしてるから収入が入る。
それ以前に莫大な収入を得るための仕事ですか?金だけのために動いてるのですか?
少なくとも僕はそうじゃありません。だいたい成功されてる人たちは人間的にできてます。
収入がいくら入ってきてますとかそういう金銭的なこと言わないです。
僕も金銭的なことは言ってないけど、成功もしてません(笑)


僕は就職していながら、サイドビジネスとしてMLMという業種に携わってますが、
やってよかったと思ってます。たとえ儲からなくても損さえしなければ、いろいろな人
に会えるし人間的にも成長できるし商品が人助けになるものだからやりがいがあります。
しっかり目標をもってやってますしね。別に儲かってる人見てひがんでるんじゃありません。
もし、収入がついてくればそれに越したことはないですが・・・・。
ざっとやってみてこんな感想を持ちました。

反論があったらどうぞレスください。
特に成功してるとか言って自慢してる人(笑)
匿名希望 さん 2000年 02月 12日 21時 00分 01秒
損害保険会社の多くが、代理店研修制度というのをやっています。
全国から研修生を集めて、3年間の研修を行い、クリアすれば代理店としての
権利が当たります。

その全国研修で研修生が集まるその中に、多くの外資系ネットワークビジネスの
メンバーがもぐりこんで、ネズミを増やしています。

最近、保険業界では解約の増加による、成績の低下が問題に成っており、これらの
帳尻合わせに共同でサギ行為をやっております。

不良債権が焦げ付いた会社の経営者を自己破産で逃亡させ、その経営者の借金に
自分たちの成績不良の金額を織り込みます。

そしてごまかした金額を、自分たちのネットワークビジネスの運用資金に
回したりしています。

架空名義として、国内のアジア系列の銀行を使い、事実を隠します。

悪質な会社は、マルチでなくてもまともな社員教育はしないだろう。私はマルチを肯定も否定もしないが、朝日新聞で識者が参加を薦め(1/19朝刊「王様の耳」)早稲田大学のビジネススクールで講座を開き、船井総研がフォーラムを開いているとなれば、もはやこの流通形態をなくすことはできないと私は考える。健全化の方向を模索する時期ではないかと思う。
まず、マルチ参加者との話し合いをこうした掲示板で持つためには、少なくとも彼らが主張する、「ネットワークビジネス」という言葉、または「連鎖販売取引」という言葉を使うべきだろう。悪徳イメージを持った言葉で話しても誰も聞く耳を持たないであろうし、感情論だとして取り合われなくなってゆく。そして保険の外交員のように、公的な資格制度を持たせてゆくべきだろう。
確かに多くの保険会社で重要事実の不告知が行われ、多くの契約者が被害にあった。昨年やっと法規制が取られたことも周知の事実であろうが、マルチのみならず職業はプロとしての教育がなされていくべきではないだろうか。
また、「勧誘するシステム」については、外資系の保険会社のアリコやプルデンシャル、カタカナ生保のソニー生命まで、すべて原ヘルス系のマルチと同じ「オーバーライド」というシステムが取られている。(呼び方まで同じ会社もある。)そして親しい友人知人のところへやってきて、9割方は、必ずしも保証されないと約款に書いてある金額の、数百万から数千万、数億の出資を求めてくる。所長になる、際限なく勧誘をし続けなくてはいけない会社もあると聞く。そのしつこさに辟易としたこともある。しかし、営業とはそういうものだ。感情的になってマルチのシステムをとやかく言い過ぎてきたことに嫌気がさす思いも、あるにはある。
同時にマルチの販売員には、主催会社が責任を持つような法整備が待たれる。警察官の不祥事よりは、新聞にマルチの記事が出ることは少ない。しかし現実に起こっているトラブルは無視できない。
これから社会がマルチを受け入れれば受け入れるほど、無知な若者を狙った悪徳企業も増えるだろう。
よく注意すると同時に、「親に言われた」等ではなく、「上の人」も呼ばず、誘ってきた友人と2人でしっかり話し合ってみてはどうか。「何故自分を誘うのか」と。相手が数万から100万位の金欲しさに自分を利用しようとしているのが真実か、それとも数千円から数十万の金惜しさに、友人がやっている商品一つ付き合ってやることができない自分が居るのか。理由如何では、「もともと友達ではなかった」ということもあるかも知れないが、相手が善意で勧誘しているとしたら、宗教も選挙も商品もビジネスも、非難するだけ悲しい人生にしかならない。
人間関係こそ大きな財産と言える。それを失わない参加の仕方、それを失わない断り方を、相手の立場に立って考えることが、誘われる立場にとっては重要だろう。
(情報提供: 匿名希望 さん)2000年2月
危篤27 さん (smr-e@excite.co.jp) 2000年 03月 06日 05時 12分 13秒
はじめまして。
ここを見て、実は自分の家族がMLMの消費者であることを
知りました。きっかけはカモメです。
まだ被害にはあって無いのですが、正直、マルチなんて
自分とは全く関係ないと思ってましたよ。
ちなみにかもめサービスは
最初は限定10万人とかいって、すぐに30万人になる、怪しいヤツです。
福お●県の親戚のところはまだ10万人でした(笑)
ここのログをよんでみるといいかも。

まだ知識が浅いので、安直にMLM=マルチと断言しませんが、
これを機会に意見させて貰います。

法律は、かいくぐるためのものではありません。
被害者を保護するための<法律>でしょう?
まぁ、法律を作ったり管理したりする人達を
私は信用してませんよ。既存の法律で
頑張るしかありませんね。

ここで論じるべき法律は、MLMが合法か違法かじゃなくて、
それによって苦しむ人を助けるためのものなのでは?
商売知らない人に借金を負わせるためだけのMLMは
論外でしょう。

真面目にMLMに取り組んでいて、そのことで関係者全ての生活が
潤う(良い商品を買うことだって、生活が潤うコトだと思う)なら、
それは素晴らしい。でも、
MLMをこれからやろうと思っている方々へ。
それは自由ですが、結果的に他人へ強制するのはやめてください。
断りにくい理由なんて、幾らでもあります。
それと、断られてもその人を悪く言わないでください。
そんな人が同じ人間であって欲しくありません。

あと、MLMで頑張っている方々へ。
本当に素晴らしいMLMに出会う確率は1%にもほど遠いと思います。
それを全て受け止めた上で発展させていってください。

八方美人的な意見ですみません。
ただ、個人的には MLM=おいしい(悪い意味) だと思いますね。
大城 さん (K_oshiro@mail.goo.ne.jp) 2000年 03月 22日 14時 40分 00秒

初めて書き込みさせていただきます。
大学のMLM講義の事について質問なされた方がいたので、私の受けた講義での話しをさせていただきます。
ついでに、私のMLMに関する考えも書かせて頂きます。
修士課程だったので、普通の大学の講義とは少々違うかも知れません。
講義と言うより、ゼミとか自主研究といった色が強いかも知れません。
それに6年も前のことなので参考程度にとどめて置いて下さい。

私はエール大学と言うトコロで受講しましたが、アメリカの州立、単科経済大学・経営大学・ビジネススクールでは受講出来ると思います。日本でも受講できる大学が産能大学でしたっけ?公開講座的にあると聞きますがそのへんは分かりません。
私のトコではどんな講義かと言うと「MLMの可能性」を研究し、発表する訳なんですけど、決してMLMを肯定するモノではありません。どっちかって言うと悪い面が多く出てくる事が多く、受講者は終了までにアンチMLMになっているパターンが多いです。

具体的に書くと、システムの検証とか普通の流通システムとの価格検証とか・・・・・。
日本におけるMLMの事も研究題目に上がっていましたね。

システムに関してはブレイクアウェイ、パスアップ、ユニレベル、ハイブリット・・・どれが優れているかとか・・・
アムウェイはブレイクアウェイとパスアップの雑交種(ハイブリット)だから・・・ここが変更になればとか。
当時、バイナリーの事はほとんど研究されてないと思います。バイナリーに関してはまったく研究していません。
その検証の結果は結局でないまま大学を出てしまいましたが・・・・

普通の流通システムとの価格検証にかんしては・・・・・・・
例えば、MLMは「良いモノを安く」と同様の意味の言葉を武器にしている会社もありますが、決してそうでは無いことも研究しました。
MLMは広告をしない分安くなるとか何とか言っている輩がいますけど還元率が45%を越えると広告媒介を使った方が安くなるデータがあります。さらに、自社工場を持たず、製品をOEMで精算してる場合は35%を越えると同様に広告を使った方が安くなるデーターがあります。
最近の高還元率を謳った会社はこの数字を遙かに越えますよね。実際いかがなもんでしょうか?
もっとも、MLMは類似製品の出にくい製品が多く価格の比較が難しい事が多いので、どこまで信用できるかはわかりませんが、安いと言うデータが無いのである程度の信用はあると思います。

日本のMLMの研究も非常に面白かった。MLM人口が実際人口の2倍のアメリカと同数のMLM会員がいるのでアメリカでは常に話題になるそうです。
「自己責任」を盾にMLMの失敗者を成功者はののしる事がありますが、日本の村社会では、「売った方の自己責任」も追求するべき項目だと言っています。


勝手なことを書いてありますが、MLMの歴史の事についても書かせて頂きたい。
アメリカンビタミン社と言うサプリメントの会社が、実質的なMLMの開祖とMLM支持者はおっしゃいますが、それ以前、中世ヨーロッパでも同様のシステムが記録されているそうです。
当時、教会が資金集めの為、ねずみ講と類似していた事をやっていたようです。当時の王朝がそれを禁止(すでに教会の力は逆らうだけ無かったそうです)したため、免罪符を売ってMLMみたいな事をしてた様です。
つまり・・・・・・・
「商品が流通しているので合法です」
では無く
「合法にするために商品を流通させるしかなかった・・・・」
が、正しいと私は思います。


長々と書きましたが最後に・・・・・
実は私の母はとある健康食品のMLMをやっていました。それで興味があってこの講座を受講しました。
コミッションの明細を見せてもらった事がありますが、毎月30万円前後の収入があったので「成功者」の部類だと思います。
日本に帰ってきて、MLMをやめさせようとしましたが、出来ませんでした。
私は、母と一定の距離を置く様になりました。
母のダウンラインで自己破産した人がいた事を後で知りました。
こんな仕事やめてくれともいいましたが「破産した本人が見込み違いしただけ。MLMが悪い訳じゃない。それに、これで作った借金が原因なのかわからないでしょ」と言われました。

その後、私は結婚することになりMLMをやめないと参加を断るむねを伝えると、即断で参加しないといわれました。子供が産まれましたが、MLMをやめるまで合わせないといっても平気です。
自信満々の母を見ていると、それだけ自信があるって事は、自分がまちがって母が正しいのかと思ってしまします。
MLMってのは、自分の息子と縁を切ってでもやる価値があるビジネスなんでしょうか?孫より健康食品がかわいいんでしょうか?
MLMの会社は設立して3年以内に99%以上が倒産するといわれます。
そんな業界が健全であるわけが無いと思いますが
天照 さん 2000年 03月 31日 21時 02分 16秒
みなさんこんばんわ!鶴の一声 強引な勧誘で困っているみなさま!貴方達の周りにいる無知の為に被害を拡大してしまっている大切な友人知人に一言二言言って上げてください!        もう物売りの時代は、終わったのよ。どんなにいい物でも、(今わね!)って事。 どんなに憎い相手でも、認めてあげてください。恐怖から逃れられるでしょう。
太郎 さん 2000年 04月 09日 20時 46分 42秒
 はじめまして、一太郎と申します。
gooで、「ネットワークビジネス・苦情」というキーワードで検索かけたら、ここが出てきたので、拝見させてもらいました。

 さて、ネットワークビジネスについてさまざまな意見があるのは、当たり前のことだと思います。しかし、否定派の人は決め付けるし、肯定派の人は、洗脳されたような発言を繰り返すしで、議論にならないことが多いのではないでしょうか?

 肯定派の人は、現状に目をそらさないでほしいと思います。現に被害者が出てるんです。「負け犬の遠吠え」なんていう人もいるけど、負け犬で何か悪いんですか?いろいろなしがらみで断りきれなかったりすることもあるんです。自己責任なんていってごまかしてるけど、自己責任を問うなら、きちんとした説明をしてっていいたいですね。

 ここまでの書き込みを見た方は、私が否定派だと思うでしょうが、私は肯定派です。
月夜の腹ぺこ さん 2000年 04月 09日 23時 31分 23秒
予防医学は大事です 
平均寿命が延び(自殺のせいで男の人は縮んだけどね)
いわゆる「生活習慣病」が問題になる中
まったくもって間違いありません
でもそれは健康食品を摂取する事じゃないんだよぉ
実際の医療の現場で
どんなに勘弁してもらいたい「健康食品」が横行しているか
そんな小手先のことでは解決しえないことがどんなに多いか
予防医学という言葉をそんな風に使って錯覚を起こさせる
それだけでペテンだと思います
これは「感情的な決めつけ」ではありません
予防医学とは何か、という問題です
オハラ庄助 さん 2000年 05月 09日 02時 21分 30秒
私は、この4月で、まあ中堅かな、広告代理店の営業部長を任された男です。
本業は勿論、まっとうするつもりです。
でも、副業がすでに金になっている。

このままでいいと思うんだけれど、やっぱまずいのかな?ちなみに、私は、あるバイナリー
システムを採用している、クラブ○○○のメンバーです。
通りがかり さん 2000年 05月 13日 20時 36分 06秒
当たり前ですが、MLMはダウンが想像を越えたスピードで増え続ければだれもが成功できます。
しかし実際には人口は有限で、実際にそこそこの利益を得られる人の比率はかなり少ないMLMが圧倒的です。
(これは売り上げと会員数とマージンやボーナスの形態でおおよそは計算できます。)
私が商品もそこそこのあるMLMで試算したところ、1000万を越える人が推計として0.4%いました。
また100万を越える人が推定3%程度いました。会員が万単位であればけして少なくありません。
ただし、かなりの人数は儲からない確率が高いです。
それはMLMの参加者のだれもが知っているように会員増加は何世代も続かないからです。
本屋で会社四季報の日本アムウェエイを見てください。「新規販売員低下続き」と書かれ利益が激減。店頭登録すら廃止になります。(これは珍しいケースです。よって売り上げなどは今後公開されなくなります。)
またニュー○○○は(USの本家)は利益が50%減少で日本を含む北アジア地区の会員数も売り上げもかなり減少しています。(USで上場しているので公開されてしまいます)
つまり増え続けないと新規の会員は利益をあげられないはずなのに会員数も売り上げも減っているのです。
多くの人が儲かるには想像以上の販売が必要です。
例えば公称会員数2万人のMLMの飲料を例にとると、それぞれが3人づつダウンを作れるとしたら今の会員の1つ下の世代の全員がたった1ケースを売っただけで日本で一番売れているドリンク剤の総売り上げを越えてしまいます。こんなことは間違ってもおこる確率はゼロです。
最初100人が3人づつ子を作るとたったたった10世代目で東京の人口をはるかに越えます。
つまりダウンを作れず最低ロットも売れず在庫を抱えてしまう人がいるから会社の売り上げが継続している
のです。
だから私は、勧誘する時にシステム上、多くの人は儲からないしくみだと言って誘えばそれはひとつのビジネスだと思います。真剣に参加される方はその商品でシュミレーションしてみてくださいね。
ZaiON さん 2000年 05月 17日 00時 40分 17秒
かつさんへ

 今まで書き込みはしませんでしたが、かつさんの視点の確かさと温もりのある説得
にはいつも感服し、他所の掲示板でのご活躍も楽しく拝見しておりました。
 わたし自身はMLMに参加した経験はありませんが、親しい友人で参加している者
がおり、自慢話、裏表の苦労話等をよく聞きます。仕事柄、悪徳商法サイトに名前が
挙がっている企業の事業改善レポートを書くこともあります。最近は、背に腹は代え
られぬとはいえ、地道な事業までもが、マルチまがいシステム導入の提案を欲しがる
状況になりつつあることを憂いています。

 かつてのビジネスの基本は、お客さんが喜ぶモノを提供することでした。
 物が足りなかった時代は「作れば良かった」し、国民が皆文化的な生活を目指した
高度成長期は「さらに良いモノを売る」でしたが、消費の鈍化と共に、購買欲をいか
にそそるか、不必要なモノでもうまく買わせる風潮が蔓延し、昨今は、合法的でさえ
あれば「儲けた者勝ち」「騙すのもテクニック」になり、正当なビジネスと、不当な
ビジネスの境界がなくなってきました。
 ビジネスはある意味で金儲けに過ぎないといえます。生活のためには稼がなくては
ならない。綺麗事ばかり言ってられない。したがって、善意というより悪意と認めら
れない範囲で、行政は信教の自由や個人の権利を侵害せずに法的規制をつくり、社会
秩序を維持しようとし、一部の企業側は合法的な悪意、すなわち、未必の故意に相当
するシステムをつくって儲けようと画策します。結果、ビジネスと認めうるボーダー
ラインは法律条文そのものより立法精神になり、事実上のボーダーは、国民や民族の
社会観、仕事観に帰してしまうと推察します。
 とすれば、MLMの正当性有無は全世界に通用する普遍的な判断基準でなく、各々
の国民ないし民族が培ってきた文化風土に依存するはずで、当事国の文化的価値観を
無視した議論は双方の合意が得られなくても仕方がないと考えます。

 国民、民族が潜在意識的に持つ「商道徳」観と言ったら分かりやすいでしょうか。

 道徳規範は、国家あるいは民族の宗教的・社会的価値観や、人生観、仕事観と密接
に関わっており、民族が持つアイデンティティーの一部を形成していますから、世界
一律の価値観を構築することはほとんど不可能です。だから、アメリカで認められて
いるからといって、日本でも認められるべきだとは言えません。従来の議論は正しい
ものは正しいでしたが、今は、正しいと思う民族があり認めない民族がある。固有の
判断を受容すべき時代でしょう。日本へのカジノ導入を検討すると実感します。
 日本は職人文化風土であり、商道徳の基本は「一生懸命」「身の丈の稼ぎ」「地道
な商売」。「濡れ手に粟」ビジネスは堅気がすることでなく、まっとうな生き方とは
いえない。契約と訴訟の文化ではなく、礼儀を尽くす限り、他人を信頼し多少の不満
は相手を慮って口に出さずに円滑な人間関係を維持する。これが基本ですよね。
 アメリカのような自己責任の風土は、文化的合意ができない国民が(自分以外の)
他者を信用しない社会で生きていくために必然的に生まれたルールであり、危機管理
や監査システムの綿密さを調べても裏付けられます。

 戦後民主主義の浸透によって表面的な人権や自由が謳歌されましたが、公に対する
義務、社会秩序の維持に貢献する意識が希薄になり、市井の人間の生き方、収入とは
関係ない職業的誇りが失われ、下須な日本人が増えてしまいました。

 かつさん。
 今後も、個人の自由とか、金儲け=ビジネスとして無条件に肯定する輩に対して、
適切なアドバイスをお願いします。人は欲を掻いて正気を失わなければ、愛しむべき
存在であるという寛容さを忘れず、自らの信じる道を歩んでください。

 応援しています。

かつ さん 2000年 05月 17日 20時 51分 01秒
ZaiONさんへ
書込み、拝見いたしました。私の思いがまさに凝縮された文面にただ感動しております。
今後ともよろしくお願いいたします。