マルチ&悪徳商法SOS−FILE   http://www.sos-file.com/
ダイエット食品事件 備     考 キーワード 苦情件数
mismini さん 2002年 07月 12日 19時 05分 21秒
今日のニュースからの引用です。

 「昨年4月から今年5月にかけて、中国で製造された3種類のダイエット用健康食品を購入し、服用した東京都、兵庫県、福岡県などの男女12人が、劇症肝炎や急性肝不全などの肝障害を発症し、うち女性1人が死亡、1人が生体肝移植手術を受けていたことが、厚生労働省や慶応大医学部の調査でわかった。」

 「肝障害患者が相次いでいるとして、厚生労働省が商品名を公表した2種類の中国製ダイエット食品で、全国の医療機関から厚労省に情報提供があった計10人の患者以外にも、少なくとも3人の女性服用者が肝障害を発症していたことが、読売新聞の調査でわかった。」

 「シンガポールで、中国製のダイエット食品による肝障害患者が相次ぎ、女性1人が死亡したとして、同国政府が一部の商品を販売禁止としていることがわかった。」

 「中国製のダイエット用健康食品の服用者に肝障害患者が相次いでいることが明るみに出たが、健康食品に対する苦情は、昨年度1年間で、前年度より3割以上増えて約1万5000件に上ったことが、国民生活センター(東京都港区)のまとめでわかった。このうち健康被害を受けたとする苦情は439件で、服用者が死亡したとされるケースも2件あった。同センターでは「薬事法に違反する健康食品も出回っている」と指摘している。」
 「同センターによると、都道府県や政令市などが設置している400か所以上の消費者相談窓口で、昨年度中に受け付けた健康食品に対する苦情は、計1万4653件。5年前の77%増、前年度比で34%増となっていた。」
 「苦情件数のうち、ダイエット食品に関するものは1840件を占めた。健康食品が原因で病気や体調不良に陥ったという健康被害事例も多く、中でも、消化器系の健康被害が目立っているという。
 死亡例は、〈1〉40代の女性が知人から購入した健康食品の錠剤を、寝る前に十数錠服用したところ、翌日に体調が急変して死亡した〈2〉肝炎を患っていた中年の女性が「万病に効く」とうたった健康食品を服用したところ、体調が悪くなり、2年後に死亡――の2つ。いずれも、健康食品と死因との因果関係は不明。
 このほか、▽ダイエット食品を水に溶かして飲んだ20代の女性が、アレルギー反応で重い下痢となり入院した▽別のダイエット食品を食べた30代の女性が10日後にじんましんが出た――などのケースも。
 同センター消費者情報部は「『食品』ならば、アレルギー反応などを除けば体に害を及ぼすことはない。問題は、食品と言いつつ、表示を偽って医薬品にしか認められていない成分を含む健康食品がなくならないこと。特にダイエットなどの効果効能をうたっている食品には、十分注意を払うべきだ」としている。」

あなたの健康のためにとすすめた健康食品で、死亡者が出たりしたら、どうやって償えばいいのでしょう。MLMの場合は、素人が販売するため、決して他人事ですまされない面もあると思います。
comuterusu さん (comuterusu@yahoo.ne.jp) 2002年 07月 12日 19時 24分 39秒
題目:ダイエット商品死亡事件
misminiさんへ

今晩は、comuterusuです。
このニュースは私も気になっていました、私が過去に関わったMLMはユ○シティでダイエット関連の
サプリメントをドカドカ出していましたからね。
ニュースのキャスター発現からは詳細がわかりませんでした、商品名を公表すると言っていましたが
なかなか放送されず・・・
また調べて見ますが。

>あなたの健康のためにとすすめた健康食品で、死亡者が出たりしたら、
>どうやって償えばいいのでょう。MLMの場合は、素人が販売するため、
>決して他人事ですまされない面もあると思います。
本当にその通りだと思います、生半可な知識での売りつけ、ヤバイけどお金の為に売りつけて
しまう様にしむけるMLMのシステム。今まで友達だった人に勧めて買わせるわけですからね、わたしゃ
怖い!。人である以上なにが起こるかわかりませんよね。
多分役立たず さん 2002年 07月 12日 20時 00分 32秒
題目:ダイエット商品死亡事件

misminiさん、comuterusuさん、こんばんは。

悪徳商法?マニアックスの悪のニュース記事に情報がありました。
http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/news/
ここは、投稿のあったニュース記事を表示しています。

商品名のあった記事
http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/news/2002/0712-4.html

製造許可は取り消しになっていたそうです。
http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/news/2002/0712-8.html

以上参考になれば。
mismini さん 2002年 07月 12日 20時 07分 56秒
comuterusu さん へ

こんばんは。

最近、新興MLM会社(このサイトに名前もあがらない、2001年設立とか、2002年設立とか)などで、中国製の輸入した健康食品(それも、今まで聞いたことがない商品名で、検索してもヒットしないのですよね)を扱う会社を見ることが多く、効用を謳う小冊子や出版本(類似商品なのですが)とともに、勧誘しています。
このニュースを見たときに、そんな会社で、知人の扱う商品のことを考えさせられてしまいました。
comuterusu さん 2002年 07月 12日 21時 11分 41秒
題目:ダイエット商品死亡事件
多分役立たずさんへ
記事紹介有難う御座いました、どうやら成分レベルでの話しは好評されていない様ですね。成分の化学名称がわかれば他社製品でも良悪いが探せますからね。

misminiさんへ
最近は手を変え品かえずといった感じでしょうか?ボーナスプランを変えて紹介したり
会社名がプライ○リからプライ○リーなどさまざまですね。←私の情報古いかも・・・(^^”>

--------------------------------------------------------------------------------
最近ユニ○ティから禁煙補助サプリ紹介のパンフが届きました、まあ他にも商品はありましたが・・・
今日は仕事でテンパってタバコ1日3箱の快挙を成し遂げてしまったのでその商品が目に止まってしまいましたが。
ようは意識するかでやめれるものですよね、MLMも自己意識の元に調べればすぐにやめれると思いますけどね。
私はMLMにて人の心(むしろ思考や精神でのレベル)がいかに影響を受けやすいかを知りました。
でもMLM会社は同じ事の繰り返し、一時期の利益を求め彷徨っている様にも思えます。
改善する事無くこれからも増えていくんでしょうか?心配です。
二度と私の様に友達を失ってしまう人が増えない様に祈るばかりです。
comuterusu さん 2002年 07月 12日 21時 18分 25秒
misminiさん、多分役立たずさん、こんばんは。
すみません、一部修正します。
含まれていた成分はフェンフルラミンでしたね。
検索不足でした。
追って調べさせていただきます。
mismini さん 2002年 07月 13日 00時 15分 18秒
多分役立たずさん、comuterusu さん、こんばんは。

いろいろと心遣い感謝しています。
これからもよろしくお願いします。
さん 2002年 07月 13日 13時 33分 24秒
年齢:22
会社名:健康食品問題

それと大きな問題がひとつ。

その健康食品で死んだ人がいても一番気になるのは
責任問題。

アップラインの人には基本的に責任を取らない気がします。
少なくとも過去に見てきたMLMはそうだと思います。

アップが進めた商品で怪我したり病気になったりすれば、そりゃ問題ですよね?

責任がない、ということ点はこれまた普通の企業と違う点のひとつ?
つち さん 2002年 07月 13日 15時 00分 42秒
年齢:?
会社名:健康食品
<アップラインの人には基本的に責任を取らない気がします。
一概にそうとは限らずアップに責任がいく場合も結構ありますよ。
特に薬事法がからんだ場合、アップが医者である場合など免許剥奪ですよ。
<少なくとも過去に見てきたMLMはそうだと思います。
そんなことはないですよ。アップが責任を取ったケースはいくつもありますよ。(特にアメリカ)
さん 2002年 07月 13日 16時 07分 52秒

つちさんへ

そうなんだ。無知ですいません。

ただ自分が関わってきたMLMでは責任問題がないような感じだったので。
mismini さん 2002年 07月 25日 11時 03分 23秒
今日の京都新聞からなのですが、

中国製ダイエット食品から未承認の医薬品成分で、有害な化学物質とされるN−ニトロソフェンフルラミンを検出したとして、京都府は二十四日、京都市内の輸入・販売業者二社に対し、薬事法に基づき販売中止と回収を指示した、と発表した。府と京都市は、市内の女性四人から肝機能低下などの健康被害の届け出を受け、今月十七日から二日間、中京区の輸入業者アイエヌジーと販売業者ヒューマントップに立ち入り調査。回収した食品「躰葉(ボディパ)」と「ボディーパーフェクト」を、京都市衛生公害研究所で検査した。
 ボディパから一カプセル当たり五ミリグラム、ボディーパーフェクトからは一錠当たり五ミリグラムのN−ニトロソフェンフルラミンを検出した。毒性は不明だが、N−ニトロソ化合物は強い発がん性のあることで知られ、医薬品成分として承認されていない。
 府保健福祉部によると、ヒューマントップは京都府内を中心に滋賀県、大阪府に約二百人いる会員を対象に販売していた。ボディパは一箱二百四十カプセル入り二万五千円で、昨年十二月から今年七月まで約五百箱を販売。ボディーパーフェクトは一箱九十錠入りで、昨年六月から今年三月までに、アイエヌジーから仕入れた八百八十箱を売り切ったという。

会員制販売というのがひっかかりました。
最近、輸入業者から仕入れて連鎖販売する新興MLM会社が多いので。
ヒューマントップの販売方式をご存じの方はいらっしゃいませんか?