マルチ&悪徳商法SOS−FILE   http://www.sos-file.com/
討論会
MLM参加者、YESさんのレスから
備     考 キーワード 苦情件数
賛否両論
YES さん 2000年 02月 19日 22時 09分 15秒
初めまして、私、あるMLMに参加しています。
ある方のDMからリンクをたどってここに来てしまいました。
唐突ですが、MLMビジネスの悪は、強制にあると思います。
会社や、アップからの購入の強制。
会社からの強制は、契約の際契約書に会員の義務として明記されているはずです。
気に入らなければ、通常の場合、クーリングオフも可能です。
契約書がない、クーリングオフに関しての説明がないような会社は論外です。
アップからの購入の強制(強い要請)これが大きなMLM方式の問題点だと思います。
MLMで、損(金銭的、対人的)をする方、被害にあったと思われる方の殆どは、加入はしたが、どの様に行動すればいいか解らない方、営業的な活動が苦手な方、一瞬ではあるが、金銭欲に駆られて無理をして入会金などを払ってしまった方、不労所得を期待して参加された方だと思います。
ここでアップが、加入しようとしている方、加入された方に対してどう行動するかで、被害者を出すか、出さないかが大きく左右されると思います。
当然、MLMですから、最後または、その近辺の加入者は、被害者となってしまう可能性が大きくなります。
そこで質問したいのですが、MLMのピラミッドの一番下になっても全く被害者(金銭的)にならないシステムを採用している会社、商品購入の強制をしないアップ、全て加入者の意志で消費者として購入を促すグループがあったら、やはりMLMと言う理由で反発されるでしょうか。
MLMの世界は、ある意味狭い世界です、皆さんのようなMLM反対意見を耳にする機会もあまりありませんのでぜひお聞かせ下さい。

まりあ さん 2000年 02月 20日 02時 33分 58秒
YESさんへ
>MLMのピラミッドの一番下になっても全く被害者(金銭的)にならないシステムを採用してい>る会社、商品購入の強制をしないアップ、全て加入者の意志で消費者として購入を促すグループ>があったら、やはりMLMと言う理由で反発されるでしょうか。
確かに、そんなグループばかりだったら、MLM問題で被害者という人たちは現れなかったでしょう。
でも、現実はそうじゃない。アップからの強制や、会社の倫理要綱の違反など、見てみぬ振りをしている会社だってあるんです。何も被害者というもの、物品の強制購入、金銭トラブルだけがMLMの悪ではないとおもいます。MLMの中にはグループにもよりますが、夜遅くまで、時には遠方でのミーティングをしたり、反対する家族がいないときに家に上がり夜遅くまでMLMについて語って家を汚したり、夜遅くに電話をしてきたり・・・かかわっている人と、反対する人が同居する家庭に置いて、こんなことであっても反対する人間にとっては、精神的に苦痛を受けるのです。特に、このようなことが頻繁であれば。少なくとも私自身はこのような精神的な苦痛を受けつづけていましたから。嘘をついてまでミーティングに出たことが解り、主人はもちろん、「人」というものを信用できなくなったことさえありました。もともと、主人のアップは私の知り合いでしたから。その人には裏切られましたからね、実際。この事件をきっかけとして、意見の食い違いが広がり、家庭は崩壊へと進みました。もう、楽しかった幸せだった日々は帰ってこないんです。
肯定派の人ばかり見ないで、否定派の人間の話も聞いてください。なぜ「被害者」という人が増え続けるのか・・・。節度、思いやりに欠け、周りも迷惑している事だってあるんです。
ただ、「消費者としての購入を促す」それだけだったら、何もMLMにしなくてもいいのではないのでしょうか?YESさん、一歩間違えば「悪」になる恐れがあることを知りつつ、あなたは何故MLMに参加しているのですか?お聞かせいただければ幸いです。
長々と私情をはさみ、まとまりのない文章になりましたこと、深くお詫びいたします。
こいずみ さん 2000年 02月 20日 06時 03分 10秒
YESさんこんにちわ(orこんばんわ)
悪質MLM全否定の私の意見をちょっとだけお聞きください。

>MLMのピラミッドの一番下になっても全く被害者(金銭的)にならないシステムを採用
>商品購入の強制をしないアップ、
>全て加入者の意志で消費者として購入を促すグループ

この「架空のMLM組織」の設定では質問に回答するのは少し不充分な感じがします。
この3つの条件をもって「MLMと言う理由で反発されるでしょうか。(引用)」と問われても
感情的には答えられても論理的な意見はいいにくいのではと思います。

確信的にYESさんが「ある回答」をこっそり用意されているのでしたら
すいません。それまでは考え及びませんです。(笑)

MLMもひとつの経済活動ならばその活動の動機づけが
なにがしかあるはずです。「魅力」「期待」「意味」的な。

もしできましたら、YESさんの仮定された、このあまり物欲を満たせそうもない
ストイックなMLMを行う場合の「動機」「やる意味」を、
ひとつ設定していただければ、ありがたいです。(「ボランティア」は反則です)
「なんでも直る薬で人類を救う」とか
「市販の100万倍汚れが落ち 無公害洗剤で環境問題にトライ!」とか
「孔子愛用のお茶!飲めば中国の知恵と健康が!これをひろめるために(byINDEX)」
とか・・・(3番目はインデックス用です)

ところで、MLM肯定者の多くにみられるのですが
なぜか参加されてるMLMの名前をヒミツにされるのですよね(笑)

もし、YESさんが参加されてるMLM名をおっしゃられて
こちらのBBSに集まられるみなさんと信念をもってディスカッションされれば
もっと得るものがあるかもしれない予感がシマス。どうでしょう?

最後になにかレスを期待して・・・質問します。(無回答でも気にしません)
YESさんは悪質MLM被害は、まず@「本人がうかつ」だから次にA「アップが悪い」
といわれているようにみえました。
(「自己責任」と「悪いのはそのグループなりラインなど一部だ」という
  定番意見っぽい理解をわたしはしました。)では、全てを統括すべき
 「悪質MLM組織そのものの罪」はいかがですか?「全体は善、一部が悪」ですか?やっぱり。
----------------------------------------------------------------------
(文面に「毒」が含まれていることをおわびします
 YESさん、もしも気分を害されたらすいません。
 いつか「MLMを憎んでヒトを憎まず」のココロになりたい。)(←いや無理だ)

YES さん 2000年 02月 20日 08時 41分 08秒
まりあ さん へ
レス、有り難う御座います。
『アップからの強制や、会社の倫理要綱の違反など、見てみぬ振りをしている会社だってあるんです。』
確かにありますね。
まりあさんは、MLMでのビジネスをされたのは、掲示されているものお一つと受け取りましたが、どうでしょう。
MLMでの最悪のアップに着かれたのですね。
ただ、あなたの経験に関しては、お気の毒に思いますが、それでMLMの全てだと判断されたのでしょうか、そんな会社ばかりではないと私は思います。
私自身も、金銭的にも、人間関係に関しても被害者となったことがあります。
その経験から、参加される方が、そうならないシステムを探し、そうならないやり方で、MLMをやっていこうとしています。
『ただ、「消費者としての購入を促す」それだけだったら、何もMLMにしなくてもいいのではないのでしょうか?』
企業が、MLMシステムを採用する理由は、ビジネスの発足時に、比較的広範囲にPR活動費を最小限に抑えて、早い時期に固定客を掴む。
これが最大の理由でしょう。
企業である以上、MLMであろうが、そうでなかろうが、利潤の追求は当然です。
MLMは、小さな企業が、大企業に対抗する手段の一つでもあると思います。
『あなたは何故MLMに参加しているのですか?』
結論から言いますと、本業以外に収入が欲しいからです。
空いた時間でのアルバイトもいいでしょう、でもそれの出来ない理由があります。
なぜ副収入が必要か、リストラ、倒産、老後が不安だからです。
私は、サラリーマンですが、本年度の昇級時より、給与計算の仕方が変わり実質減給になることが明らかになっています。
リストラが目の前で起こっている今何か自衛法を考えた場合、現在の生活上、時間的に、金銭的に、対人的に殆ど影響を与えずに副収入を得ることが可能でありそうなMLMがあったので参加しました。
私の紹介者のお一人に、現在リストラによる解雇、重度の糖尿病で、しかも年齢的にも再就職の難しい方がいます、私は、こんな人を大事にして、ゆっくり、摩擦を起こさないようにMLM活動をしていきたいと思っています。
まりあさん、答えになっているでしょうか、
かつ さん 2000年 02月 20日 09時 03分 03秒
理想のMLMは皆の心の中にはあっても、現実とはかけ離れていますね。
グループによって活動方法が違う・・・と言うのもわかりますが、そのグループの頂点に立っている
人達がどうやって頂点まで上り詰めたのかを知らない末端が純粋さを求めたところで手玉に取られる
だけです。
人の善意を性善説として行動することは下位のものに求められる事。
上位者は皆確信犯ですよ。
人との繋がりを大切にしているのなら、同業者における問題点にもどんどんメスを入れていくのが
上位者の役目でしょう?
組織の社会的評判を嘆くのなら誰でもできますけど、それを向上させアピールしていこう!とする
人が現われないのは、目先の利益に縛られている人がそれだけ多いということにも感じます。
善意を全面に押し出して活動するのは末端の人ばかり。上位者は口先だけということは昔から変り
ませんね。
そういった善意を売り物にする事も問題ですが、その善意さえも人に頼ってしまう他力本願の組織は
根本的にまちがっています。
YES さん 2000年 02月 20日 10時 17分 24秒
こいずみさんへ
確信と思える最後の質問だけにお答えします。
『「悪質MLM組織そのものの罪」はいかがですか?』
悪質MLMとは、全てのMLM企業を指して居られるのでしょうか。
MLMと言うシステム自体でしょうか。
「悪質MLM組織」を悪質MLM企業と解釈します。
当然、企業自体が、MLMシステムを悪用し、詐欺的行為をすればそれは罪ですし、企業として存続は許されないと考えます。
訪問販売法に沿った運営をしていても、市販の商品に、MLMコミッション分を上乗せするような企業はある意味、罪を犯していると考えます。
『「全体は善、一部が悪」ですか?やっぱり。』
MLMシステムを採用する企業には、一般社会と同じように、善も、悪もあると思います。
では、何が善で、何が悪かと言うことになるでしょう。
企業としての善は、成長率は小さくても安定成長することで、従業員を初め、その企業に関わる方達の、生活の糧となる安定した収入を与えることだと考えます。
外資系企業、最近外資系企業になった日本企業の中には、リストラ、実力主義、終身雇用制の排除を取り入れるところも多くなっています、企業として捕らえればこれらは善でしょう。
では、企業としての悪とは、前記の逆と考えられるでしょう、最大の悪は、倒産だと考えます。
全体が善、つまり企業が、「善」とした場合、利潤追求は当然です、問題は、その方法でしょう。
まりあさん(引用して済みません。)のような場合、きっと、企業にもアップの行動について苦情を入れられていると思います。
それに対して、企業がどう対応するか。
この苦情に対して、無視するような企業は、会社、あるいは、社員の質を疑います。
「全体は善、一部が悪」これは、そうだと思います。
ただし、全てではありません。
私の狭い知識の中では、MLM企業の殆どは、自社製品に自信を持ち、本当に良い物だから多くの人に使ってもらえることを望んでいると思います。
(その製品が、各個人にとって必要かどうかは別の話ですが。)
当然、企業として成長するために、企業イメージを悪化するような、強引な勧誘や、脅迫じみた営業活動は禁止しています。
それを無視して、その様な行動をする方は、悪でしょう、強引でなくても、リスクを隠し、射幸心を煽るような勧誘の仕方をするのも悪でしょう、これらの行動をとっている会員がいることを知りながら何もしない企業は、もっと悪だと考えます。
先日、投稿の後、骨川さんでしたかと、皆さんのやり取りのログを読ませていただきましたが、ある部分では、骨川さんの意見も正論でしょう。
成人である以上、自分の行動に責任を持つのは当然でしょうから、でも、全ての人に、何もかもあんたの責任だと押しつけるのは、どうかと思います。
人が生活していく以上、最近は薄れたとはいえ、義理人情(ちょっと古いかな)が絡んでしまいます、何をするにもそうだと思いますが、上に立つ人(MLMの場合はアップ)は、強い人より、弱い人に目を向けるようにしないと、全体が、強引な組織になってしまいます。
企業としてのみを考えればそれでいいでしょうが、MLMは、ビジネスではあっても、あくまで消費者の集まりだと思います。
最後に、『なぜか参加されてるMLMの名前をヒミツにされるのですよね(笑)』に関して、このホームページのどこかに宣伝禁止と書いてあったように思いますし、会社からの規制で、社名や、ロゴ等を不特定多数の人に公開しての勧誘は禁止されています。
ちょっと、解答と成っていないようで申し訳ないのですが、時間がありましたらまたおじゃましますので、レスしてみて下さい。
貴重なご意見有り難う御座いました。

YES さん 2000年 02月 20日 11時 25分 06秒
かつさんへ
MLMを、「他力本願の組織は根本的にまちがっています。」と言う意見は良く耳にします。
MLMは決して他力本願ではないですよ。
加入されている方の質にもよりますが、それなりの努力が必要です。
「人との繋がりを大切にしているのなら、同業者における問題点にもどんどんメスを入れていくのが上位者の役目でしょう?」確かにそのとおりですし、そうしている方もたくさん居られます。
かつさんは、MLMビジネスにお詳しいような印象を受けたのですが、掲載されている内容は、経験から来るものなのでしょうか。
「そのグループの頂点に立っている人達がどうやって頂点まで上り詰めたのかを知らない末端が純粋さを求めたところで手玉に取られるだけです。」と言うのも経験ですか、それとも推測ですか。
頂点に立つ人全てが同じ人ではありませんし、考え方も、活動方法も違います。
まりあさん(またまた済みません。)の例のように、MLMの悪と言うべき行動をするのは、トップでも、最下部の方でもなく、ある程度の収入を手にしかけた、中堅クラスの人のやる気や、欲が原因となる場合が多いようですね。
「他力本願の組織は根本的にまちがっています。」これって今の大手銀行にぴったりのせりふだと私は受け取れてしまったのですが、どう思います。
日榮の問題をどう思います。
済みません、問題のすり替えですねこれは。
ちなみに私のグループは20人ほどの小さなものですが、会社との間に、私のアップ一人だけです、このまま続けて仮に、グループが、100人、200人と増えたとしても、加入される方には、強引な勧誘はしないようにお願いします。
まあ、今やっているMLMは、強引な勧誘で加入しても、加入者には何のリスクも発生しないシステムですが。
それでは、時間もありませんので失礼します。
まりあ さん 2000年 02月 20日 13時 20分 53秒
YESさん、レスありがとうございます。他の方々へのレスと一緒に読ませていただきました。
YESさんが最後に述べられた方についてですが、リストラ、病気、就職困難とてもお困りだと思います。しかし、すぐに「MLMしかない」と決めるのは如何でしょうか?私の友人は離婚し、子供一人抱え、就職するにしても「子供がいる」ことで就職が難しいのですが、今は、抑えるところを抑え、アルバイトと前夫からの極めてわずかな養育費で生活を営んでいます。何もMLMだけが、しかるべき方法ではないと思いますが。減給にしたってそうです。抑えるところさえ抑えれば、生活は営めると思います。副収入を望んでMLMをされているようですが、かえって経費の面でかさばるところも出てくると思うのですが。友人・知人を勧誘するために「交際費、食費」、遠方まで出かけるときは「交通費」、今使っている商品をMLMの商品へスイッチすることで、また、今まで必要としなかったものまで購入することでも経費はかさんできます。そのような経費がかかって、MLMで収入をプラス?することはそう簡単にはいかないし、プラス?の収入が出るのはある程度上に登り詰めないと困難ではないのでしょうか?ことに、就職せず「MLM一本」で生活の基盤をということになれば、それまでに下にかなりの人数を要すると思いますが。YESさんが、どのMLMに参加し、どのように会員を増やしているのかは私はわかりませんが、MLMをやることで収入が上向きになるとは、必ずしもいえないのではないのでしょうか?実際、私たちの家計は上向きどころか、下降線をたどっていきましたから。(やり方が悪い、会社が悪い、アップが悪いと言うのは簡単でしょうが・・・)
MLMの「悪」というべき行動、言動を取るのは「MLMをやる=収入を得る」と考えた全員に起こりえることではないでしょうか?高収入であれば「幸せ」ですか?お金は幸せのバロメーターでしょうか?「金欲・物欲」に取り付かれ「心」を無くしたら?世の中お金では買えない物だってたくさんあるんです。私は、お金では買うことの出来ない物の方が「生きる」言うことにおいて、どれだけ大切なのかということを「MLM=収入」と言う考えて欲しいのです。少なくとも、もうすぐ生まれる子供に「お金では買えないもの」の大切さを教えていきたいのです。この子の父親は、理解しようとしなかったから。MLMのシステムから完全に離れてしまいましたが、人間である以上忘れてはいけないことを、忘れてしまったMLM会員が私の周りには多すぎたものですから。それに、私よりもMLMに詳しい方々が、適切な文章で冷静に投稿してくださっているので・・・。MLMシステムについてもっと、勉強しないといけませんね。長々とすみませんでした。

かつ さん 2000年 02月 20日 19時 30分 32秒
MLMは年齢(成人していることが前提ですが)、性別、経験などがなくとも副職としてできることから門戸は開かれているとは思います。
そのかわり誰でもできる仕事ですから、誰でも成功する!などということはまず無いですよね。
この部分がオーバートークにも利用されてしまいますし、射幸心を煽られてしまう部分だと思いますが。
失業された方、子供がまだ小さい方、その他の事情などでフルタイムで働けない人はたくさん居ます。
これらの人に働くチャンスを与える!という意味では有効ですが、やはり副職として考えなければ絶対に問題は起きてしまいます。
MLMの収入だけで生活できるレベルになるまでには、それなりに時間と体力と知識、そして何よりも資本が必要です。
MLM単体で見ればそんなに経費などかけない方向での参加であれば比較的出費は低いでしょう。
しかし儲かるまでの間の生活費を考えれば、やはりそれなりの資本(貯金や本職の収入など)が必要であることがわかりますし、MLMを取り入れた生活で収支が絶対に黒字にしなければならない人には向かない商売だと言えると思います。
リスクが無い・・・などと言ってMLMに誘う方が居ますが、それはMLM単体でのことであって、MLMを取り入れた生活でのトータル的なリスクはやはりあります。
現実に小さな子供を抱えて活動をすることは非常に大変ですから。
私も小学生の子供が二人居ますが、たとえ子供が小学生くらいになってでも仕事には必ずしわ寄せは来ます。
それがタイミングがとても重要であるMLMにとってはその影響が大きいですし、ペースを落さざるを得ない要因にもなると思います。
この状態で気長に焦らず・・・というMLMの危険度の少ないやり方を続けていけるのか? これは非常に難しいと思いますよ。
少なくとも勝負にでなければならない時が必ずありますし、しかしその勝負は当初の勧誘時に説明を受けた理想のMLMにはあってはならないことです。
そういう部分を、システムを熟知していない状態の勧誘時にやるやらないを決めなければならないのですから、やはりこれもリスクだと思います。
ですからこれらにはもう少しきちんとした説明が必要に思います。

またこれらのことを考えると、MLMという商法は決して発展はしていかないともわかります。
なぜなら、MLMでの成功なり収支計算上での黒字を出すためには、MLM以外での収入を投資しなければならないからです。
MLMである程度の成功を収めるためには、実力がものを言う!と言うより、本来の純粋な商売方法以外のノウハウが色々と必要であるのは周知の通りですが、それこそ純粋に商売をできない部分に繋がりますし、それこそが説明を必要とする部分だと思います。
これらの説明をきちんとできていないのは、やはりシステムは完全体である!という大前提を勝手に根底に植え付けているからでは無いでしょうか。
そのシステムそのものの不合理性を認識させてしまえば勧誘の成功率は当然ながら下がってしまいます。
しかしそれでも問題を起こさない方向での勧誘、組織での活動というものを考えれば、そうしなければならないと思いますし、そうせざるを得ない現状を作ってしまっているのだと思います。
こういう方向にMLMが動かない・・・その現状を見ると、やはりシステム自体が人の行動に影響を大きく与えているのは明確ですし、諸処の問題の原点でもあると思います。
こいずみ さん 2000年 02月 21日 06時 39分 36秒
YESさん、こんにちわ(andこんばんわ)
YESさんの言われる「企業(MLM)の善、悪」について
「善」の部分に反論はありません。これもひとつの「理想」だと思います。
「悪」の部分に補足させていただきたいです。

多くのMLM企業の「罪」「悪の部分」は、
従業員(会員)が「一般的な成人」にも関わらず「自分」で企業(MLM)側に
苦情を伝えることすら破滅するまで思い及ばさせない点にあると思います。
(重要:「及ばない」ではなく「及ばさせない」)
(最終兵器「自己責任」「もう大人でしょう」攻撃で通常は免れてる部分です)

なぜでしょうか?「本人がうかつ君」と「アップが悪人」というだけでは、
あまりに被害報告が多すぎると感じませんか?
YESさんの言われる「企業の悪」が「苦情の処理」や「勧誘法」だけではなくて、
「利潤追求のためのMLM組織(企業)維持の仕方」にあり、
それが悲劇の温床のひとつだからのように感じます。

「MLM組織(企業)の維持の裏ワザ」とは、

「人の精神を利潤追求のために操作し「心」を射幸心でいっぱいにして
 思考停止させ、全体のほんの数パーセントのメンバーの利益のために
 多くの参加者を道具として使う。むろんアップにも組織(企業)にも
 良心の呵責はない。(ポジティブシンキング/プラス思考によって)」

こういう状況を作り出すためには、
一切の拷問、薬物利用をおこなわない「精神のコントロール」。
つまり、ミーティング、セミナー、実験会での「マインドコントロール」 
何十年も昔に作られた屈強な資本主義者を共産主義者にしてしまえるテクニック
これをMLM知識に無知で純粋な若者、一般人に悪用する企業。 
これが「悪質MLM企業」。今のところ合法。告発、立件困難。

YESさんに同感はできませんが共感出来る点は「常に彼我の意識」と
「思いやりの心」を感じるところです。
例えば、「MLM肯定者(信者モードの場合)」の排他思考と片手落ちの
能動思考が確信的に作られ、増幅されていく中で
YESさんのような考え方、認識を持てれば、本人、友人、家族、恋人、子供が
泣く人はもう少し減ると思います。すべては「心」の問題。