よくある質問

 SPAM(スパム)ってなあに?

もともとは加工肉の青い缶詰の名前です。
ある説によると、モンティ・パイソンと言う歌劇の中の話が語源だとか。ある夫婦がカフェで朝食を注文すると、そのカフェのメニューは、全ての料理にスパムが使われていています。夫人が「スパムは嫌い、入ってない料理はないの?」と言うと、ヴァイキングの一団が「スパム、スパム、可愛いスパム」と迷惑なコーラスを繰り返す・・・。この事から、
欲しくもないもの(メール)を繰り返し送る行為をスパムと呼ぶようになったようです。

SPAM禁止の動き
最近、大量にメールを送信する行為を禁じるサーバ(メールを送信してくれるところ)が増えてきました。これは、1人が大量のメールを送ってしまうとサーバにかなり負担がかかってしまい、他の人がメールを送受信できなくなったりする為です。それに、見ず知らずの人からメールが届くのは気持ちの良いものではありません。あるサーバでは、迷惑メールを送るとその損害額を送信者に請求すると言う所まで発展しています。



更に恐い話・・・「中継」
自分は送った覚えがないのに、「迷惑メールは止めてください」と言うメールが沢山届く・・・。しかも確かに自分が送った事になっている。こんな恐ろしい事態が多発した時期がありました。これは誰がサーバに侵入して、第三者に送らせたようにしてしまったからです。サーバ側のセキュリティ対策が甘かった事も事実ですが、最近はセキュリティ強化によって被害は少なくなって来ています。
第三中継についてのページは・・・長崎ネットワーク